電力自由化を学ぶ|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

テレビやネットで「電力自由化」というコトバは聞いたことがあるでしょうが、なぜそこまで騒がれているのか?日本在住なら全ての人に関係してくるのでどういった事か覚えておきましょう。

2019/04/24

ENEOSでんきとENEOS都市ガスをまとめると東京ガスより断然お得!

2019年2月からENEOS都市ガスがサービス開始しました。

東京電力や東京ガスも「まとめてお得!」というCMをバンバン放映していますが、ENEOSに電気とガスをまとめるとどれくらいお得になるのでしょうか?

・ENEOSでんきとENEOS都市ガスの料金
・ENEOSで電気とガスをまとめるメリットや注意点
・東京電力、東京ガス、ENEOSどこにまとめるのが一番お得か

など、電気とガスの契約をまとめる前に知っておきたい情報をまとめました!

CMで話題のENEOSでんき

吉田羊さんのCMで話題のENEOSでんき。

電気をたくさん使う方ほどお得になる仕組みで、2年契約の「にねん とく²割」を利用することでさらに電気料金が安くなります。

ENEOSのガソリンスタンドで給油すると、ガソリン・軽油・灯油が割引になるというENEOSならではの特典も。

そのほか、エポスカードやビューカードなどの特別提携カードで電気料金を支払うとポイントが最大4倍たまったり、電気料金の支払いでTポイントをためることもできたりと、とにかくお得な特典が多数用意されています。

電気をあまり使わない方でもポイントやガソリン代でお得になるのでおすすめです。

さらに! 4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

キャッシュバックは下記窓口からのWEB申し込み限定です。電話での申し込みでは受け取れません!

ENEOSは電気もガスも安い

ENEOSは従来の電力会社(東京電力)や従来の都市ガス(東京ガス)よりも安い料金が設定されています。

まずはざっくりと料金単価がどれくらいか安いかを見ていきましょう。

「そんなことより電気とガスをENEOSにまとめたらどれくらいお得になるか知りたい!」という方は次の見出しまで読み飛ばして大丈夫です。

『ENEOSでんきとENEOS都市ガスはまとめて契約した方が安い』に飛ぶ(←タップ/クリックでジャンプします)

ENEOSでんきと東京電力の料金比較

電気料金は主に、基本料金(契約にかかる料金)+従量料金(使った電気にかかる料金)という内訳になっています。

まずはENEOSでんきが東京電力と比べてどれだけ安いかを見ていきましょう。

基本料金比較

 東京電力ENEOS
10A280.80円280.80円
(±0円)
15A421.20円421.20円
(±0円)
20A561.60円561.60円
(±0円)
30A842.40円842.40円
(±0円)
40A1,123.20円1,123.20円
(±0円)
50A1,404.00円1,404.00円
(±0円)
60A1,684.80円1,684.80円
(±0円)

どれだけ安いか見ていきましょう!と言っておきながらいきなりこれで「え?」と思った方もいるかもしれませんが、基本料金は東京電力と全く同じです(笑)

ENEOSでんきで注目すべきは従量料金の方なので、サッと目を通したら次に行きましょう。

従量料金比較

 東京電力ENEOS
~120kWh19.52円19.52円
(±0円)
120~30026.00円24.09円
(-1.91円)
300h~30.02円25.75円
(-4.27円)

従量料金単価は電気使用量に応じて変化し、東京電力もENEOSでんきも使用量が多くなるほど単価が高くなっていきます。

使用量が120kWhまでの場合は東京電力と同じ金額ですが、それ以上の使用量ではどんどん安くなっているのがわかりますね。

使用量が多ければ多いほど割引率が大きくなっていくので、たくさん電気を使う方に向いています。

ENEOSでんきの料金や口コミ・評判などについてはこちらの記事をご覧ください!
『【最大30,000円】ENEOSでんきの口コミ・評判・キャンペーン情報全まとめ!料金を徹底比較』

ENEOS都市ガスと東京ガスの料金比較

ガス料金も電気料金同様「基本料金+従量料金」の支払いになりますが、仕組みが少しだけ違います。

ガスの場合は、その月の使用量によって基本料金と単価が決まります。

どういうことか、表を見ながら確認していきましょう。

基本料金比較

料金表・使用量東京ガスENEOS
A表~20㎥745.2円715.39円
(-29.81円)
B表20~80㎥1,036.8円995.32円
(-41.48円)
C表80~200㎥1,209.6円1,161.21円
(-48.39円)
D表200~500㎥1,857.6円1,783.29円
(-74.31円)
E表500~800㎥6,177.6円5,930.49円
(-247.11円)
F表800㎥~12,225.6円11,736.57円
(-489.03円)

ENEOS都市ガスは東京ガスより4%ずつ安い金額が設定されていますね。

ガスの基本料金は使用量が少ないほど安く、使用量が多いほど高くなっていきます。

先程も書いたように、その月の使用量によってA表~F表の料金表(基本料金)が決まるので、必ずしも毎月基本料金が同じとは限りません。

【例】東京ガスの場合

ガスの使用量が15㎥だった月⇒A表(基本料金745.2円)

ガスの使用量が25㎥だった月⇒B表(基本料金1,036.8円)

電気の場合は変更手続きをしない限りずっと同じ契約アンペアで使用することになりますが、ガスは使用量に応じて毎月変わることもあるということですね。

従量料金比較

料金表・使用量東京ガスENEOS
A表~20㎥142.66円136.95円
(-5.71円)
B表20~80㎥128.08円122.95円
(-5.13円)
C表80~200㎥125.92円120.88円
(-5.04円)
D表200~500㎥122.68円117.77円
(-4.91円)
E表500~800㎥114.04円109.47円
(-4.57円)
F表800㎥~106.48円102.22円
(-4.26円)

こちらもENEOS都市ガスの方が4%ずつ安い料金が設定されています。

ガスの基本料金は「使用量が少ないほど安く、多いほど高くなる」という仕組みですが、従量料金はその逆。

使用量が少ないほど高く、使用量が多いほど安くなっていきます。

従量料金は月によって変動する

実は上記の表にまとめてあるのはあくまで基準の金額で、月によってこれより高くなることもあれば安くなることもあります。

なぜかというと、都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)はどうしても価格変動があるため、その変動分がガス料金に反映されるからなんです。

この変動分の金額を「原料費調整額」といいます。

ENEOS都市ガスの原料費調整額は東京ガスと全く同じなので、東京ガスが5円高くなった月はENEOSも同様に5円高くなる……というように連動します。

つまり、従量料金の変動があっても必ず東京ガスより安くなるということですね。

ENEOSでんきとENEOS都市ガスはまとめて契約した方が安い

では、電気とガスをENEOSにまとめた場合どれだけ安くなるのか?

以下の4つの契約タイプでシミュレーションをしてみました。

電気は東京電力ガスは東京ガス

電気はENEOSでんきガスは東京ガス

電気は東京電力ガスはENEOS都市ガス

電気はENEOSでんきガスはENEOS都市ガス

ちなみに、使用量は以下の3通りを想定しています。

・一人暮らし
⇒電気:30A契約、150kWh使用
⇒ガス:10㎥使用

・三~四人家族
⇒電気:40A契約、450kWh使用
⇒ガス:30㎥使用

・五人以上の家族
⇒電気:50A契約、700kWh使用
⇒ガス:40㎥使用

今回のシミュレーションはあくまで一例です。

実際の使用量でシミュレーションをしてみないことには判断が難しいとは思いますが、大体どれくらい安くなるかということだけチェックしてみてください。

 30A
150kWh
10㎥
40A
450kWh
30㎥
50A
700kWh
40㎥
東京電力
東京ガス
6,135円17,527円26,594円
ENEOS電気
東京ガス
6,078円16,543円24,542円
東京電力
ENEOSガス
6,048円17,331円26,347円
ENEOS電気
ENEOSガス
5,991円16,347円24,295円

当然ながら、ENEOSでんきでまとめた場合が一番安いという結果になりました。

ENEOSでんきは電気使用量が多い家庭は東京電力よりもかなりお得になるので、今回の結果を見てもその影響が一番大きいですね。

使用量が多いケースでは、東京電力と東京ガスを契約している場合と比べるとひと月で2,299円もお得になっています。

東京電力や東京ガスよりもENEOSにまとめた方が安い

東京電力や東京ガスでも電気とガスをまとめることができますが、どのケースが一番安くなるのかシミュレーションしてみました。

 30A
150kWh
10㎥
40A
450kWh
30㎥
50A
700kWh
40㎥
ENEOSで
まとめる
5,991円16,347円24,295円
東京電力で
まとめる
5,970円17,277円26,305円
東京ガスで
まとめる
(ずっとも1S)
6,082円16,813円25,086円
東京ガスで
まとめる
(ずっとも1)
6,231円16,503円24,547円

使用量が少ないケースのみ東京電力でまとめる方が安く、それ以外はENEOSでまとめるのが一番安いという結果になりました。

やはりENEOSでんきの安さの影響がかなり大きいと思います。

ただしこれはあくまで一例なので、実際の使用量では結果が異なります。

詳しくは自身の使用量でシミュレーションをしてみることをおすすめします。

使用量が少ない方はまとめない方がいいかも

東京電力や東京ガスと比較してもお得なENEOSですが、電気の使用量が少ない方に限ってはまとめない方がお得になります。

というのも、最初にENEOSでんきの料金単価のところでも少し触れましたが、ENEOSでんきは使用量が少ない方は電気料金がほとんどお得にならないからです。

例えばHTBエナジーという新電力では使用量に関わらず一律で5%安くなるので、電気をあまり使わない方は「電気はHTBエナジー、ガスはENEOS」というように別々に契約した方がお得になります。

どういうことか、先程の使用ケースでシミュレーションをしてみましょう。

 30A
150kWh
10㎥
40A
450kWh
30㎥
50A
700kWh
40㎥
ENEOSで
まとめる
5,991円16,347円24,295円
HTBエナジー
ENEOSガス
5,838円16,662円25,269円

使用量が少ないケースでは、電気をHTBエナジーにした方がお得になるのがわかりますね。

先程のシミュレーションでは使用量が少ない場合は東京電力でまとめるのが一番安いという結果でしたが、この「電気はHTBエナジー、ガスはENEOS」というパターンの方が安い計算になります。

ENEOSで電気とガスをまとめることは確かにお得ではありますが、使用量によっては必ずしもそれが一番お得になるわけではないということも覚えておきましょう。

下記窓口では電気の無料相談を受け付けており、自分の使用量にぴったりな電力会社を教えてくれます。

「あまり電気を使わないのでHTBエナジーを検討している」という方は、HTBエナジーに切り替えてどれくらい安くなるかということもシミュレーションできます。

さらに、そのまま申し込みをすればなんと最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます!

強引な営業なども一切ないので、まずは一度相談だけでもしてみることをおすすめします。

まずはシミュレーション!

お住まいのエリアや契約内容など、人によって電気の利用状況は様々です。

より自分に合った新電力会社を見つけるにはシミュレーションをしてみることが大切です。

こちらからエリアチェックをすれば、あなたにぴったりあった電力会社やプランを探してくれます。

新電力に乗り換える方の中には、事前の確認不足で思ったより安くならなかった…という方もいらっしゃいます。

ご自分で調べるのは大変ですが、ここなら5分程度で完了するので、お得な電力会社をお探しの方はまずはこちらを活用しましょう!

