あしたでんきの方が関西電力よりお得って本当?口コミ・評判まとめ

圧倒的な安さで話題のあしたでんきですが、関西電力エリアでもお得になるのでしょうか。

下記の気になる点から関西電力とあしたでんきを比較しました。

●関西電力とあしたでんきの料金
●関西電力とあしたでんきのメリットやデメリット
●関西電力とあしたでんきの評判や口コミ

料金を比べてみたところ、電気をあまり使わない人は高くなってしまう可能性がある一方、たくさん使う人ほどかなりお得になることが分かりました。

そこで今回は、どこを境目に高くなるのか安くなるのかを計算したので、料金シミュレーションから詳しく解説していきます。

関西電力エリアにお住まいの方、必見です!

関西電力とあしたでんきの料金を比較

関西電力をお使いの方は、まず「検針票」を手元に用意してください。

結論から言うと「毎月の電気使用量が160kWh以上」の場合は、あしたでんきに乗り換えると電気代が安くなります。

使用量関西電力あしたでんき1年間の差額
100kWh
(1人暮らしを想定)
2,030円2,150円+1,428円
300kWh
(2人暮らしを想定)
6,989円6,450円-6,456円
600kWh
(4~5人暮らしを想定)
15,617円12,900円-32,604円

逆に、一人暮らしなどであまり電気を使わない場合だと、あしたでんきに乗り換えることで電気代が高くなってしまうんです。

このように、電気使用量によってお得な電力会社が異なってくるのは、料金の構成が違うからです。

少し難しい話になるのですが、関西電力は『最低料金』+『従量料金』という構成で電気料金が決まります。

一方あしたでんきは『従量料金』だけで電気料金が決まります。

『最低料金』というのは、何も電気を使っていなくても必ずかかる費用、『従量料金』は電気を使った分だけかかる費用のことです。

あしたでんきの『従量料金』はどれだけ電気を使っても1kWhあたり21.5円ですが、関西電力は『従量料金』に差があり、少ない電気使用量の時はあしたでんきよりも安くなります。

従量料金関西電力あしたでんき
~120kWh19.95円21.5円
120~
300kWh
25.33円21.5円
300kWh~28.76円21.5円

この従量料金に電気使用量(kWh)をかけて計算していったところ、電気使用量が160kWh以上の場合はあしたでんきに乗り換えると安くなるという結果になりました。

とにかく、「検針票」を確認して1年を通してだいたい160kWh以上使っているな・・・と思った方は今すぐに乗り換えた方がお得です。

関西電力からあしたでんきに切り替えた方の評判

Twitterでは関西電力からあしたでんきに乗り換えて安くなった!という声がたくさん見られました。

特に夏や冬はエアコンをたくさん使うので急に電気代が高くなるということがありますよね。

そんな時でもあしたでんきは即日申込みで最短5営業日後には切り替えられます。

スマートメーターの設置工事が必要な場合、12営業日を目安としておりますが、繁忙期などの混み具合でそれ以上になることがあります。(なお、既にスマートメーターが設置されている場合、5営業日を目安としております。)

※あしたでんき公式サイト より

契約期間の縛りや解約金はないので、一人暮らしの方は冬になってよく暖房を使うようになってから切り替えるというような方法でもいいですね。

また、ペットを飼っている場合は1年中電気をたくさん使うのでかなり電気代がかさむと思いますが、あしたでんきに切り替えることで年間万単位で節約できますよ。

関西電力とあしたでんきのメリット・デメリット

電気使用量が「160kWh以上」の方は今すぐにあしたでんきに切り替えた方がいお得になるということが分かったので、最後にそれぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

関西電力

メリット

・ガスと電気のセット割がある
・電気トラブルや暮らしサポートなどの特典がある
・はぴeポイントを貯めて電気代をお得にできる
・遊園地や映画館などの一部施設が優待価格で利用できる

デメリット

・ガスと電気のセット割の中には新規適用を停止しているものや、すでに「eおとくプラン」に申込んでいる方のみが対象のものもある
・料金プランはあまり安くない

特典セット割重視の方向け

あしたでんき

メリット

・最低料金がなく一律料金のシンプルで分かりやすい
・電気使用量をネットからいつでも確認できる
・月700kWh以上使う方向けに『たっぷりプラン』がある
・口コミがよく、2019年現在申し込み件数No.1

デメリット

・使用量が少ない方にとっては電気代が高くなってしまう場合もある
・ガスとのセット割や電気トラブルサービスなどの特典がない

料金をシンプルに安くしたい方向け

関西電力はセット割を推しにしていますが、気を付けていただきたいのは、『セット割だからといって必ず安くなるわけではない』ということです。

セット割につられてガスと電気をまとめても、肝心な電気代があまり安くならなかったら意味がないですよね。

電気をよく使う夏や冬は特に、電気代が安くなるあしたでんきを選んだ方がお得です。

あしたでんきは、いつ解約しても解約金や違約金がかからないので、迷っている方もお試し感覚で切り替えてみることをおすすめします!

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円
・東京電力グループなので実績安心!

現在の電力会社の解約はあしたでんきが行ってくれるので、簡単に切り替えができます。

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

解約金が0円なので、乗り換えてみてもし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOKですよ(もちろん無料です)。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

関西電力エリアだと、2人暮らし以上などで月々の電気使用量が160kWh以上の方はあしたでんきの方がダントツで安くなります!

関西電力には特典やセット割がありますが本当に必要な特典なのかを見極めないと、電気代自体の節約には繋がりません。

シンプルに電気代を安くしたいのであれば、やっぱりあしたでんきがおすすめです。

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