Looopでんき契約前に!評判・口コミ・料金比較したらヤバかった【2018年最新】

評価:3.58 - 171件の票数
looopでんきの評判

今、新電力で最も人気のあるLooopでんき。

基本料金0円・解約金が0円・契約期間の縛りがない事にくわえ本当に評判もよいので、【2018年現在】申し込み者が急増しているそうです。

●基本料金0円
●解約金が0円
●契約期間の縛りがない
●シンプルな料金プラン
●無料アプリで使用料を簡単に把握できる

などなど

今までいろんな新電力を調べてきましたが、こんなにメリットのある新電力は他にありませんでした。

今回は実際に契約した私が、Looopでんきのメリット・デメリットをわかりやすく紹介したいと思います。

利用者の口コミ・評判もあわせてご覧ください。

本当におすすめできる新電力なので、この記事を通して一人でも多くの方にLooopでんきの魅力をお伝えできれば嬉しいです。

※この記事は2018年1月19日に再編集しました。

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、今のところLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※2018年1月現在の情報です

Looopでんきとは?

ではまず、Looopでんきとはなんぞや?という方のためにざっと会社についてまとめました。

知ってるよ!という方は読み飛ばしていただいて構いません。

会社概要

※スマホからの場合は横にスクロールできます。

社名 株式会社Looop(ループ)
設立 2011年4月4日
本社所在地 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目24番6号 上野フロンティアタワー15階・22階
代表者 中村創一郎
資本金 708,300,000円 (2017年3月末現在)
事業内容
  • 太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
  • 自社太陽光発電所の設置・管理
  • 独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
  • 自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
  • 損害保険代理店事業
    【取扱保険会社】三井住友海上火災保険株式会社
  • 電力小売事業
  • 電力小売事業に関わる各種業務委託業
登録資格
  • 特定建設業 東京都知事許可 (特-25)第141119号
  • 電気工事業 東京都知事許可 第269370号
  • 宅地建物取引業 東京都知事許可 (1)第96183号
  • 古物商許可 東京都公安委員会 第305471704268号

Looopは2011年に設立された新しい会社で、Looopでんきのサイトが公開されたのは2016年の3月。

もともとは太陽光発電システムの販売などをしていた会社なので、それで名前を知っていた方もいるでしょうが、新しい分知名度は低いかもしれませんね。

大手新電力のような大規模な火力発電所などの設備はありませんが、自社の強みを生かした太陽光発電システムの運用を行っており、全国に50以上の発電所を所有しています。

Looopでんき7つのメリット

1. 業界初!ずっと基本料金0円で安い!

Looopでんき最大の魅力というのは「基本料金0円キャンペーン」です。

基本料金や最低料金がないので、長期間家を空けるなどして電気を全く使わなかった場合は電気代は0円という驚きのシステム。

おそらく他の新電力には思いもつかなかったことなので、同社が発表した時は各メディアがこぞって取り上げていました。

また、以前は申込み期限があるようなこともありましたが、公式ホームページを見る限りではなさそうです。

申込者数が予想を上回ったからかもしれませんね。

Looopでんき基本料金0円継続のご案内

Looopでんきへのお申し込みやお問い合わせが多く、皆様の基本料金0円のプランに対するご期待が非常に大きいこと、「基本料金0円、使った分だけお支払い。」というシンプルなご利用プランにすることにより、皆さんに省エネを意識して頂き、当社のフィロソフィーをより深く理解して頂きたいという考えから、引き続き基本料金0円のプランを継続することになりました。

基本料金はこれまで、30Aで842.4円、40Aで1,123.2円といったように「契約の大きさ」によって決められていました。

その常識を根底から覆したので、「Looopでんきへのお申し込みやお問い合わせが多く……」となるのは当然のことでしょう。

ちなみに、基本料金はありませんが別途使用量に応じた燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金は発生します。

これらの料金は現在使用している電気料金の中にも含まれているものなのであまり気にしなくてもいいでしょう。

現時点で基本料金0円を掲げているのはLooopでんきだけ。

どれだけ使用量が増えても基本料金はまったくかからないのはかなり魅力的ですし、本当におすすめです。

基本料金0円・解約金が0円・契約期間の縛りがない事にくわえ本当に評判もよいので、現在申し込み者が急増しているそうです。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

2. ずっと一律!シンプルな料金プラン

基本料金0円と並ぶLooopでんきの大きなメリット言えば、なんと言っても一律の料金体系!

どういうこと?と感じる方も多いと思うので、分かりやすいように図で説明します。

大手電力会社の料金は従量制

これまで強制的に契約していた大手電力会社は、電気を使った分だけ単価が上がっていく仕組みです。

そのため、ほとんど使わない人であれば格安の単価となりますが、電力量料金が7,000円を超えるような人だと非常に高い単価となっていました。

ちなみに関東の人たちが契約している東京電力の単価は……

  1. 最初の120kWh:19.52円
  2. 120kWh~300kWh:26.00円
  3. 上記を超過した場合:30.02円

1段階と3段階では1.5倍ほど違いがあるので、3段階目を超えてしまう家庭だと一気に高くなってしまうのです。

その悩みを解消してくれるのがLooopでんきとなります。

looopでんきは1段階のみの料金

Looopでんきは段階が存在せず、どれだけ使っても一律の単価で利用することができます。

以下の料金表はLooopでんき公式HPの単価を引用したものです。

エリア基本料金従量料金
北海道電力0円29円(税込) / kWh
東北電力0円26円(税込) / kWh
東京電力0円26円(税込) / kWh
中部電力0円26円(税込) / kWh
北陸電力0円21円(税込) / kWh
関西電力0円22円(税込) / kWh
中国電力0円24円(税込) / kWh
四国電力0円24円(税込) / kWh
九州電力0円23円(税込) / kWh

