これだけは知っておこう!乗り換えに役立つ電力関連用語

評価:3.67 - 3件の票数
乗り換えに役立つ電力関連用語

2016年4月の電力自由で、電力を乗り換えて電気代を安くできることを知ったはずですが、情報を集めようした時にはじめて聞くワードがたくさんあったと思います。

分からないワードをそのままにして読み進めてしまうと、いろいろなサイトで自分にあった新電力を探すときに内容を100%理解できないかもしれません。

今回お伝えするのは、新電力に関連するサイトで最も使われている用語なので、知っておくと必ず役に立つことがあるはずです。

乗り換えに役立つ電力関連用語

新電力やら特定規模やら・・難しいワードがいろいろと出てきますが、乗り換え時にきっと役立つと思うので以下で説明する代表的な用語だけは学んでおこう。

以下で説明する関連用語は、これから新電力に乗り換えする人にはきっと役立つことがあるはずです。代理店窓口に電話で申込みする時やネットで情報を集める時など、知っているだけで内容の理解度は違うでしょう。

一般電気事業者(大手電力会社)とは

一般電気事業者とは、これまであなたが強制的に契約していた東京電力や関西電力のことです。当サイトをはじめ電力自由化に関連する情報を発信するサイトでは、様々な呼び方をしているので「一般電気事業者及び大手電力会社は同じ意味」であることを知っておきましょう。

特定規模電気事業者とは

上 記で説明しましたが、特定規模電気事業者とは大口顧客向けに電力を供給する新電力のことです。また、PPSとも聞くことがありますが「Power Producer and Supplier」の頭文字をとってそう呼ばれています。他のサイトで詳しく説明されていたので引用しておきます。

電力供給を事業とする会社のうち、一般電気事業者には該当せず、50kW以上の高圧電力を必要とする需要家を対象に電力の小売り供給を行う事業者。

特定規模電気事業者=PPS=新電力」と覚えておこう。

小売電気事業者とは

小売電気事業者とは、2016年4月に施工される電力自由化ですべての消費者(一般家庭)に電力を販売する企業のことです。これから私たち一般人に最も関係してくる業者であり、当サイトでも小売電気事業者についてはたくさん情報を発信しています。

新電力とは

一般家庭向けに販売する小売電気事業者、大口顧客向けに販売する特定規模電気事業者も「新電力」と呼んでいますが、東電や関電の一般電気事業者以外で2000年の電力自由化以降、経済産業省に届け出を提出した企業のことです。少し難しくなりましたが要は・・

大手電力会社以外でこれからあなたが選ぶ電力会社です。

当サイトへ訪問していただく方のほとんどは一般家庭の電力について知りたいと思うので、新電力もしくは小売電気事業者があなたに関係する事業者だと認識していてください。

まとめ

特定規模電気事業者や小売電気事業者など、はじめて聞く方には区別が難しい専門用語だと思いますが、様々なサイトで情報を確認するうえで必ず出てきます。他にもたくさんお伝えしたいワードはありますが、また別の機会でまとめて紹介させていただきます。

評価:3.67 - 3件の票数

コメントを残す

*