エルピオでんきの口コミ・評判が侮れない!シンプルな安さに定評|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.26 - 111件の票数
更新日:2018/06/25

他にはないシンプルさと料金の安さでじわじわと人気が出てきているエルピオでんき。

エルピオって何?どこの会社?と思う方も少なくないでしょう。

企業としての知名度はさほどありませんが、その安さと評判はかなりのもの!

●メリット・デメリット
●料金プラン
●東京電力とのシミュレーション結果比較
●ツイッターや2chでの口コミ・評判

などなど、契約前に知っておきたいエルピオでんきの情報をたっぷりとまとめました!

この記事は2018年6月14日に再編集しました。

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

シンプルかつ利用者に寄り添ったメリットが多い

まずはエルピオでんきのメリットから見ていきましょう。

料金体系や駆け付けサービスなど、利用者に寄り添うメリットが多い印象でした。

自分にとって得になるメリットかどうか、チェックしてみてください。

電気料金一本で勝負!シンプルで安い

エルピオでんき最大のメリットは、電気料金が安いことです。

他の新電力ではセット割やポイント還元などをあわせたお得額で勝負しているところも多いですが、エルピオでんきはそういったサービスがなく、電気料金一本で勝負しています。

人によっては物足りないと感じてしまうかもしれませんが、個人的にこのシンプルさは大きなメリットだと思います。

使用スタイルに合わせて様々なプランから選べる

詳しくは後ほど説明しますが、エルピオでんきには電気をたくさん使う家庭向けのプランやオール電化向けのプランなど、様々なプランが用意されています。

使用スタイルに合わせて自分にぴったりなプランを選ぶことができるのもエルピオでんきのいいところですね。

オール電化向けのプランがある新電力はかなり珍しいです。

契約期間の縛り・解約金・違約金はなし!

エルピオでんきには契約期間の縛りや解約金、違約金などがないので、いつでも無料で解約ができます。

エルピオでんき以外にも解約金のかからない新電力はたくさんありますが、中には1~2年の契約の縛り・1,000円~3,000円程度の解約金などがあるところもあるので、これは大きなメリットと言えるでしょう。

無料で使える24時間365日駆け付けサービスがある

停電、コンセントが焦げ臭い、ブレーカーがすぐ落ちてしまうなどのトラブルに、東京電力パワーグリッドが24時間365日駆け付けてくれるサービスがあります。

東京電力エリアの新電力にはよくあるサービスなのでエルピオでんき独自のメリットというわけではありませんが、あるに越したことはありませんよね。

エルピオでんき契約者であれば、何度でも無料で利用できるので安心です。

なお、無料になるのは出張費、60分以内の作業費となります。

注意事項

・特殊工具や部品交換を要するなど、作業内容にとっては別途費用がかかる場合があります。

・天候、交通状況、作業員の作業状況などによっては現場への出動に時間がかかったり、当日中に出向できない場合があります。

・栃木県、茨城県、埼玉県、静岡県(富士川以東)の一部地域で、土日祝日や平日夜間に電話をした場合は、翌営業日の訪問となります。

デメリットは人によっては気にならないかも

もちろんメリットもあればデメリットもあります。

ただ、人によってはあまり気にならないようなものも多いので一概に全てがデメリットとは言い切れません。

自分にとってデメリットになりうるのか、ぜひ確認してみてくださいね。

20A以下は利用不可、30Aは割高になる可能性も

エルピオでんきの一番人気のプランは「スタンダードプランS」というプランで、あまり電気を使わない方でも安くなります。

ただしこのプランは40A以上でないと契約ができないというデメリットがあるので、一人暮らしの方や電気をそこまで利用しない方にはあまり向いていないかもしれません。

30Aで利用したい場合には、「スタンダードプランS」ではなく「スタンダープランライト30A」というプランを申し込む必要がありますが、使用量によっては東京電力よりも高くなってしまいます。

