あしたでんきっておすすめ?評判から分かる全情報【2020年9月】

あしたでんきの電気料金は安い?あしたでんきって評判はいい?などあしたでんきについて気になりますよね。

結論から申し上げますと、あしたでんきは他の新電力と比較してもトップクラスの安さを実現しているため、おすすめな新電力です。

一人暮らしのような電気の使用量が少ない人からファミリー世帯まで、あしたでんきに切り替えることで電気代を大幅に節約することができます。

ただし『契約アンペア数が20A以下の人』は電気代が高くなってしまう可能性があるため注意しなければいけません。

この記事では実際の利用者の評判をもとに、あしたでんきの料金から注意点まで全情報を詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

あしたでんきとは

あしたでんきとは、東京電力のグループ会社「TRENDE株式会社」が提供している新電力のことです。

提供エリアは『東京電力エリア・東北電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・九州電力エリア』の6エリア限定となっています。

あしたでんきをはじめとした新電力は、東京電力や関西電力といった従来の電力会社の電気設備を利用しているため、新電力への切り替えで電気の質が悪くなることはありません。

またあしたでんきへの切り替えの際に申し込み手数料がかかることはありませんし、あしたでんきに申し込むだけで今まで使っていた電力会社への解約の連絡まで勝手に行ってくれます。

そして、現在従来の電力会社を使っている人は、解約に伴って違約金などが請求されることはありませんし、あしたでんきにも解約時の違約金などが一切ないので安心です。

あしたでんきをおすすめする理由

あしたでんきは、東京電力や関西電力といった従来の電力会社から切り替えることで、電気代を大幅に節約することができるというメリットがあります。

評判でも実際に電気代をかなり節約できたというものが多く見られたので、口コミと併せて解説します。

また他の新電力と比較しても最安水準となるため、安い電力会社を探している人におすすめです。

電気代が安くなる

現在東京電力や関西電力などの従来の電力会社を使っている人は、あしたでんきに切り替えることで電気代が安くなります。(一部高くなってしまう人もいるので、後ほど詳しく解説します。)

そこで実際に、あしたでんきに切り替えることでどのくらい安くなるのかシミュレーションをしてエリアごとに表にまとめました。

表の横軸が従来の電力会社での1ヵ月間の電気代の目安となっているので、自分に当てはまる部分の縦列を見れば、あしたでんきに乗り換えてどのくらい安くなるのかが分かります。
 13,000円10,000円7,000円3000円
東京電力
エリア

-1,700円

-1,050円

-470円

-120円
東北電力
エリア

-1,460円

-830円

-590円

-170円
中部電力
エリア

-1,410円

-900円

-480円

-310円
九州電力
エリア

-1,740円

-1,130円

-530円

-110円
関西電力
エリア

-2,050円

-1,240円

-510円

の方がお得
中国電力
エリア

-1,320円

-760円

-230円

の方がお得
自分の電気代がどのくらいか忘れてしまったという人は、以下の項目を目安にしてください。
【電気代の目安】 ▽電気代が3,000円ってどんな人? ・一人暮らしをしていて日中は仕事やアルバイトで家を空けることが多い ▽電気代が7,000円ってどんな人? ・二人暮らし ・夏や冬はエアコンをほとんど毎日使う ▽電気代が10,000円ってどんな人? ・三人暮らし、四人暮らし ・在宅ワークや専業主婦で1日中家にいる ・エアコンを2台以上稼働させることが多い(リビングと子ども部屋など) ▽電気代が13,000円ってどんな人? ・五人暮らし以上 ・3DK以上の間取りに住んでいる ・ペットのため1日中エアコンをつける
このように電気代が安い人も高い人も、あしたでんきに切り替えることでほとんどの場合で電気代が安くなるという結果になりました。

