新電力を供給エリアから選ぶ

家庭向けに販売する新電力の電力供給エリアを調べる

評価:3.57 - 7件の票数

700社を超えそうな勢いの新電力ですが、それぞれの企業には「供給可能エリア」に制限があることが多いです。エリア外の場合、魅力ある新電力が見つかったとしてもその電力会社と契約することはできません。

そのような事にならないようにあなたが住んでいる地域は対象なのか?新電力を選ぶ時はまず確認するようにしましょう。

新電力別の供給エリア

家庭向けに販売する新電力の中には、供給エリアを公表していない企業もあります。当サイトの独自の判断でエリアを分けているので、詳細な情報を確認する場合は企業の公式HPをご覧ください。

大手電力会社の管区で分けていますが、管区内で一部の地域のみのこともあります。

 

供給エリア 対象の都道府県
北海道電力エリア 北海道
東北電力エリア 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県
北陸電力エリア 富山県、石川県、福井県、岐阜県の一部
東京電力エリア 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、山梨県、栃木県、群馬県
中部電力エリア 長野県、岐阜県、三重県、愛知県、静岡県の一部
関西電力エリア 京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、三重県、岐阜県の一部
中国電力エリア 広島県、山口県、岡山県、鳥取県、島根県
四国電力エリア 愛媛県、高知県、香川県、徳島県
九州電力エリア 福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、広島県の一部
沖縄電力エリア 沖縄県

新電力を選ぶ4つのポイント

新電力・一般電気事業者一覧