受託数NO.1の新電力「日本テクノ」の戦略やメリットを検証|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.40 - 43件の票数
更新日:2018/10/19

電力事業を中心に行っている新電力の「日本テクノ」は、乗り換えでメリットのある企業なのか検証していきます。

特定規模電気事業者として特別高圧・高圧の需要家である、工場や店舗などの電力料金削減では民間企業でNO.1の実績がある企業です。

また、自社所有の大型発電所を建設するなど、家庭向けの電力販売でも消費者のメリットとなりそうな事業展開をはじめており、条件次第では大手電力会社からの乗り換え候補のひとつとなるかもしれません。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年10月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、10月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は10月中の申し込みをおすすめします。

日本テクノとは?

日本テクノ株式会社とは、本社を東京都新宿区に置いている大手電力関連企業です。大口顧客向けの電力小売事業をはじめ、保守管理サービス、一般の電気工事など電気に関してのスペシャリスト集団ともいえます。

また、2009年頃から業績が右肩上がりに伸びており、家庭向けの電力販売を本格的に開始するようなら、大手企業に名を連ねるようになる日も近いかもしれません。

新電力「日本テクノ」の売上高推移
※公式ページから数値を引用しています。

それでは日本テクノについて検証していきます。

会社概要

社名 日本テクノ株式会社
設立 1995年(平成7年)4月4日
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル51階
代表者 馬本 英一
資本金 5億7,194万円
従業員数 1028名
事業内容
  • キュービクル常時監視システム販売
  • 電力コンサルティング
  • 高圧電気設備保安管理・点検業務
  • 電気料金自動検針事業
  • 電力小売事業
  • 一般電気工事
  • 住宅省エネ化事業
関係会社
  • 日本テクノパワー株式会社
  • 日本テクノエンジ株式会社
  • 株式会社フェスコパワーステーション滋賀
  • 株式会社ファーストエスコ(東証マザーズ:9514)

問い合わせ先

WEBでの問い合わせ 問い合わせページ
電話番号
  • 0120-107-428
  • 03-3349-1111
ガスワンサービス 03-3349-1112

これまでの実績

幅広いジャンルの事業者の電気料金を削減し、省エネ活動としてこれまで50,000件以上の実績があります。民間事業者では全国NO.1の時期もあり、販売実績としてはこれ以上ない功績を残しています。

新電力「日本テクノ」の販売実績
出典:日本テクノ公式HP

家庭向けの電力供給は?

2016年4月1日より家庭向けの電力販売を行う予定です。

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

日本テクノの強み

設立当初から電力事業を中心に活動してきたことから、電力供給に対しての経験やノウハウに関しては業界でもトップクラスでしょう。また、発電施設の増強などにも力を入れ始めており、自社発電量が増えた分だけ安価な供給が可能となっていきます。

電力供給エリア

  • 沖縄県を除く全国

これまで電力市場で培ってきたネットワークは全国に広がり、営業所やサービスセンターなどの事業所は既に活動している状況です。

自社所有の発電所

日本テクノ及び関連会社で運営している発電施設を紹介します。

▼袖ケ浦グリーンパワー

日本テクノの発電施設「袖ケ浦グリーンパワー」

発電出力7,800kWで発電効率49%を誇るタイプの「カワサキグリーンガスエンジン」14基で構成。10万kWを超える発電所をガスエンジンのみで構成されるのは国内初だそうです。

▼関係会社ファーストエスコの太陽光発電所

関係会社ファーストエスコの太陽光発電所

大分県の日田市に設置されているソーラー発電所です。12,380枚のパネルを配置しており相当量の発電が可能となっています。

この他にも日本テクノに関係する発電設備は全国各地にあり、一般電気事業者からの仕入れだけに依存せず、自社及び関係会社所有の発電所によってある程度の供給が可能となっています。

日本テクノのメリット

  • これまでの実績による信頼性
  • 自社発電で低価格料金の供給

日本テクノを選ぶ最大のメリットは、自社所有の発電所の運用から電力販売、そして電気の保安管理まで一貫して行える企業体制です。全て自社で行えることによって発電から供給するまでの原価コストを最小限にでき、最終的に電気を使用する消費者も安価な料金で利用できます。

キャッシュバックがもらえるおすすめの申し込み窓口

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記窓口から申し込むと10月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

おすすめの理由
●3,000円のキャッシュバックがもらえる!
●複雑な条件は一切なし!
●利用環境に適した電力会社を紹介してくれる!
●利用者の評判が良い!

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

基本的に電力会社の公式サイトから申し込むとキャッシュバックはありません。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、下記窓口がおすすめです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
切り替え手続きが混み合う場合があります。

電気の切り替えは基本的にいつ解約しても違約金などかからないので10月中の申し込みをおすすめします。

まとめ

電力事業一筋の日本テクノについて検証してきましたが、思っていたより魅力ある企業で家庭向け販売に対する戦略がより気になるようになりました。

沖縄を除く全国での対応をしてくので、この記事をご覧になっているほとんどの方に関係のある企業となります。新電力へ乗り換えを検討している人が多いはずなので、候補の一つとして比較した方が良い新電力であることは言うまでもありません。

評価:3.40 - 43件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

10月31日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

10月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日本テクノのメリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。