丸紅新電力の評判でわかるおすすめできない理由!知名度に騙されるな!|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/10/19

大手総合商社の丸紅グループが提供する、丸紅新電力。

企業の知名度としては申し分ないですが、実際のところその料金やサービスはどうなのか調べてみました。

結論:おすすめしません。


●他の電力会社との料金比較
●サービス・割引
●口コミ・評判
●メリット

以上の点についてわかりやすくまとめました。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年10月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、10月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は10月中の申し込みをおすすめします。

料金があまり安くない

結論からいうと丸紅新電力は安くありません。

個人的に、電気の切り替えは安くなってなんぼ。

どんなにキャンペーンやセット割が充実していても料金が安くならなければ意味がないと思っています。

丸紅新電力に切り替えるとどのくらい安くなるのか?

●既存の電力会社(東京電力や北海道電力)の比較
●他の新電力との比較

2つの情報をまとめました。

既存の電力会社との比較

丸紅新電力の提供エリアは、北陸、四国、沖縄を除いた7エリア。

従来の電力会社の従量電灯(一番基本的なプラン)に相当する、「プランS」の料金を表にまとめました。

「〇〇電力エリアの料金を見る」というところをクリック(タップ)すると料金表が開くので、ぜひ見てみてください。

北海道電力エリアの料金を見る

北海道電力エリアの料金

料金区分丸紅北海道電力
基本料金~30A1,004.40円1,004.40円
40A1,339.20円1,339.20円
50A1,674.00円1,674.00円
60A2,008.80円2,008.80円
従量料金~120kWh23.54円23.54円
120~28027.66円29.72円
280~30.03円33.37円

基本料金と120kWhまでの従量料金は北海道電力と全く同じです。

120kWh以上使わない方は全くお得にならないのでおすすめしません。

また、現時点で20A以下の契約をしている方も基本料金で大きく損をしてしまうので他の新電力を検討した方がいいでしょう。

閉じる

東北電力エリアの料金を見る

東北電力エリアの料金

料金区分丸紅東北電力
基本料金~40A1,296円1,296円
50A1,620円1,620円
60A1,944円1,944円
従量料金~120kWh18.24円18.24円
120~30024.87円24.87円
300~26.32円28.75円

基本料金と300kWhまでの従量料金は東北電力と全く同じ。

300kWhを越えてからやっと2.43円だけ単価が安くなるので、あまりお得感はありませんね。

また、40A以下の契約はすべて1,296円になるので、現在30A以下で契約をしている方は割高になる可能性が非常に高いのでおすすめしません。

閉じる

東京電力エリアの料金を見る

東京電力エリアの料金

料金区分丸紅東京電力
基本料金~40A1,123.20円1,123.20円
50A1,404.00円1,404.00円
60A1,684.80円1,684.80円
従量料金~120kWh19.43円19.52円
120~30025.91円26.00円
300~25.91円30.02円

基本料金は東京電力と全く一緒です。

従量料金は300kWhを越えてからやっと単価が4.11円安くなりますが、第一段階、第二段階共に割引額は0.09円だけ。

あまり電気を使わない方はほとんどお得になりません。

また、40A以下の契約はすべて同じ基本料金になってしまいます。

現在30A以下で契約をしている方は基本料金で大きく損をしてしまう可能性が非常に高いので、他の新電力の検討をおすすめします。

閉じる

中部電力エリアの料金を見る

中部電力エリアの料金

料金区分丸紅中部電力
基本料金~40A1,123.20円1,123.20円
50A1,404.00円1,404.00円
60A1,684.80円1,684.80円
従量料金~120kWh20.68円20.68円
120~30025.08円25.08円
300~25.70円27.97円

基本料金と300kWhまでの従量料金は中部電力と同じ。

第三段階になってやっと単価が2.27円安くなりますが、割引額としては正直微妙なところ。

月々の電気使用量が300kWhにおさまってしまう家庭は一切お得になりません。

また、30A以下の契約をしている方は基本料金が高い分割高になる可能性がとても高いので、他の新電力を検討するといいでしょう。

閉じる

関西電力エリアの料金を見る

関西電力エリアの料金

料金区分丸紅関西電力
最低料金6,510.24円
(~250kWh)
327.65円
(~15kWh)
従量料金26.90円
(250kwh~)
15~120
(19.76円)
-120~300
(26.19円)

