「単身とファミリー」世帯数別でおすすめの新電力ベスト3

評価:4.00 - 1件の票数
世帯数別でメリットの大きい新電力は?

電力自由化で毎月の電気代を安くできますが、当サイトにもたくさん質問くる「一人暮らし or ファミリー」でメリットの大きさに違いはないのか?という問題。

結論から言うと同じ新電力に乗り換えても、電気を使う世帯数によって全く引き下げ率が変わってきます。

もし、その事を知らず適当に切り替えてしまうと、元々契約していた電力会社を利用していた方が安かった・・なんて事態になる恐れもあります。

そんな被害者を一人でも減らすために、世帯数別でおすすめする新電力をそれぞれランキング形式で紹介します。ただ、ご覧になる時期によっておすすめは変わるので、できるだけマメに更新するようにします。

電力自由化で一人暮らしは蚊帳の外?

電力自由化 一人暮らし」とネットで検索している方が多く、出てくるサイトにも一人暮らしだと恩恵がない…などと言っているサイトたくさんあります。もちろん全ての情報が正しいとは限りませんが、今のところ単身世帯に大きなメリットを与えている新電力はほとんどありません。

なぜ単身世帯は相手されないのか?その理由は企業側の問題ではなく、電気事業自体にあります。

電力自由化で数百の新電力が参入しているのはご存じだと思いますが、無知な方からすると「そんなに儲かる商売なんだぁ」といったイメージを持たれているはずです。

しかし、そこが普及しない問題となっており、電気事業は恐ろしいほど薄利な商売で黒字にするだけでも相当販売しないといけません。当然、運営していくにはスタッフもたくさん必要ですし、宣伝する為の広告費、代理店がいればフィーを払うことになります。

上記のことから電気をあまり使わない一人暮らしだと、更に薄利な客となってしまい手間だけ掛かってしまう可能性があります。その為、単身者にお得な新電力は今以上にあまり増えないと予想されます。

だからといって皆無ではないので、当サイト独自の判断でおすすめする新電力を紹介します。

一人暮らし(単身)世帯におすすめ新電力 ベスト3

一人暮らし(単身)世帯におすすめ新電力

お得な新電力が少ない一人暮らしの方でも、年間数万円の節約が可能なところをご案内します。逆に選択肢が少ないので、選ぶ手間が省けることは大きなメリットかもしれませんね。

No.3 イーレックス

イーレックス電気料金プラン

詳しくない方にはあまり聞いたことのない社名かもしれませんが、2000年に施行された大口向けの電力自由化から電力事業を開始しており、新電力としては実績と信用ではトップクラスです。

ただ、これまでが企業向けの販売だったからか、個人向けの見やすいページがない?ような気がします。気になる方は直接電話で確認する方が良さそうです。

提供エリア:東北・関東・中部・近畿・中国・九州

参考記事:東証マザーズに上場した新電力イーレックスの料金や会社概要

 

No.2 HTBエナジー

HISグループ「HTBエナジー」の料金プラン・評判

以前、当サイトでもHTBエナジーの記事を更新しましたが、大手新電力に引けをとらないアクセスがあり、申込みした方からメッセージをいくつか頂きました。

この新電力は分かりにくいセット割などがないうえ、国内・海外旅行に行く際「1,000~2,000円」程度の割引を受けることができます。但し、早期解約してしまうとぼちぼち高額な違約金を請求されます。

提供エリア:北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・九州電力管内

参考記事:HTBエナジー(HIS)はシンプル格安料金プランで好評判

 

No.1 エルピオでんき

エルピオでんきの評判や口コミ

おすすめNo.1は一人暮らしにも優しい料金設定の「エルピオでんき」を選ばせてもらいました。

エルピオは元々、千葉・茨城を中心にプロパンガスの販売を行っている企業なので、おそらく2017年のガス小売り自由化の前に、顧客の囲い込みするのが目的のはずです。

現在の料金プランだと電気事業で利益を出すのは難しいと思われるので、申込みするのであれば今のうちが良いでしょう。

供給エリア:東京電力管内

参考記事:新電力最安?エルピオでんきの料金や評判・口コミ

 

