あしたでんきの方が関西電力よりお得って本当?口コミ・評判まとめ

圧倒的な安さで話題のあしたでんきですが、関西電力エリアでもお得になるのでしょうか。

下記の気になる点から関西電力とあしたでんきを比較してみました。

●関西電力とあしたでんきの料金
●関西電力とあしたでんきのメリットやデメリット
●関西電力とあしたでんきの評判や口コミ

料金を比べてみたところ、電気をあまり使わない人は高くなってしまう可能性がある一方、たくさん使う人ほどかなりお得になることが分かりました。

そこで今回は、どこを境目に高くなるのか安くなるのかを計算したので、料金シミュレーションから詳しく解説していきます。

関西電力エリアにお住まいの方、必見です!

結論:160kWh以上はあしたでんきの方が安い!

冒頭で、あしたでんきは電気の使用量が少ない方にとっては料金が高くなってしまう可能性があると述べましたが、実際にどんな方が高くなってしまうのか、計算してみました。

●関西電力で月々の電気代が3,440円(電気使用量:160kWh/月)

毎月の電気代がこれより下回る場合はあしたでんきの方が高くなってしまいます。

逆に上回る場合は安くなるということです。

上の電気代を超えるか否かが関西電力からあしたでんきに切り替えると電気代が安くなるかどうかの境目になりますので、ご自身の検針票で確かめてみてください。

※検針票:毎月届く、電気使用量や電気代等が記載された紙のことです。

この数字だけでは何のことかよく分からないと思うので、実際に料金プランやシミュレーションから見ていきましょう。

関西電力とあしたでんきの料金比較

関西電力とあしたでんきの料金プランは、構成が少し違います。


●関西電力
⇒『最低料金』+『従量料金』
●あしたでんき
⇒『従量料金』

・最低料金:電気の使用量に関わらず、必ずかかる料金
・従量料金:電気を使った分だけかかる料金
 ※電気の使用量と従量料金単価をかけて算出します。

関西電力は最低料金と使用量ごとに高くなっていく従量料金の2つで構成されていますが、あしたでんきには最低料金がなく電気を使った分だけ料金が発生する仕組みです。

関西電力とあしたでんきの料金プラン

最低料金と従量料金がどのくらい違うのかを表にまとめました。

※()内の数は関西電力との差額です。

 関西電力あした
でんき
最低料金327.65円0円
従量料金
0~
15kWh
(最低料金が
かかります)
21.5円
15~120kWh19.95円

21.5円
(+1.55円)
120~
300kWh
25.33円

21.5円
(-3.83円)
300kWh~28.76円21.5円
(-7.26円)

あしたでんきの料金プランはかなりシンプルで分かりやすいですよね。

電気を使うほど従量料金が高くなっていく関西電力と違ってあしたでんきは一律なので、300kWh以上など特にたくさん使う人にとって大きなメリットになるといえます。

ですが、「15~120kWh」の場合の従量料金はあしたでんきの方が高くなっています。

あしたでんきの方が高くなる安くなるの境目である160kWhは、表の「15~120kWh」(関西電力よりあしたでんきの方が高い部分)の従量料金が占める割合が大きいため、関西電力よりも高くなってしまうのです。

●電気代の計算方法:上の表の従量料金に電気の使用量(kWh/キロワットアワー)をかけて、最低料金を足せば計算できます。

▼電気代の計算方法例

(例)400kWh使用した場合/関西電力

最低料金:327.65円
   +
15~120kWhまで:105×19.95円=2,094.75
   +
120~300kWhまで:180×25.33円=4,559.40
   +
300kWh以上:100×28.76円=2,876.00
   ↓
合計:9,864円

このように、使用量に合わせて計算していった合計が電気代となります。

▲閉じる

あしたでんきと関西電力の料金シミュレーション

上の表を基にいくつかのパターンで電気代がいくらになるのかシミュレーションをしてみました。

ご自身の使用量に当てはまるところを見てみてください。

※()内の数は関西電力との差額です。

 関西電力あしたでんき
1人暮らし
80kWh使用
1,631円1,720円
(+89円)
1人暮らし
100kWh使用
2,030円2,150円
(+120円)
2人暮らし
200kWh使用
4,455円4,300円
(-155円)
2人暮らし
300kwh使用
6,988円6,450円
(-538円)
3~4人暮らし
450kWh使用
11,302円9,675円
(-1,627円)
4~5人暮らし
600kWh使用
15,616円12,900円
(-2,716円)
5人~暮らし
750kwh使用
19,930円16,125円
(-3,805円)

電気をたくさん使う方は、あしたでんきに切り替えた方が電気代をグッと安くできます。

例えば、月に750kWh使う方は1年間で45,660円も節約することができちゃうんです。

「あまり安くならないな」という方でも2年・3年・・・と長期的に見ればもっと大きな節約に繋がるので、あしたでんきの方が安くなるという方はお早目の切り替えをおすすめします!

