あしたでんきって1人暮らしだと高いの?安いの?【徹底解説】

(未評価)

2019/08/08

「あしたでんきは1人暮らしの場合だと電気代が高くなってしまう」と思っていませんか?

実は一1暮らしでもあしたでんきに切り替えることで電気代をグッと抑えることができる人はたくさんいます。

一方で、電気代が高くなってしまう人もいるのも事実です。

そこで今回は、どんな人が高くなってどんな人が安くなるのか具体的な料金や使用量をエリアごとにまとめました。

また、高くなってしまう人におすすめな電力会社も併せて紹介するので、1人暮らしの人必見です!

あしたでんきについて詳しくはこちら!
『あしたでんきは超安い!料金や評判・デメリット総まとめ!』

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

1人暮らしで30A以上ならあしたでんきの方が安い

あしたでんきは契約アンペア数が30A以上の人であれば、今より確実に電気代を安くすることができます。

契約アンペア数とは、電力会社に申し込む際に決める同時に使える電気量(アンペア)を定めた数値のことです。

1人暮らしの場合は30Aで契約している人がほとんどだと思うので、あしたでんきに切り替えることで安くなる人は多いんです!

1人暮らしの場合の料金シミュレーション

上で、契約アンペア数が30A以上だとあしたでんきの方が安くなると言いましたが、場合によっては20Aでも安くなることもあります。

逆に、契約アンペア数が20A以下またはアンペア契約ではない関西電力・四国電力の人は高くなってしまう場合があるので注意が必要です。

では、具体的にどんな場合で安くなりどんな場合で高くなるのか、料金シミュレーションから詳しく見てみましょう。

料金シミュレーションを見る際はこちらを参考にしてください。


○○A:契約アンペア数のことです。
 検針票「ご契約」「ご契約容量」のところに書いてあります。
 ※関西電力・中国電力には契約アンペア数がありません。

○○kWh:電気をどれだけ使ったかを示しています。
 検針票「ご使用量」のところに書いてあります。

この見方を踏まえて自分のエリアのところをチェックしてみてください。

検針票を手元に用意すると、実際の電気代や使用量と見比べられるのでより正確に分かります。

※検針票とは、毎月届く電気代などが書いてある紙のことです。

▼東北電力の場合

東北電力

東北電力の料金シミュレーションです。

()内の数字は東北電力と比べた差額です。

 東北電力あした
でんき
10A
80kWh
1,783円2,040円
(+257円/月)
(+3,084円/年)
20A
80kWh
2,107円2,040円
(+67円/月)
(+804円/年)
20A
100kWh
2,472円2,550円
(+78円/月)
(+936円/年)
30A
100kWh
2,796円2,550円
(-246円/月)
(-2,952円/年)
30A
150kWh
3,906円円3,825円
(-81円/月)
(-972円/年)
30A
200kWh
5,150円5,100円
(-50円/月)
(-600円/年)
40A
250kWh
6,717円6,375円
(-342円/月)
(-4,104円/年)

このシミュレーションから、アンペア数が極端に少ないと高くなってしまうことが分かります。

具体的な数値を計算してまとめました。

安くなる場合

  • 30A以上
  • 10A/ひと月の使用量:44kWh(1,126円/月)を下回る
  • 20A/ひと月の使用量:89kWh(2,271円/月)を下回る
  • 高くなる場合

  • 10A/ひと月の使用量:44kWh(1,126円/月)以上
  • 20A/ひと月の使用量:89kWh(2,271円/月)以上
  • 10Aや20Aの場合は基本料金がかなり安いので、あしたでんきの基本料金が0円なことがあまりメリットになりません。

