AIでんきの料金・評判まとめ!確かに安いけど気になるデメリットも

数ある新電力の中でも、AIによる電力管理を導入している唯一の電力会社「AIでんき」。

北海道、北陸、沖縄を除く全国で電気を提供しています。

人工知能が電力管理を行うという先進性に目が行きがちですが、実はけっこう安くてお得な新電力なんです。

「基本料金0円」+「一律の従量料金」という組み合わせで、その安さは安いと大人気のLooopでんきを上回るほど!

個人的にかなりおすすめできる新電力です。

今回はそんなAIでんきのおすすめ理由や口コミ・評判、他の電力会社と比較した結果などを徹底的にまとめました。

おすすめなのはこんな人
  • 使った分だけ電気代を支払いたい人
  • 特典やセット割などがいらない人
  • とにかく電気代を安くしたい人
  • ただ調べていくと、知らないと損をするデメリットも発見したので、そうした気になるデメリットもしっかりとお伝えします。

    ぜひAIでんきを検討している人だけでなく、お得な新電力を探している方は参考にしてください!

    AIでんきとは

    AIでんきのAIとはその名の通り人工知能のことで、AIによるリアルタイム電力管理によって電気を供給しています。

    AIでんきではAIが過去の電力使用状況から最適な電力量を測定して仕入れ、売買や申請の自動化を実現することで、より効率的な経営や人件費等の大幅な削減を達成しているんだそうです。

    自動化による効率化によって、低価格を実現しているんです。

    AIでんきの料金

    早速ですが、AIでんきがおすすめできる理由はとにかく安いということ。

    その安さの秘訣は

  • 基本料金が0円
  • どれだけ使っても料金が一律
  • 料金単価は業界で最安水準
  • にあるんです。

    基本料金が0円

    基本料金とは電気の使用量にかかわらず毎月払う料金です。

    東京電力と比較してみました。

     東京電力AIでんき
    30A842.4円0円
    40A1123.2円0円
    50A1404円0円
    60A1684.8円0円

    ほとんどの方は40Aか50Aで契約されているので、基本料金だけで毎月1,123円~1,404円がかかってしまいます。

    一方、AIでんきには基本料金がありません。つまり、それだけで毎月1,000円以上が浮くということ。

    ここでは東京電力エリアで比較しましたが、ほかの地域でも同様に基本料金(最低料金)が0円でお得になっています。

    これが安さの理由1つめです。

    一律の従量料金

    従量料金は電気を使った分だけ支払う料金のことです。

     東京電力AIでんき
    ~120kwh19.52円25.9円
    120~300kwh26.00円25.9円
    300kwh30.02円25.9円

    一般的に電気の使用量が増えるほど単価が上がっていく仕組みなのですが、AIでんきはこれが一律です。

    つまりたくさん使っても料金が上がらないということ。

    この料金設定がAIでんきが安い2つめの理由です。

    ちなみに、他にも「基本料金0円」+「従量料金一律」の新電力はありますが、その中でもAIでんきの料金設定は最安水準。

    電力会社従量料金
    (一律)
    AIでんき25.9円
    Looopでんき26円
    親指でんき26円
    ソフトバンクでんき26円
    楽天でんき26円

    他の新電力よりもさらに安い単価にしたことで、競合を上回る安さを実現しているんです。

    その他のエリアの料金

     基本料金従量料金
    (一律)
    東北・東京・中部エリア0円25.9円
    関西・九州エリア0円22.9円
    中国・四国エリア0円23.9円

    シミュレーション

    では、AIでんきに乗り換えるとどれくらい安くなるのか、いくつかのパターンでシミュレーションしてみました。

    参考になるように、他の人気の新電力とも比較しています。

    ご自身の使用状況と近いところを参考にしてみてください。

    1人暮らし 1か月128kwh使用(少なめ)

