中部電力エリアで安くておすすめな電力会社ランキング!【20社比較】

評価:3.63 - 8件の票数

先日、以下の問い合わせをいただきました。

「中部地方で安くておすすめな電力会社はどこですか?」

ということで、今回は中部地方で安くておすすめな電力会社をご紹介します。

この記事で紹介されている内容
●基本料金
●従量料金
●使用量を想定した月額料金
●それぞれの電力会社の特長

サクッと読める内容になっているのでぜひ最後までごらんください。

初めての方にはあしたでんきがおすすめ!

初めて電力会社を切り替える方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用、解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力の子会社なので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

手数料や特別な工事もないので、今までと全く同じ生活をしながら電気代を安くできるのは本当にうれしいですね。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

こちらの記事でも詳しくまとめています!
『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

結論!中部電力エリアでおすすめの電力会社TOP3

様々な要素を比較して、総合的におすすめな新電力会社をまとめました。

詳しくは順を追って説明していきますが、まずはランキングをご覧ください。

1位:あしたでんき

1位に選んだ理由

  • 基本料金が0円
  • 解約金・違約金、乗換手数料が0円
  • 業界最安!圧倒的な安さ
  • 料金やプランがシンプルでわかりやすい
  • 契約期間の縛りがない
  • 2,000円分のAmazonギフト券がもらえる
  • 業界最安とも言われる圧倒的な電気料金の安さはもちろん、全体的に利用者にとってメリットが多いことからあしたでんきを1位に選びました。

    簡単にシミュレーションをしてみたので、まずはご覧ください。

    ●150kWh使用した場合
    中部電力⇒4,357円円
    あしたでんき⇒3,825円(-532円)

    ●400kWh使用した場合
    中部電力⇒10,915円
    あしたでんき⇒10,200円(-715円)

    ●600kWh使用した場合
    中部電力⇒16,509円
    あしたでんき⇒15,300円(-1,209円)

    このように、大幅な電気料金の削減ができます。

    さらに注目すべきは、契約期間の縛りや解約金・乗換手数料が一切ないということ。

    つまり、どれくらい安くなるかお試し感覚で乗り換えることもできるということなんです。

    もし思ったより安くならなければ、1か月で元の電力会社に戻せばいい話ですしね(もちろん無料で戻せます)。

    私もあしたでんきに乗り換えましたが、毎月1,500円近く安くなりとても満足しています。

    さらに今なら、あしたでんきの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

    キャンペーンは期間限定なので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

    夏はエアコンで電気代がかさむので、早めの申し込みを強くおすすめします。

    2位:シン・エナジー

    基本料金、従量料金ともに中部電力より安く設定されているシン・エナジー。

    電力会社の中にはたくさん使わないと安くならないところも多い中、シン・エナジーは使用量が少ない方から多い方まで確実に今までの電力会社よりも安くなるんです。

    また、電気代の支払いでJALのマイルが貯まるという特典もあります。

    電気代は毎月必ず支払うものなので、月々の固定費を払うだけでマイルが貯まっていくというのはうれしいですね。

    さらに、家族や友人などと一緒にシン・エナジーと契約することで「つなが~る割」という割引を受けられます。

    離れて暮らすご家族がいる方などにはメリットになるでしょう。

    ちなみにシン・エナジーにWEB窓口から申し込めば、6月限定でもれなく3,000円のキャッシュバックを受けられます。

    下記窓口の右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

    3位:ミツウロコでんき

    ミツウロコでんきは電気使用量が多い人ほどお得になる新電力です。

    特に、120kWh以上使う場合の従量料金は今回ピックアップした10社の中でも最安水準です。

    120kWhというのは、だいたい毎月の電気代が4,000円以上の計算になるので、ほとんどの方がこれに該当するでしょう。

    また、「シングル応援プラン」という使用量が少ない方向けのプランもあるので、電気をあまり使わない方でも割高になることがありません。

    さらに、契約期間の縛りや解約金、契約手数料がないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で乗り換えられるというのも大きなメリットです。