    ▼東京電力の場合

    東京電力

    東京電力の料金シミュレーションです。

    ()内の数字は東京電力と比べた差額です。

     東京電力あした
    でんき
    10A
    80kWh
    1,842円2,040円
    (+197円/月)
    (+2,364円/年)
    20A
    80kWh
    2,123円2,040円
    (+83円/月)
    (+996円/年)
    20A
    100kWh
    2,513円2,550円
    (+37円/月)
    (+444円/年)
    30A
    100kWh
    2,794円2,550円
    (-244円/月)
    (-2,928円/年)
    30A
    150kWh
    3,964円円3,825円
    (-139円/月)
    (-1,668円/年)
    30A
    200kWh
    5,264円5,100円
    (-164円/月)
    (-1,968円/年)
    40A
    250kWh
    6,845円6,375円
    (-470円/月)
    (-5,640円/年)

    このシミュレーションから、アンペア数が極端に少ないと高くなってしまうことが分かります。

    具体的な数値を計算してまとめました。

    安くなる場合

  • 30A以上
  • 10A/ひと月の使用量:48kWh(1,217円/月)を下回る
  • 20A/ひと月の使用量:94kWh(2,396円/月)を下回る
  • 高くなる場合

  • 10A/ひと月の使用量:48kWh(1,217円/月)以上
  • 20A/ひと月の使用量:94kWh(2,396円/月)以上
  • 10Aや20Aの場合は基本料金がかなり安いので、あしたでんきの基本料金が0円なことがあまりメリットになりません。

    ▼中部電力の場合

    中部電力

    中部電力の料金シミュレーションです。

    ()内の数字は中部電力と比べた差額です。

     中部電力あした
    でんき
    10A
    80kWh
    1,935円2,040円
    (+104円/月)
    (+1,248円/年)
    20A
    80kWh
    2,216円2,040円
    (-176円/月)
    (-2,112円/年)
    20A
    100kWh
    2,629円2,550円
    (-79円/月)
    (-948円/年)
    30A
    100kWh
    2,910円2,550円
    (-360円/月)
    (-4,320円/年)
    30A
    150kWh
    4,076円3,825円
    (-251円/月)
    (-3,012円/年)
    30A
    200kWh
    5,330円5,100円
    (-230円/月)
    (-2,760円/年)
    40A
    250kWh
    6,865円6,375円
    (-490円/月)
    (-5,880円/年)

    このシミュレーションから、アンペア数が極端に少ないと高くなってしまうことが分かります。

    具体的な数値を計算してまとめました。

    安くなる場合

  • 30A以上
  • 10A/ひと月の使用量:59kWh(1,500円/月)を下回る
  • 20A/ひと月の使用量:117kWh(2,981円/月)を下回る
  • 高くなる場合

  • 10A/ひと月の使用量:59kWh(1,500円/月)以上
  • 20A/ひと月の使用量:117kWh(2,981円/月)以上
  • 10Aや20Aの場合は基本料金がかなり安いので、あしたでんきの基本料金が0円なことがあまりメリットになりません。

    ▼関西電力の場合

    関西電力

    関西電力の料金シミュレーションです。

    ()内の数字は関西電力と比べた差額です。

     関西電力あした
    でんき
    80kWh1,631円1,720円
    (+88円/月)
    (+1,056円/年)
    100kWh2,030円2,150円
    (+119円/月)
    (+1,428円/年)
    150kWh3,189円3,225円
    (+35円/月)
    (+420円/年)
    200kWh4,455円4,300円
    (-155円/月)
    (-1,860円/年)
    250kWh5,722円5,375円
    (-347円/月)
    (-4,164円/年)

    このシミュレーションから多くの人が高くなってしまうことが分かったと思います。

    具体的な数値を計算してまとめました。

    安くなる場合

  • ひと月の使用量:24kWh(514円/月)を下回る
  • または

  • ひと月の使用量:159kWh(3,417円/月)以上
  • 高くなる場合

  • ひと月の使用量:24kWh(514円/月)以上
  • または

  • ひと月の使用量:159kWh(3,417円/月)を下回る
  • 関西電力には基本料金がないため、あしたでんきの基本料金0円なことがメリットにならず高くなってしまう可能性があるんです。

