あしたでんきの評判は?契約前に読むべき全知識【2020年11月】

あしたでんきの評判は?本当に電気代がお得になる?など、あしたでんきについて気になるポイントが多いかもしれません。

あしたでんきとは、東京電力のグループ会社「TRENDE株式会社」が運営している、電力自由化に伴って始まった新電力サービスです。

最大の特徴は【基本料金0円・電力量料金一律】であること。使った分の電気代だけ支払えば済む上に、どれだけ使っても単価は一律なので、特に電気の使用量が多い人におすすめできます。

しかし評判を調べると、一人暮らしの場合は、あしたでんきに切り替えてもそこまで安くならないことが分かりました。

この記事では、あしたでんき利用者の評判や口コミから分かった、料金や申し込みの注意点・流れを紹介しているので是非ご覧ください。

あしたでんきとは

あしたでんきとは、東京電力のグループ会社「TRENDE株式会社」が提供している新電力です。

通常、電力会社の料金は「基本料金」と「電力量料金(使った分の料金)」の2つが合計された金額になっていますが、あしたでんきでは基本料金がかからないのでその分安く利用できます。

あしたでんきは基本料金が0円※引用元:あしたでんき公式サイト

基本料金が0円になるだけでなく、電力量料金が一律なのも大きな特徴。電気の使用量が多い人ほど乗り換えることでお得になる仕組みです。

ただし、一部の供給エリアや引っ越し先の新規契約には対応していないため、申し込み前にあらかじめ確認しておきましょう。

あしたでんきの料金は?

あしたでんきの最大の特徴は、基本料金0円・電力量料金が一律の料金プランです。

従来の電力会社から切り替えることで約1,000円かかる基本料金が0円になる上に、電力量料金が一律なので電気の使いすぎによって単価が上がってしまう心配がありません。
 あしたでんき東京電力
基本料金(30A)0円858円
120kWh~26円19.88円
120〜300kWh26.48円
300kWh~30.57円
このように東京電力の料金と比べると、120kwhまでの使用量では東京電力よりも少し高くなっていますが、120kwhを越えるとあしたでんきの方が安いのでトータルでお得になります。

それでは、あしたでんきに切り替えて本当に安くなるのか見ていきましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、基本的にはあしたでんきに乗り換えることで比較的安くなるケースが多いですが、一部の人は逆に高くなる可能性もあります。

ここでは、従来の電力会社からあしたでんきに乗り換えた場合で比較し、どんな人が安くなるのかを詳しく紹介しました。

基本的に従来の電力会社より安くなる

従来の電力会社と比較したところ、基本的に一人暮らしでもあしたでんきに乗り換えることで電気代が安くなる傾向にあります。

実際に現在支払っている電気代からどれくらい安くなるのかをエリア別にまとめました。
 7,000円5,000円3000円
東京電力
エリア

-470円

-160円

-200円
東北電力
エリア

-340円

-50円

-190円
中部電力
エリア

-490円

-240円

-340円
九州電力
エリア

-530円

-230円

-230円
関西電力
エリア

-500円

-210円

+90円
中国電力
エリア

-200円

+50円

+300円
あしたでんきは基本料金が0円の代わりに、電力量料金単価が従来の電力会社よりも比較的高めに設定されているので、電気の使用量が少ないと逆に高くなる場合もあります。

ですが、総務省が発表している2019年家計調査によると、一人暮らしの電気代は毎月5,700円程度。つまり、ほぼ全てのエリアで毎月数十円~数百円ほど安くなるということです。

また、一人暮らしでもペットを飼っている人や在宅ワークをしている人で平均よりも電気の使用量が多い場合は、安くなる金額が大きくなります。

ツイッターで検索すると、一人暮らしでも電気代が安くなっていることに満足している口コミがたくさん見つかりました。
従来の電力会社だけでなく、基本料金0円の新電力(Looopでんきや楽天でんきなど)の中でも、あしたでんきは電力量料金が比較的安く設定されているので検討してみる価値はあります。

基本料金0円として知名度が高いLooopでんきと比較したい人はこちらをご覧ください。

関西電力・中国電力エリアは注意

あしたでんきは、基本料金がない関西電力や中国電力エリアだと、乗り換えてもそこまで安くならないケースが多いです。

どういう事かと言うと、関西電力と中国電力では基本料金ではなく最低料金が設定されています。なので、あしたでんきの特徴である基本料金0円がメリットとして小さくなるということ。

