電力自由化で悪質な勧誘・詐欺の被害に遭わないためには?

評価:2.67 - 3件の票数
電力自由化の詐欺被害

電力自由化に便乗した詐欺などの被害報告が続々と報告されていますが、マイナンバーなど大きな変化がある時には必ずといって良いほど現れてくる奴らです。

振込み詐欺の被害額も年々増加しており、特にお年寄りなどネットで情報を得ることが難しい人たちが、割合の多くを占めているようです。

おそらく電力自由化でも情弱の方々が標的の中心になっていくと思われますが、新電力への切り替えは世代に関係なくあなたにも関係してくる事なので、これから紹介する内容はきっと役立つときがくるはずです。

上記では代表的な騙す手口などを紹介しているので、こちらの記事と合わせて読んで頂けるとより参考になると思います。

90%の人は電力自由化を知らない

朝のニュースを見ていたらこの記事を書くきっかけとなるものがありました。以下の結果は「18歳以上の男女200人」にアンケートしたものだそうです。

電力自由化を知っていますか?
聞いたことがない 3.5% 7人
知ってるけど内容は詳しく知らない 87% 174人
内容を詳しく知っている 4% 8人
その他 5.5% 11人

なんと、電力自由化のことを詳しく知らない人は90%以上いるようです。ほぼ全世帯が対象となることなので、これだけの割合が知らないとなると被害に遭う割合もそれだけ多くなるはずです。

経済産業省など公的なサイトでも注意喚起は行っていますが、文字ばっかりであまり読みたくない作りとなっています。その為、当サイトでは出来るだけ分かりやすく読み易さを重視して、詐欺被害に遭わないよう方法をお伝えしていこうと思います。

悪質な業者はこのように騙してくる

それでは電力自由化で詐欺被害に遭わないように、予想される手口を紹介していきます。全く同じでなくても同様のことが身の回りで起こったら、それは詐欺の可能性が高いので、国民生活センターや警察などに相談するようにしてください。

電気代が倍になるから太陽光発電にしましょう

電気代が高くなる!太陽光パネルの営業

電力自由化で電気代が下がる」のは皆さんがご存じのことですが、逆に電気代が倍ちかくなってしまう・・と論しているサイトも数多くあるのをご存知でしょうか?

確かに日本より自由化を先駆けて行っている海外事例では、元々の電気代より上がってしまったケースも実際にあります。原因は企業側の利益を追求してしまったことや、電気を作るコストが上昇したことが影響してしまったようです。気になる方は以下の記事をご覧ください。

話しを戻しますが、このような事実があることを言いことに、悪徳業者は「日本でも電気代があるから太陽光パネルを設置した方がいい」と消費者の不安を煽り、買う気がなかったものを購入させようとしてきます。

自由化で将来の電気代は2倍になるというウソを並べて、400万円以上もする太陽光発電システムを契約させられたケースもある。こうした相談が国民生活センターだけでもすでに200件以上もあるという。

出典:あさイチNHK朝採り情報

このような悪質な業者とは一切付き合わない

相手も営業のプロなので、一度話をしてしまうと購入するまで帰ってくれません。少しでも不信感を感じた時はシカトもしくは、警察などに通報する旨を伝えて追い払ってください。

日本の電力自由化は海外の失敗例などを考慮して進められているので、同じような失敗はおそらくないと思います。また、200社以上の企業が参入することから、料金の透明性を保つことができ損することはないと思っていて大丈夫でしょう。

スマートメーターの設置で費用を請求してくる

スマートメーターの設置費用を請求する詐欺

新電力に切り替えするのに「スマートメーターの設置」は必ず必要な作業となります。2020年までには全世帯へのメーター設置をする予定ですが、まずは切り替えする人を優先に行っていくようです。

設置が必須ということもあり「費用はいくら?」と感じてしまう人が多く、正しい知識がないままでいるとありもしない設置費用を払ってしまうトラブルが考えられます。

スマートメーターの設置費用は原則無料であり、東京電力でも以下のように記載しています。

原則として、費用はいただきません。
なお、当社の社員や工事会社を装った詐欺・窃盗・悪質な勧誘にご注意ください。

出典:東京電力公式HP

テレビやネットで情報を確認している方であれば良いですが、田舎の親御さんなど電力自由化についてあまり新着情報が入ってこないのであれば、メーター設置工事の注意点などは伝えておいてあげると良いかもしれません。

訪販・電話勧誘で「電気代が安くなりますよ」

訪問販売・電話営業で新電力の勧誘

この営業には最も気をつけなくてはいけません。決して詐欺という訳ではありませんが、あなたにメリットある新電力となる可能性が極めて低くなり、大して電気代が下がらない・・という結果になります。

なぜそのような結果になってしまうのか?いくつか理由を紹介します。

  • 特定の新電力しか選ぶことができない
  • 自分たちの利益しか考えず、消費者のメリットは考えていない
  • 都合の良い内容だけでデメリットを伝えない

訪問販売・電話加入の営業マンは会社のため、そして自分の営業歩合のために活動をしています。騙して契約しようとは考えていないでしょうが、「この情報を伝えると契約できない」と思った時は、契約を優先して結果的には騙してしまうことが多いのです。

電力自由化に限らず訪販・電話での契約ではトラブルが後を絶たず、相談する件数は非常に高く推移しています。本当にお得になりたいのであれば利用しないことをおすすめします。

まとめ

上記で説明したことさえ覚えておけば、悪質な業者と遭遇したとしても騙されることはないはずです。ただ、簡単には帰ってくれない業者も多いので、もし対応に困った場合は「警察などに相談」するのが一番の解決策になると思います。

新電力となる企業の数が多すぎて難しい選択となりますが、あなたのライフスタイルに合ったものを消去法で選んでいけば、意外に少ないことに気づくことができるはずです。

それでも1社に決めかねて困ってしまった場合は、当サイトに問い合わせをしてもらっても大丈夫です。また、今後も役立つ情報を更新し続けるので、定期的に訪問していただけると幸いです。

評価:2.67 - 3件の票数

コメントを残す

*