あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきを比較!おすすめはあしたでんき

評価:5.00 - 1件の票数

基本料金・従量料金単価一律という斬新な料金体系を採用している「あしたでんき」「Looopでんき」「楽天でんき」の3社。

サービスが似ていると、どこを選んでいいか迷ってしまいますよね。

結論から言うと、あしたでんきが一番おすすめです。

この記事ではあしたでんき・Looopでんき・楽天でんきの料金やサービス、キャンペーン、評判などを徹底的に比較しました!

なぜあしたでんきがおすすめなのかがよくわかる内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

こちらの記事でも詳しくまとめています!
『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

結論!あしたでんきが一番安くておすすめ

冒頭でも言いましたが、3社の中であしたでんきが一番おすすめです。

料金についてはこれから詳しく解説しますが、あしたでんきは確実にLooopでんきや楽天でんきより安くなるという結果が出ています。

また、楽天でんきのメリットに「電気料金の支払いで楽天ポイントが貯まる」という点がありますが、そのポイント還元分や入会特典分を差し引いてもあしたでんきの方がお得になります。

つまり、総合的に見て一番お得なのがあしたでんきということ。

電力会社の切り替えで一番大切なのは「電気料金がいかに安くできるか」なので、この3社で迷っている方には圧倒的にあしたでんきをおすすめします。

あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきの料金比較

まずは、一番大切な料金面を比較していきます。

共通の特徴としては、あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきはどこも基本料金が0円という点が挙げられます。

基本料金とは電気の契約にかかる料金で、ほとんどの電力会社(関西・中国エリアを除く)では契約しているだけで1,000円前後の基本料金を支払わなければなりませんが、この3社は基本料金がすべて0円。

それだけで毎月1,000円前後が安くなるというのが安さの秘訣です。

従量料金単価の比較

従量料金というのは、使った電気にかかる料金のことです。

従量料金単価に使用量(単位はkWh)をかけることで、電気料金の計算ができます。

3社の1kWhあたりの従量料金単価を比較しました。

エリアあした
標準
Looop楽天
東北電力25.50円26円26円
東京電力25.50円26円26円
中部電力25.50円26円26円
関西電力21.50円22円22円
中国電力23.50円24円24円
九州電力22.50円23円23円

Looopでんきと楽天でんきが全く同じ単価で、あしたでんきがそれぞれ0.5円安い単価が設定されています。

つまり、エリアや使用量に関わらず100%あしたでんきが安くなるということですね。

「たった0.5円?」と思うかもしれませんが、これはあくまで1kWhあたりの単価。

実際の電気使用量になると、なかなかの金額差になっていきます。

シミュレーション結果比較

続いて、具体的にいくらくらい安くなるかを見ていきましょう。

いくつかの使用例を挙げてシミュレーションをしたので、ご自身の使用量に近いものをチェックしてみてください。

お住まいのエリアをクリック/タップで詳細が開きます。

東北電力エリアのシミュレーションを見る

東北電力エリアの料金シミュレーション

カッコ内の数字は東北電力との差額です。

世帯人数
使用量
あしたLooop楽天
1~2人
30A
150kWh
3,825円
(-81円)
3,900円
(-6円)
3,900円
(-6円)
2~3人
30A
300kWh
7,650円
(+13円)
7,800円
(+163円)
7,800円
(+163円)
3~4人
40A
450kWh
11,475円
(-798円)
11,700円
(-573円)
11,700円
(-573円)
4~5人
40A
600kWh
15,300円
(-1,286円)
15,600円
(-986円)
15,600円
(-986円)
5人以上
50A
750kWh
19,125円
(-2,097円)
19,500円
(-1,722円)
19,500円
(-1,722円)

東京電力エリアのシミュレーションを見る

東京電力エリアの料金シミュレーション

カッコ内の数字は東京電力との差額です。

世帯人数
使用量
あした
Looop楽天
1~2人
30A
150kWh
3,825円
(-139円)
3,900円
(-64円)
3,825円
(-139円)
2~3人
30A
300kWh
7,650円
(-214円)
7,800円
(-64円)
7,650円
(-214円)
3~4人
40A
450kWh
11,475円
(-1,173円)
11,700円
(-948円)
11,475円
(-1,173円)
4~5人
40A
600kWh
15,300円
(-1,851円)
15,600円
(-1,551円)
15,300円
(-1,851円)
5人以上
50A
750kWh
19,125円
(-2,810円)
19,500円
(-2,435円)
19,125円
(-2,810円)

