auでんきの料金は?キャッシュバックなどのメリットは?

評価:3.71 - 38件の票数
auでんきの料金プランと切り替えメリット

100社以上の新電力が獲得合戦をする中、既存ユーザー数が3,000万を超すauでんきは電力市場においても優位に進めることができるでしょう。

また、自社サービスである「auひかり・auスマホ」を利用していれば、電力自由化のトレンドワードであるトリプルセット割を受けることが可能となります。

既存ユーザーたちはおそらくauでんきへの切り替えを検討しているでしょうが、最終的な判断材料である料金プランや切り替えメリットが最も気になっていることと思います。

auでんきを契約すると一体いくら安くなって、どのようなメリットを受けることができるのか?他のサイトではあまり説明していないことまで余すことなくお伝えしていきます。

【※管理人よりお知らせ】
新電力の比較なら「エネチェンジ」という電力サイトの利用をおすすめします。

自宅の電気選びで利用しましたが、他サイトと比べて圧倒的な比較数でどの新電力が一番お得かすぐ見つけられました!テレビやラジオなどのメディアにもたくさん取り上げられており、今最も注目のサイトです。

新電力の比較サイトNo.1

エネチェンジはこちら

auでんきの料金プラン

auでんき料金プラン

電力自由化で新電力に乗り換える一番の目的である「電気代の引き下げ」。その他の付加価値ももちろんですが、まずこのポイントをクリアしていなくては切り替える意味がありませんが・・

auでんきの料金プランを確認しましたが、東京電力の料金単価と全く同じ単価となっていました。どういうことなのか?

その他のメリットで今よりお得になる仕組みのようです。

ただ、複雑な設計にはなっておらず2つのプランのみとなっています。これまで利用してきた大手電力会社(東電・関電など)と大きな違いはないので確認程度で大丈夫です。

「でんきMプラン」従量電灯プラン同様

こちらの料金プランは大手電力会社で「従量電灯」と呼ばれていたものと同じと思ってください。一般的な家庭であればほとんどこのプランを利用しており、時間帯に関係なく電気を使用する人向けのプランです。

auでんき料金単価表(でんきMプラン)出典:auでんき公式HP

単価表を見ただけでは大して参考にはならないと思います。東京電力の単価がもし気になる方は『東京電力スタンダードプランS』と比較してみてください。

「でんきLプラン」事務所や商店向け

こちらのプランも上記で紹介したものと同じような設定ではありますが、一般家庭ではなく事務所や商店向けの料金プランとなっています。こちらもでんきMプラン同様、東京電力と全く同じ単価となっています。

auでんき料金単価表(でんきLプラン)出典:auでんき公式HP

電力自由化ではほとんどの新電力が10%程度、これまでより引き下げると言われていますが、auでんきは電気のみの契約は不要と考えているのかもしれません。ソフトバンクでんきもそうですが、でんきはあくまで既存サービスを継続させるためのツールなのでしょう。

それでは当記事の本題でもある「auでんきのメリット」を紹介していきます!

auでんきの3大メリット

auでんきメリット

大手電力会社と同じ料金単価だったことにはちょっとガッカリですが、その他のメリットがそれだけ魅力的なものであると信じましょう。

電気料金で得することができないとなると、はたしてどのような割引が用意されているのか?

いろいろと調べた結果、10%には届かないものの電気の使用料に合わせた割引はしっかり行われる様です。また、特典を受けるための条件なども複雑にはなっておらず、知識が乏しい人にも優しいつくりとなっていました。

auでんきが一番得できる新電力か?以下のメリットを確認して判断していきましょう。

セット割でキャッシュバック

メディア報道などで大きく取り上げられているのが「セット割でキャッシュバック」です。しかもこのようなキャンペーンにありがちなワナとして「オプション加入が条件」などは一切なく、契約者全員に適応されます。

ただ、キャッシュバックは現金や商品券でないこと、そして電気の使用料金によってキャッシュバックの金額が変動します。

auでんきセット割でキャッシュバック出典:auでんき公式HP

▼電気料金によって変動

  • 5,000円未満~1%キャッシュバック
  • 5,000円以上8,000円未満~3%キャッシュバック
  • 8,000円以上~5%キャッシュバック

一人暮らしの方だとそこまで電気代は高くないと思いますが、子供がいたり3人以上の家庭であれば1万円程度掛かっているのではないでしょうか?そうなると毎月「電気代×5%=キャッシュバック」されます。