    シン・エナジーと同様、WEB申し込みで6月限定もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れるのもおすすめポイントです。

    下記窓口の右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

    中部電力エリアの基本料金比較

     20A30A40A50A60A
    あしたでんき0円0円0円0円0円
    自然でんき0円0円0円0円0円
    はなカメくん電気264.26円396.39円528.52円660.65円792.78円
    スマ電542.40円823.20円1,104.00円1,384.80円
    HTBエナジー800.28円1,067.04円1,333.80円1,600.56円
    エネワンでんき810.00円1,080.00円1,350.00円1,620.00円
    鈴与のでんき561.60円842.40円1,100.96円1,382.97円1,668.00円
    イーレックス556.54円834.81円1,113.08円1,391.35円1,669.62円
    KOYOでんき835.00円1,115.00円1,392.00円1,670.00円
    中部電力561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    auでんき561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    ミツウロコでんき561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    myでんき561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    サーラeエナジー561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    サンリンでんき561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    @niftyでんき842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    福島電力1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    楽天エナジー1,123.20円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    丸紅新電力1,123.20円1,123.20円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
    大垣ガス1,004.40円1,285.20円1,566.00円1,846.80円

    中部電力よりも安い金額に設定されているところを赤い字にしています。

    ほとんどの新電力が中部電力と同じ金額ですね。

    HTBエナジーは少しだけ割引がされていますが、あしたでんきの0円は存在感がすごいです(笑)

    やはり基本料金0円は強いですね。

    中部電力エリアの従量料金比較

    中部電力
    KOYOでんき
    ~120kWh20.68円~120kWh20.65円
    120~30025.08円120~30024.15円
    300~27.97円300~25.55円
    サンリンでんき
    ミツウロコでんき
    ~120kWh22.68円~120kWh22.68円
    120~30022.97円120~30022.97円
    300~25.52円300~25.52円
    HTBエナジー
    myでんき
    ~120kWh19.65円~120kWh20.68円
    120~30023.83円120~30025.08円
    300~26.58円300~25.45円
    (40A)
    あしたでんき
    大垣ガス
    一律25.5円~400kWh22.63円
    400~26.30円
    はなカメくん電気
    自然でんき
    一律23.35円一律27円
    サーラeエナジー
    楽天エナジー
    ~120kWh20.58円~120kWh20.68円
    120~40024.58円120~30025.08円
    400~26.31円300~25.70円
    鈴与のでんき
    スマ電
    ~120kWh20.68円~120kWh20.60円
    120~30024.80円120~30024.70円
    300~27.40円300~26.30円
    イーレックス
    福島電力
    ~120kWh20.60円~120kWh20.68円
    120~30024.08円120~30025.08円
    300~25.59円300~26.57円
    丸紅新電力
    エネワンでんき
    ~120kWh20.68円~120kWh20.68円
    120~30025.08円120~30023.58円
    300~25.70円300~24.89円
    auでんき
    @niftyでんき
    ~120kWh20.67円~120kWh20.68円
    120~30025.07円120~30024.30円
    300~27.96円300~24.73円

    あしたでんきは一律料金、大垣ガスは2段階、あとは3段階の料金設定ですね。

    myでんきは契約アンペア数によって少しだけ料金が変わります。

    ミツウロコでんき、サンリンでんき、大垣ガスは1段階目の料金が高めで、使用量が多くなると割引率も大きくなっていくという仕組みです。

    全ての段階において中部電力よりも安いのはサーラeエナジー、HTBエナジーのみですね。

    あしたでんきの一律25.5円は一見高く見えるかもしれませんが、基本料金が0円なので結果として安くなります。

    中部電力エリアで一番安い電力会社は?