    ⇒該当する人
    ●平日はお仕事でほとんど家にいない
    ●エアコンなどはあまり使わない
    ●土日は外出することも多い

    電力会社電気料金東電からの節約額
    東京電力3,673円
    AIでんき3,315円-358円
    Looopでんき3,328円-345円
    東京ガス3,561円-112円
    東急電気3,605円-68円
    ENEOSでんき3,658円-15円

    電気の使用量が少ない場合は単価が高いので損をするのでは?と思うかもしれません。

    しかし基本料金0円が割高な単価を補ってくれるので、結果として安くなるんです。

    1人~2人暮らし 1か月200kWh使用(ふつう)

    ⇒該当する人
    ●平日家にいることが多い1人暮らしの人
    ●節約志向の2人暮らしの人
    ●エアコンはつけたり消したり

    電力会社電気料金東電からの節約額
    東京電力5,518円
    AIでんき5,180円-338円
    Looopでんき5,200円-318円
    東京ガス5,326円-192円
    東急電気5,469円-49円
    ENEOSでんき5,393円-125円

    3~4人世帯 1か月400kWh使用(多め)

    ⇒該当する人
    ●日中は家にいる時間が長い
    ●エアコンは毎日使用

    電力会社電気料金東電からの節約額
    東京電力11,144円
    AIでんき10,360円-784円
    Looopでんき10,400円-744円
    東京ガス10,489円-655円
    東急電気10,900円-244円
    ENEOSでんき10,377円-767円

    5人以上世帯 1か月600kWh使用(かなり多め)

    ⇒該当する人
    ●お子さんや家族が多い人
    ●各部屋でエアコンをたくさん使う

    電力会社電気料金東電からの節約額
    東京電力17,429円
    AIでんき15,540円-1,889円
    Looopでんき15,600円-1,829円
    東京ガス16,139円-1,290円
    東急電気16,813円-616円
    ENEOSでんき15,808円-1,621円

    東京電力だけでなく、ほかの新電力を加えてもその安さが際立ちますね。

    特に使用量が増えるほど節約額が大きくなっていくのが分かります。

    600kWhを使うような方では、1か月に2,000円近くもコストカットになっています。

    年間で20,000円以上になりますから、かなりの節約になるでしょう。

    まとめ

    電気をあまり使わない方からたくさん使う方まで、ほかの新電力と比べてもかなりお得になっているのがわかったと思います。

    ここでは東京電力エリアで計算してみましたが、ほかのエリアでも同じように安くなるので安心して利用することができますよ。

    要注意!AIでんきのデメリット

    ここまでAIでんきのメリットを中心にお伝えしましたが、もちろんデメリットもあります。

    知らないで契約すると損をすることになるので、デメリットもしっかりと紹介しておきます。

    最低料金がかかる

    公式ホームページには大きく書いてありませんでしたが、実はAIでんきには最低料金が設定されています。

    最低料金が設定されているということは、電気を全く使わなかった場合でも電気代がかかるということです。

    同じく基本料金0円のLooopでんきには最低料金がないため、例えば長期の旅行や出張などで全く電気を使わなかった月や、普段は使わない別荘などの電気代はかかりません。

    しかしAIでんきには最低料金があるため、基本料金が0円なので使わないとタダになると思い契約すると、実は違ったということになるので要注意です。

    ちなみにこの最低料金がどういう場合で適用されるのかについては詳しい記載がありませんでした。

    しかし、公式サイトのシミュレータ―で計算して分かったのでまとめました。

    気になる方は目を通してください。

    東北・東京・中部・九州エリア

    契約アンペア数使用量発生する最低料金
    30A~25kWh680.4円
    40A~35kWh907.4円
    50A~45kWh1,134円
    60A~55kWh1,360.8円

    九州・中国・四国エリア

    契約アンペア数使用量発生する最低料金
    30A~50kWh1360.8円
    40A~60kWh1360.8円
    50A~70kWh1360.8円
    60A~80kWh1360.8円