発生したキャッシュバックは「au WALLET プリペイドカード」へ

auスマホなどを利用している人であれば利用しているかもしれませんが、「au WALLET」という電子マネーカードがあります。au WALLETを持っていないとチャージされないので、キャッシュバックを貰いたかったら契約しろ・・ということですね。

スマホと電気の請求がまとまる

インターネット回線などのセット割でもそうでしたが、同じ会社のサービスを利用することで「請求書がひとつにまとめる」メリットがあります。銀行振替やクレジットカード払いの方にはそこまで重要ではないでしょうが、紙の無駄使いや家計簿の管理には一役買いそうです。

auでんき請求書がまとまる出典:auでんき公式HP

auでんきに乗り換えると「通信料金+電気料金」をまとめることができ、更に「auお客さまサポート」という個別のページでそれぞれの明細を確認することができるようになります。

auでんきアプリで電気の見える化

多くの新電力が実施することではありますが、これまで使用した電気がどれくらいか分からなかったと思いますが、auでんきでは「auでんきアプリ」によって以下のことが確認できるようになります。

  • 電気の使用料をアプリで確認できる
  • 使いすぎをアプリやメールで通知してくれる
  • 平均的な家庭と使い方を比較できる
  • 節電方法をアドバイスしてくれる

上記のような用途があるアプリを使用できるようになり、電気の使い方が便利になります。

auでんき以外の新電力も比較して決めたい方は「エネチェンジ」という電力サイトの利用をおすすめします。

自宅の電気選びの際に利用しましたが、当サイトでは紹介しきれないぐらいの新電力が比較対象となっていました。さすがにあそこまで幅広い比較をするのは難しいので、こちらと合わせてご利用いただければ良い新電力が見つかるはずです。

新電力の比較サイトNo.1

エネチェンジはコチラ

auでんきのデメリット

auでんきデメリット

「え!そんなの聞いてない・・」とならないように、メリットだけでなくauでんきのデメリットも合わせてお伝えしておこうと思います。

当然のことではありますが、オフィシャルページを見ても良い事しか書いておらず、消費者にデメリットとなることは極小の文字で書かれていることが多いです。

その事に気づかず乗り換えしてしまうと、後々契約した事を公開するはめになってしまう可能性があります。そうなってしまう前に予め知っておくことをおすすめします。

早期解約で掛かる解約違約金

新電力との契約は要注意!短期解約できない契約内容となる』で詳しく説明していますが、通信会社が提供するサービスの契約内容には「解約違約金」がほぼ盛り込まれています。いつ頃か忘れましたが今では当たり前のように最低利用期間があり、すぐに乗り換えすると違約金が請求されるようになりました。

「auでんきはないかなぁ?」と期待しましたが、オフィシャルページにしっかり記載されていました。

auでんきのご利用開始日(料金の適用開始日)から起算して1年未満に解約される場合は、解約違約金 (2,000円)をお支払いただきます。

※公式HPの文面そのまま

2,000円という金額に関しては安いように感じますが、申込みする時にキャッシュバックを貰った訳でもなく、KDDIにそこまで迷惑をかけていないのに違約金が発生してしまう・・。納得はできませんが以下の場合は違約金を請求されないようです。

  • auでんき提供エリア外へのお引っ越しに伴う解約の場合

なるほど。でもauでんきの提供エリアって全国だった気が・・。

KDDI意外に乗り換えが難しくなる

大手電力会社から切り替えると、使用量によってキャッシュバックを受けられるようになりますが、その代償として「KDDIの契約に拘束」されることになります。

なぜかというとauでんきでキャッシュバックを受けるには、auスマホの利用継続が絶対条件となっているからです。したがって、仮にスマホを他社に乗り換えた場合は、自動的にキャッシュバックは貰えなくなります。

また、auでんきがKDDIにとってどのような存在なのか、読み取れるものを見つけました。

質問:au携帯電話とセットじゃないとauでんきは使えないのですか?