現状エルピオでんきには20A以下で契約できるプランはありません。

他社では20A以下も対応しているところもあるので、現在20A以下で契約をしている方は他の新電力を検討しましょう。

セット割やポイントサービスはない

エルピオはもともとガスを販売している会社ですが、ガスと電気のセット割やポイントサービスはありません。

サービス内容がシンプルだからこそ安さを実現できているのだとは思いますが、人によっては物足りないと感じてしまうかもしれませんね。

他の新電力では、独自のセット割やポイントサービス、特典などを用意しているところも多いです。

もちろんエルピオでんきのように電気料金一本で勝負しているところもありますが、どちらがいいかは個人の好みにもよりますね。

個人的には活用しきれない付帯サービスがあるよりは、シンプルに電気料金だけが安くなる方が好きです。

マイページの利用には申し込みが必要

エルピオでんきにはwebのマイページで毎月の使用量や電気料金の確認をすることはできますが、そのためにはお客様ページの利用申し込みをしなければいけません。

他の新電力では手続きなしで使えるものがエルピオでんきでは利用に手間がかかってしまうのはデメリットと言えますね。

また、他の新電力にはweb明細で30分ごとの電気使用量がリアルタイムで見られるところもありますが、エルピオでんきにはそのような機能はありません。

使用量が細かく見られると自然と節電を意識するようになって便利なので、その機能がないのはちょっと残念ですね。

現在はマイページがリニューアルされ、リアルタイムで見られるようになっています。

※詳しくは後ほど説明しています。

マイページ利用までの流れ

➀エルピオでんき公式サイトから利用登録手続きをする

➁登録したメールアドレスにメールが届く

➂メールに記載されたURLをクリックする

➃パスワードを設定する

➄ログインする

本人確認を行うため、利用登録手続きをしてからメールが届くまでに1~2営業日程度の時間がかかります。

そこまで面倒な手続きではないですが、少しだけ手間ですね。

明細の発行に手数料がかかる

これは全員ではなく一部の方のみですが、「スタンダードプランライト30Aに契約かつエルピオのガスを利用していない方」は毎月の明細ハガキ発行に108円の手数料がかかります。

明細はwebでも見られるので、ハガキが不要な方は必ず申込時にその旨を伝えるようにしましょう。

CO2排出量が多い

エルピオでんきの電源構成とCO2排出係数は以下の通り。

火力:40%
常時バックアップ電源:40%
その他(主に卸電力取引所からの調達):20%

CO2排出係数(1kWhあたりの排出量):0.507kg(調整値)

この数値は、東京電力と比べるとやや多いです。

料金は安いですが、決してエコな新電力とは言えないでしょう。

2018年人気NO.1のLooopでんき。

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

1ヶ月試してみて安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

40A以上なら超お得な料金プラン

続いて、エルピオでんきの人気のプランを紹介します。

一般的な使用量の家庭であれば、ほとんどの方がこれから紹介するプランで問題ないでしょう。

料金表だけ見てもあまりピンと来ないと思うので、具体的にどれくらい安くなるかはこのあとのシミュレーション結果もご覧ください。

スタンダードプランS

基本
料金
エルピオ東京電力
40A1,067.04円
(-56.16円)
1,123.20円
50A1,319.76円
(-84.24円)
1,404.00円
60A1,583.71円
(-101.09円)
1,684.80円
従量
料金
~120kWh40A・50A
⇒18.50円
(-1.02円)

60A
⇒18.31円
(-1.21円)
19.52円
120~30022.62円
(-3.38円)
26.00円
300~25.31円
(-4.71円)
30.02円

スタンダードプランSは東京電力の従量電灯Bに相当するプランなので、わかりやすいように数字を並べてみました。

基本料金も従量料金も、東京電力と比べて安いのがわかりますね。

以前は20A、30Aでの契約もできたのですが、現在は40A以上でないと契約ができなくなってしまいました。

30Aで利用したいという場合には、次に紹介する「スタンダードプランライト30A」を申し込む必要があります。

スタンダードプランライト30A

基本
料金
エルピオ東京電力
30A842.40円842.40円
従量
料金
~120kWh20.76円
(+1.24円)
19.52円
120~30022.62円
(-3.38円)
26.00円
300~25.31円
(-4.71円)
30.02円

