徹底比較で見えた!Looopでんきが東京ガスよりおすすめな理由

(未評価)

基本料金0円が大好評のLooopでんきと、ガスとのセット割で顧客獲得を狙う東京ガス。

話題に上ることも多いこの二社ですが、実際のところどっちが安いの?

そんな疑問を解消すべく、料金を徹底的に比較しました!

※この記事は2018年4月24日に再編集しました。

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、5月中の申し込みをおすすめします。

Looopでんきと東京ガスの料金を比較!

ではまず料金から見ていきましょう。

基本料金、従量料金の二つを比較して表にまとめてみました。

基本料金

 Looopでんき東京ガス
ずっとも電気1
東京ガス
ずっとも電気1S
10A
0円
280.80円
15A421.20円
20A561.60円
30A842.40円842.40円
40A1,123.20円1,123.20円
50A1,404.00円1,404.00円
60A1,684.80円1,684.80円

Looopでんきは基本料金が0円なので、ここで大きく優勢に立ちましたね。

契約アンペアが大きいほどLooopでんきの方がお得になります。

東京ガスには二つのプランがあり、以下のような特徴があります。

ずっとも電気1:電気を多めに使う方向けのプラン
ずっとも電気1S:一人暮らしなどあまり電気を使わない方向けのプラン

「ずっとも電気1」の方は30A以上しか契約できませんが、「ずっとも電気1S」は20A以下の契約ができます。

基本料金に違いはありませんが、このあと比較する従量料金に違いが出てきます。

従量料金

Looopでんき
一律26円
東京ガス ずっとも電気1
~140kWh23.24円
140kWh~350kWh23.45円
350kWh~25.93円
東京ガス ずっとも電気1S
~120kWh19.49円
120kWh~300kWh24.89円
300kWh~26.99円

