あしたでんきの評判!契約してわかった全情報まとめ【2019年10月】

あしたでんきは料金が安くなるという評判や口コミはよく目にしていましたが、知らない電力会社だし、本当に安くなるのか不安なので切り替えを悩んでいました。

あしたでんきは解約違約金がないということで、今回は思い切って乗り換えをしてみましたが結論からいうと、とても満足しています。

実際に毎月1,000円以上安くすることができ、マイページで細かい使用状況を確認できるので以前よりとても便利になりました。

この記事ではあしたでんきのメリットだけでなく、契約してわかったデメリットや申し込み方法などを全て紹介していきますので、契約を迷っている人は参考にしてみてください。

さらにお得なキャンペーン情報も載せているので、契約する前にチェックして欲しいです。

あしたでんきって何?

あしたでんきとは、TRENDE株式会社が提供している新電力です。TRENDEは東京電力の子会社なので、「新電力になんとなく不安がある」という方でも安心して利用できます。

★あしたでんきの特徴3つ
・基本料金0円
・従量料金が一律で安い
・解約違約金0円

電気料金を比較するポイントとして、以下2つの料金の違いを押さえておく必要があります。
基本料金=提供エリアによって決まられた料金
従量料金=電気の使用量によって変化する料金

あしたでんきの最大の特徴は、基本料金0円で従量料金がシンプルに安いことです。

もともと基本料金0円の新電力としてLooopでんきが有名でしたが、それに対抗するかたちで東京電力が子会社をつくって新しい電力会社を提供しはじめたという経緯があります。

サービスが始まって数年たった今でも、業界最安と言われる圧倒的な安さと、契約期間に縛られずにいつ解約しても違約金0円という利用者の負担を最小限にしたサービスが人気の理由です。

しかし、あしたでんきの供給エリアは下記の6エリアのみなので必ず確認してください。
東北電力エリア・東京電力エリア(関東)・中部電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・九州電力エリア

電力会社によって供給エリアや料金、キャンペーン、サポートなどは異なりますが、電気の質や供給量はまったく変わりません。つまり、電力会社を比較すべき最大のポイントは料金だけということです。

あしたでんきに乗り換えたらこんなに安くなる

あしたでんきは、さまざまな比較サイトなどで一番におすすめされる電気ですが、実際ほかのどの電力会社よりも料金が安くなるんです。

東京電力から乗り換えたら1,000円も安くなった

東京電力を契約していたときは、電気代に毎月10,000円~11,000円ほど払っていました。東京に住んでいて3人暮らしだから電気代が高くても仕方ないと思っていましたが…

あしたでんきに乗り換えたら、なんと毎月の料金が1,000円以上も安くなったんです。

下の表では、各エリアの電力会社からあしたでんきに乗り換えた場合にどれだけ料金が安くなるのかを家族の人数別でシミュレーションしました。
※2019年10月からの税込み料金(10%)を適用
(円)1人2人3人4人
東京電力-138-120-953-1,468
東北電力-79+21-637-1,131
中部電力-252-183-719-1,129
関西電力+51-518-1,247-1,612
中国電力-255-264-823-1,103
九州電力-352-361-964-1,415
あしたでんきは基本料金0円で、従量料金も一律で安く設定されているため、電気を使えば使うほど他の電力会社よりも安くなるんです。

僕と同じように家族が3人以上いる方は、毎月1,000円以上もお得になるので絶対に乗り換えをおすすめします。あしたでんきの料金に満足している利用者の口コミや評判がたくさん見つかりました。

Looopでんきよりも安くておすすめ

※東京電力エリアの料金比較
 あしたでんきLooopでんき
基本料金0円0円
従量料金26円/kWh26.4円/kWh
すでにお話ししたように、あしたでんきもLooopでんきも基本料金は0円。ほかにも楽天でんきやAIでんき、親指でんきも基本料金0円ですが、あしたでんきはその中でも従量料金がもっとも安いんです。

どのエリアで比較してもあしたでんきの従量料金はLooopでんきより0.4円安いので、あしたでんきがLooopより高くなることは絶対にありえません。
※参考(全エリアの従量料金を比較)
Looopでんき・・・0.4円高い
楽天でんき・・・0.5円高い
AIでんき・・・0.3円高い
親指でんき・・・0.4円高い
つまり、基本料金0円の電気の中ではあしたでんきが最安の新電力ということになります。

基本料金がかかる新電力では、各エリアの電力会社によって異なる基本料金が設定されていて、契約しているアンペア数によっても料金が変わるのでかなり複雑です。

よく知られている新電力でいうと、ENEOSでんきや東京ガス、エルピオでんきが人気ですが、契約内容によって安くなることもあれば割高になってしまう場合もあるので注意しましょう。

あしたでんきはシンプルな料金体系で、確実に安くなる新電力としてたくさんの方に選ばれています。Looopでんきを契約している方の中でも、下の口コミのようにあしたでんきに乗り換えている方が多いです。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