    実際に月々の使用量を想定してシミュレーションしてみました。

    契約アンペアや電気の使用量によって結果は大きく変わるのであくまで参考程度にご覧ください。

    1~2人世帯・少なめの使用量

    ●30Aの契約で100kwh使用した場合
    ※料金が安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    あしたでんき
    2,550円
    スマ電
    2,602円
    自然でんき
    2,700円
    はなカメくん電気
    2,731円
    HTBエナジー
    2,765円
    エネワンでんき
    2,878円
    イーレックス
    2,895円
    KOYOでんき
    2,900円
    サーラeエナジー
    2,900円
    auでんき
    2,909円
    中部電力
    2,910円
    myでんき
    2,910円
    鈴与のでんき
    2,910円
    @niftyでんき
    2,910円
    サンリンでんき
    3,110円
    ミツウロコでんき
    3,110円
    楽天エナジー
    3,191円
    丸紅新電力
    3,191円
    大垣ガス
    3,267円
    福島電力
    プランなし

    2~3人世帯・平均的な使用量

    ●30Aの契約で300kwh使用した場合
    ※料金が安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    はなカメくん電気
    7,401円
    HTBエナジー
    7,448円
    スマ電
    7,460円
    エネワンでんき
    7,536円
    イーレックス
    7,641円
    あしたでんき
    7,650円
    KOYOでんき
    7,660円
    @niftyでんき
    7,698円
    サンリンでんき
    7,699円
    ミツウロコでんき
    7,699円
    サーラeエナジー
    7,736円
    鈴与のでんき
    7,788円
    大垣ガス
    7,793円
    auでんき
    7,835円
    中部電力
    7,838円
    myでんき
    7,838円
    自然でんき
    8,100円
    楽天エナジー
    8,119円
    丸紅新電力
    8,119円
    福島電力プランなし

    3~4人世帯・平均的な使用量

    ●40Aの契約で400kwh使用した場合
    ※料金が安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    はなカメくん電気
    9,869円
    あしたでんき
    10,200円
    エネワンでんき
    10,295円
    大垣ガス
    10,337円
    スマ電
    10,371円
    HTBエナジー
    10,372円
    @niftyでんき
    10,452円
    イーレックス
    10,478円
    KOYOでんき
    10,495円
    サンリンでんき
    10,531円
    ミツウロコでんき
    10,531円
    サーラeエナジー
    10,648円
    myでんき
    10,664円
    楽天エナジー
    10,689円
    丸紅新電力
    10,689円
    福島電力
    10,776円
    鈴与のでんき
    10,787円
    自然でんき
    10,800円
    auでんき
    10,912円
    中部電力
    10,916円

    3~4人世帯・多めの使用量

    ●40Aの契約で700kwh使用した場合
    ※料金が安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    はなカメくん電気
    16,874円
    エネワンでんき
    17,762円
    あしたでんき
    17,850円
    @niftyでんき
    17,871円
    イーレックス
    18,155円
    KOYOでんき
    18,160円
    サンリンでんき
    18,187円
    ミツウロコでんき
    18,187円
    大垣ガス
    18,227円
    スマ電
    18,261円
    myでんき
    18,299円
    HTBエナジー
    18,346円
    楽天エナジー
    18,399円
    丸紅新電力
    18,399円
    サーラeエナジー
    18,541円
    福島電力
    18,747円
    自然でんき
    18,900円
    鈴与のでんき
    19,007円
    auでんき
    19,300円
    中部電力
    19,307円

    4~5人世帯・かなり多めの使用量


    ●50Aの契約で800kwh使用した場合

    ※料金が安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    はなカメくん電気
    19,341円
    17,850でんき
    20,400円
    エネワンでんき
    20,521円
    @niftyでんき
    20,625円
    KOYOでんき
    20,992円
    イーレックス
    20,993円
    サンリンでんき
    21,020円
    ミツウロコでんき
    21,020円
    myでんき
    21,125円
    大垣ガス
    21,138円
    スマ電
    21,172円
    楽天エナジー
    21,250円
    丸紅新電力
    21,250円
    HTBエナジー
    21,271円
    サーラeエナジー
    21,453円
    自然でんき
    21,600円
    福島電力
    21,685円
    鈴与のでんき
    22,029円
    auでんき
    22,377円
    中部電力
    22,385円