    関西・中国・四国の方は高くなることも

    AIでんきの基本料金0円は、関西・中国・四国エリアでは最低料金が0円ということになります。

    しかしこれらの地域では最低料金がそもそも少額なので、0円の恩恵をあまり受けられないことになります。

    加えて、従量料金は第一段階がAIでんきのほうが高いため、電気をあまり使わない一人暮らしの方(毎月3,500円前後の方)の場合、かえって割高になることもあるんです。

    関西・中国・四国エリアの方はご自身の料金明細から使用状況を確かめてみてください。

    変更等の連絡に手間がかかる

    AIでんきの申し込みは申し込みフォームから、料金の確認はマイページから、契約内容等の変更はお問合せフォームからと連絡の手段がバラバラで手間がかかります。

    すべてマイページで完結している新電力もありますし、ここはもう少し改善できる点だと思います。

    ホームページがサーバーダウン!復旧もかなり遅かった

    2019年3月8日から数日間、公式サイトが見れない状態が続いていました。

    申し込みやお問合せは公式サイトを経由しないと不可能なため、サーバーダウンは利用者やAIでんきを検討している方にとっては不自由なことでしょう。

    復旧にもかなり時間がかかっており、対応の疑問が残ります。

    AIでんきの口コミ・評判

    AIでんきの口コミ・評判を探しましたが、見つかりませんでした。

    今後見つけ次第、追加していきますm(__)m

    AIでんきの申し込みの流れ

    申し込み方法

    申し込みはWEBサイトからのみ受け付けています。

    必要なもの

  • 検針票
  • クレジットカードまたは口座情報
  • 契約期間

    一年間の自動更新(解約金は0円)です。

    支払方法

  • クレジットカード
  • または

  • 口座振替
  • 補足:Looopでんきとどちらがおすすめ?

    基本料金0円で有名な新電力にLooopでんきがあります。

    料金ではLooopでんきを下回っていますが、LooopでんきよりもAIでんきのほうがおすすめと言えるのでしょうか?

    ここではAIでんきとLooopでんき、それぞれがお得になるケースをまとめてみました。

    北海道、北陸エリアの方⇒Looopでんき

    AIでんきは北海道と北陸では電気を供給していないので、このエリアの方はAIでんきを利用することができません。

    一方Looopでんきは沖縄を除く全国で利用できます。

    特にもともと電気料金が高く、基本料金0円の恩恵を最も受ける北海道でAIでんきを利用できないのは残念です。

    東北、東京、中部、中国、四国、九州の方⇒AIでんき

    のちほど詳しい料金を紹介しますが、これらの地域ではAIでんきのほうがLooopでんきより単価が安いです。

    なので、これらの地域の方はAIでんきと契約したほうがお得になるでしょう。

    関西の方⇒Looopでんき

    見落としがちなのですが、実は関西エリアのみAIでんきよりLooopでんきのほうが単価が安く設定されています。

    関西エリアにお住まいの方は、Looopでんきを利用したほうがお得です。

    長期の出張や旅行をする方、別荘をお持ちの方⇒Looopでんき

    Looopでんきの場合、基本料金が0円なだけでなく最低料金もありません。

    つまり、長期の旅行や出張などで全く電気を使わなかった月の電気代は0円ということです。

    一方、AIでんきには最低料金が設定されています。

    詳しくは【デメリット】のところで説明しますが、電気を全く使わなかったとしてもこの最低料金を毎月支払わなければならないんです。

    家を空ける機会が多い方は、お住まいの地域にかかわらずLooopでんきをおすすめします。

    まとめ

    AIでんきについてまとめてきました。

    Looopでんきと非常によく似た料金プランで、なおかつLooopでんきよりも安いAIでんき。

    AIによる電力管理という先進性だけでなく、その安も十分に評価できる内容でした。

    ただ利用できない地域や、むしろ高くなる地域があったり、公式サイトには大きく記載されていない最低料金があるなど、気になるデメリットもありました。

    AIでんきを検討している方は、これらのデメリットをよく理解したうえで契約をおすすめします。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)