ガス関連の新電力「サイサン」でセット割などメリットを検証

評価:3.27 - 22件の票数
ガス関連の新電力「サイサン」でセット割などメリットを検証

株式会社サイサンは関東を中心にガス事業全般の取り扱いを行っており、2014年から電気事業へ本格的に参入してきました。

2016年4月からは一般家庭向けの電力販売も行い、ガスとのセット販売でお得な電力供給が期待されている企業です。

また、ひとつの地域に依存していないため、電力を販売するエリアも幅広くカバーしていくことが可能です。電気事業での実績こそありませんが、既にガスの顧客が沢山いるため販路には困らないでしょう。

ガス会社「サイサン」とは?

サイサンとはグループ会社に熱海ガスや伊奈都市ガスなどのガス会社を複数運営している企業です。また、ウォーターサーバー事業では北海道や沖縄に自社工場を持ち、全国各地で販売されております。

サイサンのグループ会社「株式会社ウォーターワン」

電力事業では太陽光発電システムやエネファームの販売・設置などをはじめ、自社発電としてソーラーパークの運用をしているので、家庭向けの電力販売でも活用されていくでしょう。

会社概要

社名 株式会社サイサン
設立 1954年(昭和29)9月20日
所在地 〒330-0854  埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目11番地5
代表者 川本 武彦
資本金 9,540万円
従業員数 1,111名 (平成27年8月)
事業内容
  • ガスエネルギー(家庭用・医療用・産業用)供給および販売
  • 省エネルギーエスコ事業
  • 各種高圧ガス関連機器の販売・設計施工
  • LPガスの集団供給設備設計施工
  • 都市ガス・簡易ガス供給プラントなどの設計施工
  • 各種石油製品の販売
  • 電気事業
  • ミネラルウォーター「Water One」宅配事業
  • 住宅設備機器の販売・設計施工「リフォーム・ワン」
グループ会社
  • 熱海ガス株式会社
  • 伊奈都市ガス株式会社
  • 株式会社いちたかガスワン
  • 株式会社ウォーターワン
  • 鬼怒川ガス株式会社
  • 南遠ガス株式会社
  • 東京ガスファーストエナジー株式会社
  • 東京ガスライフバル大宮
  • 東京ガスライフバル湘南茅ヶ崎

※上記はグループ会社の一部です

問い合わせ先

WEBでの問い合わせ 問い合わせページ
電話番号 0557-83-2141
ガスワンサービス 0120-41-3130

これまでの実績

高圧電力をオフィスや公共施設などへ電力供給している実績は確認することができませんでした。電気事業への参入は家庭向けの販売が中心となるようで、既存の顧客へ向けた販売が中心となるのでしょう。

家庭向けの電力供給は?

2016年4月1日より家庭向けの電力販売を行います。

静岡ガス&パワーの強み

上記の会社概要で説明した通り、グループ会社にガス関連会社が複数あるので、ガスを契約している人に今より安価な電気料金で提案することができます。既にガス供給をしているため信用されており、ガスとのセット割などのメリットが加われば鬼に金棒で省しょう。

電力供給エリア

  • 東北・関東・中部・九州

上記のエリアは経産省の「小売電気事業者一覧」に掲載されていた情報となるので、実際に対象となるかは定かではありません。

サイサンの事業所が多く配置されている埼玉県・静岡県あたりが電力販売でもメインになると思われ、順次拡大していくものと予想されます。

自社所有の発電所

太陽光発電システムで自社発電を行っているようです。以下の図はサイサン公式HPにある自社所有の施設「エネワンソーラーパーク」一覧です。

サイサンの自社所有発電施設

 

設置場所 名称
福岡県 エネワンソーラーパーク宗像
静岡県 エネワンソーラーパーク御殿場
山口県 エネワンソーラーパーク防府
青森県 エネワンソーラーパーク六ヶ所村
福島県 エネワンソーラーパーク矢吹
埼玉県 エネワンソーラーパーク寄居
宮城県 エネワンソーラーパーク松島

上記のようにリアルタイムで「電力見える化」として発電量を確認できる仕組みにしており、電力事業者としては消費者に優しい配慮だと思います。

ガス会社「サイサン」のメリット

  • 企業の安定性
  • ガスと電気のセット割

資本金だけ見ると9,540万円と中小企業と感じる方もいるでしょうが、サイサンの売上高は平成26年8月実績で713億8214円と大手企業と同水準となっています。おそらく潤沢な資金があるため上場などをしないのでしょうが、企業の安定性に関してはまず問題ないと思われます。

サイサンが電力市場に参入してきたのはガスを本業としていたからであり、東京ガスや大阪ガスと同様「ガス小売り自由化で顧客離れする前に囲っておく」のが最大の目的でしょう。

ガスと電気のセット割を行える最大のメリットがあり、携帯電話や石油などのセット割がある中、ガス+電気が最もベストマッチのセット割と呼べるかもしれません。

後は同社が設定する料金プラン次第となるので期待しておきましょう。

新電力選び:新電力の正しい選び方とは4つのポイント

静岡ガス&パワーのデメリット

  • キャッシュバックは期待できない

サイサンの販売戦略では代理店を起用して拡販はしてこないと思います。その場合にデメリットとなるのが「キャッシュバックを貰えない」ことです。契約時にキャッシュバックをもらるには、新電力が直接販売しておらず代理店経由で申込みする必要があります。

  • セット割を適用すると乗り換えが制限される

セット割での契約はメリットだけでなくデメリットとなる可能性があります。

2020年ごろまでは電力市場への新規参入が頻繁にあり価格競争が激しくなるので、より条件の良い新電力が現れることとなります。その際、契約後に後悔してしまっても契約の縛りで簡単には乗り換えできません。

上記のデメリットを理解しておき、容易な契約だけは控えるようにしましょう。

まとめ

家庭向けの電力販売に参入してくる業種で「ガス関連会社」が一番多いのではないでしょうか。東京ガス・大阪ガスの大手ガス会社をはじめ、サイサンの熱海ガスのような中小企業はこぞって小売電気事業者へ登録しています。

既存顧客の存在によって勝算があるのでしょうが、ガス自由化での客離れをそれほど恐れている証拠かもしれません。ガス会社同士の競争も激しくなるはずなので、消費者にとってはより大きなメリットを受けられるチャンスとなります。ガス関連の新電力には注目が必要となりそうです。

評価:3.27 - 22件の票数

コメントを残す

*