【永久保存版】電力小売全面自由化のよくある質問集

評価:3.67 - 3件の票数
電力小売全面自由化のよくある質問

電力自由化について「90%ほどの人が詳しく理解していない」とのアンケート結果が出ており、知識がないまま新電力に切り替えしてしまうと損をしてしまうかもしれませんよ。

切り替えをしてお得になりたいのであれば、最低限の知識ぐらいは知っておかなくてはいけません。

とはいっても数分で得られるものなので、これから紹介する「よくある質問」を頭の隅っこに置いておくだけで大丈夫です。それだけであなたのライフスタイルに合った新電力がきっと見つかると思います。

もし、回答しているもので理解するのが難しい方がいましたら、当サイトへ直接問い合わせしてもらって構いませんのでお気軽にどうぞ!

電力自由化に関するよくある質問

それではジャンル別にわけて「電力自由化に関するよくある質問」を紹介していきます。

電力自由化全般

電力自由化で私たちの生活にどう影響してくるのか

電力自由化で私たちの生活にどう影響してくるのか?

これまでは東京電力や関西電力といった「一般電気事業者」との契約しかできませんでしたが、電力自由化によって小売電気事業者の登録している企業であれば、自由に選ぶことが可能となりました。

説明を閉じる

どのような電力会社を選ぶことができるようになるのか

どのような電力会社を選ぶことができるようになるのか?

一般家庭向けのおすすめ新電力(小売電気事業者)一覧』でおすすめの新電力を紹介している通り、200社を超える企業から選択することができます。通信・ガス・石油など様々な業種から参入しているので、あなたに適した1社が見つかるはずです。

説明を閉じる

新電力とはなんですか

新電力とはなんですか?

新電力とは特定規模電気事業者(PPS)のことです。東京電力や関西電力は一般電気事業者と呼ばれています。

説明を閉じる

電力自由化はいつから?申込みは

電力自由化はいつから?申込みは?

電力自由化は2016年4月から開始です。申込みに関しても開始に合わせて始まります。

説明を閉じる

電力会社を乗り換えすると新しい電線を使用するのですか

電力会社を乗り換えすると新しい電線を使用するのですか?

いいえ。これまで契約していた時と同じ電線を使用します。切り替え先の電力会社はあくまで小売業者であって、使用する電気を送っているのは一般電気事業者であるのは変わりません。

説明を閉じる

自分が住んでいるエリアで契約できる新電力はどこですか

自分が住んでいるエリアで契約できる新電力はどこですか?

家庭向けに販売する新電力の電力供給エリアを調べる』をご覧ください。

説明を閉じる

切り替えする予定はないが今の料金で使い続けられる

切り替えする予定はないが今の料金で使い続けられる?

今のまま使い続けられます。無理に変更することはないので、現在の料金に満足している方、一般電気事業者のままで良い方は手続き不要です。

説明を閉じる

新電力が倒産・撤退したら電気は使えるのか

新電力が倒産・撤退したら電気は使えるのか?

企業が倒産・撤退しても、地域を管轄する一般電気事業者が引継ぎ、変わらず電気は問題なく利用することができます。

説明を閉じる

切り替え(スイッチング)

新電力へ切り替えるにはどのようにするのか

新電力へ切り替えるにはどのようにするのか?

切り替え先の新電力が決まったら、専用に用意されているオフィシャルページや電話、代理店などから申込みが可能となります。各新電力に問い合わせをおすすめします。

説明を閉じる

切り替えに掛かる費用はいくらですか

切り替えに掛かる費用はいくらですか?

新電力への切り替えには基本的に費用は掛かりません。しかし、今後初期費用を設定するような新電力が登場する可能性は0ではありません。契約時に必ず確認してみましょう。

説明を閉じる

切り替えする時に停電はしないのか

切り替えする時に停電はしないのか?

スマートメーターが設置していない家庭の場合、メーターの設置作業が必要となるので10分~20程度の停電することになります。

説明を閉じる

切り替え後、一般電気事業者に戻すことは可能か

切り替え後、一般電気事業者に戻すことは可能か?

新電力への切り替えして満足できなかった場合、元々の電力会社に戻すことは可能です。しかし、新電力が設定した解約違約金などが掛かるケースがあるので注意が必要です。

説明を閉じる

切り替え後、引越しする場合は

切り替え後、引越しする場合は?

引越し先で契約した新電力の供給エリア内であれば、移転手続きをするだけで契約を移行することができますが、供給エリア外だった場合は解約するしかありません。転勤族の方はその辺も考慮した選び方が必要となります。

説明を閉じる

スマートメーター

スマートメーターとは

スマートメーターとは

電気の使用料をスマホやパソコンで確認できる、デジタル式の電気メーターです。電力自由化で切り替えするにはこのスマートメーターの設置が必須となります。

説明を閉じる

スマートメーターのメリットは

スマートメーターのメリットは?

これまでと違い、電気の使用量が確認できる(見える化)ようになるので、いつどのくらい使用しているのか分かり電気代を節約することが容易になるメリットがあります。また、いろいろな料金プランを用意している新電力の場合、どのプランが適正なのか判断がしやすくなります。

説明を閉じる

スマートメーターの設置費用はいくら

スマートメーターの設置費用はいくら?

