プロパンガスの料金が都市ガスと比較して高いのはなぜなのか?

評価:4.00 - 1件の票数
プロパンガス料金が高い理由

この記事を見ているという事は、プロパンガスの高い料金に苦しめられているのでしょう。都市ガス利用者に比べたら倍以上のガス料金を請求されることもあり、家計を圧迫する要因のひとつのはずです。

利用者の多くは「この地域・建物はプロパン指定だから!」とほぼ強制的に契約させられ、納得できないまま高額な請求をされ続けているのだと思います。

しかし、なぜプロパンガスはこんなに高いのか?

その謎が全容解明されれば、もしかすると今の料金を大幅に削減することが可能かもしれません。実際に倍近く安くなった人も多く存在するので、少しでもお得な利用をしたい方は是非覗いてみてください!

プロパンガスとは

ご存じの方が多いとは思いましたが、そもそもプロパンガスってどんなガスなのか説明しておきます。ちなみに「プロパンガス=LPガス」ですからねw

ちょっと難しい表現をしていますが、日本LPガス協会が説明しているものを紹介します。

LPガス(LPG)とは、「Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)」の略称で、プロパンやブタンなどの比較的液化しやすいガスの総称です。 主成分がプロパンの場合はプロパンガス、ブタンの場合はブタンガスと呼ばれます。

出典:日本LPガス協会

要は液化石油ガスの略称でプロパンという成分を多く使っているガスです。

LPガスしか契約できない黒い理由

なぜ高いプロパンガスしか契約できないのか?」多くの方が疑問に感じていることでしょう。

持ち家ならまだしも、賃貸住宅に引越しをする時に、ガスのことまで考えない人は多いはずです。引越しした後にプロパンガスしか契約できないことに気づき、これまで使ってきた都市ガスより遥かに高い料金となり、意図しない結果に苛立ちさえ覚えた事でしょう。

そこには業者同士の利権が絡むなど、消費者には見えてこない様々な理由も存在します。当然、都市ガスの提供エリア外でしょうがないことも多いですが、以下のようなことも十分考えられます

  • プロパンガスの業者から大家にリベートがある
  • その地域一帯を仕切っている怖い人間たちの影響

昔からプロパン業界には黒い噂が囁かれており、ある一定の人間たちが利権争いをしている?なんてことも地域によっては未だにあるようです。

都市ガス導入に掛かる工事費用

上記では意味深なことばかりお伝えしましたが、その他の理由としてプロパンガスから都市ガスに切り替える際の工事費用も大きな要因となっています。

ガスをボンベに詰めているプロパンガスとは違い、都市ガスは地中に埋められているガス管を通って家庭に送られてきます。仮に賃貸のアパートやマンションに都市ガスが通っていない場合、大家が自ら工事費用を負担しなくてはいけなくなり、設置が簡単なプロパンガスとなっている事もあります。

プロパンガスの料金が高い理由

それでは本題に移らせてもらいますが、なぜ高いのか理解できれば役立つことが必ずあると思います。一般には公開されることはないので、お得になりたいなら確実に押さえておきましょう。

プロパンは公共事業ではない

プロパンガスは公共事業ではなく自由料金

公共事業である都市ガスに比べて、プロパンガスの料金が高い理由に「LPガスは公共事業ではない」ことが理由のひとつに挙げられます。その為、それぞれの業者は自由に価格を設定することができるのです。

また、自由競争が安い料金へと繋がれば良いのですが、現状ではそうはならず高額な単価で請求する業者ばかりです。悪質なところでは以下のようなケースも起こっているようです。

お隣さんと「同じガス・同じ建物・同じ使用量」なのに倍近い料金を請求された

ネットなどで調べてもらえれば同じようなケースが沢山見つかると思いますが、消費者の弱い立場を利用した悪質極まりないことです。ただ、他人の料金を知ることの方が少ないので、なかなか発覚することはなく業者のカモにされてしまうのです。

業者間での談合によって高く推移している

プロパンガス業者は談合によって高く推移

自由に料金を設定できるのに、何十年も前から高い料金で推移しているのには、業者間で潰し合わないように談合が行われているとも言われています。

本来であれば消費者が喜んでくれる価格設定にすれば、顧客もどんどん増えていき企業の利益は増えていくはずです。

しかし、プロパンガスの市場では縄張りや利権などといったものが存在し、好き勝手に新参企業が邪魔できないような仕組みとなっています。

古くから事業を行っているところは企業の業績アップより、自分たちの利益を維持する為に横との繋がりを優先してしまっているので、どうしても高止まりしてしまい適正な料金とはならないのです。

ただ、都市ガスの普及率も都市部を中心に増えているので、わざわざ高いプロパンガスを選ぶ人も少なく、プロパンガス自体いずれ姿を消していく日もそう遠くないのかもしれません。

都市ガスより仕入れ原価が高い

一般的に言われている理由として「仕入れ単価の差」があります。

プロパンガス 都市ガス
主原料 プロパン 液化天然ガス
仕入れ価格 高い 安い
供給方法 トラックで充填 自動

ボンベを積んで家庭に充填しているのを見かけたことがあると思いますが、1件1件人間が直接作業する必要があり、配管から自動的に供給される都市ガスより運用コストは圧倒的に高くなります。

したがって適正な価格で提供したとしても、都市ガスよりプロパンガスの方が高くなってしまうのは当然のことでしょう。

まとめ

プロパンガスの料金が高くなってしまう(黒い)理由は、当然のことながら消費者になるべく伝わらないようにしているはずです。しかし、ネットの普及で日増しに把握する人は増えているので、少しずつ健全な運営を行っているところへ切り替えする人が増えることでしょう。

また、プロパン市場がどんどん縮小している現状を考えると、倒産しては意味がないと思う業者が適正な料金にしていくはずです。

今後、プロパンガスで今より料金を下げる方法や、お得になる情報を更新していくので、気になる方はまた立ち寄ってみてください!もし良ければSNSでシェアなどもよろしくお願いします。

評価:4.00 - 1件の票数

コメントを残す

*