Looopでんきと中国電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

今、電力会社の中で最も注目を浴びているLooopでんき。

●基本料金0円
●どれだけ電気を使っても1kWhの料金単価が一律

シンプルな料金プランで人気を集め、今もっとも注目されている新電力です。

今回は中国電力とLooopでんきの料金を徹底比較しました。

一般的な家族、大家族、一人暮らしに分けて、さらに使用量も細かく想定してシミュレーションしました。

とにかくわかりやすくまとめましたので、サクッとご覧ください。

Looopでんきと中国電力の電気料金比較

 中国電力Looopでんき
最低料金331.23円0円
15kWh~120kWh
20.40円
24円
120kWh~300kWh
26.96円
24円
300kWh~29.04円
24円

まず、最低料金だけ比較してみましょう。

Looopでんきは最低料金が0円なので、中国電力と比べると331.23円お得になります。

次に、既存の電力会社は従量料金(電気の使用量によって1kWhあたりの単価が高くなる)が三段階にわかれています。

表を見てみましょう。

120kWhまでは1kWhの単価が20.40円

120kWh~300kWhまでは1kWhの単価が26.96円

300kWhからはどれだけ使っても1kWhの単価が29.04円

となっていますよね。

例:400kWh使用した場合

●120kWhまでの料金
105×20.40円=2142円

●120kWh-300kWhまでの料金
180×26.96円=4852.8円

●300kWh-400kWhまでの料金
100×29.04円=2904円

上記の料金をすべて足します。
2142円+4852.8円+2904円=9898.8円

これに最低料金を足します。

9898.8円+331.23円=10230.03円

合計:10230.03円

これが料金の算出方法になります。

電気を使えば使うほど料金が高くなるのは当然のことですが、Looopでんきは従量料金が一律なので、中国電力と同じ使用量でも安くなるケースが多いです

次の項目で実際にいくつかのケースを想定して、わかりやすくシミュレーションをしてみました。

Looopでんきと中国電力の電気料金シミュレーション

1~2人暮らし

●120kwh使用の場合

中国電力⇒2,473円
Looopでんき⇒2,880円

結果:Looopでんきの方が407円高い

2~3人暮らし

●300kwh使用の場合

中国電力⇒7,326円
Looopでんき⇒7,200円

結果:Looopでんきの方が126円安い

3~4人家族

●350kwh使用の場合

中国電力⇒8,778円
Looopでんき⇒8,400円

結果:Looopでんきの方が378円安い

4~5人家族

●500kwh使用の場合

中国電力⇒13,134円
Looopでんき⇒12,000円

結果:Looopでんきの方が1,134円安い

5人家族以上

●800kwh使用の場合

中国電力⇒21,846円
Looopでんき⇒19,200円

結果:Looopでんきの方が2,646円安い

中国電力からLooopでんきに切り替えた人の口コミ・評判

中国電力からLooopでんきに切り替えて年間1万円ほど安くなった方の口コミです。

新電力について調べていく中で、個人的に思ったのは地方に住んでいる方ほど電気の切り替えをしていないということ。

電力自由化は日本に住んでいる全ての方が対象ですし、切り替えるだけで電気代を節約できるという大きなメリットがあります。

電気の質が落ちたり停電が増えるといったことはないので、ぜひ少しでも気になった方は気軽に乗り換えてみることをおすすめします。

中国電力からLooopでんきへの乗り換えに関するQ&A

中国電力からLooopでんきへ乗り換える際の疑問を解消します。

中国電力からLooopでんきに切り替える方法は?

中国電力からLooopでんきに切り替える方法は簡単です。

Looopでんきに申し込むだけです。

中国電力に解約の連絡はしなくて大丈夫です。

Looopでんきが中国電力の解約の手続きを代行してくれます。

基本的にどこの電力会社に切り替える時も同じですが、新しく契約する電力会社が解約の手続きを行ってくれるんです。

Looopでんきから中国電力に戻せるの?

もし、Looopでんきに切り替えて思ったより安くなった場合、中国電力に戻すことはできます。

Looopでんきは解約時の違約金などもかからないので無料で中国電力に戻すことができます。

新電力の中には契約期間内に解約すると違約金(2,000円~9,000円)が発生するところもあるので気をつけましょう。

まとめ

120kWh~の単価はLooopでんきの方が安く、電気を使えば使うほどLooopでんきがお得だという結果になりました。

結論
260kWh以上使う人はLooopでんきがお得。
260kWh未満の方は中国電力がちょっとお得。

ただ、差額も僅かですし、電気代を多く使う月(夏・冬)のことを考えるとLooopでんきに切り替えた方がお得になるケースもあります。

解約金もかからないので、お試し感覚で切り替えても良いと思いますよ。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Looopでんきと中国電力の料金比較について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。