中部電力エリアのシミュレーションを見る

中部電力エリアの料金シミュレーション

カッコ内の数字は中部電力との差額です。

世帯人数
使用量
あしたLooop楽天
1~2人
30A
150kWh
3,825円
(-251円)
3,900円
(-176円)
3,900円
(-176円)
2~3人
30A
300kWh
7,650円
(-188円)
7,800円
(-38円)
7,800円
(-38円)
3~4人
40A
450kWh
11,475円
(-839円)
11,700円
(-614円)
11,700円
(-614円)
4~5人
40A
600kWh
15,300円
(-1,210円)
15,600円
(-910円)
15,600円
(-910円)
5人以上
50A
750kWh
19,125円
(-1,861円)
19,500円
(-1,486円)
19,500円
(-1,486円)

関西電力エリアのシミュレーションを見る

関西電力エリアの料金シミュレーション

カッコ内の数字は関西電力との差額です。

世帯人数
使用量
あしたLooop楽天
1~2人
150kWh
3,225円
(+36円)
3,300円
(+111円)
3,300円
(+111円)
2~3人
300kWh
6,450円
(-538円)
6,600円
(-338円)
6,600円
(-338円)
3~4人
450kWh
9,675円
(-1,627円)
9,900円
(-1,402円)
9,900円
(-1,402円)
4~5人
600kWh
12,900円
(-2,716円)
13,200円
(-2,416円)
13,200円
(-2,416円)
5人以上
750kWh
16,125円
(-3,805円)
16,500円
(-3,430円)
16,500円
(-3,430円)

中国電力エリアのシミュレーションを見る

中国電力エリアの料金シミュレーション

カッコ内の数字は中国電力との差額です。

世帯人数
使用量
あしたLooop楽天
1~2人
150kWh
3,525円
(+243円)
3,600円
(+318円)
3,600円
(+318円)
2~3人
300kWh
7,050円
(-276円)
7,200円
(-126円)
7,200円
(-126円)
3~4人
450kWh
10,575円
(-1,107円)
10,800円
(-882円)
10,800円
(-882円)
4~5人
600kWh
14,100円
(-1,938円)
14,400円
(-1,638円)
14,400円
(-1,638円)
5人以上
750kWh
17,625円
(-2,769円)
18,000円
(-2,394円)
18,000円
(-2,394円)

九州電力エリアのシミュレーションを見る

九州電力エリアの料金シミュレーション

カッコ内の数字は九州電力との差額です。

世帯人数
使用量
あしたLooop楽天
1~2人
30A
150kWh
3,375円
(-235円)
3,450円
(-160円)
3,450円
(-160円)
2~3人
30A
300kWh
6,750円
(-256円)
6,900円
(-106円)
6,900円
(-106円)
3~4人
40A
450kWh
10,125円
(-1,010円)
10,350円
(-785円)
10,350円
(-785円)
4~5人
40A
600kWh
13,500円
(-1,472円)
13,800円
(-1,172円)
13,800円
(-1,172円)
5人以上
50A
750kWh
16,875円
(-2,226円)
17,250円
(-1,851円)
17,250円
(-1,851円)

あしたでんきが圧倒的に安い

全てのエリア・使用量であしたでんきが最も安いという結果になりました。

料金単価は0.5円しか違わなくても、シミュレーションをしてみるとなかなかの金額差になります。

使用量が多ければ多いほど、あしたでんきのお得さがはっきりとわかりますね。

逆に使用量が少ないと割高になってしまうケースもあるので、必ず自身の使用量でシミュレーションをするようにしましょう。

積み重なるとかなりの金額になる

「でもひと月たった数百円の違いでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、その数百円を侮ってはいけません。

