関電エリアおすすめ新電力「和歌山電力」のプラン比較・評判まとめ

評価:4.50 - 4件の票数
和歌山電力のプラン比較や評判まとめ

関西電力エリアに住んでいるなら「和歌山電力」を知らないと損するかもしれません。安さには定評があり、大手新電力にはない魅力が満載となっています。

ただ、テレビCMやネットメディアであまり取り上げられないので、当サイトで出来る限りの情報をお届けすることにしました。

関西電力以外の方には関係ない内容となっているので、その他のおすすめ新電力をご覧になりたい方は以下からお進みください。

和歌山電力とは

テレビなどにバンバン露出している新電力ではないので、和歌山電力という社名を聞いたことがない人も多いはずです。実態を把握しておかないと不安だと思うので、簡単に組織の概要を紹介しておきます。

社名 和歌山電力株式会社
設立 2015年1月9日
所在地 和歌山県和歌山市塩屋5-5-43 エフエム和歌山3F
電話番号 073-481-4509
代表者 山口 高史
資本金 調査中
従業員数 調査中
事業内容 電力の売買及び仲介業務
発電及び発電に関する取引
主要提携先 株式会社日本新電力総合研究所
いこま電力株式会社
滋賀電力株式会社
はりま電力株式会社

大手の新電力と比較すると事業規模が見劣りしているように感じるかもしれません。また、電力自由化に合わせて2015年1月に設立された会社で、これまでの実績などは確認することができませんでした。

他サイトに社長のことが書いてあったので一応記載しておきます。

和歌山電力の社長「山口高史」

同社の山口高史代表取締役(31)は「和歌山で生まれた電気を和歌山で使う、電力の地産地消を目指したい。太陽光発電など、県内に再生可能エネルギーの発電所をつくりやすい環境を整えたい」と意気込みを語った。

出典:わかやま新報

なんと31歳!はじめて知った方は若すぎるんじゃ・・と思い心配になる方もいるでしょう。

  • 会社が潰れたりしないのか
  • 電気がこれまで通り安定供給されるのか 等々

しかし、そのような問題は心配しなくても大丈夫です。地産地消の電力も取り扱うようですが、基本的には関西電力のバックボーンを使って運営されることになります。

その為、災害によって通電に不備が出たとしても、和歌山電力の規模によって復旧時間に差がでるようなことはありません。この事は他の新電力も同様で、あくまで「小売」を担当しているだけで供給に支障が出るのはまずないでしょう。

好評な口コミが多く評判は良さげ

後ほど説明しますが、和歌山電力の魅力は何といっても安い電気を提供している新電力です。その内容を知った方からの反応は良く、既に申込みして関電よりお得になった人も多そうです。

しかし、大々的に宣伝している訳じゃないので、比較サイトが取り上げているだけで一般の口コミは少ないように感じました。もう少し期間が経てば契約者たちの投稿も増えてくると思うので、更新され次第、当記事も最新のものにしていきます。

和歌山電力のメリットは安さ

和歌山電力のメリットは安さ

関西の方に和歌山電力をおすすめする理由は「安い電気代」にあります。切り替えをする最大の目的を叶えてくれるうえ、他の新電力と比較しても全く引けをとらず、激戦区の関西でもトップクラスの低価格を実施しています。

では、どの程度安くなるのか見ていきましょう!

電気代5,000円以上で一律20%削減

従量電灯Aを契約している方で、200kWh以上の使用をしていると5,000円を超えてきますが、和歌山電力ではその分に関して「一律20%削減」をすることができます。

一応、関西電力との電力量料金(単価)比較を説明します。

最低料金 関西電力 和歌山電力
373.73 373.73
15kWh~120kWh 22.83 22.83
120kWh~200kWh 29.26 29.26
200kWh~300kWh 29.26 23.41
300kWh~ 33.32 26.66

電気使用量が増えるにつれお得も増加しているのが分かると思います。単身世帯の方には大きなメリットを感じることができないでしょうが、3人以上で電気代が10,000円を超えるような家庭だと、目に見えた削減が可能となります。

公式HPに切り替えた際の料金シュミレーションがあったので引用しておきます。

和歌山電力の料金シュミレーション

さすが激戦区の関西地区で注目されるだけあって、数多くの新電力を調査してきた私も驚きの安さです。会社規模が小さいからこそ大手に立ち向かうため頑張っているのが分かりますね!

