東京ガスの電気とあしたでんきを比較!あしたでんきの方がお得です【徹底比較】

評価:5.00 - 1件の票数

深田恭子さんがラムちゃんのコスプレをしているCMで話題の東京ガスの電気。

東京ガスに電気をまとめると本当にお得なのか調べるために、圧倒的な安さで人気沸騰中のあしたでんきと比べてみました。

結論から言うと、ほとんどの方は東京ガスのセット割を利用するよりもあしたでんきの方がお得になります!

東京ガス電気よりあしたでんきがおすすめ!

実は東京ガスに電気をまとめるより、「あしたでんき」を利用した方が断然お得なんです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年現在業界最安
・東京ガスのセット割よりも安い
・2019年7月申込件数No.1!
・契約期間・解約金一切なし
・東電の関連会社だから安心

あしたでんきの圧倒的な安さが口コミで広まり、2019年8月現在も申込者が爆発的に急増しています!

契約期間の縛りや解約金なども一切ないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

実際に私もあしたでんきに切り替えましたが、トラブルもなく、確実に毎月お得になっていてとても満足しています。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

こちらの記事でも詳しくまとめています!
『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

東京ガスの電気とあしたでんきの料金を比較

まずは、東京ガスの電気とあしたでんきの料金プランを比較してみましょう。

電気料金は「基本料金」と「従量料金」の2つから成り立ちます。

※東京ガスにはたくさん電気を使う人向けの「ずっとも電気1」とあまり使わない人向けの「ずっとも電気1S」の二つがあります。

基本料金

基本料金とは、使用量に関わらず必ず払わなければならない料金のことです。

()内の数字は東京電力との差額です。

 東京ガス
ずっとも1S
東京ガス
ずっとも1
あしたでんき
10A280.8円
(±0円)
280.8円
(±0円)
0円
(-280.8円)
20A561.6円
(±0円)
561.6円
(±0円)
0円
(-561.6円)
30A842.4円
(±0円)
842.4円
(±0円)
0円
(-842.4円)
40A1,123.2円
(±0円)
1,123.2円
(±0円)
0円
(-1123.2円)
50A1,404.0円
(±0円)
1,404.0円
(±0円)
0円
(-1414.0円)
60A1,684.8円
(±0円)
1,684.8円
(±0円)
0円
(-1684.8円)

注目すべきは、あしたでんきの基本料金0円

つまり、今まで電気を使わなくても支払っていた基本料金がまるまる無料になるんです!

特に40A以上など、大きいアンペア数で契約していた人ほど基本料金0円のメリットは大きいと言えますね。

一方、東京ガスの電気の基本料金は東京電力と全く同じです。

基本料金0円という斬新な料金システムがあしたでんきの安さの秘訣と言えます。

従量料金

従量料金とは、電気を使った分だけかかる料金で、従量料金単価×電気使用量(kWh)で計算します。

()内の数字は東京電力との差額です。

 東京ガス
ずっとも1S
(単価)
東京ガス
ずっとも1
(単価)
あした
でんき
(単価)
~120kwh19.49円23.24円25.5円
120~
300kwh
24.89円23.45円
300kwh~26.99円25.93円

東京ガスの電気は東京電力と同様、使用量が増えるほど単価が高くなっていく複雑な料金体系ですが、あしたでんきの従量料金単価は一律です。

一見あしたでんきの料金が高く見えますが、これは基本料金が0円なことで十二分にカバーできます。

料金表だけを見てもあまりパッとしないと思うので、実際に電気料金をシミュレーションしてみましょう。

東京ガスの電気とあしたでんきのシミュレーション比較

より具体的にイメージできるよう、電気代のシミュレーションをしていきます。

シミュレーション1:東京ガスの電気「ずっとも電気1S」とあしたでんき
スミュレーション2:東京ガスの電気「ずっとも電気S」とあしたでんき

ちなみに、東京ガスの料金は電気とガスをまとめた時に受けられるセット割を適用した料金で、あしたでんきと比較します。

東京ガスの電気のセット割

  • ずっとも電気1S
  • 毎月の電気料金から、電気料金に0.5%かけた額を割引

  • ずっとも電気1
  • 毎月の基本料金から270円(税込)を割引

    いくつかの使用量を想定したので、自分に合ったところを見てみて下さいね!