一人暮らしや二人暮らしなど、アンペア数は抑えて利用したいという方向けのプランです。

基本料金は東京電力と同じですが、従量料金が異なります。

120kWhまでの従量料金が高めに設定されているので、あまり使わない場合は割高になってしまうということですね。

30Aの契約で毎月たくさん使うという方にはおすすめです。

また、先程も書きましたが毎月の利用明細をハガキで送ってもらう場合には108円(税込)がかかります(ガス契約者は無料)。

マイページでも明細確認ができるので、ハガキが必要ない場合は申し込みの際に申告してください。

使えば使うほどお得に!シミュレーション結果比較

では、東京電力と比べて具体的にどれくらい安くなるのかも見ていきましょう。

いくつかのケースを挙げてシミュレーションをしてみました。

ご自身の使用量に近いものを参考にしてみてください。

ケース1. 三~四人家族・平均

●40A契約、350kwh使用の場合

東京電力⇒9,646円
エルピオ⇒8,624円(スタンダードプランS)

結果:エルピオでんきの方が1,022円安い

ケース2. 三~四人家族・少なめ

●40A契約、200kwh使用の場合

東京電力⇒5,545円
エルピオ⇒5,096円(スタンダードプランS)

結果:エルピオでんきの方が449円安い

ケース3. 四人家族・多め

●40A契約、700kwh使用の場合

東京電力⇒20,153円
エルピオ⇒17,482円(スタンダードプランS)

結果:エルピオでんきの方が2,671円安い

ケース4. 四人家族・やや多め

●40A契約、500kwh使用の場合

東京電力⇒14,149円
エルピオ⇒12,420円(スタンダードプランS)

結果:エルピオでんきの方が1,729円安い

ケース5. 五人家族・平均

●50A契約、600kwh使用の場合

東京電力⇒17,432円
エルピオ⇒15,204円(スタンダードプランS)

結果:エルピオでんきの方が2,228円安い

ケース6. 五人家族・多め

●50A契約、800kwh使用の場合

東京電力⇒23,436円
エルピオ⇒20,266円(スタンダードプランS)

結果:エルピオでんきの方が3,170円安い

ケース7. 一~二人暮らし・平均

●30A契約、120kwh使用の場合

東京電力⇒3,184円
エルピオ⇒3,333円(スタンダードプランライト30A)

結果:東京電力の方が149円安い

ケース8. 二人暮らし・多め

●30A契約、300kwh使用の場合

東京電力⇒7,864円
エルピオ⇒7,405円(スタンダードプランライト30A)

結果:エルピオでんきの方が459円安い

ケース9. 一人暮らし・少なめ

●30A契約、80kwh使用の場合

東京電力⇒2,404円
エルピオ⇒2,503円(スタンダードプランライト30A)

結果:東京電力の方が99円安い

結論:40A以上なら圧倒的に安い

40A以上の方が契約できる「スタンダードプランS」では、東京電力と比べると圧倒的に安くなることがわかりました。

エルピオでんきは他の新電力と比べてもかなり安いので、現在40A以上で契約をしているという方であればかなりお得になる可能性大です。

一方、30Aを利用している方は使用量によっては逆に割高になるケースもあるという結果になりました。

月に300kWh程度使えば東京電力よりも安くはなりますが、年間を通して毎月安くなるのかということを必ず事前に確認してくようにしましょう。

その他エルピオでんきの多彩なプラン

先程紹介した「スタンダードプランS」「スタンダードプランライト30A」以外にも、エルピオでんきには様々な家庭向けプランがあります。

「スタンダードプランL」
⇒とにかく電気をたくさん使う家庭向けプラン

「プレミアムプランA」
⇒300kWh、400kWh、500kWhの定額料金プラン

「深夜お得プラン」
⇒オール電化住宅向けの深夜料金プラン

ざっくり説明するとこのようなプランです。

該当しない方や興味がない方は読み飛ばしていただいて構いません。

スタンダードプランL

基本
料金
エルピオ東京電力
1kVAにつき263.95円
(-16.85円)
280.80円
従量
料金
~120kWh18.35円
(-1.17円)
19.52円
120~30022.88円
(-3.12円)
26.00円
300~25.31円
(-4.71円)
30.02円