特に現在の電気代が3,000円前後の人は、あしたでんきに乗り換えると逆に電気代が高くなってしまうので注意してください。

アンペア数によって高くなる場合も

現在契約中のアンペア数によっては電気代が高くなる場合もあります。

一般的な30Aで想定するとほとんどのケースで安くなりますが、部屋のアンペア数が15Aや20Aの場合、もともとの基本料金が安く設定されています。つまり、あしたでんきの基本料金0円のメリットが小さくなることから、結果として従来の電力会社より割高になるということです。

しかし現在では、ほとんどの建物でアンペア数が30A以上になっています。気になる人は部屋に設置されたブレーカーにアンペア数が書かれているのであらかじめ確認しておきましょう。

\安くてシンプル/
あしたでんきが選ばれています

2020年特におすすめなのがあしたでんきです。

※あしたでんきが選ばれている理由
●業界最安水準で年20,000円以上安くなる人多数
●基本料金がずっと0円
●初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
●東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きや手数料は一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます。

あしたでんきなら一人暮らしから大家族まで、電気代を安くすることができます!お早めの申し込みがおすすめ◎

あしたでんき公式サイト

電気使用量が多いほど安くなる

あしたでんきは電力量料金の単価が一律なので、従来の電力会社のように使用量に応じて単価が高くなる心配がありません。

夏場の暑い時期にエアコンを使いたくても電気代を気にして使えないといった経験があるかもしれませんが、あしたでんきに切り替えることで電気代が高くなりにくくなります。
従来の電力会社で支払っている電気料金の目安から、あしたでんきに切り替えることで毎月いくら安くなるのかを計算したところ、1万円以上の電気代を支払っている人は月々1,000円近くも安くなることが分かりました。

※エリア別に毎月の節約金額を記載
 13,000円10,000円7,000円
東京電力
エリア

-1,700円

-1,050円

-470円
東北電力
エリア

-1,460円

-830円

-340円
中部電力
エリア

-1,410円

-900円

-490円
九州電力
エリア

-1,740円

-1,130円

-530円
関西電力
エリア

-2,050円

-1,240円

-500円
中国電力
エリア

-1,320円

-760円

-200円
このように、従来の電力会社で支払っている電気料金が高い人ほど節約金額が大きいです。

家族が多い家庭やペットを飼っている人は、電気の使用量が多いほどお得になる「あしたでんき」への乗り換えを検討してみてください。

大家族向けのたっぷりプラン

あしたでんきでは、5人以上の大家族やペットがいる家庭向けのプランが用意されています。

基本料金として3,000円かかりますが、使った分の料金単価が標準プランよりも安く設定されているので、電気をたくさん使う家庭ほどお得になるプランです。
 標準プランたっぷりプラン
基本料金0円3,000円
電力量料金26円21.5円
対象300kwh以上700kwh以上
しかし標準プランと比較したところ、使用量が700kwhを超える場合(電気代が約2万円程度)の家庭が対象になり、大家族でも該当するケースはかなり少ないかもしれません。

電気の使用量が年間平均700kwhを超えていない場合は、たっぷりプランに申し込んでも逆に電気代が高くなるので注意しましょう。

あしたでんき申し込みの注意点と流れ

ここからは、あしたでんきに申し込んでから供給までの流れを紹介します。

申し込み前の注意点

あしたでんきに申し込む前の注意点が以下2つあるので確認しましょう。

供給エリアが限定されている

あしたでんきの供給エリアは【東京電力エリア・東北電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・九州電力エリア】のみ。

北海道・四国・北陸・沖縄の電力エリアには対応していないのでそもそも契約できません。

引っ越し先だと新規契約できない

現在、あしたでんきでは引っ越し先での新規申し込みを受け付けていません。

引っ越し先で契約する場合は、一度住んでいる地域の電力会社(東京電力や関西電力など)を契約して検針票を受け取ってから、あしたでんきに切り替える必要があります。

他の新電力(Looopでんきやエルピオでんきなど)は引っ越し先でもすぐに利用できるので、あしたでんきの注意点と言えるでしょう。

ちなみに、引っ越し前の現在の住所であしたでんきを契約している場合は、マイページの「引越しの申し込み」から移転手続きが可能です。

申し込みから供給までの流れ

ここでは、あしたでんきの申し込みから供給までの流れを紹介します。

1.公式サイトから申し込む

申し込みには「検針票」と「クレジットカード」が必要になります。検針票がお手元にない場合は、契約している電力会社に問い合わせると教えてもらえます。

また新電力を契約している人は元々検針票が届かず、マイページで必要情報が見れるようになっている場合も多いため、該当する人はマイページにログインしておきましょう。

そして必要なものがそろい次第、申し込みフォームで「現在の契約状況・申し込むプラン・契約者情報」などを入力して、最終確認が済めば申し込み完了です。

2.供給開始日の通知

申し込みから1週間程度で、供給開始日(あしたでんきに切り替わる日)を知らせるメールが届きます。私の場合は2019年8月31日に申し込み、9月3日にメールが届きました。

