ENEOSでんきとコスモでんきを徹底比較!おすすめはENEOSでんき!

(未評価)

2019/05/16

ガソリンスタンドで有名なENEOSとコスモ石油が提供するブランドの「ENEOSでんき」と「コスモでんき」ですが、
実際どちらの方がお得なのか気になりませんか?

今回は料金や割引特典などを徹底的に比較しました。

結論から言いますと、コスモでんきよりENEOSでんきの方がお得です。

それでは詳しく見ていきましょう。

5月限定!最大30,000円キャッシュバック

こちらの窓口から申し込めば、5月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えでキャッシュバックが受け取れるチャンスはそうそうありません。

夏にかけて電気使用量が増える前のこの機会に、お得に乗り換えましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないですし、検討中の方は5月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。


ENEOSでんきとコスモでんきの料金プラン比較

まずは気になるENEOSでんきとコスモでんきの料金プランを比較していきましょう。

電気代は、基本料金従量料金の2つから成り立ちます。

●基本料金は、毎月必ずかかる料金のことです。
●従量料金は、電気を使った分だけ払う料金で、従量料金単価(円)×使用量(kWh)で求められます。

※電気の単位はkwh(キロワットアワー)といいます。

基本料金は同額

ENEOSコスモ東京電力
30A842.40円842.40円842.40円
40A1,123.20円1,123.20円1,123.20円
50A1,404.00円1,404.00円1,404.00円
60A1,684.80円1,684.80円1,684.80円

ENEOSでんきとコスモでんきの基本料金は、東京電力と同じ金額になっていますね。

従量料金はENEOSでんきが安い

では、従量料金を見ていきましょう。

※()内の数字は、東京電力との差額になります。

ENEOS
(単価)
コスモ
(単価)
東京電力
(単価)
120kWhまで19.52円
(±0円)
19.52円
(±0円)
19.52円
120kWhを超え
300kWhまで
24.09円
(-1.91円)
25.98円
(-0.02円)
26.00円
300kWh
を超える分
25.75円
(-4.27円)
30.02円
(±0円)
30.02円

コスモでんきは120kWhまでだと東京電力と同じ料金単価になっていますね。

一方、ENEOSでんきでは、120kWh以上を超えるとコスモでんきよりも断然安いです。

つまり、ENEOSでんきは、使用量が多ければお得になります。

使用量を想定した料金シミュレーション

料金プランだけ見てもイメージしづらいと思うので、実際にコスモでんきとENEOSでんきとでは、どれくらい料金が安くなるのかシミュレーションを通して比較していきましょう。

※東京電力エリアの料金でシミュレーションしています。

ここでは一人暮らし、二人暮らし、三人家族、四人家族の平均の電気料金や使用量を例にしていきます。

ご自身の普段の使用量と照らし合わせながら参考にご覧ください。

※()内の数字は、東京電力との差額になります。

 ENEOSコスモ東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh
3,907円
(-57円)
3,964円
(±0)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh
7,521円
(-343円)
7,661円
(-203円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh
11,664円
(-984円)
11,945円
(-703円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh
14,239円
(-1,411円)
14,747円
(-903円)
15,650円

まとめ

上のシミュレーションでもわかるようにENEOSでんきは、どんな使用量でもコスモでんきよりも安くなります。
しかも、四人家族では、500円以上の差がありましたね。

ENEOSでんきは、使用量が多いほどコスモでんきよりもお得になります。

ENEOSでんきとコスモでんきの特徴比較

ここではENEOSでんきとコスモでんきのメリットやサービスなどの特徴を細かく比較していきます。

割引プランの比較

ENEOSでんきとコスモでんきの割引について比較していきましょう。

ENEOSでんきの割引

ENEOSでんきには「にねんとく²割」という割引プランがあります。
これは2年以上の利用を約束することで、電気料金が割引になるというものです。

しかし正直、この「にねんとく²割」は割引額もそんなに高くないですし、契約期間内に解約してしまうと1,080円の解約金が発生するので、お得な割引プランではないです。

