東京電力の料金プランを新電力(PPS)と比較してみよう

評価:2.67 - 3件の票数
東京電力の料金プランを新電力(PPS)と比較

日本で一番シェアを占めている東京電力の料金プランを紹介します。予想以上にプランが多くて、記事を書いている私自身が少し驚いております。

家庭向けの電力自由化で業績の悪化が予想されますが、その前に多少のリスクヘッジを行っているのかもしれません。

これまで東京電力管内の方で料金プランを確認した事がある人は少ないでしょうが、新電力への乗り換え前に確認しておくと役立つ情報となるはずです。

ライフスタイルで選ぶ料金プラン

あなたのライフスタイルに合ったプランを選ぶことができるようです。朝方、夜型など電気代の節約ができるようなプランや、オール電化など電気給湯機を利用している方向けにもプランがあります。

従量電灯B・C

おすすめ:昼間の在宅が多い家庭向け

  • 料金単価が24時間同じ設定
  • 従量制で特に昼間の時間帯に在宅している家庭向け
お得メーター

東京電力ではメジャーな料金プランとなっていますが、決しておすすめ出来るほどのお得感はありません。

朝得プラン

おすすめ:深夜から早朝に活動が多い

  • 深夜1次から朝9時までの時間帯がお得
  • 共働きや日中に家を空ける人向け
お得メーター

限られた方に向けた料金プランとなっていますが、仕事で日中ほとんど家にいない方などなら電気代を安くする事ができます。

夜得プラン

おすすめ:夜間から深夜に活動が多い

  • 夜9時から朝5時までの時間帯がお得
  • 一人暮らしの方で夜型のタイプにおすすめ
お得メーター

東京電力の料金プランの中でもこのプランは、現代の生活スタイルに多いタイプで得できる人は多いのではないでしょうか。大学生などでもこのパターンが適するかもしれません。

土日お得プラン

おすすめ:土日に在宅が多い人

  • 平日はあまり在宅時間が少なく、土日の休日は家にいる方
  • 子供のいない家庭で家事などを週末に行う家庭
お得メーター

サラリーマンで独り暮らしの方は平日に家事などあまりせず、土日にまとめて行う方が多いのではないでしょうか?そういった方ならコスト削減が可能な料金プランです。

電気給湯機を利用している人向けの料金プラン

オール電化住宅やエコキュートを設置している家庭向けの料金プランを紹介します。最近ではそのような住宅が増えてきたので、条件があう家庭も多いはずです。

電化上手

おすすめ:給油・キッチンがオール電化の住宅

  • 23時から翌朝7時までお得なプラン
  • オール電化住宅におすすめ
お得メーター

お湯は夜間のうちにエコキュートで沸かして貯めておく!といった方法でオール電化住宅ならではの料金プランとなります。対象の家庭ならだいぶ節約できるプランです。

おトクなナイト8・10

おすすめ:エコキュートや電気温水器を利用

  • 23時から翌朝7時、22時から翌朝8時がお得
  • 電気給湯機を持っていると割引あり
お得メーター

8時間、10時間のプランがあり、夜間の時間帯で電気の使用量が多く、電気給湯機を設置していれば家事は夜のうちに済ませておく!そんな家庭におすすめの料金プランです。

深夜電力

おすすめ:夜間蓄熱式機器を利用している

  • 23時から翌朝7時まで電気を利用できる
  • 従量電灯などとの組み合わせが必要
お得メーター

電気温水器などを利用している家庭向けのプランで、深夜から朝までのみ電気を使えます。該当する人はそこまで多くありませんが、対象となる家庭にはお得な料金プランです。

地域独占の電力会社10社

新電力の料金プランは?


新電力の料金プランは『新電力の料金プランから選ぶ』をご覧ください。

評価:2.67 - 3件の票数

コメントを残す

*