中でも今の電気代が高い人(電気をたくさん使う人)ほど、あしたでんきに切り替えると大幅に節約できるためお得です。

例えば東京電力エリアの人があしたでんきに切り替えた場合、今の電気代が毎月10,000円なら年間12,600円の節約、今の電気代が毎月13,000円の人なら年間20,400円もの節約になります。

ちなみにあしたでんきの公式サイトでは、自分の契約アンペア数や電気の使用量を入力することで、あしたでんきに切り替えて年間どのくらい安くなるのかより正確にシミュレーションをしてくれます。

高くなってしまう場合は“従来の電力会社のままの方がおトク”と表示されるので、下記のボタンから一度試してみてください。

\安くてシンプル/
あしたでんきが選ばれています

2020年特におすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・業界最安水準で年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます。

さらに今なら、あしたでんきの申し込みでAmazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

あしたでんき公式サイト

実際の評判

あしたでんきを使っている人の実際の評判を調査したところ、安くなったという口コミが多く見られました。
あしたでんきは電気をたくさん使うほどお得になるので、エアコンをよく使う夏でも十分節約することが可能です。

また冬は夏よりも電気代がかさむと言われているため、冬が来る前にあしたでんきに切り替えておくことをおすすめします。
そして関西電力エリアで電気をたくさん使うような人は、他のエリアと比べてもお得になりやすいためおすすめです。

上記の評判のように6人家族(電気代は13,000円~15,000円ほど)の場合、年間で24,000円~36,000円も節約することができますよ。

安い理由

従来の電力会社と比べてあしたでんきが安くなる理由は、『基本料金』が0円で『料金単価』が一律だからです。

『基本料金』とは「契約アンペア数」という家電を一度にどのくらい使えるのかの容量の多きさ(A)で決まり、容量が大きいほど基本料金も高くなります。

▽契約アンペア数ごとの平均的な人数
契約アンペア数のイメージ図 契約アンペア数は基本的に自分で決めることができるので、上記の画像は目安として参考にしてください。 従来の電力会社の場合は契約アンペア数が大きいほど基本料金は高くなってしまうのですが、あしたでんきでは契約アンペア数に関わらず0円。 つまり、大人数で住んでいる人ほどあしたでんきに切り替えてお得になるということです。 そして従来の電力会社では電気の使用量が多いほど『料金単価』が高くなってしまうのですが、あしたでんきではどれだけ使っても一律単価なので、電気をたくさん使えば使うほどお得になります。 例として、東京電力とあしたでんきの料金単価を表にまとめました。
電気使用量東京電力あしたでんき
~120kwh19.88円
26円
~300kwh26.48円
301kwh~30.57円
このように『基本料金が0円』、『料金単価が一律』という2つのポイントによってあしたでんきでは電気代を節約することができます。

関西電力エリア・中国電力エリアの人は注意

▼あしたでんきで電気代が高くなってしまう人 ・関西電力で今の電気代が3,800円以下の人 ・中国電力で今の電気代が5,600円以下の人
「関西電力エリア・中国電力エリア」で一人暮らしをしているような電気の使用量が少ない人があしたでんきに切り替えると、電気代が高くなってしまうためおすすめできません。

それぞれのエリアで細かく計算したところ、関西電力での毎月の電気代が3,800円以下の人、中国電力での毎月の電気代が5,600円以下の人は、あしたでんきに切り替えることで電気代が高くなってしまうことが分かりました。

一人暮らしの電気代は平均的に3,000円前後なので、このエリアに住んでいて一人暮らしをしている人は、基本的にあしたでんきへの切り替えはおすすめできません。

該当する人はあしたでんきよりも『シン・エナジー』がおすすめです。
シン・エナジーについては以下の記事で詳しく解説しているので、該当する人はぜひチェックしてみてください。
『シン・エナジーの評判がヤバい!契約前に知りたい全情報まとめ』

