関西でもENEOSでんきは安いけどもっとお得な新電力があります!

2019年4月から関西でもサービスが開始されたENEOSでんき。

関東ではかなり人気が高いですが、関西でもお得になるのでしょうか?

結論から言うと……

確かに関西電力よりは安くなりますが、他にもっと安くなる新電力はあります!

とはいえ、ENEOSでんきには独自のメリットもあるので、それも含めて自分に合っているかどうかをチェックしてみてください。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円
・東京電力グループなので実績安心!

現在の電力会社の解約はあしたでんきが行ってくれるので、簡単に切り替えができます。

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

解約金が0円なので、乗り換えてみてもし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

電気の切り替えは遅くなるほど損なので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

ENEOSでんきの6つのメリット

まず、ENEOSでんきに契約することでどんなメリットがあるかを見ていきましょう。

中にはメリットというほどではないものもあるので、「自分にとってメリットになるかな?」ということを考えながら読んでみてくださいね。

ガソリン代が割引になる

ENEOSカードやシナジーカードで電気料金を支払うことで、通常のENEOSカード特典に加えて下記の割引が受けられます。

●ENEOSカード S
●ENEOSカード P
●ENEOSカード C・NICOS
⇒ガソリン・灯油・軽油代が1リットルあたり1円割引(上限150リットル)

●ENEOSカード CB・シナジーカード
⇒毎月の電気料金が100円割引

ガソリン代の割引については以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひ目を通してみてください。

『ENEOSでんきでガソリン代の割引を受けるには?申込方法や割引率を徹底解説!』

Tポイントがたまる

電気料金の支払い200円につき、Tポイントが1ポイントたまります。

TポイントをためるにはYahoo! JAPAN IDと事前のアカウント登録手続きが必要になるので忘れないようにしましょう。

ちなみに関西でENEOSでんき以外にTポイントがたまる新電力は東京電力の関西プランがありますが、Tポイントが直接たまるわけではなく、東京電力のポイントからTポイントに交換するという手間があります。

1,000円につき5ポイントと還元率こそ同じものの、たまりやすさではENEOSでんきの方が上ですし、電気料金もENEOSでんきの方がお得です。

Tポイントを目的に契約するのであれば、ENEOSでんきをおすすめします。

特別提携カードのポイントがたまる

下記の特別提携カードでENEOSでんきの電気料金を支払うことで、たまるポイントがアップする特典が受けられます。

ただし、下記のカードで決済した場合にはTポイントはたまらないので注意しましょう。

特別提携カード一覧

●ANAカード
⇒クレジット会社のポイント移行とは別に200円につき1マイル

●ビューカード
⇒通常1,000円につき5ポイント→10ポイントにアップ

●ティーエスキュービックカード
⇒通常1,000円につき10ポイント→15ポイントにアップ

●レクサスカード
⇒通常1,000円につき10ポイント→15ポイントにアップ

●エポスカード
⇒通常200円につき1ポイント→2~4ポイントにアップ

●エムアイカード
⇒通常200円につき1ポイント→100円につき1ポイントにアップ

にねん とく²割でさらに安くなる

ENEOSでんきには「にねん とく²割」という割引オプションがあります。

2年以上の利用を約束することで、電気料金が割引になるというもの。

1~2年目:1kWhあたり0.2円割引
3年目以降:1kWhあたり0.3円割引

【例】400kWh使用した場合・2年目

割引なし
⇒8,965円

割引あり
⇒8,885円(-80円)

【例】400kWh使用した場合・3年目

割引なし
⇒8,965円

割引あり
⇒8,845円(-120円)

そこまで大きな額ではないですが、少しでもお得にしたいという方にはおすすめです。

ただし、契約期間内に解約をしてしまうと1,080円の違約金がかかるので注意しましょう。

電気使用量がお客さまページで確認できる

「ENEOSでんきお客さまページ」にログインすると、30分ごと・日ごとの電気使用量をグラフで確認することができます。

時間ごとの使用量が目に見えてわかることで、節電意識も高まります。

他の新電力でもよくあるサービスではありますが、グラフを見るだけでもなかなか面白いのでおすすめですよ!

