大阪ガス電気と関西電力の口コミ・評判・料金プランを徹底比較!|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)

2018年7月1日から大阪ガス電気が料金改定をすることを発表しました!

この記事では大阪ガスの電気と関西電力を比較していますが、料金やサービスの内容は料金改定前の情報になります。

●ガスと電気のセット割りを適用させた場合の料金の比較
●電気のみ料金の比較
●大阪ガスの電気の口コミ・評判
●大阪ガスの電気のキャンペーン情報

などなど、わかりやすくまとめてあります。

料金改定後に最新の情報を紹介するとして、知っておいて損はない情報になっているので、どちらを契約しようか悩んでいる方はぜひご覧ください。

 

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中の申し込みをおすすめします。

大阪ガス電気の料金が2018年7月から改定されます!

大阪ガスを既に契約されている方、これから契約される方に朗報です!

大阪ガス電気の料金が2018年7月から改定されます!

現在わかっている情報だけまとめると
●電気をつかう人だけではなく使わない人もお得になる料金設定に変更
●オプション「長期2年割引」と「新生活応援割引」が廃止され割引分を料金に反映される。
●上記のオプションの解約金がなくなる
●すでに大阪ガス電気に契約されている方は新たな手続きはせず新たな料金設定でお得になる。

詳細はわかり次第この記事で紹介しますが、関西電力への対抗心剥き出しといったところでしょうか。

今まで大阪ガス電気は電気の使用量が少ない人にはお得ではない料金設定でした。

今回の料金改定で関西電力からどれだけ大阪ガス電気に契約者が流れていくのか楽しみです。

大阪ガスの電気と関西電力の料金比較

大阪ガスの電気は関西電力と比べてどれくらいお得なのでしょうか。

まずは料金を比較してみましょう。

ここで紹介する料金は旧料金になります。

大阪ガスの電気ベースプランA-G(ガスとセット割)

 大阪ガス電気
関西電力
最低料金(15kWhまで)
272.43円
272.65円
15~120kWh
(1段料金)
19.76円
19.75円
120~300kWh
(2段料金)
24.54円
24.22円
300kWh~
(3段料金)
28.41円
28.54円

大阪ガスと関西電力は、共に「電気とガスのセット割」のプランがあります。

この表にまとめてあるのは、どちらも電気とガスのセット割を適用させた場合の料金です。

比較してみると1段料金はほとんど変わりませんね。

2段料金は少しだけ関西電力が安くなります。

3段料金は少しだけ大阪ガス電気が安くなります。

簡単にまとめると
●月の使用量が300kWh未満の人は関西電力がお得になります。
●月の使用量が300kWh以上の人は大阪ガス電気の方がお得になりそうですが、いくつかのケースでシミュレーションしたところ、関西電力の方が安い結果になりました。

後ほど紹介するシミュレーションでは月の使用量を600kWhまでに想定した場合なので、それ以上使う方であれば大阪ガス電気の方が安くなります。

その理由は2段料金の差です。

後ほどわかりやすくまとめてありますのでシミュレーション結果をご覧ください。

大阪ガスの電気ベースプランA(ふつうのプラン)

 大阪ガス電気
関西電力
基本料金
439.98円
327.65円
15~120kWh
×19.76円
0~120kWh20.10円
×
120~200kWh22.32円
26.19円
300kWh~
29.29円
29.94円

こちらはセット割なしのプランの料金表です。

少しわかりづらくて申し訳ないのですが、大阪ガスの電気と関西電力は少しだけ料金のシステムが違います。

大阪ガスの電気⇒基本料金に最初の15kWh分の料金は含まれない

関西電力⇒最低料金に最初の15kWh分の料金が含まれる

みなさんは関西電力のシステムの方が慣れていると思うのでややこしいと思いますが、間違えないように注意しましょう。

基本料金は関西電力の方が安いですね。

また、~120kWhまでの料金も関西電力の方が安いので、一人暮らしや月々の電気使用量が120kWh未満の方は関西電力の方がお得になります。

120kWh以上使う人は大阪ガス電気の方がお得だといことがわかりますね。

簡単にまとめると
●月に120kWh未満の人は関西電力の方がお得
●月に120kWh以上の人は大阪ガス電気の方がお得

ということですね。

使用量別シミュレーション結果

どれくらい安くなるのか具体的にイメージできるよう、使用量別にシミュレーションして比較してみました。

()内の赤い数字は二社の料金の差額で、より安い方に書いてあります。

ご自身の使用量と近い料金を確認してみてください。

大阪ガスの電気ベースプランA-G(ガスとセット割)

