電力自由化とは何?仕組みやメリットをたった3分で理解する|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:4.30 - 10件の票数
更新日:2018/09/11

「電力自由化って知ってるでしょ?これから電気代のコスト削減できそうだね!」

これからそのような会話が日常的にされるようになるはずですが、テレビやネットのニュースでよく取り上げられているので、電力自由化というワード自体はご存じだと思います。

しかし、電力関連の仕事をしていない人にとってはその仕組みなど、全く理解していない人の方が多いのではないでしょうか?

今後、あなたの生活にも大きく関わってくる事であり、知っておくだけで地球やおサイフにも優しくなれる情報となります。3分程度で基礎知識を得ることができるのこの機会に学んでおきましょう。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

電力自由化とは?いつから?

関東であれば「東京電力」、九州であれば「九州電力」と契約をするのが一般的な認識ではなかったでしょうか。しかし、その常識を覆してくれるのが「電力自由化」であり、日本の全世帯に関係のある事なのです。

2016年4月に法律が改正され、一般家庭などへ供給している電力の小売りが自由化され、どの電力会社と契約するか、どのプランで利用するか選べるようになります。

でも、なぜこれまで地域の電力会社しか選べない仕組みだったのか?国営企業ではない電力会社に申込みするのが当たり前だったので、その事に対して不満を持っている人は少なかったはずです。

特にこれといった企業独力をしなくても電気代の徴収をしていた電力会社ですが、ある事をきっかけにその怠慢を正す議論が出始め、抜本的に企業体制の仕組みを変える事となりました。

きっかけは3月11日、福島第一原発の事故

皆さんの記憶にも刻まれている「東日本大震災」が電力自由化のきっかけとなりました。当時は電力不足で計画停電が頻繁に起こり、東電、関電などの連携が全く機能せず、仕組み自体に問題があるのは誰が見ても分かる事でした。

震災自体を喜ぶことは一切できませんが、昔から根付いた悪しき習慣を正せたのは国民にとって大きなメリットでしょう。

電力システム改革が閣議決定

小売りの全面自由化に向けた「電力システムに関する改革方針」が2013年4月2日に閣議決定され、以下3つの段階に分かれて成立が進められました。

  • 広域運用の拡大
  • 電力小売全面自由化
  • 発送電分離等(平成32年実施予定)

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

電力自由化でどんなメリットがあるの?

マスコミなどがこれだけ騒いでいるのだから、それなりにメリットを受けることができると期待されている方も多いはずです。大小様々だと思いますが、国民全員にメリットはあり最大限に活かせるよう準備しておきましょう。

電気事業への参入が自由化される

2016年に電力自由化が施行されるのが決まってから、多くの企業が参入を表明しております。これから更に新電力となる会社が増加すると思われますが、他業種からの参入も数多く報道されています。

新規参入企業

  • ソフトバンクグループ
  • 楽天
  • エプコ など

ほんの一例ですが通信、商社、ガス、石油、住宅などの業種からも参入が決まっています。あぐらをかいて地域独占していた電力会社が崩壊するのも時間の問題かもしれません。

電気料金の引き下げ効果

上記で説明した通り、新電力となる企業は100社を超えて販売合戦になるのは必然であり、その競争によって料金の引き下げ、プランの充実などで確実にメリットを受けることができるはずです。

昼間に利用する時と夜間に利用する電気代に変化を持たせ、高い時間帯にはあまり使わなくなるような生活スタイルが当たり前となり、料金引き下げだけでなく「省エネ効果」も一緒に改善されるようになるでしょう。

また、ソフトバンクでは通信機器とのセット割など、2次的なメリットを受けられるようになるので、できるだけ幅広い知識を持ち合わせる事がメリット幅に影響してくると思われます。知って損することではないので申込み前にはしっかり蓄えておきましょう。

おすすめはあしたでんき

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

2018年9月現在、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年!満足度NO1】あしたでんきの申し込みが急増中』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
あしたでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のあしたでんき公式サイトが安心です。

まとめ

電力自由化の仕組みとメリットを紹介しましたが、具体的な内容をはじめて知った方は人一倍喜びが大きかった事でしょう。上手に付き合っていけば間違いなく得する事でもあります。

短期的に見れば消費者に大きなメリットとなる訳ではありませんが、いつ何時でも利用する電力に関わる事ですから、家計を支える主婦などにとっては非常に助かると思います。

ただ、数多くの企業が参加することによってトラブルなどの報告も増えていくと思われます。ひとつだけアドバイスをしておくなら、料金やプランが魅力的に感じてもすぐに契約せず、評判や口コミなどを確認してからの方が間違いない選択となります。

今後は新電力会社の比較や、選ぶポイントなどを紹介していくので是非ご覧になってみてください。

評価:4.30 - 10件の票数

人気爆発中のあしたでんき

Looopでんきより安い新電力がついに登場しました。

基本料金0円、従量料金も一律。

東京電力100%の子会社ならではのカスタマーサービス。

2018年9月現在、間違いなくおすすめできる新電力です。

あしたでんきの申し込みはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電力自由化の仕組み・メリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。