    それぞれの電力会社の特徴

    では、それぞれの電力会社にどんな特徴があるのか見ていきましょう。

    簡単にまとめたので、サラッと読んでみてください。

    中部電力

    中部エリアの一般送配電事業者。

    新電力と比較してしまうと、電気料金が高いのがデメリット。

    従量電灯B以外にも様々なプランがあります。

    あしたでんき

    基本料金0円、料金一律の斬新なシステムが人気のあしたでんき。

    毎月1,000円前後かかる基本料金がないだけでもかなりお得!

    webや無料のスマホアプリで30分ごとの電気使用量が見られたり、従来の料金プランと比べてどれくらい節約できたかが確認できたりする機能があります。

    具体的な数字がわかると節約がはかどりますし、かなり便利な機能です。

    そのほか、契約期間の縛りや解約金・違約金、解約手数料がかからないのもいいですね。

    2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

    2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

    あしたでんきが選ばれている理由
    ・2019年申込件数No.1!
    ・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
    ・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

    あしたでんきは知識ゼロでも簡単に切り替えができ、お試し感覚で申し込んで利用を続けている方が多い大人気の新電力です!

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

    夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

    こちらの記事でも詳しくまとめています!
    『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

    HTBエナジー

    基本料金、従量料金が一律5%割引のHTBエナジー。

    電気をたくさん使う人も、あまり使わない人も、みんながお得になるのがいいですね。

    今回比較に用いたのは、中部電力の従量電灯Bに相当する「しゃちほこプラン」です。

    このプラン名は地域によって異なり、関西ではたこやきプラン、九州ではめんたいこプランになります(笑)

    しゃちほこプラン以外にも、朝や夜の2時間の間だけ従量料金が無料になるママトクコースなどもありますが、基本料金がかなり高くなるので要注意。

    オプションサービスが豊富にあるのも特徴ですが、人によってはあまり関係ないかもしれませんね。

    楽天エナジーまちでんき

    電気使用量10kWhごとに楽天ポイントが1ポイント、さらに楽天カードで電気料金を支払うと100円ごとに1ポイントがたまります。

    たまった楽天ポイントは電気料金の支払いに使うこともできるので、楽天をよく利用するという方にはメリットが大きいでしょう。

    基本料金と120kWhまでの従量料金は北海道電力と同じなので、楽天も利用しない、電気もあまり使わないという方はほとんどお得になりません。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『楽天エナジーの「まちでんき」は高い!?評判まとめ』

    ミツウロコでんき

    ちびまる子ちゃんでおなじみミツウロコでんき。

    15kWh~120kWhの料金だけ見ると割高ですが、120kWhを超えてからの料金は中部電力よりも安いです。

    ひと月の電気使用量が120kWh以内におさまってしまう方にはおすすめしませんが、たくさん使う方であればお得になるでしょう。

    myでんき

    基本料金、従量料金ともに中部電力とほとんど違いはありません。

    唯一違うのは30A以上の契約で300kWh以上使った際の単価が少しだけ安いこと。

    また、myでんきはJXTGエネルギー(旧:東燃ゼネラル石油)が提供している新電力ですが、ガソリンなどに関する割引はありません。

    給油代の割引などを期待していた方にはちょっと残念な話ですね。

    総合的に見てメリットは薄いと言えるでしょう。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『微妙としか言いようがない…myでんきの料金・口コミ・評判』