スタンダードプランLはとにかく電気をたくさん使うという大家族の方におすすめのプランで、商店や飲食店で使われることもあります。

こちらは東京電力の従量電灯Cに相当するプランなので、東京電力との比較もしてみました。

()内の赤い数字は東京電力の従量電灯Cとの差額です。

やはりエルピオでんきの方が安いことがわかりますね。

たくさん使う分、削減額も大きくなることが期待できそうです。

プレミアムプランA

料金表(プレミアムプランA 300の料金単価)

基本料金30A826円
40A1,101円
50A1,362円
60A1,634円
定額料金~300kWh6,269円
従量料金300kWh~28.52円

料金表(プレミアムプランA 400の料金単価)

基本料金30A826円
40A1,101円
50A1,362円
60A1,634円
定額料金~400kWh8,674円
従量料金400kWh~28.02円

料金表(プレミアムプランA 500の料金単価)

基本料金30A826円
40A1,101円
50A1,362円
60A1,634円
定額料金~500kWh11,040円
従量料金500kWh~27.52円

プレミアムプランAは一般家庭向けの定額プランで、使用上限(300kWh、400kWh、500kWh)までは定額料金、それを超える場合は1kWhにつき従量料金が加算されていくというものです。

使い方によっては他のプランよりお得になることもありますが、逆に割高になってしまうこともあるので、どちらがいいかは一概には言えませんね。

深夜お得プラン

基本
料金
エルピオ東京電力
40A1,067.04円
(-56.16円)
1,123.20円
50A1,319.76円
(-84.24円)
1,404.00円
60A1,583.71円
(-101.09円)
1,684.80円
従量
料金
昼間27.50円
(6時~23時)
25.33円
(6時~翌1時)
夜間20.50円
(23時~翌6時)
17.46円
(1時~6時)

深夜お得プランは夜23時から翌朝6時までの従量料金が安くなる、深夜にお湯を蓄積するオール電化住宅などにおすすめのプランです。

東京電力にも深夜1時~6時に料金が安くなる「スマートライフS」というプランがあるので比較してみました。

深夜に安くなる時間の長さや基本料金が異なり、東京電力の場合は最低月額料金として1契約あたり231.55円かかるなどの違いがあります。

2018年人気NO.1のLooopでんき。

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

1ヶ月試してみて安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

ツイッターでの口コミ・評判も上々

実際に利用している方の口コミも気になりますよね。

ここでは、ツイッターでの評判をまとめてみました。

安くてシンプルでわかりやすい

光回線や携帯電話などもそうですが、お得に使うためにはかなり複雑なプランや条件があってもううんざり、という方も多いと思います。

新電力にもプラン設定が複雑なところがありますが、エルピオでんきはまさにシンプルイズベストという感じですね。

かくいう私も極力シンプルな方が好きです。

年間で8,632円お得に!

月々の割引額だけ見ると大した額じゃないと思うかもしれませんが、年間これだけお得になるのはなかなか嬉しいと思います。

8,632円あればかなりいいごはんが食べられますし、ちょっとした家電製品なんかも買えます。

電気は生活に欠かせないものですから、小さな節約が積み重なれば最終的に大きな差が出てきそうですよね。

解約金がかからないのが嬉しい!

解約金がかからないところを評価している方もいました。

いくら電気料金が節約できても、解約時に何千円の解約金を取られてしまっては本末転倒です。

エルピオでんき以外にも解約金0円の新電力はたくさんありますが、やはり解約は無料でできるに越したことはないですよね。

安さの割に注目度はまだ控えめ

エルピオでんきが販売を開始してそこまで経っていないのもありますが、度肝を抜く料金で勝負している割には「高評価の口コミ」が少ないように感じました。

やはりネットをあまり活用しない層には、テレビCMなど行わないと広まるのが遅いのかもしれません。

安すぎて不安視している人が多い

中小企業で認知度があまりないだけに、どこよりも安い料金であることが「何か裏があるんじゃ?」と勘ぐっている方が多くいました。確かに私もエルピオでんきを知った時は正直何かあるのでは……?と感じたので、慎重な方には少し抵抗を感じてしまうかもしれませんね。