電気代が2万円を超える人はさらにお得

ここまではあしたでんきの『標準プラン』というプランで計算してきたのですが、『たっぷりプラン』という電気を特にたくさん使う人向けのプランもあります。

東京電力エリアを例に、どんな人が『たっぷりプラン』を選ぶべきか計算をしてみたところ、毎月の電気代が2万円を超えるような人がお得になることが分かりました。

▶標準プラン:電気代が2万円以下の人におすすめ
▶たっぷりプラン:電気代が2万円を超える人におすすめ

プランの仕組みを簡単に説明すると、たっぷりプランは「基本料金」が3,000円かかる分「料金単価」が標準プランよりも安く設定されており、たくさん使うほどお得になります。

標準プランでも十分安くなり他の新電力と比較しても最安水準なのですが、電気代が2万円を超える人は『たっぷりプラン』を選べばさらにお得になるので、該当する人にはおすすめです。

ただ毎月の電気代が2万円以下の人がたっぷりプランに切り替えてしまうと、あまりお得にならなかったり逆に高くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

実際の評判

評判を見ていたところ、たっぷりプランで電気代をかなり節約できたという口コミが多く見られました。
上記の評判を書いた人の場合、あしたでんきのたっぷりプランへ切り替えることで毎月12,019円、年間で14万4,228円もの節約になるため、かなり節約できていることが分かります。(※毎月1330kWh使った場合)

また上記の評判にあるように、たっぷりプランは他の新電力と比較してもトップクラスで安くなるため、今の電気代が2万円を超える人は今すぐあしたでんきのたっぷりプランへ切り替えましょう。

新電力と比較しても最安水準

あしたでんきは新電力と比較しても最安水準となるため、「とにかく安い新電力がいい!」という人におすすめです。

東京電力エリアを例にいくつかの新電力で電気代をシミュレーションをして、「東京電力との差額」を表にまとめました。表の横軸が今の電気代となっています。

また高くなってしまう場合を「✕」、今の電気代と変わらない場合を「-」と表記しています。
新電力13,000円10,000円7,000円3,000円
あした
でんき
-1,753円-1,056円-476円-123円
エルピオ
でんき
-1,590円-1,119円-665円
Looop
でんき
-1,573円-912円-372円-75円
楽天
でんき
-1,573円-912円-372円-75円
ENEOS
でんき
-1,001円-610円-271円
シン・
エナジー
-939円-652円-382円-114円
東京ガス
の電気
-907円-532円-179円-3円
昭和
シェル
電気
-1,025円-344円
ソフト
バンク
でんき
-119円-91円-61円
au
でんき
このように他の新電力と比較しても、東京電力エリアではあしたでんきかエルピオでんきが最安という結果になりました。

例えば「電気代は毎月6,000円ほどだけれど、月によっては3,000円の時もある」というような人は、エルピオでんきだと割高になってしまう可能性があるのであしたでんきを選んでおけばOKです。

あしたでんきは総じて東京電力エリアでトップクラスに安い新電力と言えるので、とにかく安い電力会社に切り替えたいという人はあしたでんきを第一候補に入れてみてください。
エルピオでんきについては以下の記事で詳しく解説しています。気になる人はぜひ参考にしてください。
エルピオでんきの評判から分かる!契約前に知りたい全情報

一人暮らしは特におすすめ

一人暮らしの平均的な電気代は3,000円前後なのですが、この場合あしたでんきが1番安くなるためおすすめです。

新電力の比較表を見ても分かるように、電気代が3,000円の場合だと新電力の中には切り替えても電気代が変わらなかったり高くなってしまうところもあるので、あしたでんき一択と言えます。

ただし、あしたでんきに切り替えて安くなるのは契約アンペア数が30A以上の場合のみなので、『電気の検針票』または『マイページ(新電力を契約している場合)』でチェックしてみましょう。

※20A以下で契約していた人は注意点があるので、後ほど紹介する「あしたでんきの注意点」をチェックしてください。

\安くてシンプル/
あしたでんきが選ばれています

2020年特におすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・業界最安水準で年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます。