※ちなみにこの窓口から電力会社に申し込めば、4月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

お得な新電力が見つかったら、ぜひここの窓口から申し込みましょう。

ENEOSでんきとENEOS都市ガスをまとめるメリット

続いて、ENEOSに電気とガスをまとめることで料金以外にどのようなメリットがあるかも見ていきましょう。

電気とガスそれぞれの特典が適用できる

ENEOSに電気とガスをまとめると、ENEOSでんきとENEOS都市ガス、それぞれの特典を適用することができます。

特典の内容は以下の通り。

●ENEOSカード・シナジーカード割引
【電気】
⇒電気料金100円割引、ガソリン・灯油・軽油代1円/ℓ割引
【ガス】
⇒ガス料金100円割引

●特別提携カードのポイントがたまる
【電気・ガス共通】
・ANAカード
・ビューカード
・ティーエスキュービックカード
・レクサスカード
・エポスカード
・エムアイカード

●Tポイントがたまる
【電気】
⇒電気料金の支払い200円につき1ポイント
【ガス】
⇒ガス料金の支払い200円につき1ポイント

電気とガスそれぞれ好きな特典を選べますが、それぞれ選べる特典は1つずつです。

例えば、電気の契約でガソリン代の割引とTポイントの特典を併用することはできません。

電気の特典は上記3種類のうちから1つ、ガスの特典も上記3種類のうちから1つだけ選べます。

ガス料金が割引になるキャンペーンがある

現在ENEOSでは、ENEOSでんきとENEOS都市ガスをセットで契約することでガス料金が割引になるキャンペーンを実施しています。

以下、キャンペーン要項です。

割引額

ガス料金から最大月額600円×5ヶ月間(最大合計3,000円)

キャンペーン適用条件

・ENEOSでんきとENEOS都市ガスを同一の住所、名義、支払い方法で契約する
・2020年6月30日までにENEOS都市ガスの供給を開始する

キャンペーン期間

申し込み期限:2020年3月31日まで

注意事項

ENEOSでんきとENEOS都市ガスは必ずしも同時に契約しなくても特典の適用はできますが、その場合はマイページでの登録が必要になります。

契約が紐づいたことが確認されてから、ガス料金の割引が開始されます。

CMで話題のENEOSでんき

吉田羊さんのCMで話題のENEOSでんき。

電気をたくさん使う方ほどお得になる仕組みで、2年契約の「にねん とく²割」を利用することでさらに電気料金が安くなります。

ENEOSのガソリンスタンドで給油すると、ガソリン・軽油・灯油が割引になるというENEOSならではの特典も。

そのほか、エポスカードやビューカードなどの特別提携カードで電気料金を支払うとポイントが最大4倍たまったり、電気料金の支払いでTポイントをためることもできたりと、とにかくお得な特典が多数用意されています。

電気をあまり使わない方でもポイントやガソリン代でお得になるのでおすすめです。

さらに! 4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

キャッシュバックは下記窓口からのWEB申し込み限定です。電話での申し込みでは受け取れません!

ENEOSでんきとENEOS都市ガスをまとめて契約する上での注意点

ENEOSに電気とガスをまとめる前に知っておくべき注意点をまとめました。

必ず一度は目を通しておいてください。

セット割は適用されない

「契約をまとめる=セット割がある」というイメージがある方も多いかと思いますが、ENEOSに電気とガスをまとめてもセット割は適用になりません。

セット割がない理由をカスタマーセンターに問い合わせたところ、「料金自体を安くしているから」とのことでした。

先程の料金比較では東京電力や東京ガスのセット割も適用させた金額で比較しましたが、ENEOSが安いという結果になっていたので、必ずしもセット割がある方がお得というわけではないということがわかります。

必ずしもENEOSでまとめるのが一番お得というわけではない

先程も書きましたが、ENEOSでんきは使用量が多い方ほどお得になり、使用量が少ないとあまりお得にならない料金体系です。

ENEOSには電気とガスのセット割がないので尚更、電気使用量が少ない方は「ガスはENEOS、電気はHTBエナジー」というように別々に契約することをおすすめします。

関西ではまだ都市ガスサービスは始まっていない

2019年4月から関西でもサービスが開始となったENEOSでんきですが、残念ながら関西での都市ガスサービスはまだ始まっていません。

ENEOS都市ガス自体がまだ始まったばかりのサービスなので、都市ガス事業が軌道に乗ればエリアの拡大も十分あり得ます。

関東エリア以外の方は、今後のサービス対応を期待してもうしばらく待ちましょう。

ENEOSに電気とガスをまとめた方の口コミ・評判

ENEOS都市ガスはまだ始まって日が浅いためか、ネット上にもあまりENEOSで電気とガスをまとめた方の口コミは見つかりませんでした。

見つけ次第順次追加していきます。

安さと特典に惹かれて契約

ENEOSはセット割こそありませんが、電気とガスそれぞれの特典を併用できるというメリットがあります。

ガス料金は東京ガスよりも確実に安くなりますし、電気使用量が多い方であればさらに大幅な削減が期待できます。

もちろん使用ケースによってはENEOSより他社の方が向いていることはありますが、向いている方であれば乗り換えないのはもったいないですね。

問い合わせても返信が来ない

キャンセルの問い合わせに対する返信がないとの口コミも見つかりました。

おそらくWEBフォームを利用して問い合わせたのでしょうが、フォームでの問い合わせは電話と違って返信に時間がかかります。

急ぎの場合は時間を見つけて電話で問い合わせた方が確実です。

電気料金が安くなり都市ガスの契約を検討する人多数

電気料金がかなりお得になり、ガスも検討しているという方はこの他にもたくさんいました。

ENEOSでんきは電気を使えば使うほどどんどんお得になるので、都市ガスを抜きにしてもおすすめの新電力です。

電気代の高さに悩まされている方は、一度シミュレーションをしてみてどれくらい安くなるかチェックしてみるといいでしょう。

CMで話題のENEOSでんき

吉田羊さんのCMで話題のENEOSでんき。

電気をたくさん使う方ほどお得になる仕組みで、2年契約の「にねん とく²割」を利用することでさらに電気料金が安くなります。

ENEOSのガソリンスタンドで給油すると、ガソリン・軽油・灯油が割引になるというENEOSならではの特典も。

そのほか、エポスカードやビューカードなどの特別提携カードで電気料金を支払うとポイントが最大4倍たまったり、電気料金の支払いでTポイントをためることもできたりと、とにかくお得な特典が多数用意されています。

電気をあまり使わない方でもポイントやガソリン代でお得になるのでおすすめです。

さらに! 4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

キャッシュバックは下記窓口からのWEB申し込み限定です。電話での申し込みでは受け取れません!

まとめ

では最後に、ENEOSでんきとENEOS都市ガスのお得になる傾向をまとめます。

ENEOSでんき⇒使用量が多めなら超お得
ENEOS都市ガス⇒どんな使用量でも一律4%お得

つまり、電気使用量が多い方であればENEOSに電気とガスをまとめるメリットがかなりあると言えます。

もし電気使用量が少なくても、ガス料金が東京ガスより一律4%必ずお得になるので、ENEOS都市ガスだけ申し込むというのもありです。

記事中でも書きましたが、電気をあまり使わない方は「電気はHTBエナジー、ガスはENEOS都市ガス」というパターンもかなりおすすめですよ。


2019/04/05

ニチガスでんきは安いけど評判が死ぬほど悪いのでおすすめしません

出川哲郎さんと本田翼さんのCMでおなじみのニチガス。

でんきとガスのセット割「でガ割」を売りにしていますが、実際のサービス内容や評判はどうなのか?

調べたところ、サービスはさておき、びっくりするほど評判が悪いです。

ツイッターで検索してみると、とめどなくあふれ出てくる悪評の嵐。

この評判を覆せるサービスは果たしてあるのか!?

調査してまとめました。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

ニチガスでんきのメリット

ニチガスでんきのメリットから紹介していきますが、中にはメリットと言えるほどのものではないものもあります。

「本当に自分にとってメリットになるかな?」ということを考えながら読んでみてください。

でんきとガスのセット割「でガ割」で毎月300円割引

これがニチガスでんきの一番のメリットですね。

ニチガスの都市ガス・LPガスと電気をセットで契約すると、電気料金から300円割引されます。

東京ガスのセット割は280円割引なので、金額は悪くないですね。

ただ、ガス料金が本当にお得かどうかはきちんと確認する必要があります。

セット割で300円安くなったとしても、ガス料金が高ければ意味がありませんからね。

多彩なセット割「+プラン」がある

ニチガスでんきのセット割はガスだけではありません。

「+プラン」というサービスでは、以下の11種類のセット割があります。

●ビットコイン割引:年間1,200円割引
条件:ガス料金の支払いをビットコインにする

●アクアクララセット割引:年間3,600円割引
条件:アクアクララの宅配水と都市ガスをセットで新規申し込み

●ニチガス光:年間3,600円割引
条件:ニチガスのインターネット光回線「ニチガス光(月額)」とガスのセット契約

●USEN割引:初回3,000円割引
条件:ニチガスが紹介するUSENのBGMサービスに加入

●U-NEXT割引:年間1,200円割引
条件:U-NEXTと都市ガスをセットで新規申し込み

●お買い物優待サービス割引:年間1,200円割引
条件:ネットスーパー「お買い物優待サービス」とセットで契約

●トラノコ割引:年間1,200円割引
条件:投資サービス「トラノコ(月額300円)」を利用する

●トランク割引:年間1,200円割引
条件:収納サービス「trunk」を1箱以上契約

●ベネフィット・ステーションbyニチガス:年間1,200円割引
条件:ベネフィット・ステーションbyニチガスに申し込み

●おそうじ本舗&宅配保管クリーニング割引:利用の度に1,000円割引
条件:おそうじ本舗への新規申し込み

●FiNCプレミアム割引:年間3,600円割引
条件:FiNCプレミアム割引へ申し込み

割引額よりも月額利用料の方が高いことを忘れずに

11種類の+プランを紹介しましたが、正直どれも微妙……というか、利用しなくても問題ないサービスですね。

前々からずっと契約したかった!絶対に利用したい!というサービスであればいいですが、月100円~300円の割引のために高い月額使用料を支払うのは本末転倒なのでやめておきましょう。

使用量が多ければお得になる

ニチガスでんきの料金体系は、使用量が多い方ほどお得になる仕組みです。

現在東京電力を利用していて、電気代が20,000円を超える方であればかなりお得になります。

料金については後で詳しくまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

駆け付けサービスがある

電気がつかない、ブレーカーが落ちる、コンセントが使えないなどの電気のトラブルに駆け付けてくれるサービスがあります。

一時対応の出張費、60分以内の原因調査費が無料になるので、ちょっとしたトラブルの時にありがたいですね。

ただ、これは厳密に言えばニチガスのサービスではなく東京電力のサービスなので、ニチガスでんき以外にも東京電力エリアの多くの新電力で類似のサービスが利用できます。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

知らないと後悔する!ニチガスでんきのデメリット

新電力選びでメリットよりも気にすべきはデメリットです。

知らないで契約すると後悔することになるので、絶対に目を通してください!

使用量が少ないとめちゃくちゃ割高になる

電気料金については後ほど詳しく紹介しますが、ニチガスでんきは使用量が少なめの方が契約すると恐ろしく割高になります!