私に届いた供給開始を知らせるメール

供給開始日は、直近の検針日となります。

3.スマートメーターの設置

スマートメーターが未設置の場合のみ、設置作業が行われますが、立ち合い不要で費用は無料です。

スマートメーターの工事が必要になる人は事前に連絡がきます。

4.現在の電力会社の解約

現在の電力会社の解約が行われます。あしたでんきが手続きを代行するので、自分で別途解約申請を行う必要はありません。

あしたでんきの最新キャンペーン

あしたでんきでは現在、2020年9月30日までに新規で申し込んだ全ての方を対象に、Amazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーンを実施しています。

現在はキャンペーンを終了しています。

キャンペーンを開始次第、最新情報を更新します。

キャンペーンについて詳しく知りたい人はこちら

あしたでんきについてよくある質問

ここまで、あしたでんきに関する重要な情報をお伝えしましたが、他にも契約前によくある以下4つの質問にお答えしました。

●料金の支払い方法は?
●オール電化向けのプランはある?
●ガスとのセット割はある?
●マイページで使用量を確認できる?

気になった質問をチェックしてみてください。

料金の支払い方法は?

あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみ。口座振替には対応していません。

そのため、自分のクレジットカードを持っていない人は、新しくカードを作らないとあしたでんきに申し込むことができないので注意しましょう。
クレジットカードではなく口座振替での支払いを希望する人は「エルピオでんき」や「親指でんき」など他の新電力を検討しましょう。

オール電化向けのプランはある?

あしたでんきにはオール電化に対応したプランがないので注意しましょう。

従来の電力会社や他の新電力によってはオール電化に対応したプランを実施していますが、あしたでんきでは新規申し込みを受け付けていません。

ただ、あしたでんきに限らず新電力でオール電化に対応したプランは非常に少ないですし、対応していたとしても料金が高くなる場合が多いので、オール電化を使っている人は東京電力や関西電力など従来の電力会社を利用した方が良いです。

ガスとのセット割はある?

あしたでんきではガスのサービスが提供されていないので、セット割が受けられません。

新電力によってはガスと一緒に契約することでセット割が受けられます。例えば、関東ガスの提供エリア内であれば「Looopでんき+Looopガス」を実施中です。

このようなセット割を実施していないので、あしたでんきを契約する場合は住んでいる地域のガス会社を契約することになります。

しかし、ガスとのセット割はそこまでお得ではありません。Looopでんきの場合は電力量料金が0.4円安くなるだけなので、電気代だけで考えれば、あしたでんきとほとんど変わらないです。

マイページで使用量を確認できる?

毎月の電気代や電気の使用量は紙の検針票ではなく、あしたでんきのマイページから確認できます。

下記の画像は、あしたでんきを使っている私のマイページをスクリーンショットしたものです。

あしたでんきのマイページ

このように月々の電気代や電気の使用量だけでなく、1日のうちどの時間帯にどのくらい電気を使っているのかなどもくまなくチェックできるので、節約志向の人にとっては紙の検針票よりも便利なツールと言えるでしょう。

実際に私も使っていますが、毎月の電気料金をこまかく確認できることから、節電や家計簿の記録などに活かすことができて便利です。

まとめ

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

あしたでんきは一人暮らしから家族暮らしの人まで幅広く電気代を安くできる新電力なので、利用者からの評判や口コミが非常に良いことが分かりました。

大きな特徴として『基本料金0円』『電力量料金が一律』になり、電気をたくさん使う人ほどお得なサービスです。しかし、使用量が少ない一人暮らしの場合はそこまで電気代が安くならないという側面も見つかりました。

皆さんの状況によって安くなる金額は異なりますが、あしたでんきは東京電力のグループ会社で安心感もありますし、解約しても違約金がかからないのでお気軽に申し込んでみてはどうでしょうか。

この記事が皆さんの電気選びの参考になれば幸いです。

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

私もあしたでんきに切り替えて1年が経ちましたが、心配だったトラブルもなく満足して利用を続けられています。

電気の乗り換えは早ければ早いほどお得なので、検討中の方はお早めに試してみることをおすすめします。

あしたでんき公式サイトはこちら

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