※「大阪ガスの電気のガス+電気のセット割」と「関西電力のガスと電気のセット割」の料金の比較です。

使用量大阪ガス電気関西電力
150kWh/月
3,083円
3,073円
(‐10円)
300kWh/月
6,764円
6,706円
(‐58円)
450kWh/月
11,026円
10,987円
(-39円)
600kWh/月
15,287円
15,268円
(-19円)

すべてのシミュレーションで関西電力が安い結果になりました。

削減額は10円~58円程度ですが、既存の電力会社から新電力に切り替えて安くなるのは当たり前の中、この結果にはちょっと驚きました。

600kWh以上つかう方は大阪ガス電気の方がお得になるので切り替えを検討しても良いかもしれませんね。

※この記事を更新している時の料金単価で比較しています。電力会社の料金改定はよくあることなので、随時更新していきます。

大阪ガスの電気ベースプランA(ふつうのプラン)

使用量大阪ガス電気関西電力
150kWh/月
3,522円
3,188円
(-333円)
300kWh/月
6,976円
(-141円)
7,117円
450kWh/月
11,369円
(-239円)
11,608円
600kWh/月
15,763円
(-336円)
16,099円

月の使用量が150kWH未満の方は関西電力が安いですね。

月に300kWH以上使う方は大阪ガス電気が安い結果になりました。

ガスとのセット割に比べると、大きく差が出ましたが、ガスとセット割と電気のみのプランではどれだけ違うのか?

次の項目でわかりやすくまとめています。

ガスのセット割はどれだけお得なのか?

ふつうのプランとガスのセット割の料金を比較してみました。

※()がガスとセット割の金額です。
※赤文字は差額になります。

使用量大阪ガス電気関西電力
150kWh/月
3,522円
(3,083円)
439円
3,188円
(3,073円)
115円
300kWh/月
6,976円
(6,764円)
212円
7,117円
(6,706円)
411円
450kWh/月
11,369円
(11,026円)
343円
11,608円
(10,987円)
621円
600kWh/月
15,763円
(15,287円)
476円
16,099円
(15,268円)
831円

こうして比較してみると、2社ともガスとセット割の方がお得になることがわかります。

2018年6月の時点では、関西電力の方が割引率は多いですが、2018年7月から大阪ガス電気は新しい料金プランを発表します。

新しい料金プランになったらこの結果はどうなるのか?

わかり次第まとめていきたいと思います。

大阪ガス電気と他の新電力との料金比較

世帯数や使用量を想定して関西エリア20社でシミュレーションしてみました。
「詳細をクリック」すると料金表がご覧になれます。

1~2人世帯・少なめの使用量

●100kwh使用した場合

詳細はこちらをクリック


※料金の安い順に並べました。
電力会社月額料金
KOYOでんき1,954円
myでんき1,986円
auでんき2,006円
関西電力2,007円
奈良電力2,007円
香川電力2,007円
スマ電2,007円
@niftyでんき2,007円
イーレックス2,007円
はりま電力2,080円
ミツウロコでんき2,177円
Looopでんき2,200円
自然でんき2,300円
坊ちゃん電力2,400円
大阪ガス2,449円
はなカメくん電気2,645円
きらめきでんき2,672円
ハローG電力2,672円
丸紅新電力6,510円
楽天エナジー6,510円