さらに今なら、あしたでんきの申し込みでAmazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

あしたでんき公式サイト

ブレーカーが落ちにくくなる

従来の電力会社は、契約するアンペア数によって基本料金が設定されており、契約アンペア数を超えてしまうとブレーカーが落ちて電気が使えなくなってしまうという仕組みでした。

しかしあしたでんきは基本料金が0円であることから、契約アンペアという制度もなく、アンペア数に縛られることなく電気を使うことができます。

集合住宅など建物によってはアンペア数に制限がかけられている場合もありますが、あしたでんきであれば基本的に一般家庭用電気最大量である60Aまでなら無制限に利用することが可能です。

そのためあしたでんきに切り替えることで、ブレーカーが落ちにくくなるというメリットがあります。

あしたでんきの注意点

あしたでんきの注意点は主に2つあるので紹介します。

20A以下は高くなってしまう

「東京電力エリア・東北電力エリア・中部電力エリア・九州電力エリア」に住んでいて契約アンペア数が20A以下の場合、あしたでんきに切り替えると電気代が高くなってしまうので注意が必要です。

※関西電力エリア・中国電力エリアの人は契約アンペア数の縛りがないため、該当しません。

契約アンペア数(A)は一度にどのくらい家電を使うのかによって決まるため、一緒に住んでいる人数が多いほど契約アンペア数も大きくなる仕組みです。

一人暮らしでも最低30Aは必要と言われているのですが、中には20A以下で契約している人もいて、その場合あしたでんきに切り替えると高くなってしまう可能性があるのでおすすめできません。

20Aの目安として、代表的な家電で必要なアンペア数を表にまとめました。
家電アンペア数
エアコン
<オン/オフ時>
冷房:5.8A <14A>
暖房:6.6A <20A>
照明1~5A
冷蔵庫(450L)2.5A
テレビ(42型)2.1A~4.9A
掃除機弱:2A/強:10A
電子レンジ15A
炊飯器13A
ドライヤー12A
例えば20Aで契約している人は、エアコンをつけたまま電子レンジや炊飯器、ドライヤーを使えなかったり、10Aや15Aで契約している人はそもそも暖房をつけることができなかったりします。

実際の評判

あしたでんきに関する評判を調査していたところ、アンペア数によっては高くなってしまうというものも見られました。
アンペア数が低い人は、無理にあしたでんきに切り替えない方が電気代が安い可能性があります。

高い理由

20Aの人があしたでんきに切り替えて電気代が高くなってしまう理由は2つあります。

1つ目は、20A以下の場合元々基本料金が安く、あしたでんきの『基本料金が0円』なことがメリットにならないからです。

2つ目は、20A以下の場合の平均的な電気の使用量は120kWh以下なのですが、この場合の料金単価は従来の電力会社よりあしたでんきの方が高く設定されているからです。

東京電力エリアで20A契約の場合を例に、基本料金と料金単価がどのくらい違うのかを表にまとめました。
 東京電力あしたでんき
基本料金
(20A)
572円0円
料金単価
(120kwh)
19.88円26円
このようにあしたでんきでは基本料金を500円ほど安くすることが出来るのですが、料金単価が割高なため電気代は結局高くなってしまいます。

20Aで契約していて東京電力エリアに住んでいる人は、あしたでんきより東京ガスの電気の方がおすすめです。
東京ガスの電気のに関する全情報は、以下の記事で詳しくまとめてあるので、気になる人はチェックしてみてください。
東京ガスの電気の評判は?契約前に知っておきたい全知識

そして東京電力エリア以外で20A以下で契約している人は、従来の電力会社から切り替えない方が安い可能性が高いので、無理に新電力に切り替えなくてもいいかもしれません。

支払い方法はクレジットカードのみ

あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみとなっているため、クレジットカードを持っていない人や、口座振替やコンビニ支払いがいいという人は注意が必要です。