250kWhまでは6,510.24円の定額、250kWhを超えてからは1kWhあたり26.90円が加算されていくという仕組みです。

この基本料金は、関西電力で277kWh使った時の電気料金とほぼ同じ金額です。

つまり、277kWh以上使わないと割高になってしまう計算になります。

あまり電気を使わない方は他の新電力を検討した方がいいでしょう。

閉じる

中国電力エリアの料金を見る

中国電力エリアの料金

料金区分丸紅中国電力
基本料金5,931.36円
(~250kwh)
331.23円
(~15kWh)
従量料金26.49円
(250kwh~)
20.40円
(15~120kwh)
-26.96円
(120~300kwh)
-29.04円
(300kwh~)

250kWhまでは5,931.36円の定額、250kWhを超えてからは1kWhあたり26.49円が加算されていくという仕組みです。

この基本料金は、中国電力で248kWh使った時の電気料金とほぼ同じ金額です。

つまり、248kWh以上使わないと割高になってしまう計算になります。

あまり電気を使わない方は他の新電力を検討した方がいいでしょう。

閉じる

九州電力エリアの料金を見る

九州電力エリアの料金

料金区分丸紅九州電力
基本料金~30A874.80円874.80円
40A1,166.40円1,166.40円
50A1,458.00円1,458.00円
60A1,749.60円1,749.60円
従量料金~120kWh17.13円17.19円
120~30022.35円22.69円
300~23.18円25.63円

基本料金は九州電力と全く同じです。

従量料金はすべての段階で九州電力よりも安い金額が設定されていますが、割引額としては少なめ。

第一段階は0.04円、第二段階は0.34円、第三段階は2.45円安くなっています。

300kWh以上使わない方はほとんどお得になりません。

また、現時点で20A以下の契約をしている方は基本料金で大きく損をしてしまうので、他の新電力を検討することをおすすめします。

閉じる

比較結果

基本料金はすべて同じだということがわかりました。(関西エリアと中国エリアを除いた場合)

既存の電力会社のみと比較したら、なんとも思わないかもしれませんが、他の新電力と比較してしまうと、正直あんまりお得だとは思いません。

基本料金が半分くらいの新電力や中には無料の新電力もあるからです。

従量料金に関してもエリア関係なく、特別安い印象は受けませんでした。

3段料金は数円安くなっていますが、それはどこの新電力に切り替えても同じこと。

当然、もっと安いところもあります。

既存の電力会社とだけ比較せず、他の新電力も絶対に検討してみた方が良いと思います。

他の新電力との比較

それでは他の新電力との料金を比較していきたいと思います。

基本料金の比較

例として東京電力エリアの新電力を表にまとめました。
※スマホの場合横にスクロールできます。

東京電力より安い場合は赤字になっています。

半分以上の新電力が丸紅新電力より安いことがわかります。中にはLooopでんきのように基本料金が0円の新電力もあります。

東京電力エリアに限らず丸紅新電力の基本料金は他の新電力に比べて高いことが分かって頂けたと思います。

電力会社20A30A40A50A60A
Looopでんき0円0円0円0円0円
きらめきでんき452.61円603.48円754.35円905.22円
スマ電842.40円873.20円904.00円1,184.80円
KOYOでんき754.37円1,005.82円1,257.28円1,508.74円
東急でんき788.40円1,069.20円1,296.00円1,522.80円
エルピオでんき1,067.04円1,319.76円1,583.71円
myでんき
561.60円817.13円1,067.04円1,333.80円1,583.71円
ハルエネでんき800.28円1,067.04円1,333.80円1,600.56円
HTBエナジー800.28円1,067.04円1,333.80円1,600.56円
エネワンでんき810.00円1,080.00円1,350.00円1,620.00円
イーレックス558.80円838.20円1,117.60円1,397.00円1,676.40円
福島電力1,123.20円1,404.00円1,684.80円
東京ガス電気
842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
東京電力
561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
ミツウロコでんき561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
まちエネ561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
@niftyでんき561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
auでんき561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
ENEOSでんき
561.60円842.40円1,123.20円1,404.00円1,684.80円
丸紅新電力1,123.20円1,123.20円1,123.20円1,404.00円1,684.80円

使用量を想定した料金比較

料金が安い順に並べてあります。

●1~2人世帯・少なめの使用量
※30Aの契約で100kwh使用した場合

電力会社月額料金
Looopでんき
2,600円
HTBエナジー
2,646円
KOYOでんき
2,685円
myでんき
2,702円
東急でんき
2,729円
ハルエネでんき
2,752円
エネワンでんき
2,762円
イーレックス
2,773円
スマ電
2,782円
まちエネ
2,785円
auでんき
2,793円
@niftyでんき
2,794円
ENEOSでんき
2,794円
きらめきでんき
2,884円
丸紅新電力
3,066円
ミツウロコでんき
3,105円
東京ガス電気
3,166円
東京電力
3,442円
エルピオでんき
プランなし
福島電力プランなし