●割引額
1~2年目の場合は、1kWhあたり0.20円割引
3年目以降の場合は、1kWhあたり0.30円割引

わかりづらいので下記の例を参考にご覧ください。

月の使用量が200kWhだった場合

・1~2年目の方は、月額の料金から40円引かれます。
・3年目以降の方は、月額の料金から60円引かれます。

●解約金
2年ごとの自動更新で2ヵ月間の更新期間がありますので、この期間外に解約してしまうと1,080円の解約金が発生するので、注意してください。

コスモでんきの割引

コスモでんきは、契約アンペアや毎月の使用量に応じて決められた料金が割引かれます。

例えば、東京電力エリアの場合、30A契約をしていて300kWhの使用量の月だと、月の電気代から200円割引かれます。

ENEOSでんきよりは、割引額が高くなっていますが、驚くほどの額でもないのでお得ではありませんね。

コスモでんきついて詳しく知りたい方はこちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

コスモでんきについて詳しく知りたい方はこちら!
コスモでんきの料金は微妙だしサービスはイケてません。

割引込みで結局安いのはどっち?

結論から言いますと、ENEOSでんきの方がコスモでんきよりも断然安いです。

実際にENEOSでんきとコスモでんきとでは、割引が適用された場合はどちらの方が安くなるのか見ていきましょう。

以下の例を参考にご覧ください。

●30A契約、300kWhの使用量

・ENEOSでんきを2年間利用している場合
⇒割引が適用されると7,461円になります。
(割引適用前は7,521円)

・コスモでんきの月間割引の場合
⇒割引が適用されると7,661円になります。
(割引適用前は7,861円)

●40A契約、450kWhの使用量

・ENEOSでんきを3年間利用している場合
⇒割引が適用されると11,529円になります。
(割引適用前は11,664円)

・コスモでんきの月間割引の場合
⇒割引が適用されると11,945円になります。
(割引適用前は12,645円)

割引適用後の比較結果

割引額では、コスモでんきの方が高くなっていますね。
ただ、ENEOSでんきは割引適用前から料金が安いので、結果的に割引額が低くてもENEOSでんきの方が安くなります。

特典やサービス比較

ENEOSでんきとコスモでんきの特典やサービスを比較していきましょう。

ENEOSでんきの特典は3つ

ENEOSでんきに契約すると3つの特典が選べます。

ガソリン代の割引特典
特別提携カードでマイルやポイントがたまる特典
Tポイントがたまる特典

ただし、この3つを併用することができません。どれか1つしか選べませんので注意してくださいね。

●ガソリン代の割引特典

ENEOSでんきを契約するとガソリン代が安くなる特典があります。

ENEOSでんきのガソリン代の割引はちょっと複雑です。

ガソリン代の割引を受けるにはENEOSカードを持っていることが前提で、電気代の支払いとガソリンの給油にENEOSカードを使うことでカードの種類に関わらず1リットルあたり1円が割引かれます。

さらに、カードの種類によって受けられる割引額が変わっていきます。

ENEOSでんきを契約して、ENEOSカードでガソリン代をお得にしたい方は、下記の記事に詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