先程のシミュレーション結果をもとに、継続利用した場合の金額差をまとめました。

世帯人数1年間3年間5年間
1~2人900円2,700円4,500円
2~3人1,800円5,400円9,000円
3~4人2,700円8,100円13,500円
4~5人3,600円10,800円18,000円
5人以上4,500円13,500円22,500円

電気は生きていくうえで欠かせないものです。

上記の表は1年・3年・5年ですが、電気代は一生払い続けるものなので、10年、20年……と積み重なれば最終的な金額差はこんなものではありません。

せっかくの電力自由化ですし、より安いところに切り替えなければ損ですよね。

たかが数百円、されど数百円です。

少しでも損をしたくないという気持ちがあるのであれば、長い目で見て電力会社を選ぶようにしましょう。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

あしたでんきは知識ゼロでも簡単に切り替えができ、お試し感覚で申し込んで利用を続けている方が多い大人気の新電力です!

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

こちらの記事でも詳しくまとめています!
『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきのキャンペーン比較

現在実施しているキャンペーンの概要を一覧表にまとめました。

新電力特典期間
あしたでんきAmazon
ギフト券
2,000円分
2019年
8月31日まで
Looopでんき
楽天でんき楽天ポイント
2,000ポイント
終了日未定

あしたでんきと楽天でんきでは、どちらも2,000円分が還元されるキャンペーンを実施しています。

あしたでんきのキャンペーンは期間限定なので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

それぞれのキャンペーンについて、条件などをざっくりとまとめました。

あしたでんきのキャンペーン

キャンペーン概要

あしたでんきの申し込みでAmazonギフト券2,000円分がもらえるキャンペーンです。

キャンペーン期間

2019年7月1日~2019年8月31日

キャンペーン特典

Amazonギフト券2,000円分

キャンペーン適用条件

キャンペーン期間中に下記のあしたでんき公式サイトから新規で申し込みをする

▼キャンペーンコード入力不要で簡単申し込み!▼
今だけ!Amazonギフト券2,000円分がもらえる!
『あしたでんき公式サイト』

あしたでんきのキャンペーンについて、詳しくはこちらもご覧ください!
『あしたでんき申し込みでお得なキャンペーン実施中!【Amazonギフト券2,000円】』

楽天でんきのキャンペーン

キャンペーン概要

楽天でんきへの申し込みで、楽天ポイント2,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

キャンペーン期間

終了日未定

キャンペーン特典

楽天ポイント2,000ポイント

キャンペーン適用条件

楽天でんきに新規で申し込み、4ヶ月以上継続利用する

※4ヶ月未満で解約をするとキャンペーン対象外となります。

あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきのメリット比較

では続いて、その他のメリットを見ていきましょう。

自分にとって本当にメリットになるかどうかを考えながら読んでみてくださいね。

あしたでんきのメリット

使用量に合わせたプランを選べる

あしたでんきには、先程比較に用いた「標準プラン」の他に「たっぷりプラン」という使用量が多い方向けのプランもあります。

たっぷりプランは、毎月の電気使用量が700kWh以上の方であれば、標準プランよりもお得になります。

標準プランでも十分安いですが、自分に合ったプランを選んでよりお得にすることができるのがあしたでんきの強みですね。

あしたでんきのたっぷりプランについてはこちらもご覧ください!
『あしたでんきのたっぷりプランで超安くなる人はこんな人!』

サービス内容がシンプルでわかりやすい

あしたでんきにはセット割やポイントサービスなどがないので、少し物足りないと感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、電力会社の切り替えで一番大切なのは「電気料金がどれだけ安くなるか」です。

いくら付帯サービスが充実していたところで、電気料金が安くならなければ意味がありませんよね。

実際、これまでいくつもの電力会社を調べてきましたが、セット割やポイントサービスを実施しているところはそこまでお得にならないことがほとんど。

結局一番お得なのはあしたでんきのように純粋に電気料金が安いところなので、本当に重視すべき点は何かを忘れないようにしましょう。

東京電力の子会社だから安心!

