電力自由化に不安視?東京電力が抱える2つのリスクとは

評価:3.00 - 1件の票数
電力自由化のリスク

東日本大震災をきっかけに電力自由化が進められ、ようやく2016年4月に解禁されますが、ここにきて市場が大混乱する?とのニュースが飛び込んできました。

自由化で主の存在となる東京電力がその原因となるようで、一般家庭の電力を乗り換えしようとしているのであれば知っておいた方が良さそうです。

どんなサービスも開始間もない時は混乱するものですが、まさかの電気が使えない・・ってことにならないように少し様子見するのも正しい決断となるかもしれませんね。

電力自由化で大混乱?2つのリスクとは

東京電力が抱える2つのリスクを説明していきますが、もう少し前から分かっていた事なのに、このようなニュースがなぜ今頃流れるのかちょっと不思議です。

インターネット光回線「フレッツ光」が光コラボレーションを開始する時も、「受付が間に合わない」などの混乱がおきましたが、企業の怠慢で消費者に迷惑をかけるのはどうかと思います。

結局、企業側の利益を優先してしまったことが原因でしょうから、電力自由化でも国営と勘違いしてしまいそうな「東京電力」さんがどのように対応するか少し楽しみです。

スマートメーターの切り替え工事遅れ

まず、ひとつ目のリスクとなっているのが「スマートメーターの工事遅れ」です。

スマートメーターの設置』でも説明していますが、新電力への乗り換えには必ずスマートメーターへの切り替えが必要となり、東京電力から設置工事を依頼された業者に設置してもらうしかありません。

電力自由化が開始してすぐは市場がごった返すでしょうから、設置業者の数が足りなくなってしまうリスクがあり、申込みしたのに全然切り替わらない・・といったことになる人が多くなりそうです。

実際に設置業者からも不安視する声が出ており・・

設置のスケジュールにまったく余裕はない」「いつ、どのくらいの契約切り替え需要が出てくるか予測できないため作業員の確保も難しく、それも工事が遅れている一因だ

出典:Yahoo!ニュース

ただ、安心してもらいたいのは設置工事が遅れたとしても「電気が止まることはない」ということです。設置が遅れてストレスだけは溜まりますが、最も被害を受けるのは新電力側となります。

ちなみに切り替え作業の進捗は以下のようになっています。

1月末までに東電管内でスイッチングを申し込んだ3万3000世帯のうち、スマートメーターに切り替えられた世帯は6100世帯。切り替え率はわずか18.4%にとどまっている。日々、スイッチングをする世帯は増えており、2月12日には東電管内で9万世帯に達し、2週間で2.7倍に跳ね上がった。

出典:Yahoo!ニュース

誤請求が発生する可能性がある

2つ目のリスクとして考えられているものが「誤請求が発生する可能性」です。

実はスマートメーターの設置が遅れているのとは別に、東電が電力自由化に向けて開発してきたシステムが完全に完成していないというのです。このシステムが不具合を起こすと一体どうなってしまうのか?考えらえれることを以下に紹介しておきます。

  • 新電力に切り替えしたのに、東電から請求書が届く
  • 隣の家の電気料金を請求される可能性がある

出典:Yahoo!ニュース(システム関係者)

上記のようにあってはならないトラブルが発生する可能性があり、既に申込みしてしまっている人には不安しか残らない状況となっています。時期が経てば改善していくのは間違いないですが・・

あるシステム関係者は「バグの改修が追い付いていない。何点かと聞かれれば70点に満たないし、合格点を与えられる状況ではない」と打ち明ける。

関係者が70点と言っているということは、実際に不具合が確認されているのでしょう。このような状況で消費者に提供していく訳ですから、早々に切り替えた方々はある程度覚悟が必要なのかもしれません。

まとめ

開始前のこの時期に聞きたくなかったかもしれませんが、今一番焦っているのは新電力となる企業だと思います。消費者にトラブルが起こった時は全て新電力へ問い合わせがいくので、おそらく電話窓口はパンクし、どうすることもできない状況になるでしょう。

もし、少しの期間我慢ができるのであれば、市場が落ち着きを見せた時期に申込みすることをおすすめします。

評価:3.00 - 1件の票数

コメントを残す

*