電力会社を乗り換える手順と方法は?おすすめ乗り換え先もあわせて紹介

2017年最新!切り替えてお得な新電力

電力会社を乗り換えたいけど、乗り換えの方法は?どういう手順で乗り換えるの?など疑問に思っていませんか。

結論からお伝えすると、電力会社の乗り換えはWEB申し込み、電力会社の解約、スマートメーター設置という3つのステップで完了します。

この記事では電力会社を乗り換える方法と手順、乗り換える際の注意点について具体的に説明します。そして、お得な乗り換え先を探している方に向けて、おすすめの電力会社も紹介します。

電力会社の乗り換えは非常に簡単なので、気に入った電力会社を見つけてぜひ気軽に乗り換えてみてくださいね。

電力会社を乗り換える前に

電力会社を乗り換える前に、以下の3つの点を確認しておきましょう。
  • 乗り換え費用は0円
  • 乗り換え工事なし
  • 電気の品質はそのまま
電力会社の乗り換えに際して、初期費用や契約手数料といった費用はかかりません。乗り換え時に工事などをする必要もありません。

また、電力会社を乗り換えても発電や送電はこれまで通り大手電力会社が担うので、電気の品質が変わることもありません。

このように電力会社の乗り換えは、ユーザーにとって限りなく少ない負担で行うことができるのです。

電力会社の乗り換え手順

電力会社の乗り換えは、以下の手順で行うことができます。
  1. 新しい電力会社に申し込む
  2. 現在の電力会社を解約する
  3. スマートメーターを設置する
  4. 新しい電力会社の利用開始
なお、基本的に利用者が行う必要があるのは「1.新しい電力会社に申し込む」だけで、2.以降は申込先の電力会社が代行してくれるため、特別な手続きは不要です。

新しい電力会社に申し込む

初めに、申し込みたい電力会社に申し込みの手続きを行います。

申し込み方法は原則公式サイトから行います。中には電話や郵送での申し込みを受け付けている電力会社もありますが、公式サイトからの申し込みが最も簡単です。

申し込みフォームでは、主に以下の情報を入力します。

・現在の電力会社の契約情報(電力会社名やプラン、契約アンペア)
・お客様番号(13桁)
・供給地点特定番号(22桁)
・利用者情報(氏名や現住所、連絡先等)
・申し込みたい電力会社の情報(プラン等)
・支払い方法(クレジットカード情報や口座番号など)

上記の項目を入力し、重要事項に同意したら申し込み完了です。数日以内に電力会社から申し込み確認のメールが届くので保管しておきましょう。

電気の検針票を準備する

申し込みにあたって、現在利用している電力会社の検針票が必要になるので準備してください。
検針票 引用:東京電力エナジーパートナー
検針票とは毎月自宅に届く明細のことです。 申し込みの際に必要になる料金プランや契約アンペアだけでなく、「供給地点特定番号」「お客様番号」といった普段見慣れない情報もこの検針票に載っています。 供給地点特定番号は画像の1、お客様番号は画像の14の番号がふられている数字です。 なお、検針票がお手元にない場合は現在の電力会社に問い合わせることで確認することができます。 また、検針票の発行を止めてWEBで管理している方は、登録したマイページからも検針票記載の情報を確認できます。

電力会社の解約

続いて、現在契約している電力会社の解約手続きが行われます。

ただしこれは申し込み先の電力会社が行ってくれるため、利用者が手続きや連絡をする必要はありません。

電力自由化以前からプランを変更していない方であれば、解約にかかる費用(解約金・違約金)も発生しません。

実際に現在の電力会社が解約されるのは、新しい電力会社の供給が始まるのと同じ日になります。切り替えの際に一時的に電気が使えなくなるなどの心配も不要です。

スマートメーターの設置

アナログのメーターから、スマートメーターへの取替作業が行われます。

スマートメーターとは通信機能の付いたデジタル計測器のことで、新電力を利用する際に必ず必要になります。
引用:東京電力パワーグリッド
スマートメーターの設置に関しても、申込先の電力会社が設置作業を進めてくれるため、利用者が手続きをする必要はありません。また、原則として費用も発生しません。 申し込み先の電力会社から設置作業日を調整するメールなどが届きます。作業は家の外で行われるため、立ち合いも不要です。作業日に家を空けていても、取替を行ってもらえます。 なお、既にスマートメーターに切り替わっている家庭では設置作業は不要になります。

新しい電力会社の利用開始

申し込み先の電力会社から、利用開始日を知らせるメールが届きます。その日にちから、新しい電気の利用が開始となります。

利用開始日は原則として「申し込み後の次回検針日」となります。当日は何もする必要はなく、待っていれば自動的に電気が切り替わります。

なお、申し込み日が検針日の直近だった場合は次々回の検針日切り替えとなる場合もあります。また、電力会社によっては月始めからの切り替えとなる場合もあるので、届いたメール記載の日時を記録しておきましょう。