辛口評価が多い2chでも人気で高評価

あまり知名度のない印象のエルピオでんきですが、2ch(現:5ch)ではかなり多くの人が話題に出していました。

新電力の中には全く話題に上らないところもあるので、人気の証だと言えるでしょう。

2ch特有の辛口評価が多いですが、その中でも参考になりそうなものをまとめました。

エルピオでんきを評価する声

単純な金額なら多分エルピオが一番安い
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

ガス自由化が始まっても電気はループかエルピオのほうが安い
様子見期間分は損をしてるだけ~
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1486190937

今日エルピオに切り替え日。特にめんどくさいことは無かったけど…。東京電力のうちにAを50に変更した時にスマートメーターに交換してってくれたからか?二週間位で切り替わったよ。
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

エルピオにマジレス
・メールの返事が早い(翌日)
・申込書の郵送が早い(3日後)
・スイッチングが約2週間(別スレで遅いってレスされてるけど実際早い)
・口座振替が好きな銀行を選べる(親の家)
・クレカ決済も問題なし(我が家)
・スマホで使用量が見れる(ちゃんとすぐ見れる)
・何かあったらすぐにきてくれる
・営業所が近くにたくさんある
・電話対応も問題ない
・もちろん停電などは起きてない
・某比較サイトなどの統計によるとものすごく増えてる
・何よりも安い
ストレスになる要素なし
どこがどうストレスになるのかサッパリわからないな
乗り換えてよかったとしか思えない
都市ガス参入にも期待してる
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1486190937

あまり良いことを書くと関係者だと疑われてしまう2chでも、ちゃんと良い評価は見つかりました。

ストレスになる要素がないとまで絶賛している方も。

安さはもちろんのこと、対応にも好印象を抱いている様子ですね。

20A、30A受付終了に苦言

エルピオって20どころか30Aも終了かよ
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

今エルピオ20だから他所行ったらもうエルピオには戻ってこれないな
まあそもそも20Aやってる新電力自体が少ないけど
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

電気をあまり使わない人にとっては、20A以下での契約ができないのは痛いですよね。

もちろんアンペア数を上げれば契約自体はできますが、基本料金も上がってしまうので結果的に以前より高くなってしまいます。

20A以下で契約したいという方は他の新電力を検討した方が良さそうです。

マイページが使いづらい!

エルピオってwebで使用量見られないのか?
新電力ってどこもmy pageみたいなところで使用量がグラフ表示されたりするものだと思ってた。
ほぼリアルタイムで提供してくれる「きらめきでんき」がむしろ少数派なんかな。
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

エルピオはwebの請求明細が遅くて、もはや無いと同じレベルに酷い。

電気使用もリアルタイム若しくは1時間毎なんてサービスもない。

とにかくwebのマイページが笑える位に糞。
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

他社でマイページがかなり充実しているところもある分、エルピオでんきのマイページはあまり魅力的には見えないようです。

細かく使用量をチェックして節電に役立てたいという方にはあまり向いていないかもしれませんね。

不便に感じてしまうかもしれませんが、この安さを実現させるためにはある程度仕方のないことだと割り切る必要がありそうです。

※現在はマイページがリニューアルされ、30分ごとにリアルタイムで使用量のグラフを確認できるようになっています。

対応に不満の声も

エルピオの引き落としに楽天のデビット使ってるんだけど
10/30に引き落としされてたのが今日返金されてた
意味分からんわ
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

エルピオ、クレカ引き落としもされていないし、明細も届かないし、支払い用紙も届かない。
気長に待つしかないのか・・・・
勝手に未払い扱いにされてたらエルピオ本社に怒鳴り込むしかないわけだが・・・
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1490045963/

エルピオ、価格コムからだと、新電力からの乗り換えはできない。
できればいいのに。ネット申し込みだけで、用紙に書きたくない。
引用:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/atom/1501322925

