ローソンの電力「まちエネ」はPonta以外メリットあるの?|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.07 - 27件の票数
更新日:2018/10/19

コンビニ業界大手のLAWSON(ローソン)が三菱商事と共同ではじめる「まちエネ」について料金プランやキャンペーンをお伝えしていきます。

当サイトではガス・通信・石油などの新電力に関してはいろいろと紹介していますが、コンビニ業界からの参入ははじめて扱う業種かもしれません。

新電力の数が多すぎてちょっと混乱してしまう人も多いでしょうが、それぞれの事業者が売りにしているメリットを理解すれば、あなたに最もお得な電気がどこか?ある程度絞れてくるはずです。

今回紹介するローソンの「まちエネ」もPontaとの連動が一番のメインキャンペーンとなっているので、現在の生活と照らし合わせて他よりお得なのか判断しながら読み進めてください。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年10月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、10月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は10月中の申し込みをおすすめします。

ローソン「まちエネ」とは

まちエネとは、ローソンと三菱商事が電力自由化によって新たに設立した新電力となります。全国に12,000店舗以上あり、それらの店舗で利用できる「Pontaカード」に電気代と比例してポイントが貯まる仕組みです。

それでは簡単にまちエネを運営する会社情報を紹介します。

社名 MCリテールエナジー株式会社
設立 2015年11月20日
所在地 東京都港区芝大門一丁目1-32
代表者 松永 典生
資本金 2.5億円
事業内容 電力小売事業
株主 三菱商事株式会社 84%
株式会社ローソン 16%

電力供給エリアは首都圏から

まちエネの電力提供エリア

ローソン店舗は全国の至る所にあるので、電力の販売も全国かと思いましたが、まずは首都圏のみで供給を開始するようです。

掲載画像を見てもらえれば分かりますが、小さくて分からない方向けに対象となっているエリアを記載しておきます。

  • 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)※離島を除く

1都7県以外の方にはあまり関係のない新電力となりますが、全国に消費者と接点がある店舗を持っている為、他の新電力よりエリアを拡大するスピードは早くなるのでは?と予想しています。

まちエネに申込みする方法は?

公式HPを見る限りではインターネットまたは書面での申込みとなりそうです。ローソンに設置されている「Loppi」でいろいろな手続きができますが、電力申込みは非対応のようです。

まちエネの料金プラン

気になる料金プランを紹介していきます。電気単価などを掲載しようと思いましたが、東京電力の基本料金・料金単価はほとんど同じなので、これまでと変わらない電気代と思っていて大丈夫です。

ただ、電気使用量が第3段階(300kWh超過)になると10%程度お得な単価となるので、世帯数が多い家庭などではより多くのメリットを受けることが可能となります。詳しくは以下の図をご覧ください。

まちエネの料金プラン

毎月たくさん電気を使っているのであれば今より安くなると思うので、現在の状況は把握しておきましょう!

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

「まちエネ」最大のメリットはPontaポイント

上記で説明した通り、東京電力の電気代とほぼ変わらず、単純な電気代引き下げは期待できません。当然、それだけで販売をしていく訳でなく、ローソン独自のキャンペーンを実施します。

電気代に応じてPontaポイントが貯まる!

まちエネ最大のメリットはこのキャンペーンで、電気を使えば使うほどPontaポイントが貯まり、ローソンでの買い物などで利用することができるようになります。

ローソン利用時に使えるクーポンも貰える!

Pontaポイント以外に毎月メールで送られてくる「クーポン券」も魅力のひとつとなります。最近はやりのコンビニコーヒー1杯無料など、日頃からローソンを利用している人には嬉しいクーポンが貰えます。

ローソンの「まちエネ」をおすすめの人は?

まちエネの料金プランやその他のキャンペーンを紹介しましたが、どのような人におすすめの新電力なのか?大手電力会社から乗り換えを検討しているのであれば、以下でお伝えする項目に該当しているか確認して、乗り換え時の参考にしてみてください。

  • ローソンをいつも利用している
  • 世帯数が多く、毎月の電気代が300kWhを超えている
  • Pontaポイントを貯めている

如何でしょうか?全て当てはまったのであれば候補のひとつに入れておくと良いでしょう。

当サイトでは比較サイトなどとは違った視点で、100%消費者寄りの立ち位置で記事を更新しております。以下の記事でも紹介していますが、利益第一で運営している比較サイト及び一括見積りサイトは、自分たちの収益になる新電力しかおすすめしません。

サイトの特性を理解しないと騙される!

一括見積りや比較サイトで新電力を選ぶのはおすすめしない

今後もあなたと近い目線でお得な新電力選びをお手伝いするので、少しでも役立ったのであればSNSでのシェアやブックマークして頂けると嬉しいです。

キャッシュバックがもらえるおすすめの申し込み窓口

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記窓口から申し込むと10月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

おすすめの理由
●3,000円のキャッシュバックがもらえる!
●複雑な条件は一切なし!
●利用環境に適した電力会社を紹介してくれる!
●利用者の評判が良い!

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

基本的に電力会社の公式サイトから申し込むとキャッシュバックはありません。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、下記窓口がおすすめです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
切り替え手続きが混み合う場合があります。

電気の切り替えは基本的にいつ解約しても違約金などかからないので10月中の申し込みをおすすめします。
評価:3.07 - 27件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

10月31日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

10月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

まちエネの料金・メリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。