電気代の節約術!今すぐに実践できる電気料金のコスト削減

評価:4.00 - 2件の票数
電気の節約術を知って安い電気代に

使った電気は消すのは当たり前ですが、それ以外に電気代を安くする術をあなたは知っていますか?

もし、何も考えずに電気を使用している場合、1ヵ月では大した金額にはならなくても長期間で考えると、車ぐらいなら買えてしまうほど無駄遣いをしているかもしれません。

これからお伝えする電気の節約術は、面倒なことを一切せずにその日からすぐに始められる方法となっています。記事を読む数分の時間で車が買えるのならお得だとは思いませんか?

まずは代表的な方法なので知っているとは思いますが、3つの節約術をお伝えしようと思います。記事の最後に意外と知らない方法へ移動できるリンクを設置しておくので是非活用してください。

料金プラン見直し(変更)

料金プランの変更

電気の節約術で最も代表的な方法であり、簡単に電気代を下げることができるのが「料金プランの見直し」です。

大手電力会社(東電など)及び新電力では、ライフスタイルに合った料金プランが用意されていることをご存知でしょうか?

知らなかった人はおそらく「従量電灯」という料金プランを利用しており、いつ電気を使用しても同じ設定の料金で使うことのできるプランです。

ほとんどの家庭が従量電灯

従量電灯というプランは以下のような世帯に合わせた設計となっています。

  • 昼間の在宅率が高い
  • 共働きなどでなく家事は一日中行う

このような生活スタイルの場合は、プランの見直しで電気代を安くする方法はあまりおすすめしません。日本はサラリーマン世帯が多いこともあり、電力会社は最も多いライフスタイルに合わせた設定にしており、消費者のメリットを第一に考えていないのが現状です。

昼間の在宅率が低ければ安くできる

料金プランを変更して電気代を安くできる家庭は、上記に当てはまらず特に夜間~深夜に電気を多く使用する家庭です。朝得プラン・夜得プランなどがあり、時間帯によって料金単価を抑える代わりに、電気を多く使用される時間帯は高く設定されています。

変更された方の中には30%~50%程度の削減をできた人もおり、電気代の節約を考えているのならまず検討すべき方法となります。お住まいの地域の電力会社には同様のプランがあるので参考にすると良いでしょう。

大手電力会社(一般電気事業者)の料金プラン』で確認できます。

契約しているアンペアを下げる

アンペアの変更

電気を契約しているのであれば、必ず上限となるアンペアの契約をしています。

アンペアとは「電気の流れる量=電流を表す単位」の事ですが、分かりやすく説明すると電気を同時に使用するのか制限する契約です。

このアンペアの契約によって基本料金が設定してあり、多ければ多いほど毎月何もしなくても多く掛かることになります。

まずは契約しているアンペアの確認方法を説明します。

契約アンペアの確認方法

東京電力と契約しているケースを例に挙げますが、ブレーカーの色で見分けることができるようになっています。以下の図は公式HPに掲載されているものとなります。

東京電力の契約アンペアの確認方法
※アンペアブレーカーがない場合もあります。詳しくは契約している電力会社に連絡してください。

また、毎月送られてくる「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」にも、契約しているアンペアが記載されているので確認してみてください。

アンペア変更でいくら安くなるのか?

アンペアごとに基本料金が掛かると説明しましたが、10A増えると260円(税抜)加算されていく仕組みとなっています。あくまで東京電力の場合なので、契約している電力会社のHPなどで確認してください。

▼契約アンペアの月額基本料金

契約アンペア(A) 10 15 20 30 40 50 60
基本料金(円) 280 421 561 842 1123 1404 1684

※小数点以下は切り捨ててあります。

ブレーカーが落ちるぐらいが節約術

10Aごとに260円の節約が可能となるのは分かったと思いますが、まずは10A下げる依頼を出してみることから始めましょう。これまでに複数の家電を使用してブレーカーが落ちた経験があるでしょうが、その対策をすれば良いだけの話しです。

例えば以下のようなケースで落ちたとします。

  • エアコン・電子レンジ・炊飯器を使用
  • 電子レンジ・炊飯器・テレビを使用

アンペアを下げたことによってブレーカーが落ちるのであれば、同時に使用するのを控えるだけで解約することができます。落ちたら上げればよく、同時に使用しないといった生活スタイルにするだけで節約ができるのです。

仮にこの方法を実行するだけで10A下げるごとに、年間3,000円以上の節約ができ、更に使用を控えるようになることで年間5,000円は可能となるでしょう。もし、20A下げられるのであれば10年間使用するとして・・

アンペアだけで100,000円以上の節約ができる

大した努力は必要ないのですぐに実践しましょう。

電力会社を乗り換える

新電力へ乗り換えて電気代を安く

私の中で電気代の3大節約術のひとつである、電力会社ごと変更してしまいましょう!という方法です。

上記で説明したのも節約するための代表的な方法ですが、乗り換えするメリットは安くするだけでなく「セット割」などの2次的な効果も期待できます。

他の節約術より少しだけ手間が掛かり、正しい知識が必要となってくるので、それでも節約したい方は当サイトを巡回してもらい納得のいく新電力を選ぶようにしてください。

当記事では参考程度に説明しておきます。

新電力を選ぶ前に行うこと

多くの方はテレビCMやネットメディアで見かけた新電力から調べると思いますが、それでは企業の戦略に嵌っているだけで得策とはいえません。探し始める際は以下のことを基準とすると良いでしょう。

  • お住まいの地域が対象となっているか
  • ライフスタイルに適した料金プランがあるか
  • セット割が本当に得する内容か
  • 申込み特典が充実しているか

「なんか面倒そうだな・・」とあなたの声が聞こえてきそうですが、大して時間の掛かることではないので諦めずに是非実践されてください。本当に困った時は当サイトが全面的に協力するので、問い合わせもらえればアドバイスさせてもらいます。

新電力の選び方」に関しての情報は揃っているので、暇な時にでも徘徊するのをおすすめします。

その他の節約術

上記で説明した3つは3大節約術として、効率的かつ効果的に生活を豊かにしてくれる方法であり、それだけで長期的に見れば大きなお金を払わずに済むのは間違いないです。

しかし、それだけでは電気代の節約が十分ではないので、以下の記事も合わせて読むことをおすすめします。

3大節約術と組み合わせて行えば、浮いたお金で車ぐらいなら買えてしまうかも!

評価:4.00 - 2件の票数

コメントを残す

*