CDエナジーダイレクトの評判は?契約前に知るべき全情報

CMでも話題のCDエナジーダイレクトについて「評判はどうなのか?」「電気とガスの料金は安くなるのか?」気になりますよね。

CDエナジーダイレクトは首都圏で利用できる電気ガス会社。電気とガスのセット契約はエリア最安水準を実現し、電気代に応じて独自のポイントが貯まる、Amazonプライムがついてくるなどメリットがとにかく多いのが特徴です。

この記事ではCDエナジーダイレクトのメリットや利用者の評判・口コミなど契約前に知っておきたい全ての情報をまとめました。

CDエナジーダイレクトとは

CDエナジー(CDエナジーダイレクト)とは、中部電力と大阪ガスが共同出資して設立した電気・ガス会社。

電気は東京電力エリア、ガスは東京ガス供給エリアでそれぞれ提供しています。

電気料金プランが7つと豊富にあるのが特徴で、自分の電気使用量や生活スタイルによって最適なプランを選ぶことができます。

またガスとセットにすることもでき、電気ガスのセット契約は首都圏エリア最安クラスで利用できます。

CDエナジーダイレクトの評判で分かる4つのメリット

CDエナジーダイレクトには、大きく分けて4つのメリットがあります。

利用者の口コミや評判とあわせて解説していきます。
  • 電気代が安くなる
  • 電気とガスをセットにできる
  • カテエネポイントが貯まる 
  • Amazonプライムがついてくる

電気代が安くなる

CDエナジーの1つ目のメリットは、電気代が必ず安くなること。

CDエナジーは電気の使用量に応じて最適なプランが選べるため、一人暮らしから大家族まで全ての方が電気代を節約することができます。
プラン名プランの特徴対象
シングルでんき毎月100円引き1人暮らし
ベーシックでんき一般的なプラン2~4人家族
ファミリーでんき300kWhまで定額4人家族~
それぞれのプランで東京電力からいくら節約できるかを計算した結果は以下の通り。年間数千円~2万円の節約が可能です。
1人暮らし
シングル
でんき
(30A/100kwh)
2~4人家族
ベーシック
でんき
(40A/430kwh)
4人~家族
ファミリー
でんき
(50A/600kwh)
-1,200円-9,744円-20,688円

シングルでんき:一人暮らしは年間1,200円安くなる

1人暮らしの方に向いている「シングルでんき」は、どんな電気の使用量であっても一律で毎月100円安くなります。

一人暮らしの方では、料金単価を安く設定しても電気をほとんど使わないため意味がありません。そこでCDエナジーでは使用量に関わらす一律で100円を割り引くことで、電気をあまり使わなくても確実に安くなる仕組みにしたのです。
他社では電気をあまり使わない人はほとんど安くならないことが多いですが、CDエナジーなら年間で1,200円が確実に節約できます。

※CDエナジーの一人暮らし向けプランについては『CDエナジーを一人暮らしが利用するメリットとただ一つの注意点』でもまとめています。

ベーシックでんき:2~4人暮らしは年間1万円前後安くなる

月々の電気代が5,000円を超えるような2人~4人で暮らしている人は「ベーシックでんき」で年間1万円前後の節約が可能。

ベーシックでんきは東京電力と比べて基本料金、従量料金(使用料金)ともに安く設定されています。
  東京電力CDエナジー
基本料金40A契約1144円1070.64円
従量料金~120kwh19.88円19.78円
120~300kwh26.48円25.47円
300kwh~30.57円26.38円
特に従量料金の単価が低く設定されているのが重要。単価が安いということは、使用量が増えるほどお得になる額も大きくなります。

実際、3~4人家族の平均的な使用量(40A/430kwh使用)で計算すると、東京電力より1ヵ月で812円もの節約になります。

そのため、1年間で812円×12=9,744円お得にできるのです。

ファミリーでんき:電気使用量が多いと年間2万円安くなる

定額プランの「ファミリーでんき」は、毎月の電気代が10,000円を超えるような家族が多い人向けのプラン。

電気の使用量300kwhまでが定額料金で、それ以上使った場合の料金が非常に安く設定されています。つまり、300kwhを超えれば超えるほど、東京電力に比べてお得になっていくのです。

