東北電力の料金プラン一覧を新電力(PPS)と比較してみよう

(未評価)
東北電力の料金プランを新電力(PPS)と比較

東北電力の料金プラン一覧を紹介していきますが、東日本大震災によって被害を受けた福島第一原発事故の影響から、電力については他より敏感だと思います。

しかも、全国の原発稼働に関して、連日のようにテレビやネットでは議論されており、新電力への乗り換えも料金の安さだけが決めてではない人も多いでしょう。

ただ、新電力にはCO2フリーなどクリーンな電力に特化した企業もあり、東北の人たちにとっては電力自由化で乗り換えを検討することが、良い電力を選べる機会かもしれません。

一般家庭向けの料金プラン

東北地方を管轄している東北電力で、家庭向けとして設定されている料金プランは大きく分けて6つあります。新電力に乗り換える前にプランの比較をしておくと役立つはずです。

従量電灯B

おすすめ:昼夜問わず電気を使用する家庭

  • 24時間の料金単価が同じ
  • 昼間も夜間も平均的に使用している
お得メーター

東北電力で一番メジャーな料金プランとなっており、昼夜問わず電気を使用している家庭向けの料金プランです。

従量電灯C

おすすめ:商店や事務所で利用する方

  • 時間帯によって料金単価が同じ
  • 6キロボルトアンペア(kVA)から50kVA未満の方
お得メーター

個人商店や小規模な事務所などで利用する人向けの料金プランです。

時間帯別電灯A(やりくりナイト8)

おすすめ:夜間に電気の使用が多い人

  • 23時から翌朝7時までが安い
  • 夜型の方におすすめのプラン
  • オール電化住宅におすすめ
お得メーター

電気機器のタイマー機能などを活用し、昼間に使用する電気を夜間に移せる人など、夜間の使用量が多い人におすすめの料金プランです。

時間帯別電灯B(やりくりナイト10)

おすすめ:夜間に電気の使用が多い人

  • 22時から翌朝8時までが安い
  • 夜型の方におすすめのプラン
  • オール電化住宅におすすめ
お得メーター

時間帯別電灯A(やりくりナイト8)のプランと同様、夜間に使用する電気量が多い人向けの料金プランです。

時間帯別電灯S(やりくりナイトS)

おすすめ:土日に在宅が多い人

  • 22時から翌朝8時までが安い
  • 少人数で利用する家庭向け
  • オール電化住宅におすすめ
お得メーター

昼間の時間に電気の使用量が少なめの方に向いています。比較的利用する人が少ない家庭の方におすすめの料金プランとなっています。

ピークシフト季節別時間帯別電灯

おすすめ:夏の午後に使用量が少ない人向け

  • 23時から翌朝7時までが安い
  • 夏場のピーク時に使用が少ない
お得メーター

夏季のピーク時(13時~16時)の時間帯に在宅率が低く、電気の使用は夜間中心という方にとってはおすすめの料金プランとなります。

地域独占の電力会社10社

新電力の料金プランは?


新電力の料金プランは『新電力の料金プランから選ぶ』をご覧ください。

(未評価)

コメントを残す

*