丸紅新電力は下の方にいますね。

この結果は、基本料金の高さと従量料金が関係しています。

1位のLooopでんきは、従量料金(1段料金)があまり安くありませんが、基本料金が無料なので結果として1番安くなっています。

一方で丸紅新電力は基本料金が高く、従量料金も高めの設定。

結果として料金が高くなってしまうんです。

●3~4人世帯・平均的な使用量
※40Aの契約で400kwh使用した場合

電力会社月額料金
エルピオでんき
9,890円
ミツウロコでんき
10,292円
スマ電
10,323円
きらめきでんき
10,327円
ENEOSでんき
10,377円
Looopでんき
10,400円
KOYOでんき
10,423円
まちエネ
10,520円
イーレックス
10,548円
@niftyでんき
10,549円
myでんき
10,555円
HTBエナジー
10,558円
東京ガス電気
10,598円
丸紅新電力
10,710円
エネワンでんき
10,744円
福島電力
10,868円
東急でんき
10,900円
ハルエネでんき
11,091円
auでんき
11,144円
東京電力
11,148円

口コミでは賛否両論あるエルピオでんきですが、安さに定評があるだけあって他の新電力よりも安いですね。

エルピオでんきの特長は、従量料金の安さです。

※従量料金とは、電気の使用量に応じて変動する1kWhあたりの料金単価です。基本的に三段階に分かれていて、使用量がふえれば1kWhの単価もあがります。

表を見ると、使用量が増えると単価があがっているのがわかりますよね。

使用量東京電力Looopでんき
~120kWh
(1段料金)
19.52円26円
120~300
(2段料金)
26.00円26円
300~
(3段料金)
30.02円26円

エルピオでんきはこの従量料金が安いんです。

基本料金はとくべつ安くない分、従量料金の安さで補填しているんですね。

丸紅新電力と比較すると900円近くエルピオでんきの方が安いことがわかります。

使用量によってどれだけお得になるのかは変わりますが、正直どんな使用量を想定してシミュレーションをしても丸紅新電力より安い新電力はたくさんあります。

比較結果

シミュレーションをしてみると、丸紅新電力より安い新電力がたくさんあることがわかったと思います。

新電力の公式サイトでは既存の電力会社と比較してこれだけ安くなります!と謳っていますが、既存の電力会社と比較して安くなるのは当たり前。

だってそのための電力自由化ですからね。

既存の電力会社と比較するのは当たり前だけど、他の新電力ともできる限り比較しましょう。

丸紅新電力のように、あの大手丸紅なら大丈夫だろうと知名度だけで選ぶと思ったより安くならない場合もあるので注意しましょう。

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

キャンペーンやセット割などがない

新電力に切り替えて安くなるのは当たり前。

各社独自のキャンペーンやサービスを提供して顧客獲得にしのぎを削っています。

●例
ENEOSでんきの場合→ガソリン代が安くなる
HTBエナジーの場合→旅行代金が安くなる

丸紅新電力の場合は、こうしたセット割のサービスがありません。

セット割などのサービスはないけれど、料金面でお得になれる新電力もある中、今後に期待したいところですね。

問い合わせがナビダイヤル(有料)

丸紅新電力の問い合わせ先は以下の通りです。

●ナビダイヤル
0570-000-821

●ナビダイヤルが繋がらない場合
03-6703-8909

●受付時間
平日 9:00-20:00
土曜 9:00-17:00
※日曜、祝日は休み

問い合わせはナビダイヤル(有料)というのはちょっと残念ですね。

電気は毎日使うものなので、何かトラブルがあった時、カスタマーセンターは僕たちの心強い味方になります。

でも、これが有料だとしたらどうでしょう?

