賃貸マンションやアパートでも新電力に乗り換えはできるの?

評価:4.13 - 8件の票数

電力自由化で新電力に乗り換えすれば電気代が安くなるのは分かったけど、賃貸マンションに住んでいる人も対象になりますか?

こんな素朴な質問をされたので、同じような疑問を持っている人のためにも解決できる情報を更新させていただきます。

現在、マンション住まいで既に新電力との契約をしたことがある人がいるかもしれませんが、ちょっと勘違いしている可能性があるのでこの機会に正しい知識を身につけておきましょう。

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」という新電力に切り替えました。シンプルな料金プランしかなく、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。正直、今のところLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※2017年10月現在の情報です

賃貸マンション・アパートでも契約できる

結論から申しますと、賃貸マンションやアパートでも『一般家庭向けの新電力(小売電気事業者)一覧』で紹介している新電力と契約することができます。

2000年に施工された大口顧客向けの電力自由化で対象とならなかった「一戸建て、小規模マンション・アパート」も自由に選べるようになるのが、世間を騒がしている電力小売り全面自由化なのです。

ただ、賃貸マンションでも「既に新電力と契約してるよ!」といった人が中にはいるはずでが、その契約はマンション一括受電というものです。マンション一括受電というのは2000年の電力自由化で始まったサービスで、今後あなたが乗り換えするものとは違うことを覚えておきましょう。

「一括受電」を簡単に説明しておくので興味あればご覧ください。

マンション一括受電とは

一括受電とは、大規模マンションなどの電気料金を大手電力会社より安くするため、一括でまとめて契約することです。当サイトでも紹介している『中央電力エナジー』などが業界では有名ですが、分譲マンションの方以外にはそこまで関係を持つことはないかもしれません。

以下の図は中央電力エナジーHPに掲載されている一括受電の仕組みを説明しているものです。

マンション一括受電とは

たまたま私は一括受電契約をする機会がありましたが、はじめにマンション管理組合の方から話を聞いてから、契約終了まではとても長い道のりだったことを覚えています。その理由は・・

  • 住民から承諾を得るのが難しい
  • 新電力と契約になるため信用に欠ける 等々

マンションの組合員の方々が頑張っていても、すべての住人から承諾を得られるまで相当日数が掛かったようです。また、今ほど電力自由化が騒がれている時代ではなかったので、大手電力会社から切り替えて大丈夫なの?という不安も多かったように感じます。

一括受電に関してはこの辺にしておきますが、分譲マンションにお住まいの方は管理組合から相談される可能性はあるので、頭の隅っこにでもしまっておくと良いかもしれません。

まとめ

2016年4月の電力自由化ではすべての消費者が対象となるので、賃貸マンションやアパートの方も正しい知識を今のうちから蓄えておくようにしてください。一般家庭向けに販売する新電力は相当増えているので、選び方ひとつで損得の差が大きくでてしまう恐れがあります。

当サイトでは選ぶポイント注意点など、乗り換えに必要なことはすべてお伝えしていきます。今後、役立つ情報を見逃すといけないので、よければブックマークなどしておいてください。

評価:4.13 - 8件の票数

家庭向けの電気乗り換えなら

悩みに悩んだ挙句、自宅の電気を「Looopでんき」にした結果…

公式サイトに表示されている通りの料金になり、トラブルなどなく無事に乗り換えることができました。

ただ、全員同じ結果になる訳じゃないと思うので、おすすめはしますがしっかりと料金やプランの確認はするように!

Looopでんきの公式HP

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)