東京ガスの電気とあしたでんきを比較!あしたでんきの方がお得です【徹底比較】


東京ガスからあしたでんきへ乗り換えを検討している人や、どっちにするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

東京ガスはでんきとガスをセットにすることで、電気代を安くすることができるのが大きなメリットですが、実はあしたでんきを選んだ方が安く使うことができます。

電気をたくさん使う家庭はもちろん、あまり使わない人でも確実に電気代を節約することができるので、少しでも安くしたい人はあしたでんきがおすすめです。

この記事では実際にどれくらい安くなるのか、セット割を適用させた時の料金と比較し、さらにあしたでんきの方が安くなる理由を丁寧に解説していきます。

どちらにするか迷っている人は参考にして欲しいです。

東京ガスよりあしたでんきが安くておすすめ

東京ガスのでんきを利用中の人は「ずっとも電気1S」「ずっとも電気S」のどちらかのプランに加入しているはずです。

結論から言うと、どちらのプランと契約している場合でも、あしたでんきに切り替えた方がでんき代を安くすることができます。

さらに東京ガスでは、でんきとガスをセットにすることで電気代が割引されている形になっていますが、割引を適用した状態であったとしても、あしたでんきに乗り換えた方がお得になっています。

そのためガスは「東京ガス」のままで、でんきは「あしたでんき」に切り替えた方が電気代をグッと安くすることができるのでおすすめです

東京ガスの電気のセット割とは?

  • ずっとも電気1S
  • 毎月の電気料金から、電気料金に0.5%かけた額を割引

  • ずっとも電気1
  • 毎月の基本料金から270円(税込)を割引

    電気代の比較

    先程も紹介したように東京ガスにはたくさん電気を使う人向けの「ずっとも電気1」と、あまり使わない人向けの「ずっとも電気1S」の二つがあります。

    各プランをそれぞれ、電気とガスをまとめた時に受けられるセット割を適用した料金で、あしたでんきと比較した結果が下の表です。

    ▼ずっとも1sの場合

    使用量東京ガス
    ずっとも1
    あした
    でんき
    40A
    250kWh
    6,690円
    6,375円
    (-470円/月)
    (-5,640円/年)
    40A
    350kWh
    9,159円8,925円
    (-721円/月)
    (-8,652円/年)
    40A
    450kWh
    11,752円
    11,475円
    (-1,173円/月)
    (-14,076円/年)
    50A
    600kWh
    15,922円
    15,300円
    (-2,132円/月)
    (-22,584円/年)
    50A
    750kWh
    19,812円
    19,125円
    (-2,810円/月)
    (-33,720円/年)

    ▼ずっとも1プランの場合

    使用量東京ガス
    ずっとも1S
    あした
    でんき
    20A
    80kWh
    2,109円
    2,040円
    (-83円/月)
    (-996円/年)
    30A
    100kWh
    2,777円
    2,550円
    (-244円/月)
    (-2,688円/年)
    30A
    150kWh
    3,907円
    3,825円
    (-139円/月)
    (-1,668円/年)
    30A
    200kWh
    5,164円
    5,100円
    (-164円/月)
    (-1,968円/年)
    30A
    250kWh
    6,383円
    6,375円
    (-189円/月)
    (-2,268円/年)

    電気をあまり使わない場合でも確実に電気代を抑えることができますし、電気の使用量が多い人ほど電気代を大幅に安くすることができます。

    東京ガスのセット割を適用させたときよりも、あしたでんきに切り替えた方が電気代をおさえることができるので、東京ガスを契約中の人や、どちらにするか迷っている人はあしたでんきを検討してみましょう。

    電気代が安くなる理由

    電気料金は電気を使わなくても発生する「基本料金」と、使った分だけ支払う「従量料金」の合計から成り立っていますが、あしたでんきは基本料金が無料です。

    さらに家族が多く、毎月300kwh以上の電気を使う家庭であれば、「従量料金」もあしたでんきの方が安くなります。

    そのため、電気使用量に関わらず、東京ガスよりもあしたでんきの方が安く電気を使うことができます。

    「基本料金」と「従量料金」についてさらに細かく紹介していくので、知りたい方は参考にしてください。

    ▼基本料金

     東京ガス
    ずっとも1S
    あしたでんき
    10A280.8円
    (±0円)
    0円
    (-280.8円)
    20A561.6円
    (±0円)
    0円
    (-561.6円)
    30A842.4円
    (±0円)
    0円
    (-842.4円)
    40A1,123.2円
    (±0円)
    0円
    (-1123.2円)
    50A1,404.0円
    (±0円)
    0円
    (-1414.0円)
    60A1,684.8円
    (±0円)
    0円
    (-1684.8円)