中にはエルピオでんきの対応に不満を抱いている方もいました。

このような口コミはどの新電力にもあるものなので、「こんなこともあるんだ」と、参考程度に見ておいてくださいね。

マイページがレベルアップ!より節約が捗るように

エルピオでんきは、2018年4月17日にマイページをリニューアルしました。

これまで不便だと言われていたマイページですが、様々な機能がついて格段にレベルアップしたのです。

30分ごとの使用量がリアルタイムで見られる

まず大きな変更は、日別で30分ごとの使用量がリアルタイムで見られるようになったこと。

日別の他にも、週別、月別、年別の使用量をグラフで見ることができます。

自分がどれだけ電気を使ったかを細かくチェックできるので、自然と節電意識が芽生えるでしょう。

これまではリアルタイムで使用量確認ができなかったエルピオでんきですが、このリニューアルはかなり嬉しいですね。

設定した使用量を超えるとアラームメールが届く

自分で設定した30分ごとの電気使用量を超えるとアラームメールが届き、電気の使いすぎを防止してくれます。

マイページで使用量を確認できる新電力は多いですが、このようなアラート機能があるのは珍しいです。

とにかくこまめに使用量を管理したいという方におすすめです。

請求書や明細を確認・印刷できる

当月発行された請求書、過去の請求書データをマイページの画面上で確認・印刷することができます。

WEBだけでなく紙ベースでも残しておきたいという方には嬉しいですね。

2018年人気NO.1のLooopでんき。

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

1ヶ月試してみて安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

エルピオでんきのキャンペーン情報

お得に新電力に申し込むためにチェックしておきたいですよね。

エルピオでんきの公式サイトを見る限り、公式キャンペーンはありません。

しかし、価格.com限定のキャンペーンはあるようなので、その情報をまとめてみました。

価格.com限定キャンペーン

キャンペーン期間中にエルピオでんきに申し込むことで、電気代が割引になったり基本料が1ヶ月間無料になったりするというもの。

特典内容や適用条件はプランによって異なります。

キャンペーン期間

2018年5月1日~2018年6月30日

対象プラン

・スタンダードプランライト30A
・スタンダードプランS(40A~50A)
・スタンダードプランS(60A)
・スタンダードプランL
・スタンダードプランLL
・プレミアムプランA300
・プレミアムプランA400
・プレミアムプランA500
・プレミアムプランB300
・プレミアムプランB400
・プレミアムプランB500
・プレミアムプランB600
・プレミアムプランB800
・プレミアムプランB1000
・深夜お得プラン(7kVA以上)
・深夜お得プラン(40~60A)

特典内容

・電気代最大1,000円~8,000円割引
・基本料金1ヶ月分0円
・11ヶ月電気代毎月2,200円割引

など

※特典内容はプランによって異なります。

知っておきたいエルピオでんきの基本情報

では、エルピオでんきを申し込む前に知っておきたい基本的な情報も見ていきましょう。

電力供給エリアは東京電力エリアのみ

エルピオでんきの供給エリアは東京電力と同じです。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県(富士川以東)
※離島は除く

申し込み方法は3通り

web、電話、営業所の三つの方法で申し込みができます。

webでの申し込み

エルピオでんきの公式サイトにアクセスし、「エルピオでんき仮申込ページ」から申し込みます。

電話での申し込み

お客様サービスセンターに電話し、申し込み手続きをします。

このサービスセンターでは、申し込み以外にも電話での相談にも乗ってくれます。

●株式会社エルピオ お客様サービスセンター

電話番号:0120-23-5556

受付時間:平日9:00〜18:00

エルピオの営業所での申し込み

千葉県や茨城県にあるエルピオの各営業所からも申し込みができます。

エルピオの営業所は以下の通り。

・本社
・市川営業所
・八千代営業所
・野田営業所
・熊谷営業所
・成田営業所
・旭営業所
・八街カスタマーセンター
・茂原営業所
・市原営業所
・大綱カスタマーセンター
・南総カスタマーセンター
・いすみカスタマーセンター
・土浦営業所
・茨城西営業所
・鹿島営業所
・水戸営業所
・石岡営業所
・宇都宮営業所
・八千代充填工場
・成田充填工場