ざっくりとした目安で言うと、現在東京電力と契約していてひと月の電気代が8,000円を超えていない方はやめておいた方がいいです。

でんき単体では契約できない

ニチガスでんきを利用するにはニチガスの都市ガスまたはLPガスの契約が必須となるので、でんき単体では契約ができません。

つまり、ニチガスでんきを使いたければ都市ガスやLPガスもニチガスを使ってくださいね、ということですね。

ただし、電気とガスをセットにしたからといって一番お得になるわけではありません。

多くの場合、電気とガスは別々に安いところを契約した方がお得です。

ニチガスへ切り替えられるガス導管事業者

現在、以下の都市ガスを利用している方であればニチガスの都市ガスへの切り替えができます。

・東京ガス
・東部ガス
・栃木ガス
・鷲宮ガス
・野田ガス
・武陽ガス
・角栄ガス
・館林ガス
・昭島ガス
・秦野ガス
・厚木ガス
・大東ガス
・武州ガス
・伊那都市ガス

びっくりするほど評判が悪い

口コミ・評判については後ほど詳しくまとめますが、調べてみてびっくりするほど評判が悪かったです。

強引な勧誘や不当なガス料金の値上げなど、良い評判を探す方が難しいほどの悪評の嵐。

実際にツイッターやYahoo!知恵袋を検索してみるとわかります。すごいです。

ニチガスでんきは確かに使用量が多ければお得にはなりますが、同等やそれ以上お得になって評判の良い新電力も知っているので、どうしてもおすすめする気にはなれませんね。

※ニチガスよりもお得で評判の良い新電力は後ほど紹介します!

ニチガスでんきの電気料金

ニチガスでんきの電気料金を表にまとめました。

  ニチガス



30A842.40円
40A1,123.20円
50A1,404.00円
60A1,684.80円




~200kWh4,600円
(定額)
200~35023.50円
350~25.50円

ニチガスでんきの基本料金は東京電力と同じですが、従量料金が特徴的ですね。

200kWhまでは4,600円の定額なので、極端な話10kWhしか使わなくても200kWh使っても料金は同じです。

このあとシミュレーション結果を紹介しますが、使用量が少ないと確実に割高になることだけは覚えておいてください。

使用量が少ない人は絶対に契約しちゃダメ

5つの使用ケースを想定してシミュレーションをしてみました。

ご自身の使用量に近いものをチェックしてみてください。

※()内の数字は東京電力との差額です。

 ニチガス東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
5,442円
(+1,478円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,792円
(-72円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh使用
11,798円
(-850円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh使用
14,348円
(-1,302円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh使用
18,454円
(-1,980円)
20,434円

先程使用量が少ないと割高になると言ったのはこういうことです。

200kWhまでが定額で4,600円の料金体系なので、200kWhに満たない場合はとんでもなく高くなります。

一人暮らしなど、電気をあまり多く使わない方は絶対にやめましょう。

使用量が多い場合はかなりお得になりますが、ニチガスの都市ガス・LPガスの料金が高ければ意味がありません。

ガス料金の比較はこの記事ではしませんが、ニチガスに契約をまとめるよりも安い電気と安いガスを別々に契約する方がお得になるケースも大いにあるということは忘れないでくださいね。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

地獄みたいなニチガスの口コミ・評判

ニチガスの口コミ・評判をまとめましたが……あまりにも悪評が多すぎて愕然としました。

ニチガスでんきではなくガスや会社自体に関するものが多数ありますが、ニチガスでんきを利用するにはニチガスの都市ガス・LPガスを使わなければならないので、無関係ではありません。

参考程度にご覧いただければと思います。

ガス料金が高い!

ニチガスの料金に関する口コミは、圧倒的に「安い」よりも「高い」の方が多いです。

おそらくプロパンガスを契約している方だとは思いますが、多くの方が高すぎる料金に苦言を呈していました。

ただ、ニチガスに限らずプロパンガスは都市ガスの約2倍も高いと言われているので、ある程度は仕方ないところもあると思います。

やむを得ない理由で都市ガスが使えないという方もたくさんいると思うので、その中でいかにガス代をかけないかという努力も必要でしょう。

契約当初よりどんどん値上げされるガス料金

ガス自由化で都市ガスサービスを開始してはいますが、ニチガスはもともとプロパンガス会社です。

プロパンガスは都市ガスと違い自由価格なので、ニチガスがガス料金を好きに値上げすることができます。

そのため、かなり言い方を悪くすれば「最初は安い料金で釣って契約をとり徐々に料金を上げて搾取していく」ということだって可能なわけです。

もちろん原料の価格高騰が原因でやむを得ず……ということも大いにありますが、本当のところは分かりません。

文句を言うと値下げする!?

なんと、「ガス代が高い!」と文句を言ったら値下げされたという驚きの口コミが。

文句を言わないでいるとどんどん値上げされていく、なんて恐ろしい意見も!

値上げの際には「原料の高騰や物流業界の配送費問題の影響で不本意ながら……」と書かれていますが、この話を聞くとそれも怪しく思ってしまいますよね。

果たして本当に文句を言わない客をカモにしているのか、それとも契約継続のために身を切る思いで値下げしているのか……これも本当のところはわかりません。

「安くなる」という営業に乗せられてしまった人々

「ニチガスに変えれば安くなります!」という営業の決まり文句に乗せられてニチガスと契約してしまった方もかなりたくさんいました。

もちろん本当に安くなるのであればいいのですが、使用量によっては高くなってしまうことだってあります。

こういう営業をしかけてくる人は、契約さえ取ってしまえばあとは知らんぷり。

契約者のことなんてちっとも考えてくれません。

もちろんすぐに連絡をしてクーリングオフをすることもできますが、その手間すらももったいないですよね。

ニチガスに限らず他の新電力やネット回線などもそうですが、訪問での勧誘はすべて断った方が賢明です。

強引な営業に怒り心頭

ろくな説明もなく契約書類を書かせようとするあまりにも強引すぎる営業に、怒りの声が多数挙がっています。

もちろんこういった勧誘はニチガス自体がやっているわけではなくあくまで代理店の仕業なのですが……

それにしても酷すぎます。

営業に関する苦情も相当数ニチガスに届いているはずなのに、こういった悪質な勧誘に関する口コミが後を絶ちません。

つまり、ニチガスがそれを良しとしているからに他ならないでしょう。

ニチガスに限らず多くの企業でこういった営業に対する怒りの声をよく耳にしますが、SNSが生活に密着しているこの時代、会社の大幅なイメージダウンはかなりの痛手ではないかと思うのですが……

強引な勧誘にも引っかかってくれる「カモ」が生み出す利益の方が大きいということなのでしょう。

なんとも悲しい実情ですね。

対応の悪さにイライラ……

カスタマーセンターの対応が悪いという声も、ニチガスに限らず多くの企業で耳にします。

これも代理店の勧誘同様「委託先のコールセンターの問題」、さらに言えば「オペレーター個人の問題」だったりします。

一口にオペレーターと言ってもいろんな人がいます。

怒って電話をかけてきた人にも丁寧に対応をしてくれる優しい人もいれば、なぜか高圧的な態度でこちらを馬鹿にしてくる失礼極まりない人もいます。

後者のような人に当たってしまうと本当にめちゃくちゃ気分が悪くなりますが、「今回はたまたまひどい人に当たってしまったんだ」と気持ちを切り替えることも大切です。

対応がいいとの声も

契約のキャンセルの問い合わせをしたところ、しっかりと気持ちの良い対応をしてくれたという方も。

先程も言いましたが、ニチガスのオペレーター全員が対応が悪いわけではありません。

逆に言えば、全員がこの方のように丁寧な対応をしてくれるわけではない、とも言えますが……

とにかくカスタマーセンターのオペレーターの質は「運」です。

これは企業の大小にかかわらずほとんどの場合がそうなので、ちょっと対応が微妙だと思っても仕方ないと妥協してあげることも大切です。

支払いトラブルに困惑

二重請求が来る、払込票が届かないなどの支払いトラブルもまれに起きているようです。

以前、福島電力という新電力(現在は破綻)で申し込み者の増加に事務処理が追い付かず二重請求や不当に電気が止められるなどのトラブルが相次いだことがありましたが……ニチガスはかなり大手の企業にもかかわらず、なぜこのような事態が起きてしまうのでしょうか。

企業の信用にもかかわる問題なので、早急に解決に努めてほしいところですね。

ヴェルディファンには人気

ニチガスはサッカーチーム「東京ヴェルディ」のスポンサーなので、ヴェルディファンの方には人気のようです。

自分の好きなチームのスポンサーになってくれている企業を応援したい気持ちはわかりますが、つい「本当にニチガスでお得になるのか」という心配をしてしまいますね。

この方たちが契約後に後悔しないことを祈るばかりです。

おすすめはLooopでんき

さて、ここまで読んで「やっぱりニチガスでんきはやめておこうかな……」と思った方も多いと思うので、代替案としておすすめの新電力も紹介しておきます。

私がおすすめしたいのは「Looopでんき」という新電力です。

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※4月限定!最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます

Looopでんきに申し込めば、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックが付くということは、その分電気料金を節約したのと同じ。

Looopでんきは人気なので、申し込みが込み合う可能性があります。

切り替えには申し込みから1か月程度かかるので、お早目の申し込みをおすすめします。

キャッシュバックは下記窓口からのWEB申し込み限定です。電話での申し込みでは受け取れません!

まとめ

以上、ニチガスでんきのまとめでした。

・評判が死ぬほど悪い
・でんき単体で契約ができない
・LPガス料金の不当な値上げが心配

これらの点から、ニチガスでんきへの契約はまったくおすすめできません。

最後にLooopでんきをおすすめしましたが、当サイトでは他にもたくさんの新電力について記事を書いているので、いろんな記事を見て他の新電力を検討してみることをおすすめします。

また、下記窓口では「自分におすすめの新電力はどこか」という相談も無料で受け付けてくれます。

私も何度かお世話になりましたが、とても親身になって相談に乗ってくれました。

まずは一度問い合わせてみるのもおすすめですよ!

無料の相談窓口

お得な新電力をお探しなら、こちらの窓口でご相談がおススメです。

お見積りやシミュレーションを通して、無料であなたにあった電力会社を探してくれます。

電気代を節約する秘訣や、安くする方法もアドバイスしてくれます。

電力会社には直接聞きにくいことや、契約の注意点なども親身になって教えてくれますよ。

強引な勧誘などは一切なし!もちろん相談だけで契約しなくて大丈夫です。

私もこちらの窓口で相談しましたが、5分程度の電話で解決しました。

新電力のプロのアドバイスをもらえるので、ぜひこちらの窓口から相談してみましょう。

※ちなみにここの窓口にある電力会社に申し込めば、4月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

お得な新電力が見つかったら、ぜひここの窓口から申し込みましょう。

2019/04/03

サミットエナジーはポイントはたまるけど全然お得じゃない!

電力に関する様々な事業に携わっているサミットエナジー。

3種類のプランがあるのが特徴ですが、実際どれくらいお得なのか?

結論から言うと、サミットエナジーは全然お得じゃありません!

どちらかといえば料金以外のところにメリットがある新電力ですが……

それが必ずしも全員にとってメリットになるというわけでもないんです。

・サミットエナジーのメリットとデメリット
・サミットエナジーがお得じゃない理由
・サミットエナジーよりおすすめの新電力

など、サミットエナジーを検討中の方にぜひとも読んでいただきたい内容をまとめました!