駆け付けサービスがある

電気のトラブル時に24時間365日電話受付をしてくれる駆け付けサービスがあります。

・電気がつかない
・電球交換をしてほしい(年3回まで無料)
・コンセントが使えない

などのトラブルが起こった際、30分以内の作業であれば無料でやってもらえます。

大掛かりな作業は有料になってしまいますが、いざという時に頼れるサポートがあるのはありがたいですね。

問い合わせ先

電話番号:0120-15-8704
受付時間:年中無休

おまけ:キャンペーン実施中

ちなみにENEOSでんきでは、下記窓口からWeb申し込みをすると8月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを実施しています。

9月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から9月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円キャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合います。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中のお早めの申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

ENEOSでんきのデメリットはあまりない

もちろんメリットだけでなくデメリットもありますが、そこまで重大なものはありません。

とはいえ事前にデメリットを知っておくことは大切なので、目を通しておいてくださいね。

にねん とく²割には解約金がある

2年契約プランの「にねん とく²割」には解約金が設定されており、更新月以外に解約をした場合は、1,080円の解約金がかかります。

ほとんどの新電力には違約金がないので、この点はデメリットと言えますね。

ただし、「にねん とく²割」に申し込まなければ違約金はかからないので安心してください。

違約金をかけずに解約できる「更新月」は、最初の請求月から数えて23~24ヶ月目です。

【例】2019年5月に最初の請求があった場合

更新月⇒2021年3月~4月

2年単位の自動更新なので、この2ヶ月の更新月を逃してしまうとその後22ヶ月は無料で解約することができません。

とはいえ1,080円だけなので、そこまで気にする必要もないかもしれませんね。

特典の併用はできない

ガソリン代の割引やTポイントなど複数の特典がありお得な印象を受けますが、これらの特典は併用不可なのでどれか1つしか選べません。

電気代が高い方であれば電気料金の安さだけでも十分メリットと言えますが、少し物足りなく感じる方もいるかもしれませんね。

ENEOSでんきは必ず関西電力より安くなる

電力会社の切り替えに電気代の削減を期待している方も多いでしょう。

結論から言うと、関西電力からENEOSでんきに乗り換えることで電気料金は確実に安くなります。

どれくらい安くなるのか、料金はどのように違うかなどを見ていきましょう。

ENEOSでんきと関西電力の料金単価比較

ENEOSでんきへの乗り換えで安くなる理由は、最低料金や従量料金単価がそれぞれ全て関西電力より安く設定されているからです。

「そんなことより早くいくら安くなるか知りたい!」という方は読み飛ばしていただいても構いません。

『関西電力からENEOSでんきに乗り換えるとこれだけ安くなる!』に飛ぶ←タップ/クリックでジャンプします。

 使用量関西電力ENEOS
最低料金~15kWh334.82円279.82円
(-55円)
従量料金
単価
15~12019.95円19.94円
(-0.01円)
120~30025.33円23.56円
(-1.77円)
300~28.76円26.31円
(-2.45円)

この表だけ見てもあまりピンと来ないと思うので、ざっくりと解説していきますね。

まず最低料金というのは使用量に関わらず必ず支払う料金です。

15kWhまでは一律で、極端な話電気使用量が1kWhでも15kWhでも同じ金額を支払うことになります。

※kWhというのは使用電力の単位で、キロワットアワーと読みます。

続いて従量料金です。

表に書いてあるのは従量料金の単価で、これに使用量をかけたものが従量料金となります。

従量料金単価は使用量が増えるにつれ高くなっていくのがわかりますね。

ENEOSでんきは全ての料金単価が関西電力よりも安いので、必ず安くなるんです。

関西電力からENEOSでんきに乗り換えるとこれだけ安くなる!

では具体的にどれくらい安くなるのか?

いくつかの使用例を挙げてシミュレーションしてみました。

使用量関西電力ENEOS
150kWh3,189円3,080円
(-109円)
300kWh6,988円6,614円
(-374円)
450kWh11,302円10,560円
(-742円)
550kWh14,178円13,191円
(-987円)
700kWh18,492円17,138円
(-1,354円)

どの使用ケースでも関西電力より安くなっているのがわかりますね。

今回のケースでは450kWh以上使う家庭ではかなりしっかりとお得感を実感することができると思います。

ただし、最初にも言ったようにENEOSでんきが関西エリアで最安というわけではありません。

他にもっと安くなる新電力があるので、とにかく電気料金を安くしたい!という方のために紹介していきますね。

ENEOSでんきよりもおすすめの新電力

電気をどれくらい使うかによっておすすめの新電力は異なります。

使用量が少なめ(電気代が3,600円以下)の方向けと、使用量が多め(電気代が10,000円を超える)の方向けそれぞれに紹介していきます。

使用量が少ない方はシン・エナジー

電気使用量が少ない場合は、「シン・エナジー」という新電力がENEOSでんきより安いという結果になりました。

シミュレーション結果を確認してみましょう。

 関西電力ENEOSシンエナジー
50kWh1,033円977円
(-56円)
979円
(-54円)
80kWh1,631円1,575円
(-56円)
1,563円
(-68円)
100kWh2,030円1,974円
(-56円)
1,952円
(-78円)
120kWh2,429円2,373円
(-56円)
2,341円
(-88円)
150kWh3,189円3,080円
(-109円)
3,043円
(-146円)