1番安いのがKOYOでんきで、1,954円ですね。

大阪ガス電気は2,449円なので、だいたい495円KOYOでんきがお得になります。

因みに関西電力は2,007円になるので、この結果から電気代だけを見れば他にも安い電力会社があることがわかりますね。

閉じる

2~3人世帯・平均的な使用量

●300kwh使用した場合

詳細はこちらをクリック


※料金の安い順に並べました。

電力会社月額料金
奈良電力6,197円
はりま電力6,340円
香川電力6,592円
Looopでんき6,600円
@niftyでんき6,709円
KOYOでんき6,772円
自然でんき6,900円
ミツウロコでんき6,912円
myでんき6,950円
大阪ガス6,975円
坊ちゃん電力7,000円
イーレックス7,024円
auでんき7,115円
スマ電7,116円
関西電力7,116円
はなカメくん電気7,543円
きらめきでんき7,620円
ハローG電力7,620円
丸紅新電力7,855円
楽天エナジー7,855円

1番安いのが奈良電力で、6,197円ですね。

大阪ガス電気は6,975円なので、だいたい778円奈良電力がお得になります

関西電力は7,116円になるので、電気代だけを見れば他にも安い電力会社があることがわかりますね。

因みに最も高かった丸紅と楽天エナジーと奈良電力を比べると1,688円も差がありました。

電力会社を選ぶだけでこれだけ料金が変わるということを頭にいれておきましょう。

閉じる

3~4人世帯・平均的な使用量

●400kwh使用した場合

詳細はこちらをクリック


※料金の安い順に並べました。
電力会社月額料金
Looopでんき8,800円
奈良電力8,987円
香川電力8,987円
はりま電力9,182円
@niftyでんき9,190円
自然でんき9,200円
スマ電9,301円
ミツウロコでんき9,437円
KOYOでんき9,452円
坊ちゃん電力9,500円
myでんき9,645円
イーレックス9,647円
大阪ガス9,904円
はなカメくん電気9,992円
きらめきでんき10,094円
ハローG電力10,094円
auでんき10,108円
関西電力10,110円
丸紅新電力10,545円
楽天エナジー10,545円

1番安いのがLooopでんきで、8,800円ですね。

大阪ガス電気は9,904円なので、だいたい1,104円Looopでんきがお得になります。

関西電力は10,110円になるので、電気代だけを見れば他にも安い電力会社があることがわかりますね。

使用量が増えるほど、電力会社によって月々の料金に差がでます。

今回のシミュレーション結果を見ると、最も高かった丸紅と楽天エナジーとLooopでんきを比べると1,745円も差がありました。

電気をたくさん使う家庭ではもっと差がでてくるので、利用環境にあった電力会社を選ぶことはとても重要です。

閉じる

4~5人世帯・かなり多めの使用量

●800kwh使用した場合

詳細はこちらをクリック


※料金の安い順に並べました。
電力会社月額料金
Looopでんき17,600円
奈良電力18,172円
自然でんき18,400円
はりま電力18,500円
香川電力18,567円
@niftyでんき19,114円
坊ちゃん電力19,500円
ミツウロコでんき19,537円
はなカメくん電気19,788円
スマ電19,877円
きらめきでんき19,990円
ハローG電力19,990円
イーレックス20,139円
KOYOでんき20,172円
myでんき20,425円
丸紅新電力21,305円
楽天エナジー21,305円
大阪ガス21,620円
auでんき22,080円
関西電力22,086円

1番安いのがLooopでんきで、17,600円ですね。

電気使用量が多い人にお得になるのが大阪ガス電気の特徴でしたが、上には上がいるということでしょうか。

Looopでんきと比較すると4,020円もLooopでんきがお得になります。

関西電力に比べたら安いけど、ひと月でこれだけ料金が違うのであれば今すぐ電力会社を切り替えるべきです。

因みに関西電力とLooopでんきの差は4,486円。

電気使用量が多い季節を想定した場合のシミュレーション結果ですが、たとえ冬や夏の間だけでもこれだけ節約できたら間違いなくお得ですね。

閉じる

割引サービスで料金2%OFF

大阪ガス電気は2つの割引サービスがあります。

2018年7月1日に改定される新しい料金プランに伴い、2018年6月30日で廃止されてしまうサービスになりますが、簡単に紹介したいと思います。

ざっくり説明すると合計料金から2%割引になるというサービスです。

※因みに新しい料金プランでは2%の割引が料金プランに反映されすべての方がお得になります。

長期2年割引

2年間の契約を約束するかわりに料金が2%割引されるサービスです。
対象となるプランはベースプランAのみ(ガスの契約ない人)
大阪ガス電気を契約しているすべての方が対象になります。
2年未満に解約すると2,160円の解約金が発生します。