先ほどいくつかの新電力で料金を比較した際に、あしたでんきと同じくらいお得になったエルピオでんきでは口座振替に対応しています。

気になる人は以下の記事でエルピオでんきに関する情報を分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

⇒エルピオでんきの評判から分かる!契約前に知りたい全情報まとめ

あしたでんきの最新キャンペーン情報

あしたでんきのキャンペーン画像

▼申し込み期限 ・2020年9月30日まで ▼対象者 ・「標準プラン/たっぷりプラン」を新規で申し込んだ人
あしたでんきでは現在、2020年9月30日までに新規で申し込んだ全ての方を対象に、Amazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーンを実施しています。

新規申し込みであれば特別な申し込みは不要で、記事の中で紹介した『たっぷりプラン』を申し込んだ人も対象です。

Amazonギフト券はあしたでんきの申し込みから約8ヵ月後に届きます。それまでに解約してしまった場合は受け取れなくなるので注意してください。

あしたでんきの申し込み方法

あしたでんきの申し込み方法は公式サイトのみです。

申し込みから利用開始までの流れを、私が実際に申し込んだ際の経験を元に紹介します。

1.公式サイトから申し込む

申し込みには「検針票」と「クレジットカード」が必要になります。検針票がお手元にない場合は、契約している電力会社に問い合わせると教えてもらえます。

また新電力を契約している人は元々検針票が届かず、マイページで必要情報が見れるようになっている場合も多いため、該当する人はマイページにログインしておきましょう。

そして必要なものがそろい次第、申し込みフォームで「現在の契約状況・申し込むプラン・契約者情報」などを入力して、最終確認が済めば申し込み完了です。

2.供給開始日の通知

申し込みから1週間程度で、供給開始日(あしたでんきに切り替わる日)を知らせるメールが届きます。私の場合は2019年8月31日に申し込み、9月3日にメールが届きました。
私に届いた供給開始を知らせるメール
供給開始日は、直近の検針日となります。

3.スマートメーターの設置

スマートメーターが未設置の場合のみ、設置作業が行われますが、立ち合い不要で費用は無料です。

スマートメーターの工事が必要になる人は事前に連絡がきます。

4.現在の電力会社の解約

現在の電力会社の解約が行われます。あしたでんきが手続きを代行するので、自分で別途解約申請を行う必要はありません。

\安くてシンプル/
あしたでんきが選ばれています

2020年特におすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・業界最安水準で年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます。

さらに今なら、あしたでんきの申し込みでAmazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

あしたでんき公式サイト

あしたでんきのその他の情報

あしたでんきに関するその他の情報をまとめたので、申し込みを検討している人はチェックしておきましょう。

電気の使用量はマイページで確認できる

毎月の電気代や電気の使用量は、紙の検針票ではなくあしたでんきのマイページから確認できます。

下記の画像は、あしたでんきを使っている私のマイページをスクリーンショットしたものです。

あしたでんきのマイページ

このように月々の電気代や電気の使用量だけでなく、1日のうちどの時間帯にどのくらい電気を使っているのかなどもくまなくチェックできるので、節約志向の人にとっては紙の検針票よりも便利なツールと言えるでしょう。

まとめ

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

あしたでんきは一人暮らしから大人数で住んでいる人まで、幅広く電気代を安くすることが可能です。

そして『基本料金0円』と『料金単価が一律』という特徴があるので、電気をたくさん使えば使うほどあしたでんきでお得になります。

あしたでんきは東京電力のグループ会社ということもあり安心感もありますし、解約違約金がかからないため気軽に申し込むことができます。

また今ならあしたでんきへの新規申し込みで、Amazonギフト券5,000円分がもらえるキャンペーンを実施しているので、特典目的で申し込むのもいいでしょう。

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

私もあしたでんきに切り替えて1年が経ちましたが、心配だったトラブルもなく満足して利用を続けられています。

電気の乗り換えは早ければ早いほどお得なので、検討中の方はお早めに試してみることをおすすめします。

あしたでんき公式サイトはこちら

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