一方一人暮らしなどの電気をあまり使わない場合は、あしたでんきの方が高くなってしまう場合もあります。

具体的な境目は最初に紹介したように、関西電力での月々の電気代が3,440円(電気使用量:160kWh/月)を超えるか否かです。

  • あしたでんきの方が安くなる場合
  • →月々の電気代が3,440円(電気使用量:160kWh/月)以上

  • あしたでんきの方が高くなってしまう場合
  • →月々の電気代が3,440円(電気使用量:160kWh/月)を下回る

    一人暮らしなどで普段は電気をあまり使わないという方でも、夏や冬はエアコンなどでたくさん電気を使うのであしたでんきに切り替えた方が電気代が安くなることもあります。

    申込み費用や解約金は一切かからないので夏や冬だけでもあしたでんきに切り替えるなんてこともできるんです!

    お試し感覚で申し込むことができるので、「どのくらい安くなるかな」くらいの気持ちで切り替えることもできますよ。

    使用量が少ない方は関西電力のままでいいの?

    電気をほとんど使わない(月々の電気代が3,440円を下回る)方はあしたでんきよりに切り替えるよりも関西電力のままの方が安いことが分かりました。

    では、関西電力のまま使い続けてもいいのでしょうか。

    実は、使用量が少ない方でも関西電力よりも安くなる電力会社があるんです。

    『シン・エナジー』という電力会社は、従来の電力会社よりも必ず安くなるので、あしたでんきでは高くなってしまうという方でも確実に安くできますよ!

    こちらに詳しくまとめたのでチェックしてみてください。
    『シン・エナジーはどんな人でも必ず安くなる?!使用量が少ない人にこそおすすめ』

    関西電力とあしたでんきのメリット・デメリット

    では、それぞれにどんな特徴があるのでしょうか。

    メリット・デメリットについてまとめてみました。

    関西電力

    関西電力には独自のポイント制度や特典がたくさんありました。

    メリット

    ・ガスと電気のセット割がある
    ・電気トラブルや暮らしサポートなどの安心できる特典がたくさんある
    ・はぴeポイントを貯めて電気代をお得にできる
    ・遊園地や映画館などの一部施設が優待価格で利用できる

    デメリット

    ・ガスと電気のセット割の中には新規適用を停止しているものや、すでに「eおとくプラン」に申込んでいる方のみが対象のものもある
    ・料金プランあまり安くない

    特典セット割を重視している方におすすめ

    あしたでんき

    特典やセット割はありませんが、やはり料金面ではメリットが多いようです。

    メリット

    ・最低料金がなく一律料金のシンプルで分かりやすい料金プラン
    ・電気使用量をネットからいつでも確認できる
    ・月700kWh以上使う方向けに『たっぷりプラン』があり、さらにお得になる
    ・口コミがよく、2019年現在申し込み件数No.1

    デメリット

    ・使用量が少ない方にとっては電気代が高くなってしまう場合もある
    ・ガスとのセット割や電気トラブルサービスなどの特典がない

    料金をシンプルに安くしたい方におすすめ

    料金で選ぶならあしたでんき

    それぞれ特徴が全く違いますね。

    その中でも気を付けていただきたいのは、『セット割だからといって必ず安くなるわけではない』ということです。

    セット割につられてガスと電気をまとめても、電気代があまり安くならなかったら意味がないですよね。

    電気をよく使う夏や冬は特に、電気代が安くなる方を選んだ方がお得になるので注意してください。

    そしてあしたでんきの一番のメリットはやはり料金面と言えるでしょう。

    基本料金0円で一律料金なので電気についてあまり知らない人にとっても「シンプルで分かりやすい!」と人気を集めている理由の一つになっているんです。

    ガスとのセット割や電気トラブルサービスなどがない代わりに料金プランが良心的で、ほとんどの方が関西電力よりも安くなります。

    いつ解約しても解約金や違約金がかかりませんし、期間限定で2,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを行っているので、迷っている方もお試し感覚で切り替えてみることをおすすめします!

    関西電力からあしたでんきに切り替えた方の口コミ・評判

    私が調べたところ、料金が高くなったなどの悪いものは見つかりませんでした。

    いくつか口コミをピックアップしてみましたでの見てみてください。

    関西電力よりあしたでんきの方が安い!

    関西電力よりもあしたでんきに切り替えた方が電気代が安くなったという方の口コミです。

    ※なっとくプランとは、ガスと電気のセット割のことです。

    他社よりあしたでんきに惹かれた!

    他の電力会社と比較した結果、さまざまな理由からあしたでんきを選んだ方の口コミです。

    その他のセット割や特典と比較しても、使い続ければ結局あしたでんきの方が安くなるという口コミが多かったです。

    また、信頼性からあしたでんきを選んだという方もいましたが、これは恐らく、あしたでんきが東京電力の子会社だからといった理由からでしょう。

    無名な電力会社と有名な電力会社の子会社とだったら、信頼性が違いますよね。

    皆さんいろんなことを吟味してあしたでんきを選んでいるようです。

    良い口コミを見つけ次第、随時更新していきます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    関西電力エリアだと、2人暮らし以上などで月々の電気代が3,440円以上(使用量が160kWh以上)の方はあしたでんきの方がダントツで安くなります!

    逆にあしたでんきの方が高くなってしまう、電気をあまり使わない方は今より必ず安くなるシン・エナジーに切り替えることをおすすめします。

    また、関西電力には特典やセット割がありますが本当に必要な特典なのかを見極めないと、電気代自体の節約には繋がりません。

    シンプルに電気代を安くしたいのであれば、やっぱりあしたでんきがおすすめです。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)