新電力「昭和シェル石油」とは?料金プランやキャンペーン情報

評価:3.52 - 27件の票数
昭和シェル石油の料金プランやキャッシュバックキャンペーン

昭和シェル石油の会社情報及び、家庭向けの電気料金プランとキャッシュバックについてお伝えします。

大口顧客向けの電力販売ではトップクラスの新電力であり、家庭向けでも販売表明しているので知っておいた方が良い情報となります。

それではあなたのライフスタイルに合ったプランなのか確認しながら、1社のみでなく出来るだけ多くの新電力を比較するようにしてください。

昭和シェル石油とは?

説明するまでもないぐらい認知度の高い企業ではありますが、詳細な情報までは調べていないと思うので新電力である昭和シェル石油の会社情報を簡単に紹介します。

会社概要

社名 昭和シェル石油株式会社
創立年月日 平成12年3月1日
所在地 〒135-8074 東京都港区台場2-3-2 台場フロンティアビル
代表者 亀岡 剛
資本金 341億9,758万5,900円
従業員 862名
事業内容
  • 石油事業
  • エネルギー・ソリューション事業

自社所有の発電所

昭和シェル石油の発電所ユーエスパワー

名称 ユーエスパワー発電所
所在地 山口県宇部市大字藤曲字昭和開作2575番34
敷地面積 約30万㎡
太陽光モジュール 昭和シェル石油100%子会社 ソーラーフロンティア社製品
出力 21.29MW(21,290kW:太陽電池モジュール出力)
年間発電量 2,501万kWh/年
(CO2削減量8,300t-CO2/年※2、森林面積2,300ha相当※3
運転開始 2014年7月

自社所有の太陽光発電所となりますが、写真の通り広大な敷地に敷き詰めているので大量の電力が発電可能であり、その電力のすべてを中国電力へ売電するようです。

家庭向け電力小売り参戦

ガスとのセット販売を視野に

石油元売り大手、昭和シェル石油の亀岡剛社長兼グループ最高経営責任者(CEO)は毎日新聞のインタビューに応じ、来年4月に自由化される家庭向け電力販売事業に参入する方針を明らかにした。

傘下のプロパンガス販売特約店を通じて首都圏で電気を販売し、ガスや灯油などとのセット販売も検討する。家庭向け電力市場の自由化まであと1年。

異業種からの参入を目指す動きが加速しており、亀岡社長は石油の国内市場の伸びが期待できない中で「電力市場は今後も需要増が期待できる」と指摘し、「電力需要が集中する首都圏で来春にかけて発電効率の良い自社の発電所が運転開始することも強みになる」と参入の狙いを語った。

同社は、今年12月にバイオマス発電所が来春には、東京ガスと共同建設する液化天然ガス火力発電所が運転開始する。来年4月時点で総出力62万キロワット分の電源を持つ予定で、一部を家庭向けに販売する。

さらに亀岡社長は「プロパンガスの特約店を通じた消費者とのつながりは、電力販売にも生きる」と強調。特約店が扱うプロパンガスや灯油とセットで電気を割安に販売したり、店舗が扱う太陽光発電システムと組み合わせた家庭向けエネルギーの効率的な利用も提案したい考えだ。

出典:毎日新聞

ガス自由化になる前に特約店を使って電力の乗り換えをさせておき、施行されたらセット販売する。さすが石油元売り大手である強みを生かした戦略だと思います。

対象としているエリア

現在は東京電力管区のみでの活動となっていますが、今後、バイオマス発電所や東京ガスと共同建設する液化天然ガス火力発電所が運転開始するので、その電源を元にエリアも拡大するかもしれません。

昭和シェル石油の電気料金プラン

新電力の選び方(料金プランから選ぶ)』でお伝えしているように、一人ひとりの生活にはリズムがあり電気を使用する時間帯には違いがあります。その為、最も多く使用する時に安い電気代となるのがベストなので、料金プランも多様化していて分かり易いメニューになっている新電力がおすすめです。

その点に注意を払いながら数ある新電力の情報を確認するようにしてください。

ガソリンが10円安くなる「ドライバーズプラン」

昭和シェルの料金プラン

昭和シェルへ電気を切り替えるとガソリンが10円安くなるといった、自社の強みを前面に出したプランを利用できます。

自動車を保有している家庭がほとんどだと思いますが、月に100Lの制限はありますが10円値引きされるだけで家計には相当助かることとなるでしょう。

ただ、いくつか注意点があるようなので確認しておきましょう。

  • 東京電力エリアの昭和シェル石油SSで給油された場合の割引となります
  • 昭和シェル石油のクレジットカード以外でも登録可能です。また、現金のお支払いでも現金Pontaカードで割引を利用頂けます。
  • エリアに位置している約600ヵ所が対象です。公式WEBサイトをご確認ください。

そこまで気をつけることはないですが、対象のSSがどこなのかは前もって確認しておきましょう。

乗り換え後のモデルケース

ドライバーズプランへ申込みした際に、どの程度電気代が安くなるのか記載があったので、その内容を簡単に説明しておきます。

昭和シェル「ドライバーズプラン」出典:昭和シェル公式HP

抑えておきたいポイントは「家族の人数」でお得度が変わってくるところです。

ガソリン代の値引きに関しては何人でも関係ないですが、肝心の電気代は3~4人家族で戸建の場合だとこれまで通りとなりそうです。4~5人家族から年間8,400円得をし、商店などの契約であれば24,000円もお得となる可能性があるようです。

図にあるようにガソリン代+電気代で全てのメリットを受けらるのは、月間の電気使用量によって大きく変わるので、乗り換え前にこれまでの使用量がどれくらいなのか調べることが必須となります。

契約時の特典

大手電力会社(東電など)との契約時に特典はあり得ませんでしたが、新電力との契約ではキャッシュバックなどのキャンペーン実施が当たり前となります。乗り換えの目的は「電気代を安くする事」ですが、キャッシュバックは間接的に関係してくる事を理解しておくように。

特典について:キャッシュバックの重要性

キャッシュバックなどキャンペーン情報

昭和シェル石油では今のところ申込みでキャッシュバックなどのキャンペーンは実施しないようです。その原因は代理店へ販売を委託しないことも関係しており、オフィシャルサイトやサービスステーションでの申込みが基本的な流れとなりそうです。

「昭和シェル石油」電力申込みサイト

https://sss-denki.jp

今後、キャンペーンが出てきた際はサイト内でお知らせします。

まとめ

大手電力会社から新電力へ乗り換える人のほとんどは、電気料金をこれまでより安く抑えることが最大の目的である事に変わりはありません。単純に考えると「料金単価が低い設定の新電力を選べば良い」と思いがちですが、企業側も利益を出す為に複雑な設定にしてくる可能性が高いです。

近年、携帯電話の契約内容から分かる通り、契約時は良い事しか伝えられずに喜んでいたとしても、毎月の請求額に変化がなかったり解約時に高額な違約金を請求されたり・・そんな事はなかったですか?

お得な契約をするには消費者側もそれなりの知識を蓄える必要があり、企業の策略に嵌らないよう万全の準備をしておきましょう。

新電力の料金プラン一覧:新電力会社(PPS)一覧

評価:3.52 - 27件の票数

コメントを残す

*