    ▼中国電力の場合

    中国電力

    中国電力の料金シミュレーションです。

    ()内の数字は中国電力と比べた差額です。

     中国電力あした
    でんき
    80kWh1,657円1,880円
    (+222円/月)
    (+2,664円/年)
    100kWh2,065円2,350円
    (+284円/月)
    (+3,408円/年)
    150kWh3,282円3,525円
    (+242円/月)
    (+2,904円/年)
    200kWh4,630円4,700円
    (-69円/月)
    (-828円/年)
    250kWh5,978円5,875円
    (-103円/月)
    (-1,236円/年)

    このシミュレーションから多くの人が高くなってしまうことが分かったと思います。

    具体的な数値を計算してまとめました。

    安くなる場合

  • ひと月の使用量:9kWh(208円/月)を下回る
  • または

  • ひと月の使用量:220kWh(5,169円/月)以上
  • 高くなる場合

  • ひと月の使用量:9kWh(208円/月)以上
  • または

  • ひと月の使用量:220kWh(5,169円/月)を下回る
  • 中国電力には基本料金がないため、あしたでんきの基本料金0円なことがメリットにならず高くなってしまう可能性があるんです。

    ▼九州電力の場合

    九州電力

    九州電力の料金シミュレーションです。

    ()内の数字は九州電力と比べた差額です。

     九州電力あした
    でんき
    10A
    80kWh
    1,662円1,800円
    (+137円/月)
    (+1,644円/年)
    20A
    80kWh
    1,954円1,800円
    (-154円/月)
    (-1,848円/年)
    20A
    100kWh
    2,297円2,250円
    (-47円/月)
    (-564円/年)
    30A
    100kWh
    2,588円2,250円
    (-338円/月)
    (-4,05620円/年)
    30A
    150kWh
    3,610円3,375円
    (-235円/月)
    (-2,820円/年)
    30A
    200kWh
    4,742円4,500円
    (-242円/月)
    (-2,904円/年)
    40A
    250kWh
    6,166円5,625円
    (-541円/月)
    (-6,492円/年)

    このシミュレーションから、アンペア数が極端に少ないと高くなってしまうことが分かります。

    具体的な数値を計算してまとめました。

    安くなる場合

  • 30A以上
  • 10A/ひと月の使用量:55kWh(1,234円/月)を下回る
  • 20A/ひと月の使用量:109kWh(2,451円/月)を下回る
  • 高くなる場合

  • 10A/ひと月の使用量:55kWh(1,234円/月)以上
  • 20A/ひと月の使用量:109kWh(2,451円/月)以上
  • 10Aや20Aの場合は基本料金がかなり安いので、あしたでんきの基本料金が0円なことがあまりメリットになりません。

    まとめ

    1人暮らしでも一人一人電気の使用量は違うので、この料金シミュレーションと自分の使用量を照らし合わせることが大切です。

    特に関西電力・中国電力エリアにお住まいの人は1人暮らしの平均的な電気の使用量(100~150kWh前後)だと高くなってしまうので注意してください。

    一方、安くなる人の中で「これだけしか安くならないのか」と思った人がいるかもしれません。

    確かに、たくさん使う人に比べて元の電気代が高くないのでお得感は少なく感じますが、たった一度の切り替えで確実に毎年数千円の電気代を節約できるのは長期的に見ればかなりのメリットに繋がります。

    解約手数料や違約金がかからないので、「少しでも電気代を安くしたい」という人はお試し感覚で切り替えることもできるんです。

    お申し込みは下記の【あしたでんきを試してみる】ボタンからできますよ!

    2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

    2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

    あしたでんきが選ばれている理由
    ・2019年申込件数No.1!
    ・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
    ・基本料金がずっと0円
    ・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
    ・東京電力グループなので実績安心!