契約期間:2年
割引率:2%
解約金2,160円(税込)

新生活応援割引

2年間の契約を約束するかわりに料金が2%割引されるサービスです。
対象となるプランはベースプランAのみ(ガスの契約ない人)
長期2年割引との違いは最初の1年で解約する場合は解約金が無料になるということ。
引っ越しにともなって電力会社を変更する方が対象になります。

契約期間:2年
割引率:2%
解約金2,160円(税込)※最初の1年で解約する場合は無料

大阪ガス電気のメリット・デメリット

続いて、メリット・デメリットを確認していきましょう。

メリット

まずはメリットからご覧ください。

ガスとのセット割で安くなる

1番のメリットはガスとのセット割で料金が安くなることでしょう。

変な契約の縛りもなく、ただガスを契約するだけで電気代も安くなるのは間違いなくメリットです。

新電力の中にはポイントを還元するところが多いですが、シンプルに料金を割引してくれる方が利用者にとってうれしいですよね。

関西電力と比較しても300kWh以上、使う方であれば間違いなくお得になります。

2018年7月1日に行われる料金改定でさらに料金が安くなるみたいなので期待しましょう。

チャットサポートがある

大阪ガスの電気のホームページにはチャットサポートがあります。

わからないことなどをチャットで質問ができるというサービスです。

仕事中や電話するのが面倒だという方も多いと思いますし、カスタマーセンターにつながったと思ったら、たらい回しにされる・・なんてことはよくあること。

文章として保存しておけば問い合わせた内容を忘れないですし、意外に便利で助かります。

また、チャットサポートがない新電力も多いです。

デメリット

続いてデメリットについてご覧ください。

使用量がすくないとお得じゃない

関西電力と比較した場合、使用量が少ないとお得にならない事がわかりました。

一人暮らしや同棲されている方の平均的な使用量だと関西電力から乗り換えても安くならないんですね。

2018年7月に行われる料金の改定では、使用量が少ない方にもお得になるような料金設定になるみたいなので、どれだけ改善されるのか期待したいところです。

料金改定が行われるまでは、一人暮らしや使用量が少ない方は関西電力から乗り換えない方が良いでしょう。

大阪ガスの電気の基本情報

提供エリアや申し込み方法など、事前に知っておきたい基本情報をまとめました。

提供エリア

●京都府
●大阪府
●滋賀県
●兵庫県(赤穂市福浦を除く)
●奈良県
●和歌山県
●福井県(三方郡美浜町以西)
●三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)
●岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

申し込み方法

●電話での申し込み
0120-000-555
(月~土 8:00~21:00 日・祝日9:00~21:00)

●インターネットからの申し込み
[受付時間]
月~土 5:30~翌日4:30
日 5:30~翌日2:00

インターネットでの申し込みはこちら

●大阪ガスサービスチェーンでの申し込み

実際に窓口で申し込めます。

以下からお近くの店舗を検索できます。
店舗を検索する

違約金

長期2年割引で契約した場合、2年未満の解約で2,160円(税込)の違約金が発生します。

問い合わせ

電話
0120-000-555
(月~土 8:00~21:00 日・祝日9:00~21:00)

大阪ガスの電気はマンションやアパートに住んでいても契約できる?

マンションやアパートに住んでいても契約できます。

ただし、建物自体で一括受電(一つの電力会社と契約している)場合は契約できません。

オール電化のプランは対応している?