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

サミットエナジー独自のメリット

ではまず、サミットエナジーのメリットから見ていきましょう。

人によってはメリットにならない点もあるので、「自分にとってメリットがあるかどうか」ということを考えながら読んでみてください。

WAONポイントがたまる「WAONプラン」がある

サミットエナジーの一番の目玉プランがこれ。

電気料金の支払いでWAONポイントがたまる「WAONプラン」です。

WAONプランを契約すれば、電気料金100円につきWAONポイントが2ポイントたまるというメリットがあります。

サミットエナジー以外にもポイントがたまる新電力はありますが、還元率は大抵0.5%~1%程度なので、このポイント還元率は評価できますね。

とにかくWAONポイントをためたい!という方におすすめです。

ただ、最初にも言いましたがサミットエナジーの電気料金はあまりお得ではありません。

料金については後ほど詳しくまとめているので、それを見た上で判断してみてください。

ANAマイルがたまる「ANAマイレージプラン」がある

WAONプラン以外には、ANAのマイルがたまる「ANAマイレージプラン」もあります。

電気料金の支払い200円につき1マイルがもらえるので還元率としてはあまり良くありませんが、少しでもマイルを多くためたいという方にはいいでしょう。

ANAマイルの受取日

マイルは電気料金を支払った翌月の15日に付与されます。

例えば4月分の電気料金を5月に支払った場合、6月15日に4月利用分のマイルがもらえるということですね。

カスタマーセンターは24時間365日受付

サミットエナジーのカスタマーセンターは、なんと24時間365日受付をしています。

オペレーターによる対応は平日の9時~18時のみですが、それ以外の時間帯は受付だけ先にして平日9時~18時に折り返しをしてもらえます。

まあ実質受付時間は平日9時~18時だけのようなものですが、それでも少しは時間短縮になりますよね。

新電力会社はたくさんありますが、このようなシステムがあるのはかなり珍しいです。

問い合わせ電話番号がフリーダイヤルなのも嬉しいですね。

サミットエナジーカスタマーセンター

電話番号:0120-504-124
受付時間:24時間365日
オペレーター対応時間:平日9時~18時

20A以下でも契約できる

新電力の中には30A以上でないと契約できないところも少なくないですが、サミットエナジーは20A以下でも契約できます。

ただ、使用量が少ない方はサミットエナジーに切り替えてもほとんどお得にならないのでそこがもったいないですね。

サミットエナジーの致命的なデメリット

サミットエナジーには、契約前に絶対に知っておくべきデメリットもあります。

必ずご確認ください。

ぶっちゃけお得じゃない

WAONポイントやANAマイルがたまるメリットがあるサミットエナジーですが、正直言って電気料金の安さで言えばかなり微妙です。

サミットエナジーの料金は従来の電力会社よりはほんの少しだけ安く、切り替えることで割高になることはありません。

ただ、そこまでお得にもなりません。

他の新電力と比較すると圧倒的な差があります。

サミットエナジーの電気料金や他の新電力との比較は後ほど詳しくまとめているので、ぜひ見てみてください。

一目瞭然です。

他サービスとのセット割がない

サミットエナジーには電気以外のサービスとのセット割がありません。

ガスやスマホ、ネット、ガソリンなど、他新電力が次々と独自のセット割を展開させています。

WAONポイントやANAマイルがたまる新電力はそう多くありませんが、実際にお得か?という点で考えると正直物足りなさを感じてしまいますね。

もちろんサミットエナジー以外にもセット割がない新電力はありますが、そういう新電力は大抵「シンプルに安い」ということを売りにしています。

電気料金が安くない分、セット割やポイントの種類や還元率で差をつけてくれればまだおすすめできる余地があるのですが……

支払い方法はクレジットカードのみ

サミットエナジーの支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替やコンビニ払いはできません。

クレジットカードを持っていない・使いたくないという方も少なくないと思うので、この点はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

ただ、サミットエナジー以外にも支払い方法がクレジットカードのみという新電力はいくつかあるので、カードを作れる方は作っておいた方が楽かもしれません。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

サミットエナジーの料金は従来の電力会社よりもちょっとだけ安い

サミットエナジーに切り替えることで、電気料金はほんのちょっとだけ安くなります。

エリアごとに電気料金をまとめたので、ご自身のエリアのみご確認ください。

()内の数字は従来の電力会社との差額です。

※タップ/クリックで電気料金の表が開きます。

北海道電力エリアの電気料金を見る

北海道電力エリアの電気料金

  サミット北海道電力



10A334.80円
(±0円)
334.80円
15A502.20円
(±0円)
502.20円
20A669.60円
(±0円)
669.60円
30A1,004.40円
(±0円)
1,004.40円
40A1,339.20円
(±0円)
1,339.20円
50A1,674.00円
(±0円)
1,674.00円
60A2,008.80円
(±0円)
2,008.80円



~120kWh23.42円
(-0.12円)
23.54円
120~28029.42円
(-0.3円)
29.72円
280~31.70円
(-1.67円)
33.37円

閉じる

東北電力エリアの電気料金を見る

東北電力エリアの電気料金

  サミット東北電力



10A324.00円
(±0円)
324.00円
15A486.00円
(±0円)
486.00円
20A648.00円
(±0円)
648.00円
30A972.00円
(±0円)
972.00円
40A1,296.00円
(±0円)
1,296.00円
50A1,620.00円
(±0円)
1,620.00円
60A1,944.00円
(±0円)
1,944.00円



~120kWh18.14円
(-0.1円)
18.24円
120~30024.62円
(-0.25円)
24.87円
300~27.31円
(-1.44円)
28.75円

閉じる

東京電力エリアの電気料金を見る

東京電力エリアの電気料金

  サミット東京電力



10A280.80円
(±0円)
280.80円
15A421.20円
(±0円)
421.20円
20A561.60円
(±0円)
561.60円
30A842.40円
(±0円)
842.40円
40A1,123.20円
(±0円)
1,123.20円
50A1,404.00円
(±0円)
1,404.00円
60A1,684.80円
(±0円)
1,684.80円



~120kWh19.42円
(-0.1円)
19.52円
120~30025.74円
(-0.26円)
26.00円
300~28.51円
(-1.51円)
30.02円

閉じる

中部電力エリアの電気料金を見る

中部電力エリアの電気料金

  サミット中部電力



10A280.80円
(±0円)
280.80円
15A421.20円
(±0円)
421.20円
20A561.60円
(±0円)
561.60円
30A842.40円
(±0円)
842.40円
40A1,123.20円
(±0円)
1,123.20円
50A1,404.00円
(±0円)
1,404.00円
60A1,684.80円
(±0円)
1,684.80円



~120kWh20.57円
(-0.11円)
20.68円
120~30024.82円
(-0.26円)
25.08円
300~26.57円
(-1.4円)
27.97円

閉じる

関西電力エリアの電気料金を見る

関西電力エリアの電気料金

  サミット関西電力



~15kWh334.82円
(±0円)
334.82円



15~12019.85円
(-0.1円)
19.95円
120~30025.07円
(-0.26円)
25.33円
300~27.32円
(-1.44円)
28.76円

閉じる

中国電力エリアの電気料金を見る

中国電力エリアの電気料金

  サミット中国電力



~15kWh331.23円
(±0円)
331.23円



15~12020.29円
(-0.11円)
20.40円
120~30026.69円
(-0.27円)
26.96円
300~27.58円
(-1.46円)
29.04円

閉じる

九州電力エリアの電気料金を見る

九州電力エリアの電気料金

  サミット九州電力



10A291.60円
(±0円)
291.60円
15A437.40円
(±0円)
437.40円
20A583.20円
(±0円)
583.20円
30A874.80円
(±0円)
874.80円
40A1,166.40円
(±0円)
1,166.40円
50A1,458.00円
(±0円)
1,458.00円
60A1,749.60円
(±0円)
1,749.60円



~120kWh17.05円
(-0.09円)
17.14円
120~30022.41円
(-0.23円)
22.64円
300~24.30円
(-1.28円)
25.58円

閉じる

全エリア共通して割引率が低い

電気料金単価はエリアによって異なりますが、従量料金の割引率はどこも同じです。

基本料金:割引なし
1段料金:0.5%割引
2段料金:1%割引
3段料金:5%割引

はっきり言って、この割引率は他の新電力と比較してもかなり低いです。

他の新電力の割引率の一例をご覧ください。

●HTBエナジー

基本料金:5%割引
1段料金:5%割引
2段料金:5%割引
3段料金:5%割引

●ENEOSでんき

基本料金:割引なし
1段料金:割引なし
2段料金:約7%割引
3段料金:約14%割引

このように、割引率が一律のところもあれば使用量が多いほど割引率が高くなるところもあります。

自分の使用量に合わせて電力会社を選ぶことでよりお得にすることができるのが電力自由化のメリットなので、正直サミットエナジーを選んでしまうのはもったいないです。

シミュレーションで発覚!全然安くならない

では、具体的にどれくらい安くなるのかエリアごとにシミュレーションをしてみましょう。

ぜひご自身の使用量と照らし合わせながら見てみてください。

()内の数字は従来の電力会社との差額です。

※タップ/クリックでシミュレーション結果の一覧表が開きます。

北海道電力エリアのシミュレーションを見る

北海道電力エリアの場合

 サミット北海道電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
4,697円
(-23円)
4,720円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
9,156円
(-95円)
9,251円
三人家族
40A契約
450kWh使用
14,245円
(-347円)
14,592円
四人家族
40A契約
550kWh使用
17,415円
(-514円)
17,929円
五人家族
50A契約
700kWh使用
22,505円
(-764円)
23,269円

閉じる

東北電力エリアのシミュレーションを見る

東北電力エリアの場合

 サミット東北電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
3,887円
(-19円)
3,906円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,580円
(-59円)
7,637円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,000円
(-273円)
12,273円
四人家族
40A契約
550kWh使用
14,731円
(-417円)
15,148円
五人家族
50A契約
700kWh使用
19,152円
(-633円)
19,785円

閉じる

東京電力エリアのシミュレーションを見る

東京電力エリアの場合

 サミット東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
3,945円
(-19円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,806円
(-58円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,363円
(-285円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh使用
15,214円
(-436円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh使用
19,771円
(-663円)
20,434円

閉じる

中部電力エリアのシミュレーションを見る

中部電力エリアの場合

 サミット中部電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
4,055円
(-21円)
4,076円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,778円
(-60円)
7,838円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,044円
(-270円)
12,314円
四人家族
40A契約
550kWh使用
14,701円
(-410円)
15,111円
五人家族
50A契約
700kWh使用
18,968円
(-620円)
19,588円

閉じる

関西電力エリアのシミュレーションを見る

関西電力エリアの場合

 サミット関西電力
一人暮らし
150kWh使用
3,171円
(-18円)
3,189円
二人暮らし
300kWh使用
6,931円
(-57円)
6,988円
三人家族
450kWh使用
11,029円
(-273円)
11,302円
四人家族
550kWh使用
13,761円
(-417円)
14,178円
五人家族
700kWh使用
17,859円
(-633円)
18,492円

閉じる

中国電力エリアのシミュレーションを見る

中国電力エリアの場合

 サミット中国電力
一人暮らし
150kWh使用
3,262円
(-20円)
3,282円
二人暮らし
300kWh使用
7,265円
(-61円)
7,326円
三人家族
450kWh使用
11,402円
(-280円)
11,682円
四人家族
550kWh使用
14,160円
(-426円)
14,586円
五人家族
700kWh使用
18,297円
(-645円)
18,942円

閉じる

九州電力エリアのシミュレーションを見る

九州電力エリアの場合

 サミット九州電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
3,593円
(-17円)
3,610円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
6,954円
(-52円)
7,006円
三人家族
40A契約
450kWh使用
10,891円
(-244円)
11,135円
四人家族
40A契約
550kWh使用
13,321円
(-372円)
13,693円
五人家族
50A契約
700kWh使用
17,257円
(-565円)
17,822円

閉じる

全然安くならない……

びっくりするほど安くなりませんでしたね。

どのエリアも、一番使用量の多い五人家族のケースですら1,000円に満たない割引額です。

電力会社の比較をしたことがない方は「それでも安くなるだけいいんじゃない?」と思ってしまうかもしれませんが……

ちょっと待ってください!

サミットエナジー以外の安い新電力なら、この2倍、いや3倍は安くなるケースがあるんです!