ファミリー(家族)世帯におすすめ新電力 ベスト3+1

ファミリー(家族)世帯におすすめ新電力

ファミリー世帯であれば電気代を大きく引き下げることが可能です。おすすめの新電力に切り替えるだけで、家族旅行に行けるぐらいの金額を節約することができるかもしれません。

No.3 エルピオでんき

エルピオでんきの評判や口コミ

一人暮らし向けのおすすめ新電力でもNo.1に選びましたが、ファミリー世帯の切り替え先としても十分メリットを受けることができます。

家族の場合、同じスマホを利用していることが多いので、多くの方はソフトバンクでんき・auでんきなどのセット割に注目しがちです。

しかし、他の契約をまとめることは後々面倒になることもあり、マメな性格でないなら電気だけで選ぶことをおすすめします。

供給エリア:東京電力管内

参考記事:新電力最安?エルピオでんきの料金や評判・口コミ

 

No.2 ソフトバンクでんき

ソフトバンクでんきとは?

会社の説明はいらないと思いますが、ソフトバンクでんき最大のメリットは「スマホ・ネット・でんき」をまとめたトリプルセット割です。

また、家族が多ければ多いほど電気代が安くなるので、日頃からソフトバンク商品を利用している方なら20~30%のコスト削減が可能となりますが、注意点もいくつか存在します。

スマホのキャリアをコロコロ変えたり、ネット回線の乗り換えなどを頻繁にする方だと、せっかくセット割で割り引かれた電気代がお得じゃなくなるので、申込みする方はデメリットをしっかり把握しておきましょう。

供給エリア:北海道電力・東京電力・中部電力・関西電力管内

参考記事:ソフトバンクでんき「おうち割」初心者にもわかりやすく解説

 

No.1 東京ガス(関東エリア)

新電力、東京ガスのセット割や前評判を調査

関東エリアのNo.1はやはり「東京ガス」ではないでしょうか。前評判から新電力の最有力候補でもあっただけに、切り替える人たちが満足できる料金プランを設定しています。

エリアが東京電力管内と限定されるので、それ以外の方には無関係の新電力となってしまいますが、もし関東にお住いの方ならおすすめしたい新電力です。

しかし、ガス業界ではNo.1の売上を誇っていることから、ガス小売り自由化を迎えると激しく顧客が離れていくことが予想されます。その布石として何としてでも電気顧客の獲得は必須であり、会社の存亡をかけているのでしょう。

供給エリア:東京電力管内

参考記事:東京ガスの電気料金プラン「ずっともプラン」を比較してみた

 

No.1 東京電力エナジーパートナー(関西エリア)

東京電力エナジーパートナー

東電エリアを新規参入した新電力に荒らされていますが、その分を取り返すために「関西エリア」では破格的な料金プランで参入しています。

関東では活動するうえでの制限があっても、関西では新電力として何でもアリなので、独自の電源やノウハウを発揮した強さはさすがとしか言い表せませんw

関西電力エリアにお住まいの方で「気の切り替え」がまだであるなら、面倒くさがらずに行動に移しましょう!単月で見れば数千円かもしれませんが、1年で見れば相当節約できるはずですよ。

供給エリア:東京電力・中部電力・関西電力管内

まとめ

エリアによっておすすめは変わってきますが、このランキングに掲載している新電力から選べば、大体の方がお得な電気代になると思われます。

ただ、冒頭でも伝えましたが「日々変動する市場」なので、今回紹介した以外におすすめが出てくれば、その都度変更していくつもりです。もし、私が見落としている新電力があるようなら、問い合わせ窓口からメッセージ頂けると助かります。

評価:4.00 - 1件の票数

コメントを残す

*