電話越しでたらいまわしにあう事なんてよくあること。

その際の電話代をこちらが負担しなければならないんです。

フリーダイヤル(無料)の新電力もあるので僕みたいな細かいタイプの人間からするとマイナスポイントではないでしょうか。

丸紅新電力のメリット

料金だけ見るとお得感はあまりない丸紅新電力ですが、そのほかにどのようなメリットがあるのか、簡単にまとめてみました。

解約金・違約金がない

丸紅新電力は解約の際に解約金や解約手数料、違約金は発生しません。

中には数千円の解約金がかかるところもあるので、この点はメリットと言えますね。

緑の保全につながる『プランG』

丸紅新電力はあのスタジオジブリと一緒に、美しい日本の原風景を守る活動をしています。

『プランG』は、電気料金の一部を森と緑の保全活動に充てることで、日本の原風景を未来に残していく活動を支援することができるというプランです。

プランGに加入すると、スタジオジブリ監修の一輪挿しがもらえるという特典があります。

料金はプランSよりも少し高いですが、緑を守る活動に貢献したいという方にはおすすめです。

鳥獣戯画のCMがかわいい

丸紅新電力は、スタジオジブリ制作のCMを公開しています。

鳥獣戯画がそのままアニメになったようなタッチで、主人公の蛙と兎の出会いや共に生きる日々を描いています。

古き良き日本を感じる、とても素敵なCMです。

レバンガ北海道を応援!『レバンガプラン』

丸紅新電力には、プロバスケットボールチームの『レバンガ北海道』を応援するプラン、『レバンガプラン』があります。

支払った電気料金の一部がレバンガ北海道の運営会社に充当されることで、レバンガ北海道の活動を応援することができるというプランです。

レバンガプランに加入すると、ここでしか手に入らない限定フォトがダウンロードできるという特典もあります。

ちなみに、レバンガプランの料金は先程紹介したプランSの基本料金に支援分の108円がプラスされた金額です。

お得額としてはより少なくなりますし、中には逆に割高になってしまうケースもありますが、とにかくレバンガ北海道を応援したい!というファンの方にはおすすめです。

申し込み前に知っておきたいポイント

申し込み方法や支払い方法など、丸紅新電力に申し込む前に知っておきたい基本的な情報をまとめました。

申し込み方法

webフォームから申し込み可能

支払い方法

口座振替、またはクレジットカード

●使用できるクレジットカード
VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners

解約方法

他社への切り替えの場合は、丸紅新電力に連絡をする必要はありません。

その他の場合は、カスタマーセンターに電話をしてください。

丸紅新電力に限らずどこの新電力も同じです。

電源構成

丸紅グループは国内21地点にて発電所の建設しています。

ホームページを見る限り火力発電、水力発電、風力発電、太陽光発電(メガソーラー)、バイオマスといった再生可能エネルギーに注力しています。

FIT1.1%
FITバイオ4.4%
FIT水力3.3%
FIT太陽光7.0%
バイオ8.2%
LNG23.2%
石炭10.3%
石油2.3%
その他1.0%
卸電力取引所35.6%

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

丸紅新電力の評判・口コミ

この記事を編集している2018年5月の段階でツイッターで調べてみたところ、以下の投稿が見つかりました。

参考になるかわかりませんが一応紹介しておきます。

ジブリの鳥獣戯画CMが大人気

丸紅新電力の口コミの中でも特に多かったのがジブリの鳥獣戯画のCMに関するものでした。

「素敵!」「かわいい!」とみなさん大絶賛。

実際に丸紅新電力に切り替えるかどうかは別ですが、大きな話題になりました。

ファンに人気のレバンガプラン

レバンガプランに切り替えたというレバンガ北海道ファンの方が多くいました。

試合を観に行くだけでなく、電力の切り替えでも応援するというのはまさにファンの鑑ですね!

割高になるケースも

せっかくの電力自由化ですから、電気料金を安くしたいのは当たり前。

逆に割高になってしまうのでは申し込む気になれませんよね。

キャッシュバックがもらえるおすすめの申し込み窓口

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記窓口から申し込むと10月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

おすすめの理由
●3,000円のキャッシュバックがもらえる!
●複雑な条件は一切なし!
●利用環境に適した電力会社を紹介してくれる!
●利用者の評判が良い!

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

基本的に電力会社の公式サイトから申し込むとキャッシュバックはありません。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、下記窓口がおすすめです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
切り替え手続きが混み合う場合があります。

電気の切り替えは基本的にいつ解約しても違約金などかからないので10月中の申し込みをおすすめします。

まとめ

まず、丸紅新電力は電気をたくさん使う方でなければお得にならないことがわかりましたね。

プランGやレバンガプランなど、それぞれのプランに電気料金の削減以上の価値を感じる方にはとてもおすすめです。

しかし、純粋に電気料金を安くしたいという方にはあまりおすすめできません。

先程紹介したLooopでんきであれば、電気をたくさん使う方はもちろん、あまり使わないという方でも安くなる可能性が大いにあります。

ぜひ一度公式サイトでシミュレーションをしてみるといいでしょう。

(未評価)

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

10月31日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

10月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

丸紅新電力の料金・評判について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。