サミットエナジーよりおすすめの新電力

というわけで、サミットエナジーよりもよっぽど安くなる新電力を紹介します。

「シンプルに電気料金が安い新電力」「電気料金が安い&ANAマイルがたまる新電力」を順番に紹介していくので、ぜひご覧ください!

とにかく電気料金を安くしたいならLooopでんき

サミットエナジーよりもお得になるおすすめの新電力は、「Looopでんき」です。

Looopでんきは基本料金が0円で従量料金が一律なため、使用量が多い方は特にお得になります。

ではどれくらい差があるのか、東京電力エリアを例に、サミットエナジー・Looopでんき・東京電力のシミュレーション結果を比較してみましょう。

 サミットLooop東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh
3,945円
(-19円)
3,900円
(-64円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh
7,806円
(-58円)
7,800円
(-64円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh
12,363円
(-285円)
11,700円
(-948円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh
15,214円
(-436円)
14,300円
(-1,350円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh
19,771円
(-663円)
18,200円
(-2,234円)
20,434円

使用量が少ないケースはそこまで差はないものの、全てのケースでLooopでんきの方がお得という結果になりました。

五人家族(50A契約700kWh使用)のケースは特にものすごい差ですね。

サミットエナジーとLooopでんきでは、1年間利用を継続した場合に22,224円もの金額差が生まれます。

正直これはWAONポイントやANAマイルがたまるメリットを差し引いても絶対にLooopでんきの方がお得と言えるでしょう。

Looopでんきについては以下の記事で詳しくまとめているので、気になる方はぜひご覧ください!

『Looopでんきの口コミ・評判がやばい!申し込み前に知るべき全情報【2019年最新】』

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

電気料金を削減しつつANAのマイルをためたいならENEOSでんき

サミットエナジー以外では、東京電力エリア限定にはなりますが、ENEOSでんきでもANAのマイルをためることができます。

ANAカードで電気料金を支払うことでサミットエナジー同様200円につき1マイルたまります。

さらに、ENEOSでんきは使用量が多い方であればかなりお得になるので、サミットエナジーよりもおすすめです!

というわけで、サミットエナジー・ENEOSでんき・東京電力のシミュレーション結果を比較してみました。

 サミットENEOS東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh
3,945円
(-19円)
3,907円
(-57円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh
7,806円
(-58円)
7,521円
(-343円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh
12,363円
(-285円)
11,664円
(-984円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh
15,214円
(-436円)
14,239円
(-1,411円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh
19,771円
(-663円)
18,382円
(-2,052円)
20,434円

こちらも差は歴然ですね!

五人家族のケースはLooopでんきの方がお得ですが、それ以外のケースはLooopでんきを上回るお得さです。

これだけ電気料金に差があってマイルの還元率も同じなら、サミットエナジーを選ぶメリットはほぼないと言えるでしょう。

ENEOSでんきはANAマイル以外にも、以下のカードのポイントがためられます。

・Tカード
・ビューカード
・TS CUBIC カード
・レクサスカード
・エポスカード
・エムアイカード

ENEOSでんきについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください!

『【最大30,000円】ENEOSでんきの口コミ・評判・キャンペーン情報全まとめ!料金を徹底比較』

CMで話題のENEOSでんき

吉田羊さんのCMで話題のENEOSでんき。

電気をたくさん使う方ほどお得になる仕組みで、2年契約の「にねん とく²割」を利用することでさらに電気料金が安くなります。

ENEOSのガソリンスタンドで給油すると、ガソリン・軽油・灯油が割引になるというENEOSならではの特典も。

そのほか、エポスカードやビューカードなどの特別提携カードで電気料金を支払うとポイントが最大4倍たまったり、電気料金の支払いでTポイントをためることもできたりと、とにかくお得な特典が多数用意されています。

電気をあまり使わない方でもポイントやガソリン代でお得になるのでおすすめです。

さらに! 4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

キャッシュバックは下記窓口からのWEB申し込み限定です。電話での申し込みでは受け取れません!

サミットエナジーの口コミ・評判はほぼなし

サミットエナジーの口コミ・評判を調べてみましたが、まだ利用者が少ないのか、紹介できそうなものは見つかりませんでした。

見つかり次第追記していきます。

サミットエナジーの基本情報

サミットエナジーを申し込む前に知っておきたい基本的な情報をまとめました。

申し込み方法はWEBのみ

サミットエナジーの公式サイトにあるWEBフォームから申し込みができます。

電話や郵送書面での申し込みができるかどうかはサイトに記載がありませんが、どうしてもやむを得ない理由でWEB申し込みができないという方は一度問い合わせてみるといいでしょう。

どのプランも料金は変わらない

サミットエナジーには「基本プラン」「WAONプラン」「ANAマイレージプラン」の3種類のプランがありますが、どれも電気料金は変わりません。

WAONポイントやマイルがたまる分、単純に基本プランよりもお得になりますね。

賃貸マンション・アパートの場合は要確認

賃貸マンション・アパートで契約をする場合には、電力会社の切り替えができるか事前に大家さんに確認をしましょう。

サミットエナジーの公式サイトには記載がありませんが、他の新電力だと高圧一括受電以外であれば切り替えられることが多いです。

スマートメーターの切り替え工事は無料

サミットエナジーを利用するにあたり、「スマートメーター」という新しい電気のメーターに切り替える必要があります。

切り替え工事は無料、原則立ち会い不要でやってもらえます。

現在既にスマートメーターが設置されている方は工事は不要です。

支払い方法はクレジットカードのみ

サミットエナジーの支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替やコンビニ払いはできないので注意しましょう。

利用可能なクレジットカード

VISA、JCB、MasterCard、Diners、AmericanExpress、Discover

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

まとめ

サミットエナジーがおすすめできない理由、おわかりいただけたでしょうか。

電気料金削減のために電力会社の乗り換えを検討している方がほとんどですし、私自身も電力自由化の一番のメリットが「電気料金の削減」と考えているため、どうしてもサミットエナジーはおすすめできないんです。

おすすめな人を強いて言うなら、以下に当てはまる方でしょうか。

・とにかくWAONポイントをためたい
・とにかくANAのマイルをためたい(東京電力エリア以外)

ただ、先程LooopでんきやENEOSでんきとの比較でもわかったように、使用量によってはポイントがたまるよりも電気料金の削減の方がメリットが大きいことがあります。

一見メリットのように感じることでも見方を変えればデメリットになるので、複数の電力会社を比較するのはとても大切なんです。

他にもたくさんの新電力に関する記事を書いているので、よかったら参考にしてみてくださいね。


2019/04/02

下町でんきがおすすめできない理由!料金は悪くないけどメリットが微妙

東京都足立区の株式会社トーセキという会社が運営している下町でんき。

足立区周辺にお住まいの方は親しみを感じるかと思いますが、実際のところ新電力としてのサービスはどうなのでしょうか。

結論から言うと、下町でんきはあまりおすすめできません!

その理由を解説していくので、下町でんきを検討している方はぜひ目を通してみてください。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

東京電力よりは安いけどそこまでお得じゃない

まず料金について。

正直言って、下町でんきは東京電力よりは安くなるけどそこまでお得じゃないです。

電気料金単価やシミュレーション結果を見ながら解説していきますね。

下町でんきの電気料金は一律約5%オフ

下町でんきと東京電力の電気料金を一覧表にまとめました。

※()内の数字は東京電力との差額です。

  下町でんき東京電力



30A800.28円
(-42.12円)
842.40円
40A1067.04円
(-56.16円)
1,123.20円
50A1333.80円
(-70.2円)
1,404.00円
60A1600.56円
(-84.24円)
1,684.80円



120kWh18.54円
(-0.98円)
19.52円
120~30024.70円
(-1.3円)
26.00円
300~28.52円
(-1.5円)
30.02円

基本料金、従量料金ともに東京電力よりも5%程度安い金額が設定されています。

つまり、使用量に関わらず必ずお得になるということですね。

使用量が多くてもそんなに安くならない

5つの使用ケースを想定し、実際にどれくらい安くなるかのシミュレーションをしてみました。

※()内の数字は東京電力との差額です。

 下町でんき東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
3,766円
(-198円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,471円
(-393円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,015円
(-633円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh使用
14,867円
(-783円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh使用
19,412円
(-1,022円)
20,434円

一見下町でんきがお得に見えますが、これはあくまで東京電力との比較。

正直言って、他の新電力と比べるとそこまでお得ではありません。

使用量が少ないと逆に割高になってしまう新電力も少なくないので、一律約5%オフの料金体系は使用量が少ない方にとってはメリットでもあるのですが、使用量が多い方にとっては一律約5%オフの料金体系はデメリットになるんです。

なぜか?

下町でんきは使用量関係なく約5%オフにしかなりませんが、他の新電力では使用量が多いほどお得になる料金体系であることが多いからです。

使用量が多い方であれば、下町でんきの倍近くお得になることだってあるんですよ。

下町でんきよりおすすめの新電力がある

では、下町でんきと他の新電力ではどれほど料金に差があるのかも見ていきましょう。

使用量が多い場合と少ない場合に分けて、おすすめの新電力を紹介していきます。

使用量が多い場合はLooopでんきの方が安い

使用量が多めの方は、下町でんきよりも「Looopでんき」という新電力の方がお得になります。

下町でんき・Looopでんき・東京電力のシミュレーション結果を比較しました。

 下町でんきLooop東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh
3,766円
(-198円)
3,900円
(-64円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh
7,471円
(-393円)
7,800円
(-64円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh
12,015円
(-633円)
11,700円
(-948円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh
14,867円
(-783円)
14,300円
(-1,350円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh
19,412円
(-1,022円)
18,200円
(-2,234円)
20,434円

使用量が少ない場合は下町でんきの方がお得ですが、40A契約450kWh使用からは圧倒的にLooopでんきが安いですよね。

Looopでんきは基本料金が0円・従量料金が一律26円なので、使用量が多い方はかなりお得になるんです。

とにかく電気料金を安くしたい!という方にはかなりおすすめです。

Looopでんきについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください!

『Looopでんきの口コミ・評判がやばい!申し込み前に知るべき全情報【2019年最新】』

ちなみに、Looopでんきでは現在下記窓口からの申し込みで最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます!

電気の切り替えでキャッシュバックがもらえる窓口はめったにないので、このチャンスを逃さないようにしてくださいね!