あしたでんきを運営しているTRENDE株式会社は東京電力の子会社なので、新電力に対してなんとなく不安がある方でも安心して乗り換えることができます。

過去には一部の新電力が倒産や事業撤退をしてしまい、契約者は早急な電力会社の乗り換えを強いられたということもありました。

あしたでんきであればその点は心配いらないので、初めて電力会社を切り替えるという方にもおすすめです。

Looopでんきのメリット

駆け付けサービスがある

Looopでんきには、電気がつかない・コンセントが焦げ臭いなどの電気のトラブル時に駆け付けてくれる「かけつけるーぷ」というサービスがあり、60分以内の作業であれば無料で対応してくれます。

あしたでんきや楽天でんきにはこういった駆け付けサービスはないので、Looopでんきのメリットと言えるでしょう。

とはいえ、私はLooopでんきを契約していた2年間で一度もこのサービスを利用したことがないので、正直あまり必要ないかもしれません。

使用量をアプリで見られる

電気使用量や請求額などを、専用のスマホアプリで見られるサービスもあります。

ほとんどの新電力はWEBのマイページでの確認になるので、アプリで見られるのはかなり珍しいです。

ただ、正直に言ってしまうと使用量の確認であればマイページで十分事足りるので、そこまで大きなメリットとは言えないかもしれませんね。

楽天でんきのメリット

電気料金の支払いで楽天ポイントが貯まる

楽天でんきの一番のメリットといえば、電気料金の支払いで楽天ポイントが貯まるところでしょう。

・楽天カード以外での支払い
⇒電気料金200円につき1ポイント

・楽天カードでの支払い
⇒上記+電気料金100円につき1ポイント

ただ、先程も書いたようにポイント還元分を差し引いてもあしたでんきの方がお得なので、電気料金の節約が目的の方はあしたでんきを選ぶことをおすすめします。

支払い方法に楽天ポイントが選べる

たまった楽天ポイントで電気料金の支払いができるというのも楽天でんきのメリットの一つ。

ただ、これは毎月楽天ポイントがざくざく入ってくるという超ヘビーユーザーの方であれば便利ですが、毎月もらうポイントが数十~数百ポイント程度の方にはあまり意味がないかもしれません。

あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきのデメリット比較

当然この3社にもデメリットはあります。

契約してから後悔することのないよう、必ず目を通しておいてください。

あしたでんきのデメリット

供給エリアが限られている

Looopでんきが沖縄・離島を除く全国9エリア、楽天でんきが離島を除く全国10エリアに対応しているのに対し、あしたでんきが対応しているのは東北・東京・中部・関西・中国・九州の6エリアのみ。

1エリアしか対応していない新電力も多いので6エリアでも十分広い方ではありますが、Looop・楽天と比較すると狭く感じてしまうかもしれませんね。

Looopでんきのデメリット

キャンペーンがない

Looopでんきには、あしたでんきや楽天でんきが実施しているようなお得なキャンペーンはありません。

これまでに何度かキャンペーンは実施していましたが、電力会社にとって大事な夏の時期に何もないというのは正直物足りない感じもしますね。

これだけであしたでんき・楽天でんきに安さで2,000円分の差を付けられてしまっているということなので、3社での比較となるとこの点はデメリットと言わざるを得ません。