Looopでんきは使用量に関わらず一律26円。

シンプルでわかりやすいですね。

一見高そうに見えますが、基本料金が0円なのでそこで十分カバーできます。

東京ガスのずっとも電気1は、140kWhまではやや高めですが、140kWhを超えてからは安めの金額になっています。

ずっとも電気1Sは全ての価格帯において東京電力より安い金額設定にしてありますが、割引率としてはそこまで大きくありません。

シミュレーションはLooopでんき優勢

料金表だけ見てもあまりピンと来ないと思うので、いくつかのケースで料金のシミュレーションをしてみました。

すると、半数以上のケースでLooopでんきの方が安いという結果が出ました。

シミュレーションした結果をまとめておくので、自分の使用量と一番近いケースを参考にしてみてくださいね。

ケース1. 三~四人家族・平均

●40A契約、350kWh使用の場合

Looopでんき⇒9,100円

東京ガスずっとも1⇒9,301円

ずっとも1(セット割あり)⇒9,031円

東京ガスずっとも1S⇒9,291円

ずっとも1S(セット割あり)⇒9,244円

結果:東京ガスずっとも1(セット割あり)が一番安い

ケース2. 三~四人家族・少なめ

●40A契約、200kWh使用の場合

Looopでんき⇒5,200円

ずっとも1⇒5,783円

ずっとも1(セット割あり)⇒5,513円

ずっとも1S⇒5,453円

ずっとも1S(セット割あり)⇒5,425円

結果:Looopでんきが一番安い

ケース3. 四人家族・多め

●40A契約、700kWh使用の場合

Looopでんき⇒18,200円

東京ガスずっとも1⇒18,376円

ずっとも1(セット割あり)⇒18,106円

東京ガスずっとも1S⇒18,738円

ずっとも1S(セット割あり)⇒18,644円

結果:東京ガスずっとも1(セット割あり)が一番安い

ケース4. 五人家族・平均

●50A契約、550kWh使用の場合

Looopでんき⇒14,300円

東京ガスずっとも1⇒14,768円

ずっとも1(セット割あり)⇒14,498円

東京ガスずっとも1S⇒14,970円

ずっとも1S(セット割あり)⇒14,895円

結果:Looopでんきが一番安い

ケース5. 五人家族・多め

●50A契約、800kWh使用の場合

Looopでんき⇒20,800円

東京ガスずっとも1⇒21,250円

ずっとも1(セット割あり)⇒20,980円

東京ガスずっとも1S⇒21,718円

ずっとも1S(セット割あり)⇒21,609円

結果:Looopでんきが一番安い

ケース6. 一~二人暮らし・平均

●30A契約、120kWh使用の場合

Looopでんき⇒3,120円

東京ガスずっとも1⇒3,631円

ずっとも1(セット割あり)⇒3,361円

東京ガスずっとも1S⇒3,181円

ずっとも1S(セット割あり)⇒3,165円

結果:Looopでんきが一番安い

ケース7. 二人暮らし・多め

●30A契約、300kWh使用の場合

Looopでんき⇒7,800円

東京ガスずっとも1⇒7,848円

ずっとも1(セット割あり)⇒7,578円

東京ガスずっとも1S⇒7,661円

ずっとも1S(セット割あり)⇒7,622円

結果:東京ガスずっとも電気1(セット割あり)が一番安い

ケース8. 一人暮らし・少なめ

●30A契約、80kWh使用の場合

Looopでんき⇒2,080円

東京ガスずっとも1⇒2,701円

ずっとも1(セット割あり)⇒2,431円

東京ガスずっとも1S⇒2,401円

ずっとも1S(セット割あり)⇒2,388円

結果:Looopでんきが一番安い

結論:Looopでんきの方が安い

Looopでんきの方が安いという結果が多くなりました。

東京ガスのセット割を適用させてもLooopでんきの方が安いというのはすごいですね。

ちなみに、セット割なしの場合ではほとんどのケースでLooopでんきの方が安いという結果になりました。

やはり基本料金0円の力は強いですね。

ただ、これはほんの一例ですし、使用量によってどちらがお得になるかは細かく変動します。

ぜひご自身の使用量でシミュレーションをしてみるといいでしょう。

Looopでんきと東京ガスのメリットを比較

では続いてメリットを比較していきましょう。

Looopでんきと東京ガスのメリットをそれぞれいくつか挙げてみました。

Looopでんきのメリット

基本料金が0円

やはりLooopでんきの一番のメリットは基本料金が0円なことでしょう。

基本料金や最低料金がないので、電気を全く使わなかった場合は電気代は0円という驚きのシステム。

基本料金だけで平均的な使用量の家庭なら1,000円前後、多く使う家庭なら1,500円前後お得です。

一律料金でわかりやすい

通常であれば、電気を使えば使うほど料金単価は高くなってしまいますが、Looopでんきは使用量に関わらず単価は一律です。

かなりシンプルでわかりやすいですね。

複雑なことが苦手という方には本当におすすめです。

無料の駆け付けサービスがある

停電してしまう、コンセントが焦げ臭いなどの電気のトラブルに、24時間365日駆け付けてくれる「かけつけるーぷ」というサービスがあります。

60分以内の作業であれば無料で対応してくれるのが嬉しいですね。

このサービスを利用できるのは東京電力エリアだけなので、うまく活用してしまいましょう。

webや無料のスマホアプリで使用量が確認できる

webや無料のスマホアプリで、月ごと、日ごとはもちろん、30分ごとの電気使用量と気温を確認することができます。

さらに、従来の料金プランと比べてどれくらい節約できたかが一目でわかる『節約額チェッカー』という便利機能もあります。

使用量や節約額が具体的にわかると節約もはかどりますよ。

東京ガスのメリット

ガスやネットとのセット割がある

現在ガスを東京ガスと契約している方であれば、セット割を適用させることができます。

割引額はプランによって異なります。

ずっとも電気1⇒電気の基本料金から270円割引
ずっとも電気1S⇒電気料金から、電気料金に0.5%をかけた金額を割引

【例】ずっとも電気1とずっとも電気1S、それぞれ電気料金が5,000円の場合

ずっとも電気1⇒4,730円(270円割引)
ずっとも電気1S⇒4,975円(25円割引)