    サーラeエナジー

    サーラグループが提供している新電力です。

    従量料金の3段階目に移る数値を通常は300kWhのところを400kWhに設定しているのが特徴的ですね。

    すべての段階において中部電力よりも料金が安いこともメリットでしょう。

    ガスとのセット割や、サーラカードのポイントがたまるサービスもあります。

    すでにサーラのサービスを利用している方にはメリットが大きいですね。

    サンリンでんき

    ミツウロコでんきと料金設定は全く一緒です。

    それもそのはず、サンリンでんきはミツウロコグリーンエネルギーから電力を調達しているのだそうです。

    サンリンでんきにはガスとのセット割がありますが、LPガスとのセット割なので間違えないように注意しましょう。

    大垣ガス

    今回比較した中で唯一中部電力より基本料金が高い新電力。

    電気のみでの利用はできないので、ガスとセットでの契約が必要になります。

    しかし、ガスと一緒に契約してもセット割などのサービスはありません。

    ちょっと残念ですね。

    はなカメくん電気

    はなカメくん電気は、建設会社の亀井組が提供している新電力。

    マスコットキャラクターのはなカメくんもかわいいです。

    料金体系は従量料金が一律でハローG電力やきらめきでんきと似ていますが、それよりも安い料金が設定されています。

    ただし、1年間の契約期間の縛りがあり、1年未満に解約すると2,000円の違約金がかかってしまうので要注意。

    エネワンでんき

    電気料金の割引率だけで見ると微妙なエネワンでんき。

    環境保全に関する活動や研究に対する助成を行っているなど、環境問題への積極的な取り組みをしているので、そういった企業に貢献したいという方にはおすすめです。

    ちなみに、1年以内の解約で3,000円の解約事務手数料がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『エネワンでんき(いちたかガスワン)は料金が複雑で微妙!』

    @niftyでんき

    @niftyでんきの基本料金は従来と全く同じ。

    従量料金が少しだけ安い価格設定になっていますが、電気料金だけで見るとそこまでお得ではありませんね。

    @niftyのネットやスマホを利用している方であればセット割がきくので、ネットもスマホも電気も全部@niftyにする!という方には向いているでしょう。

    また、@niftyのサービスを利用していない方はまず@nifty IDの取得が必要になります。

    セット割を適用させないのであればあまりお得ではないので、現時点で@niftyを利用していない方は他の新電力の方が合っているかもしれませんね。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『思ったより安くない!微妙すぎる@niftyでんきの評判まとめ』

    イーレックス

    イーレックスは、既に7,000以上の施設に電力を供給した実績のある会社で、環境にやさしい再生可能エネルギーを推奨しているという特徴もあります。

    特にバイオマス発電に力を入れており、高知県には国内最大のバイオマス発電所があります。

    セット割や特典などはないので、人によっては物足りないと感じてしまうかもしれません。

    KOYOでんき

    一人暮らしなど電気をあまり使わない方でも確実に安くなるとわかるのがいいですね。

    KOYOでんきでは、電気代の支払いでJALのマイルをためることができます。

    200円ごとに1マイルたまるので、少しでもたくさんのマイルを貯めたいという方には嬉しいですね。

    そのほか、家族や友人とKOYOでんきに一緒に申し込むことで適用になる「つなが~る割」というものがあります。

    代表世帯のみが割引になる「まとめてプラン」と各世帯が同額割引になる「わけあいプラン」があり、プランや世帯数に応じて月25円~400円の割引になります。

    小さな額なのでメリットとしてはちょっと薄いかなという印象です。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『【2018年最新版】KOYOでんき(洸陽電機)の料金・評判まとめ』

    スマ電

    スマ電には月額電気料金に応じて割引が適用になる「スマ電割引」があります。

    割引額は以下の通り。

    月額電気料金が8,000円以上の場合⇒5%割引
    月額電気料金が10,000円以上の場合⇒8%割引
    月額電気料金が12,000円以上の場合⇒10%割引

