@niftyでんきの評判は微妙!思ったより安くなりません!|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/06/19

インターネットのプロバイダとして有名な@niftyですが、2016年8月から新電力「@niftyでんき」のサービスを開始しています。

たくさんの新電力がありよりどりみどりな状況ですが、@niftyでんきはどれほどお得に使えるのか?

@niftyでんき独自の割引や料金、キャンペーン情報などをまとめました!

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中の申し込みをおすすめします。

@niftyでんきについて

ではまず、供給エリアや申込方法、違約金があるかどうかなど、@niftyでんきの知っておきたい基本的な情報から見ていきましょう。

供給エリア

東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州

マンションやアパートなどの集合住宅でも申し込めますが、高圧一括受電をしている場合には契約できません。

申し込み方法

web、または電話で申し込みができます。

申し込みの際には検針票が必要になるので、なくさないように気を付けましょう。

支払い方法

口座振替またはクレジットカード決済のどちらかを選べます。

@niftyでんきの料金も@nifty利用料金として支払うことになるので、すでに@niftyのサービスを利用している方は請求が一つにまとまります。

電力の供給元は別の会社

@niftyでんきに電気を供給しているのは、イーレックス・スパーク・マーケティングという会社です。

@niftyでんきが自社発電をしているわけではありません。

契約期間の縛り・解約金・違約金なし

私が利用しているLooopでんきでもそうですが、@niftyでんきにも契約期間の縛りや解約金がありません。

いつでも無料で解約できるのはいいところですね。

@niftyでんきの料金

一番気になるのは電気料金ですよね。

これまでの電力会社と比べてどれくらい安いのかを簡潔にまとめました。

基本料金は安くならない

@niftyでんきの基本料金は、東京電力など従来のものと全く同じです。

基本料金もかなり安く設定されている新電力もあるのでちょっと残念ですね。

では従量料金はどれほど安くなるのでしょう?

従量料金はちょっとだけ安い

基本料金が安くならないので従量料金に期待したんですが、正直、微妙です。

@niftyでんきの対象エリアの従量料金を、従来の電気と比べてどう違うのかを表にまとめました。

※()内の赤い数字が従来の電力会社の料金です。

東北エリアの場合

 東北エリアB東北エリアC
~120kWh18.24円
18.24円
18.24円
18.24円
120kWh~300kWh24.62円
24.87円
24.62円
24.87円
300kWh~28.08円
28.75円
28.08円
28.75円

関東エリアの場合

 関東エリアB関東エリアC
~120kWh19.52円
19.52円
19.52円
19.52円
120kWh~300kWh24.95円
26.00円
24.73円
26.00円
300kWh~25.92円
30.02円
25.54円
30.02円

中部エリアの場合

 中部エリアB中部エリアC
~120kWh20.68円
20.68円
20.68円
20.68円
120kWh~300kWh24.30円
25.08円
24.30円
25.08円
300kWh~24.73円
27.97円
24.73円
27.97円

関西エリアの場合

 関西エリアA関西エリアB
~120kWh19.76円
19.76円
17.40円
17.40円
120kWh~300kWh23.93円
26.19円
17.93円
21.68円
300kWh~24.81円
29.94円
20.12円
24.95円

中国エリアの場合

 中国エリアA中国エリアB
~120kWh20.40円
20.40円
17.76円
17.76円
120kWh~300kWh26.46円
26.96円
22.66円
23.74円
300kWh~27.43円
29.04円
23.22円
25.58円

四国エリアの場合

 四国エリアA四国エリアB
~120kWh20.00円
20.00円
16.66円
16.66円
120kWh~300kWh26.00円
26.50円
21.30円
22.09円
300kWh~28.00円
29.95円
22.40円
24.96円

九州エリアの場合

 九州エリアB九州エリアC
~120kWh17.13円
17.13円
17.13円
17.13円
120kWh~300kWh22.14円
22.63円
22.14円
22.63円
300kWh~22.90円
25.57円
22.90円
25.57円

最初の120kWhまでは従来の料金と同じで、120kWh以上の従量料金が少し安くなります。

この割引率も他の新電力と比べて飛び抜けて安いかというと、別にそうでもありません。

基本料金は従来のものと全く同じなので、あまり使わない人はほとんどお得にならないでしょう。

電気料金だけで見ると、あまりお得感がない印象ですね。

私が利用しているLooopでんきは、基本料金が0円です。

従量料金も一律に設定されているのでシンプルでわかりやすいですし、解約金もかかりません。

私もLooopでんきに切り替えてからは毎月平均1,000円安くなっているので、とても助かっています。

下記の公式サイトからシミュレーションもできるので、どれくらいお得になるのか確認してみるといいでしょう。

予想外に安くなるかもしれませんよ!

@niftyのネットやスマホが割引になる『まるっと割』

@niftyでんき最大のメリットがこの「まるっと割」です。

@niftyのネットやスマホと一緒に利用することで月々の通信料が割引になるというもの。

電気料金が割引になるわけではなく通信量からの割引ですが、どれほどお得になるのでしょうか?

