都市ガス2位の新電力「大阪ガス」で電気料金は安くなるのか

評価:3.55 - 38件の票数
都市ガス2位の新電力「大阪ガス」で電気料金は安くなるのか

4大都市ガス事業者のひとつである「大阪ガス」が新電力として電力供給と始めますが、はたしてどの程度シェアを獲得することができるのか?

家庭向けで幅広いエリアへの参入を表明しており、ガスとのセット割など独自のキャンペーンを実施して、料金をどこまで安価で提供できるかが鍵となってきそうです。

大手新電力のエネットに出資するなど、前々から電力事業へは参入しており自社の発電所を数多く所有しています。他の新電力より安く仕入れることができる大阪ガスは、利益を削って消費者にメリットを与えてくれるのか?

企業情報から大阪ガスのメリットまで検証していきます。

大阪ガスとは?

大阪ガスから供給してもらっていない人にとってはそこまで認知度が高い企業ではないですが、都市ガス事業者の中では2番目に大きい企業です。売上高も日本国内で100位以内に入っており歴とした大企業です。

大阪ガスの売上高推移
※大阪ガス公式HPより

上記の不ラフは2010年からの売上高の推移ですが、ご覧の通り右肩上がりとなっており健全な運営が行われているようです。以下でより詳細な企業情報を紹介しますが「予想以上に大きな企業だな・・」と感じるかもしれません。

会社概要

社名 大阪ガス株式会社
設立 1897年4月10日
所在地 大阪市中央区平野町四丁目1番2号(〒541-0046)
代表者 本荘武宏
資本金 1,321億6,666万円
従業員数 [ 連結 ] 20,982名
事業内容
  1. ガスの製造、供給および販売
  2. LPGの供給および販売
  3. 電力の発電、供給および販売
  4. ガス機器の販売
  5. ガス工事の受注
ガス供給区域 近畿2府4県の79市、33町
関係会社 大阪ガスグループ会社一覧

問い合わせ先

WEBでの問い合わせ 問い合わせページ
電話番号 0120-000-555
ガスワンサービス 0120-6-19424

これまでの実績

大阪ガス電力小売販売実績

高圧・特別高圧の電力自由化で、大阪ガスとして販売している報道はあまりされていませんが、30%の出資をしている「エネット」と介して2,000件以上の販売実績があり、現在の電力販売量は年間20億kWh以上もあります。

高圧などの電力を販売している新電力では、エネットが市場の半分程度シェアを獲得しており、東京ガス・NTTファシリティーズ・大阪ガスの販売力によるものです。

日本でもトップクラスの販売量であり、家庭向けの電力販売でも上位の新電力となることは間違いないと思われます。

家庭向けの電力供給は?

2016年4月1日より家庭向けの電力販売を行います。

大阪ガスの強み

上記で説明した販売実績も強みのひとつではありますが、大阪ガスの最大の強みは現在ガスを供給している顧客の存在です。近畿地方を中心に約700万世帯を供給対象としており、既存顧客へ効率よく販売できればそれだけで事業は成功といえます。

また、家庭向けの販売では「ガスと電気のセット割」を前面に押し出して販売してくるでしょうから、2017年度のガス自由化に向けて全国の世帯を対象にしてくるでしょう。

電力供給エリア

  • 近畿2府4県(順次拡大)

現在、ガスを供給しているエリアが近畿地方であるため、まずは自社の顧客へセット割でメリット幅を増やし囲っていくのは間違いないでしょう。ただ、同エリアは関西電力の電力供給エリアと重なるので、両社の激しい顧客争奪戦がはじまります。

関西電力は通信会社との提携しセット販売をしてくるので、大阪ガスもガスのセット割以外に他の企業とのタイアップなどが必要となるかもしれません。

自社所有の発電所

電力販売量が年間20億kWh以上もあるのには「大規模な発電所」を保有していることが大きく関係しています。新電力の中でも電力の発電量は上位であり、大阪ガスが所有する発電所は以下の規模となっています。

大阪ガスグループの発電所一覧
※大阪ガス公式HPより

上記図を見ていただければ分かりますが、新電力でこれだけ大規模な発電設備を所有している企業はほとんどありません。家庭向けの電力販売でもこの発電量を武器に、安い電気代を設定して「利益率 < 契約者数」と戦略を立ててくるでしょう。

大阪ガスのメリット

  • ガスと電気のセット割
  • 大規模発電により安価な電気料金

大手企業である資本力と既に確立されているガス市場をフル稼働させ、2017年に控えているガスの小売り自由化前にはなるべく多くの顧客へ電力を販売したいはずです。その為には、セット割の充実と関西電力より安価な料金設定が鍵となります。

ただ、ガスの自由化がはじまると逆に関西電力に顧客が奪われることになるので、家庭向けの販売当初から他よりメリットの大きいプラン設定が予想されます。

特に大阪ガスを契約中の方は新着情報に注目しておき、機を逃さないよう準備しておきましょう。

まとめ

家庭向けに電力販売を行う新電力で注目度の高い「大阪ガス」について検証しましたが、ある程度のシェアを獲得するのは間違いないでしょう。後は大阪ガスがどの程度利益を削ったプランを打ち出し来るか?このポイントに焦点をおいて情報を待ちましょう。

評価:3.55 - 38件の票数

コメント

  1. ぼへ より:

    ちなみに先日聞いた話ですと、現時点で月の電気使用量が7000円以上であれば大阪ガスのガス+電気セットがお得なようです。
    大阪ガスの電気申し込みは
    services.osakagas.co.jp/portalc/conten…
    から6月中にするとクオカード500円が貰えるみたいです。

コメントを残す

*