    1.ずっとも電気1Sとあしたでんき

    ずっとも電気1Sは1~2人暮らしなどの電気をあまり使わない人で、毎月の電気代が6,600円未満と想定されているプランです。

    ()内の数字は東京電力との差額です。

    使用量東京電力東京ガス
    ずっとも1S
    あした
    でんき
    20A
    80kWh
    2,123円
    2,109円
    (-14円/月)
    (-168円/年)
    2,040円
    (-83円/月)
    (-996円/年)
    30A
    100kWh
    2,794円2,777円
    (-17円/月)
    (-204円/年)
    2,550円
    (-244円/月)
    (-2,688円/年)
    30A
    150kWh
    3,964円3,907円
    (-57円/月)
    (-684円/年)
    3,825円
    (-139円/月)
    (-1,668円/年)
    30A
    200kWh
    5,264円5,164円
    (-100円/月)
    (-1,200円/年)
    5,100円
    (-164円/月)
    (-1,968円/年)
    30A
    250kWh
    6,564円6,383円
    (-181円/月)
    (-2,172円/年)
    6,375円
    (-189円/月)
    (-2,268円/年)

    →最安:あしたでんき

    すべてのケースであしたでんきの方が安いという結果になりました。

    電気をあまり使わないと節約額も小さくなちがちですが、それでも月々確実に安くなっているのがわかりますね。

    1人暮らしをしている人の平均は30A/100kWh程ですが、この場合あしたでんきだと東京電力より1年間で2,600円以上の節約になります!

    東京ガスの電気だと節約額は1年間で200円程度ですし、これが2年、5年、10年・・・と長期的に見ればかなり大きな金額差になっていくんです。

    2.ずっとも電気1とあしたでんき

    ずっとも電気1は3人暮らし以上など電気をたくさん使う人で、毎月の電気代が6,600円以上と想定されているプランです。

    ()内の数字は東京電力との差額です。

    使用量東京電力東京ガス
    ずっとも1
    あした
    でんき
    40A
    250kWh
    6,845円
    6,690円
    (-155円/月)
    (-1,860円/年)
    6,375円
    (-470円/月)
    (-5,640円/年)
    40A
    350kWh
    9,646円9,159円
    (-487円/月)
    (-5,844円/年)
    8,925円
    (-721円/月)
    (-8,652円/年)
    40A
    450kWh
    12,648円11,752円
    (-896円/月)
    (-10,752円/年)
    11,475円
    (-1,173円/月)
    (-14,076円/年)
    50A
    600kWh
    17,432円15,922円
    (-1,509円/月)
    (-18,108円/年)
    15,300円
    (-2,132円/月)
    (-22,584円/年)
    50A
    750kWh
    21,935円19,812円
    (-2,123円/月)
    (-25,476円/年)
    19,125円
    (-2,810円/月)
    (-33,720円/年)

    →最安:あしたでんき

    両社とも東京電力よりも安くはなっていますが、比べると結構大きな差があることに気づきます。

    あまり電気を使わない人からたくさん使う人まで、少なくとも月に数百円はあしたでんきのほうが東京ガスより安くなっています!

    月々の差額でこれですから、より長期的に見れば無視できないほどの金額差になるでしょう。

    東京ガスはセット割を適用させた料金ですので、実は電気とガスをまとめるよりあしたでんきを単体で利用した方がお得になるんです。

    まとめ:東京ガスにセットにするよりあしたでんきの方が安い

    東京ガスの電気のセット割は正直大してお得ではありません。

    料金シミュレーションからも、どちらのプランでもあしたでんきの方が安くなることがわかりましたね。

    1ヶ月単位だとそこまで大きな差と感じない場合でも、長期的に見れば看過できなほどの額になるので、少しでも安い方を選んだ方が賢いですよね!