1. でんき+ネット割

適用条件

「@niftyでんき」と「@nifty接続サービス(NifMoを除く)」をセットで利用すること。

「@nifty with ドコモ光」、「従量コース」は対象外なので注意しましょう。

割引額

@nifty接続サービス利用料金が年間3,000円(250円/月)割引

2. でんき+スマホ割

適用条件

「@niftyでんき」と「NifMo」をセットで利用すること。

こちらは、NifMoの全プランが対象です。

割引額

NifMoデータ通信プラン料が年間3,000円(250円/月)割引

3. でんき+ネット+スマホ割

適用条件

「@niftyでんき」と「@nifty接続サービス」と「NifMo」をセットで利用すること。

Nifmoを利用していて「ネット+スマホ割」が適用されている状態で@niftyでんきを追加で申し込んだ場合にも、この「でんき+ネット+スマホ割」が適用になります。

また、以下のサービスを利用の場合は「でんき+ネット+スマホ割」の対象外となり、「でんき+ネット割」、「でんき+スマホ割」どちらかの適用になります。

・NifMo「音声通話対応SIMカードスタートプラン」
・NifMo「1.1GBプラン」
・@nifty WiMAX
・@nifty MOBILE(YM)
・@nifty基本料金
・お手軽5コース
・無制限コース
・デイタイムプラスコース
・テレコミ3コース
・テレコミ10コース
・フレッツ・ISDN

従量コースは「でんき+ネット割」、「でんき+ネット+スマホ割」どちらも対象外なので注意しましょう。

割引額

@nifty接続サービスの月額料金とNifMoデータ通信プラン料から年間5,400円(450円/月)割引

共通の注意事項もチェック!

上記の3つの割引に共通した注意事項があるので、事前にチェックしておきましょう。

・@niftyでんきを解約すると「まるっと割」の適用は解除されます。

・対象のネット・スマホの月額費用が発生した月に限り、それぞれの月額費用から割引されます。

・キャンペーンの適用、その他割引の利用などにより対象のネット・スマホの月額費用が発生しない月は割引になりません。

・まるっと割は、@niftyでんきとネット・スマホを同じ@nifty IDで契約した場合に適用となります。

 @niftyでんきとネット・スマホの@nifty IDが違う場合はまるっと割の対象になりません。

・@niftyでんきの提供エリア外に引っ越した場合、@niftyでんきは解除となります。

 同時に「まるっと割」の適用はなくなるので、利用中の接続サービスは通常料金に戻ります。

@niftyでんきのデメリットも知っておこう

もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。

事前に知っておいた方がいい情報なので、必ず目を通しておいてくださいね。

契約には@nifty IDが必要

@niftyでんきを利用するには「@nifty ID」というものが必要になります。

すでに@niftyのサービスを利用している方ならいいですが、新たに@niftyでんきだけを利用する場合には@nifty IDを取得しなければなりません。

この手間はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

@niftyでんきだけの契約ではあまりお得にならない

先程紹介した「まるっと割」はなかなかお得でしたが、逆を言うと@niftyでんきだけの利用ではあまりお得にはならないということが言えます。

@nifty IDの取得の手間もありますし、現在@niftyのサービスを利用していない方にはあまりおすすめできません。

キャッシュバックなどのキャンペーンがさみしい

@niftyでんきの公式サイトを見る限り、キャンペーンは実施していません。

申し込みの際にキャンペーンを活用して少しでもお得にしたい!という方には物足りないかもしれませんね。

オール電化用のプランがない

@niftyでんきには、オール電化用のプランや深夜に安くなるようなプランがありません。

現在オール電化でも申し込めないことはないですが、料金がお得にならない場合があるので事前に確認するといいでしょう。

@niftyでんきの口コミ・評判

ネット上の評判も気になるところですよね。

しかし、利用者があまりいないのかあまり多くの口コミは見つかりませんでした。

ツイッターに投稿されていた口コミまとめてみたので参考にしてみてください。

年間1万円割引に!

まるっと割を活用したのか、もともとの電気料金がかなりかかっていたのか。

どちらかはわかりませんが、@niftyでんきに切り替えることでかなりお得になったと喜びの声が見つかりました。

いずれにせよ、結果的にお得になるならいいですよね。

契約期間の縛りがないのが好印象

新電力の中には契約期間の縛りや違約金が発生するところもあります。

いつでも解約できるという点が好印象だったようですね。

勧誘電話がしつこい!

@niftyでんきの勧誘電話にうんざり、という方の口コミも見つかりました。

光回線などでもよく聞く話ですが、これでイメージが悪くなってしまった方もいるようです。

@niftyでんきよりLooopでんきの方がおすすめ

スマホのセット割やインターネット回線の割引額を考えると基本料金が0円のLooopでんきをおすすめします。

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気NO1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、切り替えてみて思っていたより安くならなければ他の電力に切り替えればいい話。

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、6月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

価格.com限定キャンペーン

@niftyでんきは現在、公式キャンペーンをやっていません。

しかし、価格.com限定キャンペーンは実施しているようなので情報をまとめました。

対象プランは関東エリアB、関東エリアC

関東エリアB、関東エリアCのプランが対象のキャンペーンです。

キャンペーン期間中に価格.com経由で@niftyでんきの申し込みが完了すると、12ヶ月間毎月1,010円割引になるというもの。

キャンペーン期間

2018年2月1日(木)~2018年2月28日(水)

適用されないケース

・キャンペーンの適用条件を満たさない場合。

・電話や価格.com以外のページから申し込みした場合。

・@niftyの電話窓口で申し込む際に「価格.comを見た」と申告しなかった場合。

・すでに@niftyでんきに申し込んでいる場合。

・申し込み日から1年以内に電気の供給開始日が確定しなかった場合。

・@niftyでんきの請求額が特典額以下の場合、@niftyでんきの請求額分だけ割引になります。

まとめ

いかがでしたか?

正直言ってしまうと、まるっと割以外に目立ったメリットはないように思います。

解約の際に違約金がかからない新電力は他にもありますし、電気料金だけで見てももっと安いところはあります。

現在@niftyのネットやスマホを利用している方ならいいですが、@niftyでんきだけで利用するのはあまりおすすめしません。

ネットもスマホも@nifty!という方にはおすすめなので、検討してみるといいでしょう。

(未評価)

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

@niftyでんきの料金・評判について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。