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

使用量が少ない場合はHTBエナジーの方が安い

一律約5%オフの料金体系が特長の下町でんきですが、その料金システムをそれよりも前から採用していた新電力があります。

それは、ハウステンボスグループの新電力「HTBエナジー」です。

下町でんきの料金はこのHTBエナジーにとてもよく似ているのですが、料金の安さで言えばHTBエナジーの方が上です。

下町でんきとHTBエナジーのシミュレーション金額を比較してみました。

 下町でんきHTBエナジー東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh
3,766円
(-198円)
3,754円
(-210円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh
7,471円
(-393円)
7,447円
(-417円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh
12,015円
(-633円)
11,979円
(-669円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh
14,867円
(-783円)
14,823円
(-827円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh
19,412円
(-1,022円)
19,356円
(-1,078円)
20,434円

本当にわずかですが、HTBエナジーの方が安いです。

たった数十円でも積み重なればいずれ大きな金額になるので、少しでも安い方がいいという方はHTBエナジーをおすすめします。

まだ検討中という方へ

まだ検討中という方は、こちらの窓口でご相談がおススメです。

お見積りやシミュレーションを通して、新電力のプロが無料であなたにあった電力会社を探してくれます。

電気代を節約する秘訣や、安くできる方法もアドバイスしてくれます。

電力会社には直接聞きにくいことや、契約の注意点なども親身になって教えてくれますよ。

強引な勧誘などは一切なし!もちろん相談だけで契約しなくて大丈夫です。

私もこちらの窓口で相談しましたが、5分程度の電話で解決しました。

新電力のプロのアドバイスをもらえるので、ぜひこちらの窓口から相談してみましょう。

※ちなみにここの窓口にある電力会社に申し込めば、4月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

もしお得な新電力が見つかったら、ぜひここの窓口から申し込みましょう。

特筆すべきメリットがない

下町でんきがおすすめできない理由として、「これといってすごいメリットがない」というのがかなり大きいです。

もちろん先程も触れたように、使用量が少ない方でも割高にならず必ずお得になるというのはメリットではあるのですが、安さではHTBエナジーの方が上回っています。

「おっ!」と思う新電力には、大抵以下のいずれかの特徴があります。

・とにかく電気料金が安い
・他サービスとのセット割でお得になる
・電気料金の支払いでポイントがたまる

などなど……

残念ながら、下町でんきは上記のどれにも当てはまりません。

全然ダメというわけではないんだけど、おすすめするには弱いな……という印象です。

利用者の口コミ・評判がわからない

下町でんきはまだ利用者が少ないのか、ネット上に口コミは見つかりませんでした。

サービスを比較検討するうえで口コミを調べる方がほとんどでしょうし、この点は不安に思う方が多いのではないでしょうか。

とはいえ、株式会社トーセキをよく知っている方、トーセキのサービスを利用している方であればそこまで気にならないかもしれませんね。

地域の企業を応援したい方にはおすすめ

下町でんきの一番の特長として、「商店街・お祭りなどの催し物に対して売り上げの一部を寄付する」という活動をしている点が挙げられます。

下町でんきを利用することで地域経済へ貢献できるということですね。

電気料金やサービス面ではあまりおすすめできない下町でんきですが、地域の企業を応援したい!少しでも地元の活性化に繋げたい!という方にはおすすめです。

下町でんきのキャンペーン情報

下町でんきで実施中のキャンペーン情報をまとめました。

下町でんきに申し込みで電気料金1ヶ月分無料or基本料金6ヶ月無料!

2019年4月30日まで、下町でんきへの申し込みで「電気料金1ヶ月分無料」または「基本料金6ヶ月間無料」のいずれかの特典が選べるキャンペーンを実施しています。

詳しいキャンペーンの適用条件などは書かれていませんが、おそらくWEB申し込み限定のキャンペーンかと思われます。

郵送での申し込みを検討している方は、一度電話で問い合わせてみるといいでしょう。

紹介で5,000円分のクオカードプレゼントキャンペーンがある

下町でんきを誰かに紹介すると、紹介した方とされた方に5,000円分のクオカードがもらえるというキャンペーンを実施しています。

確かにお得ではありますが、電力会社を人に紹介する機会ってそんなにないですよね。

もちろん超お得な電力会社であれば自信をもって紹介できるでしょうが、下町でんきのサービス内容は正直誰かにおすすめできるほどではないというのが私の正直な感想です。

キャンペーン適用時の違約金に注意!

いずれのキャンペーンのページにも記載がありませんが、重要事項説明書のページには「キャンペーン適用時1年未満の解約には5,000円の解約金が発生する」と書かれています。

特典だけもらってすぐ解約、ということはできないので覚えておきましょう。

下町でんきの基本情報

下町でんきに申し込む前に知っておきたい基本的な情報をまとめました。

提供エリアは東京電力エリアのみ

下町でんきは東京電力エリアでのみ利用可能です。

他電力会社エリアにお住まいの方は申し込みができないので注意しましょう。

申し込み方法はWEBまたは郵送

基本的には下町でんき公式サイトのWEBフォームからの申し込みになります。

フォームの入力後にメールでの認証があるので、必ず利用可能なメールアドレスを準備しておいてください。

WEB以外には、所定の申込用紙で申し込むことも可能です。

郵送での申し込みを希望する場合には電話で問い合わせましょう。

契約事務手数料は無料

下町でんきを契約する際の契約事務手数料は無料です。

賃貸マンション・アパートでも契約可能

下町でんきは賃貸のマンションやアパートでも申し込むことができます。

ただし、建物で高圧一括受電をしている場合は契約ができません。

基本的に個別で電気の契約をしていれば大丈夫ですが、不安な方は念のため大家さんに確認してみるといいでしょう。

オール電化用のプランはない

下町でんきにはオール電化用のプランはありません。

オール電化の方が下町でんきに乗り換えると電気料金がかなり高くなってしまう可能性が大いにあるので、他の電力会社を検討しましょう。

切り替え時の解約連絡は不要

現在利用している電力会社から下町でんきに切り替える際には、利用中の電力会社に解約の連絡をする必要はありません。

下町でんきに申し込みをすれば、下町でんきが代わりに解約手続きをしてくれます。

ちなみに、下町でんきを解約して次の電力会社に乗り換える際も同様です。

スマートメーターの切り替え工事は無料

下町でんきを利用するにあたり、「スマートメーター」という新しい電気のメーターを設置する必要があります。

設置工事は原則立ち会い不要、無料でやってもらえます。

現在既にスマートメーターが設置されている場合は工事は不要です。

支払い方法は2通り

下町でんきの支払い方法は、口座振替とクレジットカード払いの2通りあります。

使えるクレジットカードの種類は公式サイトに明記されていませんでした。

分かり次第追記します。

明細確認はWEBで

使用量や請求額などの明細は、WEBのマイページにログインすることで確認できます。

紙で送ってほしいという場合は、月額216円で電気料金と使用量のお知らせハガキを送ってもらうことも可能です。

WEB明細であれば無料なので、できればWEBで確認するようにしたいですね。

電気の質はこれまでと変わらない

下町でんきに限らず、新電力に切り替えたからと言って電気の質が落ちたり停電が増えたりということはありません。

これまでと同じ送電網を利用して自宅に電気が供給されるので、電気の質が変わるということはないんです。

あくまで契約先が変わるだけなので、安心して申し込みができます。

契約期間は1年、解約金は一部を除き無料

下町でんきの契約期間は1年間の自動更新となっていますが、基本的に下町でんきを解約する際に解約金・違約金はかからないので、いつでも無料で解約できます。

ただし、申し込み時にキャンペーンを適用させた場合、1年以内の解約で5,000円の違約金が発生します。

無料で解約をするには最低でも1年は継続利用をする必要があるので注意しましょう。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

株式会社トーセキについて

聞いたことのない会社が運営している新電力はちょっと不安……という方も多いかと思うので、運営会社の株式会社トーセキについての情報もまとめました。

会社概要

会社名

株式会社トーセキ

所在地

〒120-0023
東京都足立区千住曙町37-33

電話

03-3882-3888(代表)

FAX

03-3870-4976

代表取締役

柳 慎太郎

設立年月

昭和42年1月

資本金

2,000万円
授権資本1億円

主な取引銀行

三井住友銀行 千住支店
商工組合中央金庫 上野支店
三菱東京UFJ銀行 千住支店

主な取引先

(株)ジャパンガスエナジー 特約店
東京ガスエネルギー(株)特約店
矢崎総業(株) 東洋計器(株)

資格

ガス機器設置スペシャリスト
液化石油ガス設備士
簡易内管施工士
ガス可とう管接続工事監督
第二種販売主任者
丙種ガス主任者
二級管工事士
二級建築士
第2種電気工事士

許可番号

液化石油ガス販売事業者登録
52A0038

主なサービス

●給湯機の修理・交換
●住宅設備機器の設計・施工やガス配管工事、リフォーム、リノベーション
●電力取扱(下町でんき)
●家庭用・工業用プロパンガスの販売と保安確保
●アルペンピュアウォーター
●アティーナウォーター

まとめ

では最後に、下町でんきがあまりおすすめできない理由を簡潔にまとめます。

・他の新電力と比べてあまりお得じゃない
・特筆すべきメリットがない

もちろん地域の会社を応援したいという方にはおすすめですが、単純に電気料金を安くしたいという方はLooopでんきやHTBエナジーをおすすめします。


2019/03/29

大東ガス電気(DAITOでんき)は評判も料金も微妙すぎる!

埼玉県南西部を中心とした一部エリアの都市ガス「大東ガス」が提供している新電力、DAITOでんき。

現在大東ガスの都市ガスを利用している方で、「ガスと電気をまとめたら安くなるのかな?」と検討している方も多いでしょう。

確かにセット割で安くはなりますが……

DAITOでんきよりもよっぽど安い新電力があるので、個人的にはおすすめしません!

●DAITOでんきのメリット・デメリット
●DAITOでんきの電気料金
●東京電力から乗り換えてどれくらい安くなるかのシミュレーション
●おすすめの安い新電力

など、DAITOでんきを検討している方にぜひ読んでいただきたい内容をまとめました!

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

大東ガス電気(DAITOでんき)のメリットは微妙なものが多い

ではまず気になるメリットから見ていきましょう。

一口にメリットと言っても色々なので、自分にとって本当にメリットになるかどうかを確認してみてくださいね。

使用量が多いほどお得になる

料金については後ほど詳しく解説しますが、DAITOでんきの料金体系は電気をたくさん使う方ほどお得になるシステムです。

家族の人数が多い方やペットを飼っている方など、電気使用量が多い方に向いています。

ただ、言い方を変えると使用量がかなり多い方しかお得になりません!

それ以外の方はあまり電気代が変わらなかったり、最悪の場合割高になってしまうケースが大いにあります。

料金に関してはメリットでもあり、デメリットでもあるということですね。

ガスセット割・でんきセット割の2つのセット割がある

大東ガスには2種類のセット割があります。

●ガスとセットで電気料金が安くなる「ガスセット割」
⇒電気料金が1kWhにつき1円割引

●電気とセットでガス料金が安くなる「でんきセット割」
⇒ガス料金が毎月2%割引

ガスセット割とでんきセット割は併用が可能なので、電気料金もガス料金も両方安くなります。

どちらか一方だけでなく、両方の料金が安くなるというのがいいですね。

使用量が多ければセット割はかなりお得

DAITOでんきのガスセット割は、「1kWhにつき1円割引」です。

つまり、電気を100kWh使えば100円、500kWh使えば500円。

電気使用量が多ければ多いほどお得ということになりますね。

これは他社と比較してもかなりメリットが多いです。

DAITOでんき以外で電気の小売りもやっている都市ガスとセット割の金額を比較してみましょう。

【東京ガスの電気】
・ずっとも電気1S(使用量が少なめの方向けのプラン)
⇒電気料金に0.5%をかけた金額を割引(0.5%割引)
※電気料金が5,000円なら25円引き