    つまり、現在の電気料金が8,000円以上ではない方は全くお得になりません。

    逆に毎月12,000円以上かかっているという方には向いているでしょう。

    丸紅新電力

    料金体系が高いのが残念なポイント。

    丸紅新電力はスタジオジブリと共同で日本の原風景を守る活動をしています。

    電気料金の一部が森と緑の保全活動に充てられる「プランG」に契約すると、スタジオジブリの鳥獣戯画が描かれたオリジナルの一輪挿しがもらえるそうです。

    福島電力

    300kWh以上使う方はすこしお得な福島電力。

    ただ、基本料金も高めですし、目立った割引サービスもありません。

    2018年に入ってからツイッターなどでも以下のような口コミがたくさん投稿されています。

    ●請求書が届かない
    ●高額請求がきた
    ●問い合わせが繋がらない

    など評判がよくありません。申し込み者が増えたことによるトラブルと言われていますが、状況が落ち着くまではおすすめはできませんね。

    また、40Aからしか契約ができないのも残念なポイントですね。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『契約者の怒り爆発!福島電力の評判がツイッターで大炎上!!』

    自然でんき

    基本料金0円、一律の料金体系という、あしたでんきと同じシステムを採用しています。

    自然でんきという名前から想像がつくように、環境にやさしい再生可能エネルギーを多く使用しています。

    また、月々の電気代の内50円分がCO2削減のための森林活動団体へ支援されるのも特徴的。

    ちなみに、自然でんきはソフトバンクのネットやスマホとのセット割はないので注意しましょう。

    鈴与のでんき

    電気とガスなど、鈴与のサービスをまとめて利用するとセット割がききます。

    また、スマイルパーソナルで電気料金をクレジット払いすることで、ポイントが2倍になったり鈴与チェーンのガソリンスタンドでの給油代が安くなったりというメリットも。

    以前から鈴与のサービスを利用していたという方にはぴったりです。

    auでんき

    電気料金だけで言えばほとんどお得にはなりませんね。

    au WALLETプリペイドカードを持っていれば、月々の電気料金の1%~5%がポイントで還元されます。

    au WALLETカードをよく使うという方にはいいですが、そうでない方にはあまりメリットがありません。

    そのほか、1年未満の解約には2,000円の解約金がかかるのもネックですね。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『auでんきの料金は?キャッシュバックなどのメリットは?』

    おすすめはあしたでんき

    あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

    おすすめの理由
    ●基本料金が0円
    ●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
    ●2019年現在【業界最安】
    ●使用量がリアルタイムで把握できる
    ●東京電力の子会社なので安心
    ●対応が良い
    ●契約者の評判が本当に良い

    今までいろんな新電力について調べてきましたが、2019年8月現在これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

    下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
    ⇒『【2019年人気No.1】あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

    料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

    私もあしたでんきを利用していますが、毎月1,500円ほど安くなりとても満足しています。

    新電力に不安を感じている人は多いですが、まずは1ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

    私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

    どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

    ※今ならあしたでんきの申し込みで2,000円分のアマゾンギフト券がもらえます!

    夏はエアコンで電気代が上がるので、ぜひ一日でも早い切り替えをおすすめします。

    まとめ

    中部電力エリアでもあしたでんきはかなりメリットが大きいことがわかりましたね。

    電力会社によって料金や割引制度などは様々ですが、個人的にはシンプルに安いのが一番だと思っています。

    あしたでんきはあまり使わない家庭だと安くならないと言う人もいますが、使用量が少なくてもちゃんと安くなることがほとんどです。

    と言っても実際に自分の使用量でどれくらい安くなるかがわからないとあまりピンとこないと思うので、まずはシミュレーションをしてみるといいですよ。

    評価:3.63 - 8件の票数

    おすすめはあしたでんき

    業界最安値を誇るあしたでんき。

    とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

    東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

    夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

    あしたでんき公式サイトはこちら

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)