大阪ガスはオール電化向けのプランはありません。

そもそもオール電化向けのプランを提供している新電力が少ないのでデメリットではありませんが1点注意が必要です。

関西電力は、はぴeプランの新規申込みを停止しているので、大阪ガスに電気を切り替えて、再度はぴeプランに申し込むことはできません。

現在関西電力で、はぴeプランを契約している方は注意しましょう。

支払い方法

口座振替かクレジットでの決済になります。

現在、大阪ガスのガスサービスを契約している方はガス代とまとめての支払いになります。

電源構成

大阪ガス電気の電源構成は以下のように公表されています。

●天然ガス火力⇒86%
●FIT電気⇒9%
●石炭火力⇒3%
●卸電力取引所⇒2%

大きな特徴としては環境に優しい天然ガスをメインに使用している点があげられます。

【2018年】大阪ガスの電気のキャンペーン情報

大阪ガスの電気のキャンペーン情報をまとめました。

細かな注意事項は割愛してあるので、公式ホームページで確認してみてください。

春の乗りかえキャンペーン

キャンペーン期間

2018年4月1日~6月30日

キャンペーン賞品

●JTB旅行券10万円分
⇒10名

●関西空港の裏側見学&ランチビュッフェ日帰りバスツアー
⇒30組(60名)

●住ミカタクーポン無料券(レンジフードまたはエアコンクリーニング)15,000円相当
⇒60名

●大阪ガスオリジナルQUOカード1,000円分
⇒900名

対象者

キャンペーン期間中に、下記「大阪ガスの電気」のいずれかを新規に契約した方

・ベースプランA/B
・ベースプランA-G/B-G
・家庭用ガス発電プラン

ただし抽選です!!

賞品発送時期

2018年7月下旬以降に順次発送

新築・引越しの方限定 ギフトカードプレゼント!

※現在は終了しています。

対象期間

2018年3月1日~4月30日に申し込み

かつ、2018年3月1日~6月30日に供給開始

キャンペーン賞品

JCBギフトカード 1,000円分

賞品発送時期

以下の4回にわたって順次発送

・3/1~3/20 供給開始…3月末発送予定
・3/21~4/20 供給開始…5月上旬発送予定
・4/21~5/20 供給開始…6月上旬発送予定
・5/21~6/30 供給開始…7月中旬発送予定

対象者

対象期間中に、新築・引っ越し時に「大阪ガスの電気」の下記メニューのいずれかを新規に申し込み、かつ供給を開始している方

・ベースプランA/B
・ベースプランA-G/B-G
・家庭用ガス発電プラン

大阪ガスの電気の口コミ・評判

大阪ガスの電気の口コミや評判もチェックしていきましょう。

ツイッターに投稿されていた口コミをまとめました。

営業がしつこい

既にLooopでんきに切り替えたと何度も断っているにもかかわらず、しつこく営業電話がかかってくることにうんざりしているという方もいました。

悪質な勧誘に関する口コミは新電力に限らずいろいろなところで見かけます。

料金やサービスがよかったとしても、勧誘の仕方に問題があって評判を落とすというのはよくあること。

大阪ガスが直接勧誘しているわけではなく代理店や下請けからなのでしょうが、こういった声を受けて少しでも改善されることを期待したいですね。

契約書を送り付けられて困る

なんと、契約書が送り付けられてきたという方もいました。

電話や訪問での強引な勧誘の話はよく聞きますが、このようなケースは初めて聞きました。

確かに突然契約書が送られてきたら、書いて送り返さなければいけないと勘違いしてしまう方もいるかもしれませんね。

特に高齢の方は知らない間に契約してしまいそうで心配です。

顧客獲得に必死なのはわかりますが、やり方は考えてほしいところですね。

関西電力と迷う・・・

関西電力がガスの小売りを始め、大阪ガスが電気の小売りを始め……

どっちがいいのかわからず、混乱している方も少なくないようです。

シミュレーションしてもよくわからないとなってしまうとお手上げですね。

そういう場合は料金以外のメリットやデメリット、評判などを参考にするといいでしょう。

違約金があるプランだとあまり気軽に乗り換えもできませんし、しっかりと比較して見極める必要がありそうですね。

おすすめの新電力はLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気NO1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、切り替えてみて思っていたより安くならなければ他の電力に切り替えればいい話。

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、6月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

まとめ

2018年7月1日改定される料金プランでさらにお得になる大阪ガス電気。

現在はそこまでお得度を感じない方も、新しい料金設定が楽しみですね。

情報が解禁されたら、また更新します。

(未評価)

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

大阪ガス電気と関西電力の料金・口コミ・評判の比較について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。