乗り換え時期やご自身の状況にもよりますが、申し込みから2週間~1か月半で切り替わると覚えておいてください。

乗り換え先でおすすめな電力会社

電力会社の乗り換えは、基本的にどの電力会社であっても同様の手順となります。

そこでお得な電力会社を選ぶには、電気料金の安さとキャッシュバック額を特に重視することがポイントとなります。

ここでは、電力会社の乗り換え先を探している方におすすめの電力会社を2社紹介します。

おすすめ乗り換え先|あしたでんき

▼Lあしたでんきの特徴 ・基本料金が0円 ・東北、関東、中部、関西、中国、九州エリアで対応 ・契約期間の縛り、解約金なし ・乗り換え日:次回検針日
あしたでんきは基本料金が0円の電力会社です。基本料金は電気の使用量に関わらず毎月1,000円前後を支払っていましたが、あしたでんきではこれを0円にできます。契約アンペアが多い家庭など、特に基本料金が高い家庭でお得にすることができます。

また電気の使用料も安いため、電気をたくさん使う家庭では月に1,500円前後の節約も可能になります。

電力会社を乗り換えて毎月コンスタントに電気代を安くしたいという方におすすめです。

公式サイトではどれくらい安くなるかシミュレーションができます。検針票をお手元に具体的にどれくらい安くなるか確かめてみましょう。

Looopでんきは契約期間の縛りや解約金もないため、気軽に乗り換えることができます。

おすすめ乗り換え先|エルピオでんき

▼エルピオでんきの特徴 ・新規申し込みでキャッシュバックを実施 ・北海道、沖縄を除く全国で対応 ・契約期間の縛り、解約金なし ・乗り換え日:次回検針日
エルピオでんきは、新規での申し込みで電気代がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

利用開始月から3ヵ月間の電気代が15%OFFになり、契約アンペアに応じて11ヵ月後の電気代から3,000円~20,000円が値引きされます。

例えば1ヶ月の電気代が12,000円の家庭(40A契約)なら、1年間で合計11,400円の割引が受けられます。

電力会社の乗り換えにあわせてお得にしたいという方は、キャッシュバックが豊富なエルピオでんきをおすすめします。

電気代自体も安く、契約期間の縛りや解約金もないので気軽に乗り換えてみてください。

電力会社を乗り換える際の注意点

非常にシンプルで簡単な電力会社の乗り換えですが、場合によっては注意すべき点もあります。

乗り換え時に初期費用がかかる場合もある

新しい電力会社への乗り換えには原則として初期費用はかかりませんが、中には契約事務手数料などの名目で費用を請求する電力会社があります。

▼初期費用がかかる電力会社
・eo電気:3,000円+税
・J:COM電力:3,000円+税

これらの電力会社では、初月の電気代に初期費用が合算されて請求されてしまいます。多くの電力会社では初期費用はかかりませんから、初期費用を支払ってでも乗り換えるメリットがあるのかを慎重に検討しましょう。

引っ越しで乗り換える場合は解約手続きが必要

引っ越しと同時に電力会社を乗り換える場合、現在利用している電力会社へ解約の手続きを自分でする必要があります。

▼各電力会社の手続き先
北海道電力:公式サイト
東北電力:公式サイト
東京電力:公式サイト
中部電力:公式サイト
北陸電力:公式サイト
関西電力:公式サイト
中国電力:公式サイト
四国電力:公式サイト
九州電力:公式サイト
沖縄電力:公式サイト

各社、公式サイトからネットで解約の手続きができます。解約日は指定できるので、引っ越しが決まっている場合はできるだけ早めに解約手続きを行いましょう。

詳しくは「電気の引っ越し手続きと当日の流れは?停止から使用開始までを徹底解説」をご覧ください。

マンションでは乗り換えられない場合もある

基本的にマンションでも電力会社は切り替えられますが、建物一棟で一括して電気を契約している「一括受電契約」方式の場合は電力会社を乗り換えられません。

大きなタワーマンションなどで導入されているケースが多いです。

検針票に「高圧」という記載があったり、契約電流が「kVA」で表記されている場合は一括受電契約となります。不明な場合は管理会社や大家さんに確認をしましょう。

まとめ

電力会社の乗り換え手順や方法、注意点、おすすめの乗り換え先についてまとめてきました。

改めて手順を振り返ります。
1.新しい電力会社に申し込む
2.現在の電力会社を解約する
3.スマートメーターを設置する
4.2週間~1か月半で利用開始
利用者がしなければならないのは公式サイトからの申し込みのみで、その後は基本的に待っていれば完了します。工事や切り替え費用も掛からないので、思った以上に簡単だということが分かっていただけたと思います。

ぜひ気に入った電力会社が見つかれば気軽に乗り換えを試してみてくださいね。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