    電気は一生使い続けるものなので、10年、20年……と利用を続ければものすごい金額差になります。

    わざわざ無駄に高いお金を払い続けるなんてあまりにももったいないですし、そうまでして東京ガスを選ぶ理由もありません。

    セット割という言葉につられてしまう前に電気代が本当に安くなるところはどこかを見極めましょう。

    また、注意して頂きたいことがもう1つあります。

    それは、ガスの自由化(2017年4月~)によってガス会社も安いところを選べるようになったということです。

    電気は電気、ガスはガスで別々に安いところを使った方がよりお得になりますよ!

    東京ガス電気よりあしたでんきがおすすめ!

    実は東京ガスに電気をまとめるより、「あしたでんき」を利用した方が断然お得なんです。

    あしたでんきが選ばれている理由
    ・2019年現在業界最安
    ・東京ガスのセット割よりも安い
    ・2019年7月申込件数No.1!
    ・契約期間・解約金一切なし
    ・東電の関連会社だから安心

    あしたでんきの圧倒的な安さが口コミで広まり、2019年8月現在も申込者が爆発的に急増しています!

    契約期間の縛りや解約金なども一切ないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

    実際に私もあしたでんきに切り替えましたが、トラブルもなく、確実に毎月お得になっていてとても満足しています。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

    夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

    こちらの記事でも詳しくまとめています!
    『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

    あしたでんきが向いている人

    以上の比較を踏まえて、あしたでんきが向いている人をまとめます。

    ・少しでも電気料金を安くしたい
    ・料金プランはシンプルな方がいい
    ・アンペア変更を検討している

    この中でどれか一つでも当てはまるのであれば、絶対にあしたでんきの方がおすすめです。

    あしたでんきは東京ガスの電気のような特典やセット割などはありませんが、その分電気料金の安さで契約者に還元しているので、「特典やセット割がない=お得じゃない」というイメージは捨てましょう。

    また、最初にあしたでんきの安さの秘訣として基本料金が0円なことを説明しましたが、アンペア数を変更したい時も基本料金が0円だと助かるんです。

    東京ガスの電気では10A増やすごとに毎月の基本料金が約280円高くなってしまうので、安易にアンペア数を増やせません。

    一方あしたでんきは基本料金が0円なので、アンペアをいくら上げようが料金が全く変わらないんです。

    たまにブレーカーが落ちて困っている…という人にもあしたでんきはおすすめです。

    東京ガスの電気が向いている人

    一方の東京ガスの電気ですが、もちろんメリットがないわけではありません。

    東京ガスの電気が向いている人をまとめました。

    ・電気とガスの契約をまとめて請求を一本化したい
    ・電気料金の安さよりも特典の豊富さを優先したい

    先程の料金比較でも見たように、東京ガスの電気は料金面ではあしたでんきに完全に劣ってしまっています。

    ただ、電気とガスの請求がまとまったり、あしたでんきよりも特典が豊富というメリットがあるので、これらに魅力を感じる人には良いと思います。

    ただ、果たしてそれが電気料金の安さよりも重視すべきメリットなのかという点は冷静に考える必要があります。

    まとめ:基本料金0円のあしたでんきの方がお得

    いかがでしたでしょうか。

    東京ガスの電気にめとめると電気代が安くなるかな…と思っていた人も多いかもしれませんが、実は電気ガスをまとめずに電気はあしたでんきを利用する方が断然お得になるんですね。

    東京ガスの電気にもメリットはありますが、正直どれも電気料金の安さよりも重視すべきものではないという印象。

    あしたでんきは電気代をシンプルに安くすることができるので「電気代を安くしたい!」という人はもちろん、電気についてあまり知らない人にもかなりおすすめです!

    評価:5.00 - 1件の票数

    おすすめはあしたでんき

    業界最安値を誇るあしたでんき。

    とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

    東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

    夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

    あしたでんき公式サイトはこちら

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)