あまり金額としては大きくないですね。

割引がまったくないよりはましなので、現在東京ガスの都市ガスを利用している方は利用するといいでしょう。

ただし、セット割の適用には申し込みが必要なので注意しましょう。

パッチョポイントがたまる

東京ガスのweb会員サービス『my TOKYO GAS』に登録すると、電気料金の支払いでパッチョポイントがたまります。

たまったポイントはdポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイント、nanacoポイントなどと交換できます。

そのほか、パッチョくんのグッズと交換することも可能。

パッチョくんというのは東京ガスのキャラクターです。

この子ですね。

異常にプリプリなお尻がチャームポイントのパッチョくんはネット上でもとても人気で、パッチョくんのために東京ガスの電気を契約したという人までいました。

クックパッドのプレミアムサービスが利用できる

ガスと電気のセット割を適用させ、東京ガスのweb会員サービスに登録すると、クックパッドの人気順検索が利用できるようになります。

通常はプレミアムサービスに登録しないと使えない機能なので、よく料理をする方には嬉しいサービスですね。

ちなみに、ガスと電気の料金が合計2,000円に達していない場合には利用できないので要注意。

利用者の口コミ・評判もチェック!

では最後に、Looopでんきと東京ガスそれぞれの利用者の口コミもチェックしていきましょう。

Looopでんきの口コミ・評判

電気料金がかなり安くなったという方や、対応の良さに満足する声が多く見られました。

そのほか、解約の際に解約金・違約金がかからないという点も評価されているようです。

ツイッターで調べてみるとほとんどが良い口コミだったので、利用している方はかなり満足しているようです。

東京ガスの口コミ・評判

東京ガスに切り替えることでかなり安くなった!と喜びの声が見つかりました。

クックパッドの人気順検索ができるのも嬉しいという方が多いのかもしれないですね。

そのほか、勧誘や電話対応に関する苦言もいくつか見つかりました。

他の新電力でもよくあることですが、どうしても印象は悪くなってしまいますね。

Looopでんきと東京ガス、おすすめなのはこんな人

では、Looopでんきと東京ガス、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめてみますね。

●Looopでんきがおすすめな人

・とにかく電気料金を安くしたい人
・複雑なことよりもシンプルな方が好きな人
・現在東京ガスを利用していない人

●東京ガスがおすすめな人

・現在東京ガスの都市ガスを利用していて、請求を一つにまとめたい人
・自分の使用量にあわせてプランを選びたい人
・セット割やポイントをフルに活用したい人

まず、現在東京ガスを利用していない方は確実にLooopでんきの方がおすすめです。

シミュレーション結果を見てもわかるように、セット割を適用させなければほとんどのケースでLooopでんきの方がお得になりますからね。

Looopでんきと東京ガスの大きな違いとして、「セット割」と「ポイント」があります。

Looopでんきはセット割やポイントがなくても十分安いですが、人によっては物足りなく感じてしまうかもしれません。

ただし、パッチョポイントの明確な使い道が見えていない方はポイントサービスもあまり意味がありません。

東京ガスを検討している方は、ポイントをうまく活用できそうか必ず事前に確認しておきましょう。

電力会社の切り替えの目的が「電気代の削減」という方にはLooopでんきがおすすめです。

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気NO1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、切り替えてみて思っていたより安くならなければ他の電力に切り替えればいい話。

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、5月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

まとめ

いかがでしたか?

料金を比較した結果は、Looopでんきの方がお得になるケースが圧倒的に多いことがわかりました。

東京ガスにはガスやネットとのセット割もあるので、うまく活用できそうであれば検討してもいいでしょう。

東京ガスのメリットとして紹介したものはwebの会員サービスに登録しなければいけないのがちょっとデメリットですね。

個人的には面倒なことがなく、シンプルに電気料金だけが安いLooopでんきの方が好感が持てます。

安いだけでなく対応も良いので、本当におすすめですよ。

(未評価)

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)