●特別提携カードでマイルやポイントがためられる特典

ENEOSでんきの特別提携カードで電気代を支払うことで、マイルやポイントがたまります。

例えば・・・

ANAカード
⇒200円につき1マイル

ビューカード
⇒1,000円につき5ポイント→10ポイント

こんな感じでマイルやポイントをためることができますよ。

●Tポイントがたまる特典

ENEOSでんきの支払い200円につき1ポイント「Tポイント」がたまります。

ちなみにTポイントをためるにはYahoo! JAPAN IDと事前のアカウント登録手続きが必要になります。

ENEOSでんきの詳しい特典について知りたい方は、下記の記事をぜひチェックしてくださいね。

コスモでんきには特典がない

実はコスモでんきには、ガソリン代の割引やポイントの特典がありません。

コスモ石油が提供している電力会社なのに、ガソリン代の割引がないのはとても残念ですよね。

契約アンペアの比較

ENEOSでんきとコスモでんきの契約アンペアを比較していきましょう。

ENEOSでんきは20A以下の契約ができる

ENEOSでんきは、契約アンペア数が20A以下でも契約することが可能です。

電気をあまり使わない方にはとっては、20A以下でも契約ができるのは嬉しですよね。

コスモでんきは20A以下の契約ができない

コスモでんきは、契約アンペア数が20A以下の契約ができません。

申し込む際はアンペア数を30A以上に変更する必要があります。

ちなみにアンペアを30A以上に変更すると基本料金も上がりますし、何より時間と手間がかかるので、そこまでして契約する価値があるのか見極める必要がありますね。

申し込み方法の比較

ENEOSでんきとコスモでんきの申し込み方法を比較していきましょう。

ENEOSでんきはWEBと郵送申し込みの2通り

・公式ホームページからの申し込み
・書類の郵送による申し込み

コスモでんきはWEB申し込みのみ

コスモでんきは、公式ホームページのみからの申し込みになります。

だたし、コスモでんきを申し込める条件が、コスモ石油が発行している「コスモ・ザ・カード」を持っている方しか申し込みができません。

持っていない方は、「コスモ・ザ・カード」を作る必要があります。
ただし、カードを作るのに2~3週間かかり、そこから申し込みの手続きがあるので正直めんどくさいですよね。

支払方法の比較

ENEOSでんきとコスモでんきの支払い方法を比較していきましょう。

ENEOSでんきの支払い方法は「クレジットカード決済と口座振替」

ENEOSでんきの支払いは、クレジットカード決済と口座振替のみになります。

使用できるクレジットカードの種類は以下になります。

⇒VISA、MasterCard、JCB、Diners、AmericanExpress

クレジット会社発行のプリペイドカードやデビットカードでは支払いはできないので注意が必要です。

支払方法を限定している新電力も多いので注意してくださいね。

コスモでんきの支払い方法は「コスモ・ザ・カード」のみ

コスモでんきの支払い方法なんですが、「コスモ・ザ・カード」のみの支払いになります。

ちなみに口座振替は対応していません。

提供エリアの比較

ENEOSでんきとコスモでんきの供給エリアを比較していきましょう。

ENEOSでんきの供給エリア

ENEOSでんきの供給エリアは、東京電力エリア、関西電力エリアになります。

コスモでんきの供給エリア

コスモでんきの供給エリアは、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリアになります。

ENEOSでんきとコスモでんきの口コミ・評判

ENEOSでんきとコスモでんきの口コミ・評判をチェックしていきましょう。

ENEOSでんきの口コミ・評判

ENEOSでんきに乗り換えて料金が安くなった!といった満足している様子が伺える口コミが多くありました。他にもネット上にENEOSでんきに関する口コミがありますので、ぜひチェックしてくださいね。

コスモでんきの口コミ・評判

コスモでんきは供給が開始したばかりなので、ネット上に口コミがありませんでした。

乗り換えるならコスモでんきよりもENEOSでんき

ENEOSでんきは、コスモでんきよりも断然安くてお得になることがわかりましたね。

また、提携カードやTカードのポイントがついたりガソリン代の割引があったりと、電気料金以外の特典が多いのも魅力的です。

ちなみにENEOSのガソリンスタンドをあまり使わない方でも、ポイントサービスの特典を選べばポイントやマイルを貯められるので、メリットになりますね。

今なら下記の窓口から申し込めば、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

CMで話題のENEOSでんき

吉田羊さんのCMで話題のENEOSでんき。

電気をたくさん使う方ほどお得になる仕組みで、2年契約の「にねん とく²割」を利用することでさらに電気料金が安くなります。

ENEOSのガソリンスタンドで給油すると、ガソリン・軽油・灯油が割引になるというENEOSならではの特典も。

そのほか、エポスカードやビューカードなどの特別提携カードで電気料金を支払うとポイントが最大4倍たまったり、電気料金の支払いでTポイントをためることもできたりと、とにかくお得な特典が多数用意されています。

電気をあまり使わない方でもポイントやガソリン代でお得になるのでおすすめです。

さらに! 5月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないですし、5月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

まとめ

ENEOSでんきとコスモでんきを比較しましたが、圧倒的にENEOSでんきの方がメリットが多くありましたね。

最後に簡単にまとめます。

●料金はコスモでんきよりもENEOSでんきの方が安いです。

●ガソリン代の割引やポイントの付与などが欲しい方は、ENEOSでんきがおすすめです。

●コスモでんきにはENEOSでんきのようなガソリン割引やポイントサービスはなく、電気代もほとんど安くないので乗り換えるメリットはほとんどないでしょう。

ENEOSでんきについてより詳しく知りたい方は、下記の記事をぜひチェックしてくださいね。

(未評価)

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)