利用にはスマートメーターが必要

エルピオでんきの利用には、アンペアブレーカーではなくスマートメーターが必要になります。

スマートメーターがない場合にはまず設置工事が必要になりますが、東京電力が原則無料でやってくれます。

特別な場合を除いて立ち会いも不要ですし、工事中に停電することもありません。

支払い方法は口座振替かクレジットカード

口座振替、またはクレジットカードでの支払いになります。

銀行口座振替日は毎月6日。

初回の支払いはエルピオ指定の振込票での支払いになる場合があります。

利用可能なクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners

明細確認方法はWEBまたはハガキ

毎月の利用明細はハガキで届きます。

webのマイページでも確認ができるので、ハガキが不要の場合は申し込みの際に申告してください。

なお、スタンダードプランライト30Aの場合はハガキの発行手数料として毎月108円がかかります(ガス契約者は無料)。

切り替えと同時にアンペア変更はできない

これは他の新電力でもよくある話ですが、エルピオでんきへの切り替えと同時にアンペア変更の手続きはできません。

切り替えが完了してから別途手続きが必要になるので注意しましょう。

新築戸建てへの引っ越しはすぐに申し込めない

こちらも新電力ではよくある話。

新築戸建てへ引っ越す場合には、まず東京電力と契約してからエルピオでんきに切り替え手続きをしなければなりません。

最初にスマートメーターが設置してあれば切り替えにはそこまで時間はかからないようですが、ちょっと手間ですよね。

解約方法は公式サイトに記載なし

エルピオでんきの公式サイトに解約方法は明記されていませんでした。

一般的には、次に利用する電力会社に申し込みをするとその電力会社が代わりに解約手続きをしてくれるというケースがほとんどですが、わかり次第追記したいと思います。

おすすめの新電力はLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気NO1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

まとめ

では最後に、エルピオでんきが向いている人と向いていない人を簡単にまとめてみましょう。

向いている人
・現在40A以上で利用している
・シンプルに安いプランがいい
・企業の知名度などはあまり気にしない

向いていない人
・現在20A以下で利用している
・キャンペーンやポイント、セット割などを利用してお得に使いたい
・誰もが知っている有名企業と契約したい
・環境にやさしい新電力を使いたい

エルピオでんきは、東京電力はもちろん他の新電力と比べてもかなり安い料金設定で、そこが最大のメリットです。

しかし、その分ポイントサービスやセット割など、電気料金以外のサービス面では劣っていると言わざるを得ません。

このあたりは個人によって重視する点が違うと思うので、こっちの方がいい!と断言することは難しいでしょうが、個人的にはこのシンプルさは好印象です。

とにかくシンプルに電気料金が安くなればいい!という方にはおすすめです。

株式会社エルピオについて

エルピオでんきは、千葉や茨城を中心にLPガスを販売するエルピオという会社が電力自由化で始めた新電力です。

エルピオは設立から50年以上ガスの供給を続けていて、エリアは限定されますが評価の高い企業です。

会社概要

社名 株式会社エルピオ
設立 1965年4月
所在地 千葉県市川市曽谷1-30-18
代表者 牛尾 健
資本金 9850万円
従業員数 324名
事業内容
  • LPガスの供給および各種ガス機器の販売
  • 電力小売事業
営業所
  • 関東中央支店(市川営業所、八千代営業所、野田営業所、熊谷営業所)
  • 東関東支店(成田営業所、旭営業所、八街カスタマーセンター)
  • 千葉南支店(茂原営業所、市原営業所、大網カスタマーセンター、南総カスタマーセンター、いすみカスタマーセンター)
  • 茨城支店(土浦営業所、茨城西営業所、鹿島営業所、水戸営業所、石岡営業所、宇都宮営業所)
  • 工場(八千代充填工場、成田充填工場)
  • 関連会社(株式会社ニチミガステクノステーション)
評価:3.26 - 111件の票数

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメント

  1. 正義 より:

    確かに少し魅力があるが、対応が最悪の会社なので引き落とし書類やトラブルが発生した際、対応がちんぴら並なのでストレスが溜まり最終的には契約はしない方が無難だと思います。圧倒的価格と謳ってますが圧倒的に対応が悪い会社です。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)