設置費用は原則無料です。『電力自由化で悪質な勧誘・詐欺の被害に遭わないためには?』で紹介している通り、費用が掛かると嘘を言って騙してくるケースが考えられます。

但し、契約者の都合でメーターを再設置したり、破損させた時などは費用が掛かるケースもあるようです。

説明を閉じる

依頼すればすぐに設置してもらえるのか

依頼すればすぐに設置してもらえるのか?

新電力に切り替えの申込みをした人を優先的に設置を行っています。2020年までには国内の全世帯に設置予定なので、申込みをしない方が設置を依頼してもすぐには設置してくれません。

説明を閉じる

新電力に申込みしてどのくらいで設置されるか

新電力に申込みしてどのくらいで設置されるか?

申込後、工事業者の込み具合にもよりますが、数日程度で登録した連絡に電話があり、設置する日程の調整を行います。ただ、業者不足などが原因で設置まで時間が掛かってしまうこともあるようです。

説明を閉じる

設置工事に立ち会いは必要なのか

設置工事に立ち会いは必要なのか?

東京電力管内と九州電力管内以外では、メーターを交換する時に停電してしまうので、家電の動作確認をするために立ち会いした方が良いです。停電しないのであれば勝手に交換して帰るので、立ち合いは必要ないでしょう。

説明を閉じる

新電力を選ぶ方法

何を基準に新電力を選んだ方がよいのか

何を基準に新電力を選んだ方がよいのか?

選ぶ基準は料金プラン・供給エリア・付加価値などトータルで判断した方が、お得な新電力を選ぶことができます。詳しく紹介している記事を参考にして下さい。

説明を閉じる

新電力への申込みはどこからすれば良いのか

新電力への申込みはどこからすれば良いのか?

新電力によって専用のWEBページ及び電話しか設けていないこともありますが、多くの場合は代理店などを起用していることが多いです。その場合は代理店独自の特典を貰うことができるので、おすすめは代理店窓口から申込みをすることです。

説明を閉じる

一括見積サイトや比較サイトはお得なのか

一括見積サイトや比較サイトはお得なのか?

一括見積りや比較サイトで新電力を選ぶのはおすすめしない』で詳しく説明していますが、正直おすすめしません。こういったサイトは提携している新電力しか紹介しないので、その人にとって本当にお得な新電力がないケースが多いです。

また、登録後に鳴り止まない電話だったり、個人情報が流出する可能性もあるので注意してください。

説明を閉じる

携帯会社のセット割はどうなの

携帯会社のセット割はどうなの?

新電力によって専用のWEBページ及び電話しか設けていないこともありますが、多くの場合は代理店などを起用していることが多いです。その場合は代理店独自の特典を貰うことができるので、おすすめは代理店窓口から申込みをすることです。

説明を閉じる

新電力への申込みはどこからすれば良いのか

新電力への申込みはどこからすれば良いのか?

新電力によって専用のWEBページ及び電話しか設けていないこともありますが、多くの場合は代理店などを起用していることが多いです。その場合は代理店独自の特典を貰うことができるので、おすすめは代理店窓口から申込みをすることです。

説明を閉じる

携帯会社のセット割はどうなの

通信会社のセット割はどうなの?

スマホや光回線とのセット割が注目されていますが、全員がお得になるとは思わない方が良いでしょう。基本的に電気の割引は少なく、スマホや光回線を継続してもらうのが企業の狙いです。

その為、家族で同じキャリアを利用していて解約する気がないのであれば良いですが、今後、乗り換えする可能性があるのであればもう少し検討した方が無難かもしれません。

説明を閉じる

トリプルセット割はお得か

トリプルセット割はお得か?

通信・ガス・石油などのサービスを3つ合わせて、電気を申込みすることで全てに割引を適用させる仕組みです。お得になれるメリットはありますが、少し複雑な設計となっている為、あまり詳しくない方にはおすすめしません。

説明を閉じる

おすすめの選び方が知りたい

おすすめの選び方が知りたい

数多くの新電力を調査していますが、当サイト独自の選び方を発見したので、是非以下の方法で新電力を選んでみてください。

  • 電気消費量が多い家庭であれば「電気代の安さ重視」
  • そこまで多くないのであれば「セット割など付加価値重視」

説明を閉じる

まとめ

今後、当サイトに質問があった際に内容を更新していきますが、上記で紹介した疑問で解決しない場合は直接問い合わせください。

電力自由化が市場で成熟するまではいろいろとトラブルも多くなると思うので、ひとつでも不安がある状態で切り替えはおすすめしません。全て納得したうえで新電力への切り替えを決断するようにしてください。

評価:3.67 - 3件の票数

コメント

  1. ゆず より:

    こんにちは。
    新電力に契約する場合、もともと契約していた電力会社はどうすれば良いですか?

    1. まさやん より:

      現在契約している大手電力会社(東電など)はそのままで大丈夫です!おそらく新電力から案内されると思ういますが、申込み以外の手続きはやってくれますよ。

      1. ゆず より:

        ありがとうございます!
        東電使ってるのですが、新電力に乗り換えたら、東電に解約の電話などするのかと思っていました!
        解決してよかったです(^-^)

コメントを残す

*