    ※ずっとも電気1S、ずっともでんき1はどちらも基本料金は同じです

    電気使用量に関わらず必ず発生する基本料が、あしたでんきの場合は無料になるので、電気をたくさん使う人でも使わない人でも電気代が安くなる形になっています。

    さらに東京ガスの場合、アンペア数を上げると基本料金が高くなる形になっていますが、あしたでんきはアンペア数を上げても基本料金は0円のままです。

    ブレーカーがよく落ちて困っている人は、無料でアンペア数を上げることができるので、試してみてください。

    ▼従量料金

     東京ガス
    ずっとも1S
    (単価)
    東京ガス
    ずっとも1
    (単価)
    あした
    でんき
    (単価)
    ~120kwh19.49円23.24円25.5円
    120~
    300kwh
    24.89円23.45円
    300kwh~26.99円25.93円

    電気使用量が少ない場合は東京ガスの方が安い形になっていますが、あしたでんきの場合、基本料金が0円なので結果的に東京ガスよりも安く使うことができます。

    先程紹介したように、300kwh以上使う場合は従量料金もあしたでんきの方が安くなるので、家族が多い家庭は東京ガスよりもお得になる金額が多くなるでしょう。

    あしたでんきの申込み方法

    あしたでんきの申込みは下記の通りになっていて、WEBでの手続きとなります。

    申込み手順
    ➀検針票とクレジットカードを準備
    ➁WEBから申し込み
    ➂契約情報の入力
    ➃供給開始日の連絡が来る
    ➄スマートメーターの設置工事
    ➅供給開始

    東京電力から切り替える人はスマートメーターの設置工事が必要になりますが、電力会社が全て行っていくれるので、工事の費用は立ち合いが発生することはありません。

    あしたでんきは検針日切り替えなので、申し込みを済ませた日と検針日が近ければ近いほど、すぐ利用開始できるということになります。

    また東京ガスからあしたでんきへ切り替える場合、スマートメーターはすでに設置されているので、申し込みから数日後には乗り換えが完了するはずです。

    東京ガスとあしたでんきに関する疑問

    解約金・契約期間はどちらもない?

    東京ガスもあしたでんきも契約期間はなく、解約金もありません。

    そのため無料で東京ガスからあしたでんきへ切り替えることができますし、もしあしたでんきに契約しても料金が安くならない場合は、気軽に他社へ乗り換えることができます。

    キャンペーンは?

    東京ガス、あしたでんき、どちらも現在実施されているキャンペーンはありません。

    以前はそれぞれ、申し込み者限定のキャンペーンを実施していました。

    ▼東京ガス
    キャンペーン期間中に新規申込みをした場合、電気代が3ヵ月間10%割引されるキャンペーン。

    ▼あしたでんき
    期間中にあしたでんきの公式サイトから申し込むと「Amazonギフト券2,000円分」がもらえるキャンペーン。

    今後、再実施される場合があるかもしれませんが、電気代を安くすることが1番の目的なのでキャンペーンを待たずにさっさと切り替えをしてしまいましょう。

    また東京ガスでは下記のように、あしたでんきにはない特典が多く用意されていますがほとんどメリットのないものなので、つられて申込みをするのは避けてください。

    東京ガスの特典
    ・パッチョポイントが貯まる
    ・クラシルの一部機能が無料で使える
    ・無料の駆け付けサービスがある

    支払い方法は変わるの?

    支払い方法は東京ガスの場合、クレジットカード、口座振替、振り込み表の3つから選ぶことができますが、あしたでんきはクレジットカード支払いのみです。

    口座振替や振り込み表で支払いをしている人は方法が変わるので覚えておいてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    東京ガスの電気にめとめると電気代が安くなるかな…と思っていた人も多いかもしれませんが、実は電気ガスをまとめずに電気はあしたでんきを利用する方が断然お得になるんですね。

    東京ガスの電気にもメリットはありますが、正直どれも電気料金の安さよりも重視すべきものではないという印象。

    あしたでんきは電気代をシンプルに安くすることができるので「電気代を安くしたい!」という人はもちろん、電気についてあまり知らない人にもかなりおすすめです!