特に今の電気代が月15,000円を超えているような方であれば、1年間で20,000円の節約も可能になります。

電気とガスをセットにできる

電気だけでも安いCDエナジーダイレクトですが、東京ガスの供給エリアではガスも提供していて、セットで契約することが可能。

電気とガスをまとめることによりセット割が適用され、電気代、ガス代がさらに0.5%割引されます。

その結果、CDエナジーは同様に電気とガスのセット契約ができる東京電力、東京ガスと比べても最安の料金で利用できるのです。
※各社セット割を適用させた料金です。
 1人暮らし
(30A/100kwh/
10m³)
3人家族
(40A/400kwh/
25m³)
5人家族
(50A/600kwh/
40m³)
CDエナジー4,864円14,848円22,107円
東京電力4,891円15,440円23,738円
東京ガス5,188円14,970円22,496円
首都圏に住んでいて電気とガスをまとめたい方は、エリア最安のCDエナジーにまとめるのがお得です。
CDエナジーと東京ガスは『CDエナジーと東京ガスを比較!料金・特典・サービスはどっちがお得?』でも詳しく比較しています。

ガスの料金プランについては『CDエナジーダイレクトのガスはお得?料金プラン・サービス内容を全解説』で詳しく解説しています。

首都圏最安クラス!CDエナジー

電気だけでもお得!ガスもまとめてさらにお得です。

●年間2万円!首都圏最安クラス
●電気とガスをまとめてお得!
●Amazonプライムが無料!選べる豊富なプラン
●電気代支払いでポイント貯まる!Tポイントやdポイントと交換可能
●初期費用0円!WEBから切り替え簡単

今多くの方に選ばれている話題の新電力です!

さらにCDエナジーでは現在、WEBからの申し込み限定で最大10,000円の現金キャッシュバックを実施しています。

▼24時間受付OK!▼
CDエナジー公式サイト

カテエネポイントが貯まる

CDエナジーは電気代の支払いで独自の「カテエネポイント」が100円につき1ポイント貯まります。

カテエネポイントは、全国のお店で幅広く使えるdポイントやTポイントなどの提携ポイントと交換が可能です。また、貯まったポイントは1P=1円として、電気料金の支払いにも使えます。

ポイントが貯まる電力会社は少ないので嬉しいメリットですね。
なお、ポイントを貯めるにはあらかじめCDエナジーのマイページ「カテエネ」に無料登録しておく必要があります。

Amazonプライムがついてくる

CDエナジーには先ほど紹介した電気料金プランの他に、Amazonプライムがついてくる「エンタメでんき」というプランもあります。
このプランはAmazonプライムの年会費を電気料金の基本料金に上乗せする一方、電気の使用料を安くした料金設定になっています。

そのため電気をたくさん使う家庭では使用料が安くなり、年会費(4,900円)以上にお得にすることができます。家族と一緒に暮らしている方では検討してみると良いですよ。

なお、同様に年会費を負担してくれるプランとして「よしもとでんき」(大阪チャンネルの年会費を負担)「KODOMO新聞でんき」(読売KODOMO新聞の購読料を負担)などもあります。

CDエナジーダイレクトの最新キャンペーン

CDエナジーでは現在、以下のキャンペーンを実施しています。

電気代最大10,000円キャッシュバックキャンペーン

最大10,000円キャッシュバックキャンペーン

キャンペーンの内容

CDエナジーダイレクトでは7月1日~9月30日までの期間限定で、WEBからの新規申し込み限定で最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの特典内容は2つに分かれます。全てを満たすと10,000円分になります。

①CDエナジーの電気またはガスに申し込みで1,000円分キャッシュバック。電気とガスをセットで申し込んだ方は2,000円分キャッシュバック

②①のギフト券とともに送付されるアンケートに答えた方の中から10人に1人抽選で8,000円分キャッシュバック

キャッシュバックは最短で3ヵ月後

キャッシュバックは申し込んでから3ヵ月後に、特典に関するメールが届きます。②は①のメールに付随するアンケートの回答期限の締め切り2か月後から順次メールで通知がきます。

