新電力の申込みを電話勧誘や訪問販売で行う3つのデメリット|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.00 - 21件の票数
更新日:2018/09/11

電力自由化で新電力に乗り換えさせる為に、電力会社をはじめ代理店などの販売競争が激しくなっていきます。

競争することによりメリットも増えますが、悪質な販売業者が多くなるのは避けられず、虚偽の情報を伝えて無理矢理に契約させるトラブルは急増すると思われます。

その中でも電話や訪問によって勧誘する業者には要注意が必要で、これから説明する事を知らずに申込みしてしまうと「高い確率で損するかトラブルに遭う」と思ってください。

当サイトは新電力への乗り換えで得してもらう為にあるので、そういった被害者がひとりでも減ることを祈って、心底お伝えしたい内容を説明していこうと思います。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

電話勧誘・訪問販売とは

一度はあなたの電話番号にも掛かってきたことがあると思いますが、頼んでもいないのに商品やサービスの営業をしてくる業者のことです。業者によっては断っても電話を切らせてもらえず、最終的には暴言を吐くようなところもあります。

なぜそのような営業をするのか?まずは会社の仕組みなどを説明します。

アポインターは完全歩合が多い

営業電話をしている人が悪い訳ではなく、その業務をやらせている会社に問題があります。それは給与体系に関係しており、テレフォンアポインタ―と呼ばれる人たちは以下のような仕組みで働かされています。

■一般的な業種との比較

一般の業種 テレアポ
基本給 多い 少ない
ボーナス 夏冬で5か月分 ない
労働時間 基本8時間 12時間以上
営業歩合 少ない 多い

一般の企業で働いている方には考えられないでしょうが、基本給は少なくボーナスはなし、労働時間は労働基準法を違反し、成績が残せなければ無給で休日出勤は当たり前です。しかし、歩合だけは明らかに高待遇であり、その事によって労働者は以下のようになります。

自分の給与を確保するには消費者を騙してでも契約しないと・・

この悪循環は会社が意図的に生み出しているものであり、悪質な会社ほど膨大な利益を計上し、従業員の年収も上場企業の平均をはるかに超えていることがあります。

トラブル相談件数

消費生活センターが調査したデータを元に、相談件数を表したグラフを紹介します。

電話営業や訪問販売の相談件数の推移

上記の数値にはインターネット回線やリフォーム工事などを含めたもので、年間数万件もの相談が消費生活センター寄せられています。この件数以外にも迷惑していたり、被害に遭われた方は倍以上いると思われ、販売手法そのものが壊滅すれば良いのでは?とさえ感じてしまいます。

電話・訪問で新電力を契約する3つのデメリット

上記でお伝えした通り、電話や訪問による営業がどういったものか理解できたと思いますが、仮に契約してしまった場合どのようなデメリットがあるのか説明します。

他の新電力と料金比較できない

電話勧誘や訪問販売で営業する会社は、多数の新電力から選ばせる営業ではなく、1社限定で「この電力会社が一番良い」とメリットとなることだけ提案され、他社のことはデメリットしか教えてくれません。

電力自由化前の東電や関電など、1社択一の市場であれば良いかもしれませんが、参入企業が多いことでメリットを受けやすい電力市場ではデメリットしかありません。

キャッシュバックをもらえない

利益が歩合となる営業マンが多いため、本来もらえるはずのキャッシュバックなど特典をもらえないことがほとんどです。新電力への乗り換えではキャッシュバックがもらうのは必須と思っておき、同じ新電力であっても実施している代理店を探した方が絶対に得です。

伝えるべき情報を伝えない

電力会社の選び方には契約内容を考慮することも必要で、新電力ごとに短期解約防止の為に3年~5年の契約で縛る可能性があります。

そういった情報は通常であれば伝えないとトラブルになりますが、電話や訪問での営業では契約時に伝えないことが多く、契約期間内に解約する時にはじめて気づくことになります。高額な解約違約金を請求されることになりますが、申込みした会社に電話しても言った言わないで終わる事となるでしょう。

おすすめの新電力はあしたでんき

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

2018年9月現在、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年!満足度NO1】あしたでんきの申し込みが急増中』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
あしたでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のあしたでんき公式サイトが安心です。

まとめ

電話勧誘、訪問販売で契約してもらいたくないが一心で、私が知っていることをお伝えしましたがなぜ契約してはいけないのか理解できたでしょうか?

本来であればもう少し詳細なことまで沢山お知らせしたかったのですが、あまり長文になっても読み疲れて他の記事を確認してもらえないと思い、重要なポイントのみ抜粋させてもらいました。

電力会社の選び方」ではなく「選んではいけない電力販売会社」となってしまいましたが、今回お伝えしたことは新電力選びだけでなく全ての商品やサービスに適合するので、今後きっと役立つ情報になるはずです。

評価:3.00 - 21件の票数

人気爆発中のあしたでんき

Looopでんきより安い新電力がついに登場しました。

基本料金0円、従量料金も一律。

東京電力100%の子会社ならではのカスタマーサービス。

2018年9月現在、間違いなくおすすめできる新電力です。

あしたでんきの申し込みはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新電力を電話勧誘や訪問販売で申し込むデメリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。