回答:auでんきご契約者本人もしくはご家族がau携帯電話(注)をお持ちであれば、auでんきにお申し込みいただけます。

au携帯電話とセットじゃないと使えないということです。(質問に対する回答がおかしい気も・・)

結局、auでんきは利益率の高い携帯の新規・継続が目的なのです。

auの携帯電話をこの先ずっと使い続ける方にとってはデメリットとなりませんが、2.3年おきに乗り換えをする人が多い今では、auでんきの申込みが仇となってしまう恐れがあることは覚えておいた方がいいです。

最近のニュースで良く見かえると思いますが、スマホを他社に乗り換えすることによって1台10万円程度のキャッシュバックをもらうことが可能です。もし、携帯会社に強い拘りがない方は、どちらのメリットが自分に合っているのかしっかり考えてから決断しましょう。

auでんき申込み方法

それでは最後に「auでんきの申込み方法」について説明します。

auでんき申込み出典:auでんき公式HP

  1. 2016年1月以降に投函された検針票を用意
  2. auショップ・インターネット・電話で申込み

以上です。上記が申込みの大まかな流れですが、申込みする場所によって用意するものなどに多少違いがあるようなので説明しておきます。

auショップ・PiPit・au取扱店で申込み

ショップなどで申込みする場合、契約者本人であれば以下の書類を準備してください。

  • 検針票
  • 本人確認書類(パスポート・免許証・保険証など)
  • 印鑑

契約者本人でない場合は以下の書類が必要です。

  • 委任状(電気契約者直筆のもの)
  • 検針票
  • 来店者の本人確認書類
  • 印鑑

どちらのパターンであっても「au WALLET」を持っているなら一緒に持っていきましょう。

インターネットで申込み

契約者本人に限り、インターネットで申込みすることができます。その際に必要なものは以下の通りです。

auでんきセット割(キャッシュバック)についての注意事項があります。

  • セット割を適用するにはau WALLET プリペードカードが必須となります。
  • auの契約住所とauでんきの契約住所が一致している必要があります。
  • 家族名義のau携帯にする場合、au取扱店で申込みが必要です。

auでんき申込みの注意点

auでんき公式HPに記載されているものをそのまま引用しました。一般家庭向けの契約をする場合、以下の内容に目を通しておくとスムーズに契約できると思います。

  • 沖縄県、一部離島については、提供エリア外となります。詳細は「ご利用いただけない地域一覧」よりご確認ください。
  • お申し込みは、契約者ご本人様またはご家族がau携帯電話をご利用の場合に限ります。(検針票等に記載の名義で振込必須)
  • お引っ越し先のご住所でのお申し込みはできません。
  • 現在au携帯電話をご契約のお客さまがauでんきをご契約される場合、auでんきのご契約先住所とau携帯電話のご契約先住所が同じかをご確認ください。
  • マンション一括受電サービスを導入している集合住宅やオール電化住宅にお住まいの場合は、お申込みいただけません。
  • 太陽光発電を行っている住宅からの余剰電力買取サービスは行っておりません。

マンションにお住まいの方は一括で契約していることがあるので、申込み前に管理会社や管理人さんなどに確認した方が良いかもしれません。

まとめ

新電力への乗り換えでは安くなることが条件となりますが、auでんきではセット割のキャッシュバックで得をする方法でした。条件なしに安くなると思っていたので、得できる人が限定されてちょっと残念に思えます。

企業側の都合もあるでしょうが、もう少し消費者のことだけ考えてくれる企業があるはずなので、見つけ次第また更新することにします。当記事が役立ったかは不明ですが、100%消費者よりのサイトであり続けるので、また立ち寄っていただけると嬉しいです。

評価:3.71 - 38件の票数

新電力比較ならおすすめ!

個人的に電気の乗り換えで「エネチェンジ」を利用しましたが、おそらくこのサイト以上に優れた新電力比較サイトはありません。

使いやすさ、情報の見やすさなど他とは比較するまでもなく、乗り換えを検討している人には是非利用してもらいたいサイトとなります。

同ジャンルの他サイトと違って同じ新電力ばかり表示されることもなく、条件を変更するとその都度おすすめが変わります。

もちろん無料となっているのでまずは利用してみてください。

エネチェンジはコチラ

コメント

  1. 内田克孝 より:

    AUセットで電気を申し込もうと思っていますが、月々の請求書を書面でももらえますか?

コメントを残す

*