メールアドレス大量流出で評判がガタ落ち

Looopでんきは、2019年6月28日に7,676件の顧客のメールアドレスを流出させてしまうという問題を起こしました。

それだけでも十分問題ですが、その後のLooopでんきの対応があまり良くなかったことでさらに評判が悪くなってしまっている状況です。

これまで利用者からの評判がかなりよかっただけに、こんなことで評判を落としてしまったのは残念としか言いようがありません。

誠意ある対応で信用回復に努めてほしいと思います。

楽天でんきのデメリット

20A以下は契約できない

現在20A以下で利用している方は、楽天でんきを契約することができません。

どうしても契約したい場合は、現在の電力会社でアンペアを30A以上に変更する手続きを完了させてから楽天でんきに申し込む必要があります。

かなり面倒な上に、アンペアを上げた分一時的に高い基本料金を支払わなければいけないので、全くおすすめできません。

あしたでんきであれば20A以下でも申し込めるので、現在20A以下で利用している方はあしたでんきへの申し込みをおすすめします。

3社に共通したデメリット

続いて、あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきに共通したデメリットをまとめて紹介します。

使用量によっては割高になることもある

先程のシミュレーションでも少し触れましたが、従量料金単価が一律だと使用量によっては逆に割高になってしまうケースもあります。

これだけ聞くと少し不安になってしまうかもしれませんが、事前にシミュレーションさえしておけば割高になるリスクは防げます。

申し込み前には、必ず自身の使用量でシミュレーションをしておきましょう。

ガスやスマホのセット割がない

新電力=電気とガスをまとめるというイメージがある方もいるかもしれませんが、3社とも他サービスとのセット割はありません。

ただ、その分電気料金の安さで利用者に還元していますし、セット割が適用される他社新電力よりもお得なケースがほとんどです。

セット割は「なんとなくお得そう」というイメージがありますが、本当にお得かどうか見極めることが大切です。

あしたでんき・Looopでんき・楽天でんきの口コミ評判比較

実際の利用者の声も、電力会社選びの際の大切な判断材料になります。

とはいえあまり鵜呑みにするのもよくないので、参考程度にご覧ください。

あしたでんきの口コミ・評判

シンプルさを高く評価

あしたでんきのシンプルに電気料金が安いサービスを高く評価する声も多数挙がっています。

付帯サービスが多い新電力はややこしいですし、あしたでんきくらいシンプルな方が絶対におすすめです。

東京電力の子会社だから安心!

電気料金が安くなるのはもちろん、信頼できる会社という点を評価している方もいました。

電気は生活に密接に関わるものですし、できるだけ安心して契約できるところを選びたいですよね。

そういった意味ではあしたでんきは最も信頼できる新電力と言えます。

Looopでんきの口コミ・評判

アプリで見られるのが嬉しい

他の新電力にはなかなかないアプリで使用量が見られるサービスが気に入っているという方もいました。

私も以前Looopでんきのアプリを利用していましたが、WEBのマイページがかなり使いにくいのでよくアプリの方で見ていました。

ただ、スマホの容量に余裕がないという方は残念ですがWEBで見るしかありません。

メールアドレス流出で怒りの声続出

2019年8月現在、ツイッターでLooopでんきを検索して出てくるツイートのほとんどがメールアドレス流出に関するものです。

流出したこと自体はもちろんですが、その後のLooopでんきの対応があまり良くなかったために、余計に不満が溢れ返っている状態ですね。

楽天でんきの口コミ・評判

ポイント支払いができるのが嬉しい

ポイント支払いは楽天でんきの独自のメリットなので、話題にしている利用者の方も多い印象ですね。

50ポイントから電気料金の支払いに充てることができるので、期限ギリギリのポイント消費にもよさそうです。

割高になってしまう

先程もシミュレーションで触れましたが、楽天でんきは使用量によっては逆に割高になってしまいます。

いくら楽天ポイントがもらえても、電気料金が高くなってしまっては意味がありませんよね。

評判がいいのはあしたでんき

私が調べた限りでは、あしたでんきが総合的に見て一番評判が良かったです。

楽天でんきはポイントに関する評価は高いものの、料金が割高になってしまう点がネックという方もちらほら。

Looopでんきは以前はかなり評判が良かったのですが、残念ながら今はメールアドレス流出の件ばかりで荒れている状態です。

「Looopでんきからあしたでんきに乗り換えた」「楽天でんきと迷ったけどあしたでんきにした」という方も多く、今回比較した3社の中でも一番選ばれているのがあしたでんきでした。

まとめ:おすすめはあしたでんき

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●2019年現在【業界最安】
●使用量がリアルタイムで把握できる
●東京電力の子会社なので安心
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今までいろんな新電力について調べてきましたが、2019年8月現在これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

私もあしたでんきを利用していますが、毎月1,500円ほど安くなりとても満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、まずは1ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※今ならあしたでんきの申し込みで2,000円分のアマゾンギフト券がもらえます!

夏はエアコンで電気代が上がるので、ぜひ一日でも早い切り替えをおすすめします。

評価:5.00 - 1件の票数

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)