・ずっとも電気1(使用量が多めの方向けのプラン)
⇒月額270円割引

【京葉ガスのでんき】
・マイホームあかりライト(使用量が少なめの方向けのプラン)
⇒0.5%割引
※電気料金が5,000円なら25円引き

・マイホームあかり(使用量が多めの方向けのプラン)
⇒月額170円割引

どこもあまり大きな割引額ではありませんよね。

DAITOでんきも使用量が少なければあまりメリットはありませんが、500kWh以上使うような家庭であればかなりお得になります。

WEBで使用量や料金が確認できる

「My大東ガス」という無料会員サービスに登録すると、電気やガスの使用量、料金の明細などがWEBで確認できるようになります。

過去2年分の使用量や料金の推移をグラフで確認できるので、節約をより意識したい方におすすめです。

ただ、このような機能はほとんどの新電力で利用できるので、DAITOでんき独自のメリットというわけではありません。

My大東ガスプレミアムでさらにお得に

大東ガスには、月額500円の「My大東ガスプレミアム」という有料会員サービスもあります。

My大東ガスプレミアムに加入している場合、ガス料金がさらに1%の割引が受けられます。

でんきセット割のガス料金割引が3%になるということですね。

もともとプレミアムサービスの内容に魅力を感じている方であればいいですが、割引のために月額500円を払うのはおすすめしません。

※現在はMy大東ガスプレミアムの新規受付は終了しているので、これから新たに申し込むことはできません。

検針票不要割で54円割引

DAITOでんきには「検針票不要割」というものがあり、紙の検針票が不要という場合に電気料金から54円だけ割引してもらえます。

たかが54円……と思うかもしれませんが、他の新電力ではこういった割引はないのでほんの少しでも安くなるだけいいと思います。

明細の確認はMy大東ガスに登録してログインすれば見られるので問題はありませんしね。

検針票不要割の適用条件は以下の通り。

・支払い方法が口座振替またはクレジットカード払い
・申し込み時に「紙の検針票の発行不要」にチェックを入れている

この条件を満たしていれば自動で適用されます。

払込票で支払いをしている場合は対象外になるので注意しましょう。

解約金・契約期間の縛りなし

DAITOでんきには一応1年間の契約期間が設定されていますが、契約期間内の解約でも解約金・違約金はかかりません。

いつでも無料で解約できます。

他にも解約金がかからない新電力はたくさんありますが、中には1,000円~5,000円程度の解約金が発生するところもあるので、この点はメリットと言えるでしょう。

無料のかけつけサービス「DAITOでんきあんしんサポート」がある

DAITOでんきには、「DAITOでんきあんしんサポート」という無料のかけつけサービスがあります。

停電してしまう、ブレーカーが落ちてしまうなどの電気のトラブルが起こった際、60分以内の作業であれば無料で対応してくれます。

ただ、東京電力エリアの新電力のほとんどで類似のサービスが利用できるので、DAITOでんき独自のメリットというわけではありません。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

大東ガス電気(DAITOでんき)には致命的なデメリットも

もちろんメリットばかりではなく、デメリットもあります。

契約してから「こんなはずじゃなかった!」とならないためにも、必ず目を通しておいてください。

使用量が少ないと割高になってしまう

先程メリットで「使用量が多いほどお得になる」と書きましたが、使用量が少ないと逆に割高になってしまうんです。

せっかく電力自由化で電気料金の削減ができるようになったのに逆に高くなるなんて、絶対に避けたい事態ですよね。

結果的に損をしてしまうことになるので、一人~三人暮らしで平均的な使用量の方にはおすすめしません。

料金について詳しくは後ほどまとめるので、ぜひチェックしてみてください。

原則大東ガスの提供エリア内でしか利用できない

DAITOでんきを利用できるのは、原則大東ガスの提供エリア内に住んでいる方のみです。

対応エリアは以下の通り。

・朝霞市
・志木市
・富士見市
・三芳町
・新座市
・川口市
・入間市
・日野市
・座間市
・所沢市

※一部利用不可なエリアもあります。

大東ガスのエリア外でも申し込みたいという場合は別途相談を受け付けてくれるそうです。

ただし、ガスと電気のセット割を適用させないのであれば正直DAITOでんきに申し込むメリットはほぼないのでおすすめしません。

安さでは他の新電力に負けている

正直に言って、DAITOでんきは決して新電力の中でも安さに秀でているというわけではありません。

他にもっと安い新電力はあります。

大東ガスの都市ガスと電気の契約をまとめたいという方にはぴったりなのですが、電気料金の削減を一番の目的としている方には他の新電力をおすすめします。

後ほどおすすめの新電力も紹介するので、とにかく電気代を安くしたいという方は必見ですよ!

大東ガス電気(DAITOでんき)の口コミ・評判はほぼない

ネット上を調べてみましたが、DAITOでんきの利用者の口コミ・評判はほとんど見つかりませんでした。

見つかり次第追記していきます。

大東ガス電気(DAITOでんき)の電気料金

DAITOでんきと東京電力の電気料金を比較して一覧表にまとめました。

※()内の数字は東京電力との差額です。

  大東ガス東京電力



10A280.80円
(±0円)
280.80円
15A421.20円
(±0円)
421.20円
20A561.60円
(±0円)
561.60円
30A842.40円
(±0円)
842.40円
40A1123.20円
(±0円)
1123.20円
50A1404.00円
(±0円)
1404.00円
60A1684.80円
(±0円)
1684.80円



~120kWh20.40円
(+0.88円)
19.52円
120~30025.80円
(-0.2円)
26.00円
300~27.00円
(-3.02円)
30.02円

基本料金は東京電力と全く同じです。

従量料金を見ると、1段料金(120kWhまでの料金)が東京電力よりも高くなっていますね。

毎月の使用量が120kWh程度におさまってしまう方は確実に割高になります。

その代わり、3段料金(300kWh以上の料金)が東京電力よりもかなり安く設定されています。

「使用量が少ないと割高になり、使用量が多いとお得になる」というのはこのためです。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

大東ガス電気(DAITOでんき)と東京電力のシミュレーション比較

続いて、実際に使用した場合にどれくらい料金差が出るのかを見ていきましょう。

6つの使用ケースでシミュレーションをしたので、自分の使用量に近いものをチェックしてみてください。

※()内の数字は東京電力との差額です。

 大東ガス東京電力
一人暮らし
少なめ
20A契約
80kWh使用
2,193円
(+70円)

【ガスセット割】
2,113円
(-10円)
2,123円
一人暮らし
平均
30A契約
150kWh使用
4,064円
(+100円)

【ガスセット割】
3,914円
(-50円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,934円
(+70円)

【ガスセット割】
7,634円
(-230円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,265円
(-383円)

【ガスセット割】
11,815円
(-833円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh使用
14,965円
(-685円)

【ガスセット割】
14,415円
(-1,235円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh使用
19,576円
(-858円)

【ガスセット割】
18,876円
(-1,558円)
20,434円

セット割なしの場合、そこまで大きな額ではないですが3つのケースで割高になってしまっています。

使用量が増えればお得にはなりますが、削減額としてはそこまで大きくありません。

セット割適用時であればわりと安くなりますが、それでも使用量が少なめのケースではかなり微妙な削減額ですよね。

DAITOでんきはセット割を適用させたとしても使用量が多くない方にはメリットがないことがわかります。

大東ガス電気(DAITOでんき)よりLooopでんきがおすすめ

では、DAITOでんきより安いおすすめの新電力も紹介しておきます。

私のおすすめは、「Looopでんき」という新電力です。

Looopでんきであれば、使用量によってはDAITOでんきの倍以上安くなります!

まずはどれくらい安くなるか、Looopでんき・DAITOでんき・東京電力の3社でシミュレーション結果の比較一覧表をご覧ください。

※()内の数字は東京電力との差額です。

 Looop大東ガス東京電力
一人暮らし
少なめ
20A契約
80kWh
2,080円
(-43円)
2,193円
(+70円)

【ガスセット割】
2,113円
(-10円)
2,123円
一人暮らし
平均
30A契約
150kWh
3,900円
(-64円)
4,064円
(+100円)

【ガスセット割】
3,914円
(-50円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh
7,800円
(-64円)
7,934円
(+70円)

【ガスセット割】
7,634円
(-230円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh
11,700円
(-948円)
12,265円
(-383円)

【ガスセット割】
11,815円
(-833円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh
14,300円
(-1,350円)
14,965円
(-685円)

【ガスセット割】
14,415円
(-1,235円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh
18,200円
(-2,515円)
19,576円
(-858円)

【ガスセット割】
18,876円
(-1,558円)
20,434円

今回のシミュレーションでは、二人暮らし(30A契約・300kWh使用)のケース以外、全てLooopでんきの方がお得という結果になりました。

ガスセット割がなかった場合の差は歴然。

圧倒的にLooopでんきの方がお得です。

また、Looopでんきは30A以上の契約であれば必ずお得になるので、DAITOでんきでは割高になってしまう使用量が少なめのケースでも、Looopでんきではお得になります。

ただ、Looopでんきでも20A以下の契約では一部割高になってしまうケースもあるので、20A以下で利用している方は必ずシミュレーションをしてから申し込むようにしましょう。

さらに現在、下記窓口からLooopでんきを申し込むと最大30,000円のキャッシュバックがもらえます。

電気の切り替えでキャッシュバックがもらえる窓口はめったにありません。

期間限定のキャンペーンなので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

大東ガス電気(DAITOでんき)の基本情報

DAITO電気を申し込む前に知っておきたい基本的な情報をまとめました。

申し込み方法はWEBまたは郵送

基本的にはDAITOでんきの公式サイトからのWEB申し込みになりますが、メールが受け取れないという方は郵送での申し込みも可能です。

お問い合わせフォームまたは電話で問い合わせて、申込用紙を送ってもらいましょう。

賃貸マンション・アパートでも申し込み可能

賃貸のマンションやアパートでも、DAITOでんきの申し込みは可能です。

ただし、建物で高圧一括受電をしている場合や、賃貸借契約で電力会社が指定されている場合などは契約ができません。

不安な方は念のため大家さんに事前に確認するようにしましょう。

支払い方法は3通り

DAITOでんきの支払い方法は、口座振替とクレジットカード、払込用紙の3通り。

基本的に電気とガスは契約がまとまるので大東ガスの支払いと同じになりますが、払込用紙で支払っている場合は別々の払込用紙が届きます。

切り替え時に解約連絡は不要

現在利用している電力会社からDAITOでんきへの切り替え、またはDAITOでんきを解約して次の電力会社へ切り替える際、解約の連絡をする必要はありません。

申し込み先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれることになっているので、自分から申し出なくても大丈夫なんです。

スマートメーターの切り替え工事は無料

DAITOでんきを利用するにあたり、スマートメーターという新しい電気のメーターが必要になります。

設置工事は無料で、原則立ち会い不要でやってもらえます。

作業時間は20分程度で、基本的には停電もしません。

現在すでにスマートメーターが設置されている方は不要です。

まとめ

電力自由化の一番のメリットは「電気料金を安くできること」だと私は思っています。

ガスと電気のセット割で安くなるDAITOでんきですが、Looopでんきと比べるとどうしても安さで劣ってしまうので、正直おすすめはできません。

「大東ガスで契約をまとめたい!」
「地元の企業を応援したい!」

という方以外は、Looopでんきをおすすめします。


2019/03/26

奈良電力(ならでん)はお得とは限らない!隠されたデメリットまとめ

関西にお住まいの方、特に奈良県民の方で奈良電力を検討している方は多いかもしれませんね。

地元の電力会社を応援したいという方にはぴったりな奈良電力ですが……

電気代をとにかく安くしたい!という方には他の新電力がおすすめです。

●奈良電力のメリット・デメリット
●奈良電力の電気料金
●関西電力から乗り換えた場合にどれくらい安くなるかのシミュレーション
●奈良電力のキャンペーン情報

などなど、奈良電力に関する情報をまとめました。

自分は奈良電力と契約すべきか・そうでないかを決める参考にしてみてくださいね。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

