代理店逮捕でエレトス電気がサービス終了!解約方法と最悪な勧誘の評判まとめ

評価:4.50 - 2件の票数

2019年5月31日に突然サービスを終了したエレトス電気。

現在エレトス電気を契約している方は、他の電力会社への切り替え手続きをしなければならなくなりました。

この記事ではエレトス電気から他の電力会社への切り替え方法や、困った時に役立つおすすめの相談窓口も紹介しているので、エレトス電気を契約していた方はぜひこの記事を読んでみてください!

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

2019年6月14日までに切り替え手続きをしないと電気が止まる!

エレトスが先日公開した「エレトス電気から他電力会社への切替えのお願い」によれば、2019年6月14日までに電力会社の切り替え手続きをしなければ6月28日に電気の供給を停止するとのことです。

あまりにも急な話ですよね。

また、期限まで手続きをしないでいると、解約日の6月28日の5日程前までに「他の小売電気事業者と小売供給契約を締結しない場合には、契約がないことを理由として供給停止になる」という旨の通知が地域の電力会社(関西電力や東京電力など)から届くようです。

万が一この通知が来てしまったら、一刻も早く電力会社の契約手続きをしてください。

自分が電気料金を滞納したわけでもないのに電気を止められるなんて本当に理不尽ですよね。

いずれにせよ、早急に切り替えるに越したことはありません。

エレトス電気の解約方法

エレトス電気に解約の連絡を入れる必要はありません。

6月28日になればエレトス電気は解約となりますし、次に利用する電力会社に申し込みをすれば、その電力会社が代わりにエレトス電気の解約をしてくれます。

つまり、何よりも先に「次に利用する電力会社への申し込み」をする必要があるということです。

電力会社の切り替え方法

とはいえ、急に他の電力会社に切り替えろなんて言われても、どこに切り替えればいいかわからないという方も多いと思います。

一刻も早く切り替え手続きをしなければいけない状況なので、自分で電力会社を調べて申し込むのも面倒ですよね。

そんな時は下記の窓口に相談することをおすすめします。

「エリアチェック」というところに入力をすると、自身の使用量で一番最適な電力会社のプランを教えてもらえます。

今回の一件で新電力に対して疑心暗鬼になっている方も多いかと思いますが、こちらの窓口ではENEOSでんきやLooopでんきなど、きちんと実績のある新電力を取り扱っています。

料金が高くなってしまう可能性がある場合には事前にちゃんと教えてくれますし、エレトス電気のような怪しい新電力に契約させられることはまずないので安心してください。

電気のプロが無料で相談に乗ってくれるので、もし不安なことがあれば遠慮なく質問してみてください。

エレトスの代理店と違って信頼できる窓口ですし、とても丁寧に対応してくれるのでおすすめです!

※東京電力エリアの方であれば、ここから東京電力に戻すこともできます。

おすすめの切り替え先はLooopでんき

エレトス電気からの切り替えでおすすめなのが、Looopでんきという電力会社です。

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力で、とにかく利用者にメリットが多いのが特長です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければまた他の電力会社に切り替えてもOK。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

原因はエレトス電気代理店の逮捕か

公式サイトのお知らせには「諸事情によりサービス終了」と書かれていますが、おそらく2019年5月29日にエレトス電気の代理店「FAiCE」の社長ら6名が逮捕されたことが原因でしょう。

逮捕容疑は、「関西電力のプラン変更を装い契約を結ばせたことによる特定商取引法違反」です。

それで本当に関西電力より安くなるならいいのですが、ほとんどの場合は電気料金がかなり高くなってしまうという悪徳ぶり。

この代理店は以前から代理店の名前を変えて悪質な営業を続けており、これまでに約7,000件にものぼる契約を取っていたそうです。

ニュースでは被害者は男女4人と報じていますが、おそらくもっと多くの方が被害に遭っているものと思われます。

ちなみに、今回の逮捕の件や悪質な勧誘についてはこちらの記事でも詳しくまとめています。

エレトス電気の口コミ・評判

エレトス電気は以前から悪質な勧誘をしており、ツイッターを調べただけでも勧誘にあった方が多く見つかりました。

ごく一部ですがエレトス電気の口コミ・評判をまとめたので、興味のある方はご覧ください。

電力会社の契約だと気付かせないようにしてくる

電力会社の切り替えだと伝えずに「検針がいらなくなります」などと言って、契約書にサインをさせていたようです。

エレトス電気以外でもこのような勧誘への苦情を見かけることがありますが、非常に悪質ですね。

今回の一件でこういった勧誘の抑止になることを祈るばかりです。

勧誘禁止のマンションに無断侵入!

これは不動産の管理会社のアカウントのツイートです。

なんと、勧誘禁止の物件に無断で侵入し「管理会社に指示されました」と嘘をついて契約を取っていたというのです。

あまりの悪質さに開いた口がふさがりませんね。

注意喚起をする人も

エレトス電気に騙されてしまった方のツイートです。

自分と同じ被害に遭う方が増えないようにと、注意喚起をしていました。

勧誘を受ける前にこういった方の声が運良く耳に入ればいいですが、なかなかそうもいかないのが現実のようですね。

クーリングオフはしたけど怒りがおさまらない

エレトス電気の営業を受けて契約をしてしまい、クーリングオフをしたという方もいました。

悪質な勧誘により契約をしてしまった場合はクーリングオフが可能ですがそれも手間がかかりますし、何より騙されてしまったことに腹が立ちますよね。

電力会社の契約に限らず、多くの業界でこういった悪質な勧誘は横行しています。

消費者センターや消費者庁などにも今回の件に関する苦情は多く届いているはずなので、一層厳しく取り締まってもらいたいですね。

関西電力とプラン名まで似せる悪質ぶり

関西電力の名を騙るだけでなく、なんとプラン名まで関西電力のものに似せていたようです。

契約者にうまく誤解してもらおうという魂胆が丸見えですね。

この方は関西電力とは違うと気付きクーリングオフをしたようですが、気付かない方は本当に気付かないと思うと恐ろしいですね。

まとめ:とにかく一刻も早く電力会社の切り替えを!

みなさんエレトス電気に対して思うことはいろいろとあるでしょうが、理不尽に電気を止められないためにもまずは電力会社の切り替え手続きを優先して行いましょう!

下記窓口からエリアチェックや見積もりをすると、自分の電気使用量に最適な電力会社のプランを教えてもらえますし、そのまま簡単に申し込むこともできます。

電気のプロが無料で相談に乗ってくれるので、まずは一度エリアチェックから問い合わせをしてみることをおすすめします。

評価:4.50 - 2件の票数

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)