本当にごく僅かですが、使用量50kWhのケースを除きシン・エナジーの方が安いという結果になりました。

少しでも電気料金が安い方がいい!という方はシン・エナジーを検討するといいでしょう。

ただし、ガソリン代の割引やTポイントがたまる特典はシン・エナジーにはありません。

ENEOSでんきの独自のメリットに魅力を感じた方は、ENEOSでんきを契約することをおすすめします。

使用量が多い方はLooopでんき

Looopでんきという新電力では従量料金単価が一律で、使用量が多いほどお得になります。

先程の比較にLooopでんきを追加して、関西電力・ENEOSでんき・Looopでんきでシミュレーション比較をしてみると……

使用量関西電力ENEOSLooop
150kWh3,189円3,080円
(-109円)
3,300円
(+111円)
300kWh6,988円6,614円
(-374円)
6,600円
(-388円)
450kWh11,302円10,560円
(-742円)
9,900円
(-1,402円)
550kWh14,178円13,191円
(-987円)
12,100円
(-2,078円)
700kWh18,492円17,138円
(-1,354円)
15,400円
(-3,092円)

Looopでんきは使用量が増えれば増えるほど圧倒的にお得になるのがわかりますね。

使用量が少ないと割高になってしまうというリスクはありますが、最低184kWh以上使えば関西電力よりも安くなる計算です。

9月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から9月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円キャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合います。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中のお早めの申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

関西でのENEOSでんきの口コミ・評判はまだない様子

サービス開始から日が浅いということもあり、ネット上に利用者の口コミ・評判は見つかりませんでした。

今後どんどん利用者が増えていくと思うので、見つけ次第追記していきます。

ENEOSでんきの基本情報

ENEOSでんきの申し込み方法や支払い方法など、事前に知っておきたい基本的な情報をまとめました。

対応エリア

京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(美方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

申し込み方法はWEBと郵送の2通り

ENEOSでんきの申し込み方法は以下の2通りあります。

・ENEOSでんき公式サイトからの申し込み
・書類の郵送による申し込み

電話での申し込みはできませんが、カスタマーセンターに電話をして申込書を請求することはできます。

●ENEOSでんきカスタマーセンター

電話番号:0120-77-8704
受付時間:9時~17時(第三日曜日と年末年始を除く)

申し込みに必要なもの

・現在の電力会社の検針票または請求書など
・通帳やクレジットカードなど支払い情報がわかるもの
・金融機関またはゆうちょ銀行への届出印

切り替え時の解約連絡は不要

ENEOSでんきに乗り換える際に、以前利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。

解約の手続きはENEOSでんきが代わりにやってくれます。

支払い方法は口座振替とクレジットの2通り

ENEOSでんきの支払い方法はクレジットカード払いと口座振替の2通りあります。

関西電力にあるような口座振替割引はないので注意しましょう。

利用可能なクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners、MUFG CARD、DC、UFJ Card、NICOS、VIEW、TS3、EPOS、MI、Cedyna、OMC、UC、Rakuten

請求書や領収書の発行は有料

明細は基本的にWEB確認になり、請求書や領収書の発行・郵送には以下の料金がかかります。

請求書:108円
領収書:162円

マイページから請求書や領収書の印刷ができるので、可能であれば自分で印刷してしまいましょう。

スマートメーターの設置工事は無料

ENEOSでんきに切り替える際に、従来のアナログメーターから「スマートメーター」という新しいメーターの設置が必要になります(既にスマートメーターが設置されている方は工事は不要です)。

設置工事は原則無料で行われますが、5~15分程度の停電があると思っておいてください。

立ち会いが必要な場合もあるので、不安な方は事前に確認しておくといいでしょう。

電気の質はこれまでと全く同じ

関西電力からENEOSでんきに切り替わることで電気の質が落ちる心配をしている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

契約先は変わりますが、自宅に供給される電気はこれまでと全く同じなんです。

停電が増えたり電気が弱くなったりすることはないので安心してください。

まとめ

以上、ENEOSでんきのまとめでした。

関東エリアでは使用量が多ければ最安レベルで安くなるENEOSでんきですが、関西では正直そこまでお得ではありません。

使用量が少なめの方であれば他社との料金差もそこまで開かないので、ガソリン代の割引や特別提携カードのポイントアップなど独自のメリットに魅力を感じる方にはおすすめです。

ただし、使用量が多めの方は割引やポイントアップを差し引いてもLooopでんきの方がお得になる可能性大なので、電気をたくさん使う方はLooopでんきをおすすめします。

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

電気の乗り換えは早ければ早いほどお得なので、検討中の方はお早めに試してみることをおすすめします。

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)