つまり、キャッシュバックを受け取れるのは最短で3ヵ月後となります。

キャンペーンの注意点

キャッシュバックを受け取るには、最低1年間の契約を約束する必要があります。しかし、キャッシュバック自体は3か月後から届くので実際に1年間契約している必要はないでしょう。

ただし、案内メールの発送時点でCDエナジーを解約していた場合はキャッシュバックは受け取れなくなるので注意してください。

CDエナジーダイレクトの申し込み方法と注意点

申し込み方法

CDエナジーの申し込み方法はWEBと電話の2種類です。

必要なもの
・電気またはガスの検針票

WEBの場合はエントリーフォームに従い、電話の場合はオペレーターの質問に答えながら必要事項を伝えることで申し込みが完了します。

申し込み完了後、郵送で支払い方法を確定する申し込み用紙が送られてくるので、口座番号やクレジットカード番号を記入し返送します。約1か月でCDエナジーに切り替わります。

なお、切り替えに初期費用や工事費などは発生しません。現在の電気ガス会社の解約もCDエナジーが行うので手続きは必要ありません。

引っ越し先で利用する場合も、退去予定日や引っ越し先の住所が分かれば同様の手続きで申し込みできます。

首都圏最安クラス!CDエナジー

電気だけでもお得!ガスもまとめてさらにお得です。

●年間2万円!首都圏最安クラス
●電気とガスをまとめてお得!
●Amazonプライムが無料!選べる豊富なプラン
●電気代支払いでポイント貯まる!Tポイントやdポイントと交換可能
●初期費用0円!WEBから切り替え簡単

今多くの方に選ばれている話題の新電力です!

さらにCDエナジーでは現在、WEBからの申し込み限定で最大10,000円の現金キャッシュバックを実施しています。

▼24時間受付OK!▼
CDエナジー公式サイト

注意点:解約金がかかる場合がある

CDエナジーでは「エンタメでんき」「よしもとでんき」のみ、契約期間内に解約すると解約金が発生します。

エンタメでんき
契約残期間×400円+解約手数料495円

よしもとでんき
契約残期間×400円+解約手数料400円

※契約残期間とは、解約した月から当初の契約終了日までの残存期間のこと。「エンタメでんき」「よしもとでんき」の契約期間は1年間の自動更新です。
契約期間途中に、他の契約プランへの変更や他社への切替え等により、お客さまにエンタメでんきの適用がなくなった場合は、原則として、適用がなくなった月から当初の契約終了日までの残存期間(1ヵ月未満の端数は切り捨てます)に応じて、1ヵ月あたり400円を乗じた金額および解約事務手数料495円の合計額を解約金として、当社にお支払いいただきます。

引用元:CDエナジー公式サイト

これは、初めに1年分の年会費をCDエナジーが代わりに支払っているので、途中解約した場合は残りの費用を支払わなければならないためです。

なお、その他の電気プランを契約する方は解約金はかかりません。電気とガスをセットで契約した場合も同様です。

まとめ

CDエナジーダイレクトについてまとめてきました。

電気代・ガス代ともにかなり安くなり、電気とガスをまとめたいと考えている方にはおすすめのサービスです。

電気代だけでも安いので、とりあえず電気だけ切り替えたいという人にももちろんおすすめです。

また、年会費を負担してくれる特典の付いたプランなどもありました。

この記事を読んで自分にぴったりのプランを見つけてもらえたら嬉しいです。

電気とガスをまとめてお得!CDエナジー

電気とガスをまとめることで、エリア最安と言える料金で利用できるCDエナジー。

電気だけでなくガスもお得にしたい多くの方から選ばれています。

初期費用も解約金もなく、いつでもWEBから気軽に申し込めるのも人気の理由。

Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」など、嬉しい特典も満載です。

キャンペーン実施中!CDエナジー

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