奈良電力(ならでん)のメリット

まずは気になるメリットから見ていきましょう。

「自分にとって本当にメリットになるか」ということを考えながら読んでみてください。

関西エリア一円に対応

名前は奈良電力ですが、奈良県だけでなく関西エリア全ての府県に対応しています。

奈良県以外のサポートが薄くなるということはないので安心してください。

地元の企業を応援したいという方にもおすすめです。

使用量が多いほどお得になる

料金については後ほど詳しく解説しますが、奈良電力の料金体系は使用量が多いほどお得になります。

大家族など電気をたくさん使う家庭であれば、かなり電気代の削減を実感できるのではないでしょうか。

NTTグループカード新規入会で毎月500円キャッシュバック

現在奈良電力では、NTTグループカードの新規入会で毎月500円のキャッシュバックが1年間継続してもらえるキャンペーンを実施しています。

500円が1年間というと、総額6,000円なので地味に嬉しいですよね。

詳しい条件などは後ほどまとめるので、気になる方はチェックしてみてください。

解約金・違約金が0円

奈良電力は解約時に解約金・違約金がかかりません。

他の新電力でも解約金が無料なところは多いですが、中には1,000円~5,000円程度の解約金が発生するところもあります。

いつでも無料で解約できるので、気軽に申し込めるのが嬉しいですね。

支払い方法が口座振替とクレジットカードの2種類ある

奈良電力の支払い方法は、口座振替とクレジットカード払いの2通りあります。

当たり前のように感じる方も多いかもしれませんが、実は他の新電力にはクレジットカード払いしか対応していないというところも多いです。

クレジットカードを持っていない、使いたくないという方でも安心して申し込みができるのはいいですね。

バンビシャス奈良の応援プラン「バンビシャス電気」がある

奈良電力には、奈良のプロバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」を応援できるプラン「バンビシャス電気」があります。

電気料金は奈良電力のプランと全く同じですが、支払った電気料金の一部がバンビシャス奈良の運営資金になります。

少しでもチームを応援したいという熱心なファンの方にはおすすめです。

奈良電力(ならでん)のデメリット

続いて、デメリットも見ていきましょう。

契約後に後悔しないためにも、必ず確認しておいてください。

使用量によっては割高になることも

詳しくは後ほどシミュレーションしますが、奈良電力は使用量によっては逆に関西電力よりも割高になってしまうことがあります。

損をしないためにも、契約前のシミュレーションは必ずするようにしましょう。

関西一の安さというわけではない

全体的に電気料金が安くなる奈良電力ですが、関西で一番安いというわけではありません。

関西エリアに対応している新電力は他にもいくつかありますが、もっと安いところはあります。

安いおすすめの新電力は後ほど紹介するので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

セット割やポイントサービスがない

奈良電力には、他サービスとのセット割やポイントがたまるなどのサービスがありません。

もちろんシンプルに電気料金が安くなるのが一番ですが、人によっては物足りないと感じてしまうでしょう。

この点は電力自由化に何を求めるかによって感じ方が大きく変わりそうなところですね。

書類での申し込みが必要

奈良電力はWEBや電話で申し込み資料の請求をし、必要書類の返送をしないと契約が完了しません。

書類を書いて送るのは正直面倒ですし、今時WEBで申し込みが完了する新電力がほとんどなので、この点はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

かけつけサービスが有料

奈良電力には、水回り・鍵・ガス・電気設備などのトラブルが起こった際に駆け付けてくれるサービスがあります。

東京電力エリアでは同じようなかけつけサービスが無料で利用できるのに対し、奈良電力の場合は月額300円かかります。

エリアによる料金差はどうしようもないところではありますが、ちょっと残念ですよね。

口コミ・評判がほとんどない

何かものを買ったりサービスに契約したりする際に利用者の口コミや評判をチェックする方は多いと思います。

しかし、ネット上を調べてみても奈良電力の口コミはほとんど見つかりません。

利用者の評判がわからないとどうしても不安になりますよね。

もちろん口コミを鵜呑みにするのはよくないですが、事前に利用者の満足度を把握することができないのは残念です。

奈良電力(ならでん)の電気料金

続いて、奈良電力の電気料金単価を見ていきましょう。

関西電力の料金単価と比較できるよう一覧表にまとめました。

  ならでん関西電力



~15kWh327.65円334.82円



15~12019.76円19.95円
120~20026.19円25.33円
200~30020.95円
300~23.95円28.76円

関西電力の従量料金は3段階なのに対し、奈良電力の従量料金は4段階に分かれています。

奈良電力の120~200kWhの単価は関西電力よりも高めですが、200~300kWhの単価はかなり安いですよね。

ここが奈良電力でお得になるか割高になるかの境目になります。

詳しいシミュレーション結果はこのあとまとめますが、200kWh前後の場合は奈良電力の方が割高になってしまいます。

奈良電力(ならでん)の料金シミュレーション

 ならでん関西電力
一人暮らし
少なめ
120kWh使用
2,402円
(-27円)
2,429円
一人暮らし
平均
200kWh使用
4,497円
(+42円)
4,455円
二人暮らし
300kWh使用
6,592円
(-396円)
6,988円
三人家族
450kWh使用
10,185円
(-1,117円)
11,302円
四人家族
550kWh使用
12,580円
(-1,598円)
14,178円
五人家族
700kWh使用
16,172円
(-2,320円)
18,492円

6つのケースでシミュレーションをしてみました。

まず、使用量が120kWhと少ない場合はほとんどお得にはなりませんね。

とはいえ、使用量が少ないと割高になってしまう新電力も少なくないので、少しでも安くなるだけましかもしれません。

使用量が200kWhの場合は奈良電力の方が割高になってしまっていますね。

先程も書いたように、200kWh前後はお得になるか高くなるかの境目になります。

使用量が多ければ多いほど削減額もかなり大きくなっていきますが、平均して使用量が200kWh前後の方は奈良電力はおすすめしません。

奈良電力(ならでん)のキャンペーン情報

現在奈良電力で実施しているキャンペーン情報をまとめました。

NTTグループカード新規入会キャンペーン

キャンペーン期間

2019年3月31日カード申し込み分まで

キャンペーン特典

500円キャッシュバック×12ヶ月

※キャッシュバックはNTTグループカードの利用代金から引かれます。

キャンペーン適用条件

・期間内に奈良電力のキャンペーンページからNTTグループカードを申し込み、申し込み月から1ヶ月以内に入会する

・奈良電力の利用料金をNTTグループカードで支払う

奈良電力(ならでん)の口コミ・評判

先程デメリットのところでも触れましたが、奈良電力の口コミや評判はほとんど見つかりませんでした。

見つけ次第追加していきます。

奈良電力(ならでん)の基本情報

奈良電力を申し込む際に知っておきたい情報をまとめました。

申し込みを検討している方は目を通してみてください。

申し込み方法は2通り

先程も少し触れましたが、奈良電力への申し込みはまずWEBまたは電話で申し込みに関する書類請求が必要です。

届いた書類に記入し、返送することで契約が完了となります。

必要なもの

・電気需給契約書
・支払いの登録(銀行口座またはクレジットカード)
・検針票

現在利用している電力会社への解約連絡は不要

奈良電力に乗り換える際に、現在利用している電力会社へ解約の連絡をする必要はありません。

申し込みをすれば、奈良電力が代わりに解約の手続きをしてくれます。

支払い方法は2通り

先程メリットとして紹介しましたが、奈良電力では支払い方法を口座振替かクレジットカード払いのいずれかから選べます。

申し込み時に口座またはクレジットカードの情報が必要になるので、準備しておきましょう。

明細の確認方法はWEB・Eメール

電気料金の明細はマイページにログインして確認することができ、メールアドレスを登録すれば毎月Eメールで料金のお知らせが届きます。

紙の請求書が欲しい場合は有料になります。

引っ越し先での開通が可能

他の電力会社と契約がない状態の物件に引っ越す場合でも、奈良電力に申し込むことができます。

他の新電力では引っ越し先でまず関西電力と契約してから申し込まなければいけないというケースもありますが、いきなり奈良電力と契約することができるということですね。

奈良電力の解約方法

解約の際に奈良電力に解約の連絡をする必要はありません。

次に利用する電力会社に申し込めば、代わりに解約手続きをしてくれます。

賃貸マンション・アパートでも申し込み可能

賃貸のマンションやアパートでも奈良電力を利用できます。

ただし、高圧一括受電をしている場合には契約ができません。

個人名義で契約をして検針票を受け取っているのであれば問題ありませんが、心配な方は大家さんに問い合わせるといいでしょう。

電気の質はこれまでと全く変わらない

奈良電力に乗り換えても、電気の質が落ちたり停電しやすくなったりということはありません。

契約を切り替えても送電網は同じものを使うため、供給される電気は依然と全く同じものです。

奈良電力(ならでん)がおすすめなのはこんな人

奈良電力が特におすすめなのは、以下に当てはまる方です。

・地域の電力会社を応援したい
・バンビシャス奈良のファン

確かに奈良電力に切り替えることで電気料金は安くなりますが、関西エリアで一番の安さというわけではありません。

電気代を安くすることが主目的なら、他のお得な新電力を検討することをおすすめします。

奈良電力(ならでん)以外におすすめの新電力

ここまで読んで、あまり奈良電力に向いていないと思った方もいるでしょう。

そんな方におすすめの新電力を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

絶対に割高にならないのはHTBエナジー

奈良電力では割高になってしまうケースもありますが、HTBエナジーという新電力では料金単価が全て関西電力よりも安いので、絶対に割高になることがありません。

先程のシミュレーションで「うちは割高になるかも……」と思った方におすすめです。

HTBエナジーについてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

使用量が多い家庭ではあまりお得にならないのでかなり辛口評価していますが、使用量が少ない方には本当におすすめですよ!

『HTBエナジーは評判・メリットが微妙!知らないと損するデメリットまとめ』

さらに下記窓口からの申し込みであれば、最大30,000円のキャッシュバックを受け取れるのでかなりお得です。

まずはどれくらい安くなるかの相談だけでも無料で受け付けてくれるので、気軽に問い合わせることができます。

まだ検討中という方へ

まだ検討中という方は、こちらの窓口でご相談がおススメです。

お見積りやシミュレーションを通して、新電力のプロが無料であなたにあった電力会社を探してくれます。

電気代を節約する秘訣や、安くできる方法もアドバイスしてくれます。

電力会社には直接聞きにくいことや、契約の注意点なども親身になって教えてくれますよ。

強引な勧誘などは一切なし!もちろん相談だけで契約しなくて大丈夫です。

私もこちらの窓口で相談しましたが、5分程度の電話で解決しました。

新電力のプロのアドバイスをもらえるので、ぜひこちらの窓口から相談してみましょう。

※ちなみにここの窓口にある電力会社に申し込めば、4月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

もしお得な新電力が見つかったら、ぜひここの窓口から申し込みましょう。

使用量が多いならLooopでんき

この記事で何度か「もっとお得になる安い新電力がある」と書きましたが、それがLooopでんきです。

Looopでんきは使用量が少ないと割高にはなってしまいますが、使用量が多い家庭では奈良電力よりもかなり安くなるんです。

月に305kWh以上使う方であれば、Looopでんきの方がお得になります!

Looopでんきのメリットや料金についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事もあわせて読んでみてください。

『Looopでんきの口コミ・評判がやばい!申し込み前に知るべき全情報【2019年最新】』

さらに今なら、下記窓口からの申し込みで最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます!

とにかく電気料金を安くしたい、キャッシュバックでお得に申し込みたいという方には本当におすすめですよ。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年4月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、4月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、月末は手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、4月中のお早めに申し込みをおすすめします。

※キャッシュバックは上記窓口限定です※

まとめ

以上、奈良電力のまとめでした。

私は電力自由化の一番のメリットは「電気料金を安くできること」だと思っているので、お得なHTBエナジーとLooopでんきをおすすめします。

ただ、電気の切り替えで何を一番重視するかは人それぞれ。

地元の企業を応援したい方、バンビシャス奈良を応援したい方には奈良電力が一番向いていると言えるでしょう。

ページ 1
電力自由化を学ぶについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、電力自由化の基礎知識や電力会社の選び方、新電力会社の特徴や電気料金の節約方法などの情報を紹介しています。Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報をはじめ、料金や評判、メリット・デメリットの比較情報もお届けします。