シンプルな料金プランで煩わしさがない

同地区で安さが注目されている新電力に「ソフトバンクでんき」がありますが、自社サービスを併用してセット割を提供させると、和歌山電力よりお得に利用することが可能です。

おそらく電力比較サイトなどで料金シュミレーションすると、ソフトバンクでんきが一番お得!と紹介されることが多いはずです。但し、それはソフトバンク光やスマホを一緒に契約していることが条件となっており、表示されるほどのメリットは受けられないでしょう。

仮に全てのセット割に加入して割引を受けられても・・

  • 途中で加入内容の変更をしづらくなる
  • どれかを解約するとメリットが激減する
  • 高額な違約金が発生するリスクがある

電気代を節約できたとしても、その分を吐き出してしまう可能性があります。

しかし、和歌山電力は単純に電気代を引下げすることができ、ネットやスマホの契約に疎い方にも優しいプラン設計になっています。しかも、上記で説明したセット割でのデメリットもほぼなく、契約後に心配することはほとんどありません。

和歌山電力のデメリットは?

和歌山電力のデメリットは?

ここまでは非の打ちどころがない新電力で、私が関西に住んでいたら切り替える第一候補になること間違いなしです。でも、そんなにメリットしかない新電力があるのか?と疑ってしまう人も多いでしょう。

ひとつでも不安が残っている状態で切り替えるのはおすすめしないので、考えられるデメリットも合わせてお伝えさせてもらいます。

契約期間内の解約は違約金がある

解約違約金0円」を掲げている新電力が多い中、和歌山電力は以下の違約金を設定しています。

  • お家電灯A:2,160円
  • お家電灯+長期割:3,240円

上記は最低利用期間1年以内に解約した場合に請求されます。ただ、「お客様の引っ越し等で引っ越し先での再契約が不可能な場合等は除きます。」と記載があるので、他社に切り替えることをしなければ、掛からないケースが多いはずです。

支払方法の選択肢が少ない

当社ではコスト削減の徹底のため、基本的にお支払方法は口座振替(口座からの引き落とし)のみに絞りご対応しております。

大手新電力では請求書払い、クレジットカード、口座振替など様々な支払い方法を用意していますが、和歌山電力では上記の理由から「口座振替」しか支払方法がありません。

ただ、ネット銀行などが普及した今では、口座を保有していない人はほとんどいないのではないでしょうか。支払方法にクレジットカードのみの新電力もあるので、まだ口座振替の方が良い気がします。

カスタマーサポートが充実していないかも・・

そこまで大きな会社ではないので、申込みが殺到した場合などに問い合わせ窓口が混雑する可能性があります。公式HPに代表の電話番号が記載されているだけで、一般の方が問い合わせする番号の案内は見当たりませんでした。

電気のトラブルがそんなに起こるとは思いませんが、大手ほど満足いくサポートがないのは予め理解しておいた方がいいです。

まとめ

メリット・デメリット両方を説明しましたが、関西電力エリア内に住んでいるならおすすめしたい新電力のひとつです。知名度こそあまりなくても、消費者の電気代を安くしたい気持ちは十分伝わってきます。

ただ、関電をはじめ関西地区は安い電気を提供する新電力が多いので、即決はせずにあなたに合ったところを慎重に選ばれてください。

 

評価:4.50 - 4件の票数

コメント

  1. やすくはない より:

    はじめまして、電力会社の見直ししてますが、料金比較わかりにくいですよね。エネチェンジでもやってみましたが、実際安くなってると思ってみると比較する元の電気量合計が実際請求された合計より高かったりして意味ないじゃんってなります。まあ、あくまで参考としてで正確でないのはわかってますが・・・中部電力使っていて、従量灯Bと深夜電力Bで契約してますが、中部電力の新料金には、深夜電力プランはなくなり実質の値上げと変わりません。ポイントで誤魔化してますが・・・

    明細を見れば、再エネ発電課金はプラスされ、燃料費調整額としてマイナス、マイコン型蓄熱機器割引でマイナスとなっており、基本的な料金では比べられないのが現状です。各社、細かい見積もりを出して貰わないと、実際の金額はわからないですよね。現状が基本料と使用料だけの請求金額ではないんですから。結局、中部電力に至っては、新料金にせず、以前の契約のまま使い続ける方が安いんですから、何のための自由化なんでしょう。

    単純にプラン比較してネット申し込みは怖いですね。電話で今こういう料金だけど、そちらは、どうかと確認しないと、請求きてから後悔しそうです。最近カテエネ登録して、ネットで使用量など見れますが、マイコン型蓄熱機器割引やら燃料費調整額の割引があったのも明細よく見ないとわからないし、カテエネでは、確認できないんですよ。登録前の請求書引っ張り出して見たから気が付いたんです。使用量と金額わかれば比較できますけど、機器割引があるかないかも大きいですよね。割引と再エネ発電課金プラスして幾らとかわかりやすくして欲しいですね。

    なんか、ほとんど愚痴になってしまってすみません。見直す時期は、やっぱり3月くらいがキャンペーン来ますよね?どこも模索状態みたいですし、新サービスがプラスされたりありそうですよね?

    こういうサイトはありがたいです。デメリットも書いてくれてますし参考になります。
    これからも参考にさせて頂きます。

コメントを残す

*