関西・中国地方で一人暮らしだと安くならない

関西電力エリアと中国電力エリアの場合、電気の使用量が少ない一人暮らしの方はあしたでんきに乗り換えても料金が安くなりません。

なぜなら、関西と中国エリアでは高い基本料金がなく最低限の料金しかかからないので、あしたでんきのメリットである基本料金0円の恩恵があまり受けられないからです。

例)関西で一人暮らしの場合(使用量120kWh)
・関西電力の料金:2,474円
(内訳:最低料金341円|従量料金2,133円)
・あしたでんきの料金:2,640円
(内訳:基本料金0円|従量料金2,640円)

一人暮らしだと夏のあつい時期にエアコンを使ったとしても大体160kWhしか使わない人がほとんどです。電気の使用量が月に170kWh(中国エリアは230kWh)を越えない場合は、あしたでんきに乗り換えたとしても安くならないので注意しましょう。

結論を言うと、関西で一人暮らしをしている方は関西電力から新電力に乗り換えてもあまり料金は安くなりません。中国エリアでは、旅行会社として有名なH.I.Sグループの「HTBエナジー」が一律5%引きしているので一人暮らしでも安くできます。

しかし新電力に切り替えたとしてもそこまで安くなることはないので、関西・中部エリアで一人暮らししている方は無理に乗り換えなくていいでしょう。

あしたでんきの申し込み方法とキャンペーン

あしたでんきの申込み方法

あしたでんきの申込みは下記の通りになっていて、WEBでの手続きとなります。

申込み手順
➀検針票とクレジットカードを準備
➁WEBから申し込み
➂契約情報の入力
➃供給開始日の連絡が来る
➄スマートメーターの設置工事
➅供給開始
僕があしたでんきへ申し込んだ時はスマホで10分程度の手続きをしただけで、2週間後にはあしたでんきへ切り替わっていました。

あしたでんきは検針日切り替えなので、申し込みを済ませた日と検針日が近ければ近いほど、すぐ利用開始できるということになります。

またスマートメーター設置工事は電力会社の方で作業をしてくれますので、立ち合いや費用などは必要ありません。

※すでにスマートメーターが設置されている場合は工事不要で、5営業日ほどであしたでんきへ切り替わります。

ちなみに申込みには検針票に記載してある「地区番号」と「お客様番号」が必要になるのですが、手元にない場合は電力会社へ問い合わせをすれば教えてくれますので、番号がわかったら手続きをしていきましょう。

現在実施されているキャンペーンはない

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)の期間にあしたでんきの公式サイトから申し込むと「Amazonギフト券2,000円分」がもらえるキャンペーンを行っていましたが、現在は終了しています。

このキャンペーンはあしたでんき申し込み後にAmazonから送られてくるギフトコードを入力するだけでAmazonギフト券が貰えるので大変人気のキャンペーンでした。

特に条件もなく誰でもキャンペーンを受けられたのでこのキャンペーン目当てであしたでんきを申し込んだ方もたくさんいたようです。

現在はキャンペーンがなく今後もこうしたキャンペーンがあるとは言い切れませんが、あしたでんきはキャンペーンがなくても電気料金が安くなるので契約するだけでお得です。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

あしたでんきの気になる疑問を解決

ここでは以下の疑問についてお答えしていきます。
●セット割や特典はある?
●契約期間と解約違約金は?
●支払い方法は?
●電気料金の確認方法は?
●たっぷりプランってどう?
●アンペア変更でブレーカーが落ちにくくなる?
●オール電化向けや法人向けのプランはある?
●引っ越し先でも使える?
●あしたでんきの問い合わせ先は?

セット割や特典はある?

あしたでんきには、スマホ・光回線・ガスとのセット割やポイント特典が一切ありません。

ほかの電力会社では複数のサービスをまとめて契約すると安くなる場合があり、最近でもLooopでんきがガスとのセット割を始めました。
※参考(他社のセット割や特典の例)
・ソフトバンクでんき
┗家族で使っているソフトバンクのスマホと光回線が1契約につき電気代から100円/月割引
・Looopでんき
┗Looopガスとのセット料金をおよそ2%割引
・楽天でんき
┗楽天ポイントが電気代200円ごとに1pt貯まる

しかし、あしたでんきはもともとの料金がかなり安いため、セット割や特典がなくても負けず劣らず安く利用できるので安心してください。

契約期間と解約違約金は?

電力会社の中には契約期間を設けているところもあり、途中解約すると違約金を請求されることがあります。

例えば「ピタでん」は「あしたでんき」と同じくらい電気代を安くすることができる電力会社なのですが、1年間の契約期間と解約違約金2,000円が設定されています。

一方あしたでんきには契約期間の縛りがなく、解約違約金もありません。

そのためあしたでんきに切り替えて、思ったよりも料金が安くならなかった場合でも、手軽に他の電力会社へ簡単に乗り換えができます。

支払い方法は?

あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみなので、口座振替や振込用紙での支払いはできません。

対応しているクレジットカードは以下の通り。
⇒VISA、MasterCard、JCB、American Express

ほとんどの新電力会社がクレジットカード払いになるので、カードが用意できない人、どうしても口座振替をしたい人は下記の電力会社を検討してみましょう。

電気料金の確認方法は?

電気料金の確認はあしたでんきのマイページへ、申し込むときに登録したメールアドレスと、パスワードを入力すればログインすれば確認することができます。

料金確認

あしたでんきでは1時間ごとに電気の使用量と電気代が計算され、グラフになって表示されるので、毎日の使用量が一目でわかるのが嬉しいところ。

他の電力会社の場合、月単位の料金や使用量しか確認することができないので、細かい使用量を把握することで電気の節約がしやすくなるでしょう。

たっぷりプランってどう?

あしたでんきを利用する場合、多くの人は「標準プラン」に申込みをしますが、電気使用量が多い家庭向けに「たっぷりプラン」というプランが用意されています。

●標準プラン
・1人暮らしの方から4,5人家族の方などが対象
・基本料金:0円/従量料金:一律
●たっぷりプラン
・5人家族以上の方など、電気をとてもたくさん使う方が対象
・基本料金:3,000円/従量料金:一律(標準プランより3.5円安い)
たっぷりプランは基本料金の3,000円がかかりますが、従量料金が安く設定されているため、電気をたくさん利用する場合は標準プランよりもお得に使うことができます。

目安としては月に667kWhを利用する場合で、5人家族以上でペットなどもいる家庭であればたっぷりプランの方がおすすめです。
※東京電力エリアの場合で比較
プラン300kWh667kWh800kWh
標準7,800円17,342円20,800円
たっぷり9,450円17,342円20,200円
差額+1,650円±0円-700円
また、プランは毎月切り替えることができるので、普段は標準プランにしておいて電気量が増える夏や冬だけたっぷりプランにするという使い方もできます。

プラン変更はあしたでんきのマイページから簡単にできるので、月の電気使用量にあわせてプランを切り替えてみましょう。

アンペア変更でブレーカーが落ちにくくなる?

電気を使っていてブレーカーがよく落ちる人はアンペアの上限を30A⇒40A、40A⇒50Aのように変更することで、一度に使える電気の量が増えるので、ブレーカーが落ちなくなります。

通常であればアンペア変更をすると基本料金が高くなるのですが、あしたでんきの場合はアンペア数を増やしても料金は変わりません。

ブレーカーがよく落ちるのでアンペア数を上げたいけれど、料金が高くなるのは困るな、と悩んでいた人はあしたでんきに切り替えをすることで、手軽にアンペア変更をすることができます。
▼変更方法
1マイページからアンペア変更の申込みをする
2ブレーカーの交換工事をする
3アンペア変更完了

※工事費はかかりません。
※交換工事は20分ほどかかります。
※工事中は一時的に電気が使えなくなる可能性があります。
アンペア変更はあしたでんきの切り替えが完了した後でないと、手続きをすることができません。

申し込みとアンペア変更を一緒に済ませたい人もいるかもしれませんが、同時に手続きをすることはできないので注意しましょう。

オール電化向けや法人向けのプランはある?

あしたでんきにはオール電化向けのプランや法人向けのプランは用意されていません。

評判をみているとオール電化でも申し込みできた人もいるようですが、推奨されていない契約は避けておいた方がいいでしょう。

基本的にあしたでんきは一般家庭向けのサービスだと把握してもらえば問題ありません。

引っ越し先でも使える?

引っ越しであしたでんきを初めて使う場合でも、Webサイトから申し込むことができます。

また、現在あしたでんきを利用していて引っ越し先でも利用を続けたい場合、マイページから申請すればスムーズに引継ぎができます。

あしたでんきの問い合わせ先は?

料金に関する問い合わせや、契約してから何か疑問があれば下の窓口に問い合わせしましょう。

あしたでんきカスタマーセンター
0120-554-247
9:00~17:00(年末年始除く)

まとめ

あしたでんき切り替えをすればとにかく料金が安くすることができるので、電気代が高くて悩んでいた人は乗り換えをしてみましょう。

マイページから細かい使用量を確認して、たくさん電気を使っている場合はたっぷりプランに切り替えるのもおすすめです。

解約違約金がないのでお試しであしたでんきを使ってみて、安くならない場合は他社へ切り替えることもできるので、気軽に申し込みをしてみてください。

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

私もあしたでんきに切り替えて1年が経ちましたが、心配だったトラブルもなく満足して利用を続けられています。

電気の乗り換えは早ければ早いほどお得なので、検討中の方はお早めに試してみることをおすすめします。

あしたでんき公式サイトはこちら