    面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

    お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

    乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

    夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

    あしたでんきで高くなる1人暮らしの人におすすめな電力会社

    あしたでんきだと高くなってしまう人でも安くなる電力会社を紹介します。

    シン・エナジー

    シン・エナジーなら今の電気代より確実に安くなるのであしたでんきだと大幅に高くなってしまう場合でも、確実に安くなります。

    また、夏や冬はエアコンをたくさん使うなどの理由で「月によって電気代が変わるから結局どっちの電力会社を選べばいいのか分からない」という人は、今より電気代が高くなることはないシン・エナジーに切り替えれば間違いありません。

    シン・エナジーへは下記のボタンから窓口に飛び、右上にある【お申し込み】というところから簡単に申し込むことができます。

    切り替え手続きを全て行ってくれるので、初めてでも安心して申し込める優良窓口です。

    さらに、こちらの窓口からシン・エナジーに申し込んだ人には期間限定で3,000円キャッシュバックキャンペーンを行っているので、このタイミングでの切り替えがおすすめです!

    シン・エナジーについて詳しくはこちら。
    『シン・エナジーは単身・同棲におすすめ!かなり安くなります』

    1人暮らしで電力会社を切り替える時の注意点

    1人暮らしで電力会社を切り替える際の注意点やよくある質問など、気になることについてまとめました。

    あしたでんきに切り替える場合もシン・エナジーに切り替える場合も同じことが言えるので参考にしてみてください。

  • 賃貸住宅でも切り替えられる
  • →特別な決まりがない限りは申し込むことができますし、大家さんに相談や報告をする必要もありません。

  • 集合住宅の場合切り替えられない場合もある
  • →大家さんが一括で電力会社を契約している場合は個人的に切り替えることはできません。
     アパートやマンションによって違うので直接大家さんに聞いてみるのが手っ取り早いです。

  • 特別な工事は必要ない
  • 『スマートメーター』が家に設置されていない場合は取り付けなければいけませんが、原則無料・立ち合い不要・停電なしで電力会社の人が取り付けてくれるので、自分で何かしなければいけないことは特にありません。

  • 電気の質は変わらない
  • →電力会社を切り替えるとはいえ、電気を作っている大元や電気を流しているところは変わりません。
     なので、今までと同じように電気を使うことができますし停電が増えるようなこともありません。

    あしたでんきの申し込み方法

    あしたでんきにはWEBからのみ申し込むことができます。

    下記の公式サイトの【お申し込み】ボタンから必要事項を入力すれば、簡単に申し込むことができます。

    申し込みの際に、「お客さま番号」や「供給地点特定番号」が必要となりますので、番号などの情報がかかれている「検針票」を手元に準備しておきましょう。

    さらに今なら期間限定でAmazonギフト券2,000円分プレゼントキャンペーンを行っているので、キャンペーンと併せてお得に切り替えてくださいね。

    ▼キャンペーンコード入力不要で簡単申し込み!▼
    今だけ!Amazonギフト券2,000円分がもらえる!
    『あしたでんき公式サイト』

    ※申し込みの際に「キャンペーンコードをお持ちの方は入力してください」とありますが、これは入力しなくても大丈夫です。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    あしたでんきが高くなるかどうかは、電気の使用量によって違ってきます。

    ではもう一度ここでおさらいしておきましょう。

    必ず安くなる人

  • 契約アンペア数が30A以上
  • 高くなることがある人

  • 契約アンペア数が20A以下
  • 関西電力・中国電力を利用している人
  • 高くなってしまう場合は、今より電気代が確実に安くなるシン・エナジーをおすすめします。

    どちらも申込み手数料や解約金などもありませんし、今なら期間限定のキャンペーンを行っているので、このタイミングでの切り替えをおすすめします!

    (未評価)

    おすすめはあしたでんき

    業界最安値を誇るあしたでんき。

    とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

    東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

    夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

    あしたでんき公式サイトはこちら

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)