東京電力の単価では1段階が「19.52円」だったので、2段階になるまでLooopでんきの方が高いことになります。

しかし、それは電力量(使用量)だけの話で、基本料金0円を含めるとおそらくLooopでんきに分があるはずです。

計算が苦手で試算まではしませんでしたが、ひとつだけ間違いなく言えるのは「使用量が多い人ほどメリットが大きくなる」ということです。

電力自由化では「トリプルセット割」など、様々なプランを組み合わせて安くする新電力が多い中、Looopでんきは面倒な手続きなしでシンプルに電気を安くできるメリットがあります。

私は違約金などの問題からセット割よりシンプルプラン推奨派なので、その点はかなり好感が持てました。

分かりやすい方が契約した後も楽ですからね!

差は一目瞭然!従来電気との料金比較

では、それでどれくらい安くなるのか?

見た方がわかりやすいので、エリアごとの比較一覧表を作ってみました。

(数字はLooopでんき公式サイトから引用、一般家庭向けのプランの一例で比較したものです。)

マンション(3人世帯)の場合

 従来の電気料金Looopでんき年間削減額
北海道電力エリア16,928円
15,080円22,100円
東北電力エリア14,286円13,520円9,100円
東京電力エリア14,750円13,520円14,700円
中部電力エリア14,273円13,520円9,000円
北陸電力エリア11,956円10,920円12,400円
関西電力エリア13,703円11,440円27,100円
中国電力エリア13,715円12,480円14,800円
四国電力エリア13,943円12,480円17,500円
九州電力エリア12,952円11,960円11,900円

戸建て(3人世帯)の場合

 従来の電気料金Looopでんき年間削減額
北海道電力エリア18,799円
16,124円32,000円
東北電力エリア15,969円14,456円18,100円
東京電力エリア16,392円14,456円23,200円
中部電力エリア15,841円14,456円16,600円
北陸電力エリア13,260円11,676円19,000円
関西電力エリア14,781円12,232円30,500円
中国電力エリア14,760円13,344円16,900円
四国電力エリア15,021円13,344円20,100円
九州電力エリア14,458円12,788円20,000円

たくさん使う人ほどお得になる、と聞くと「5人以上の大家族じゃないとお得にならないのかな?」などと思いがちですが、3人世帯でもこれだけお得になるんですね。

もちろん地域や現在の電気使用量などによっても異なるので、実際にシミュレーションをしてみるといいと思います。

検針票などで現在の使用量がわかれば、Looopでんきの公式ホームページから簡単にシミュレーションできます。

webの画面上ですぐに見られるので、他社でよくあるメールアドレスや電話番号を入力する必要もありません。

私も平均して毎月1,000円近く節約になっているので切り替えてよかったと思っています。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

5分ほどで簡単に申し込むことができます。

3. 契約期間の縛りなし!解約違約金・解約手数料なし!

Looopでんきの契約期間は料金適用開始日から1年間で、自動で更新されます。

これだけ聞くと「ふーん」という感じですが、なんとLooopでんきは契約期間内の解約でも違約金がかかりません!

セット割などで販売をしている新電力の多くは、基本的に早期解約で数千円の違約金が設定されています。

Looopでんきはその常識と言える仕組みさえも覆しており、いつ解約しても1円も請求されませんし、違約金だけでなく解約手数料も必要ないのです。

もし、Looopでんきに切り替えて「安くなってない……」と感じても、他の新電力に切り替えることが可能となります。

ただ、解約しないと分かってるから違約金0円にしているのでしょう。

4. 太陽光や水力などの再生可能エネルギーでエコ!

Looopでんきの特長の一つに、再生可能エネルギーを比較的多く利用しているという点があります。

Looopでんきの電源構成はFIT23.6%、水力2.4%、その他74.0%となっています。

FITというのは、固定価格買取制度によって買い取られた再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を使って発電された電気のことです。

74%を占める「その他」の内訳は公式サイトに明記されていませんでしたが、水力と合わせると、全体の26%が再生可能エネルギーで発電されたものということですね。

再生可能エネルギーが100%というところもあるので、Looopでんきは決して一番エコというわけではありませんが、再生可能エネルギーを多く使っているところはその分料金も高いことが多いです。

Looopでんきはまさに環境への配慮と安さを両立したハイブリッドな電気と言えるでしょう。

自然エネルギーを支持する人達からも信頼があるLooopでんきは、今後さらに自然派でんきを広めていくそうです。

基本料金が0円で解約金がないだけではなく、エコにも力をいれるLooopでんきの人気の理由に納得できますね。

5. 使用量がグラフで見えてわかりやすい!

Looopでんきは、webやスマホアプリで使用量が確認できる電力データの「見える化」サービスが充実しています。

まず、スマートメーターが計測した30分ごとの電気使用量と気温のデータを比較することができます。

一日単位だけでなく、週単位や月単位での確認も可能。

さらに、節約額チェッカーという機能を使えば「従来の料金プランと比較していくら節約できたか」を確認することもできます。

実際に節約した分がグラフで見えると、節電のやる気も上がりそうですね!

電気代は生きる上でどうしても必要になる費用なので、少しでも節約をすれば最終的には大きく出費に差が出ます。

毎月1,500円安くなったという口コミも。今より電気代を節約したいという方には本当にLooopでんきはおすすめです。

対応も良いのも評判が良い理由の1つでしょう。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

6. トラブル時のサポートが充実!

ブレーカーがよく落ちる、停電してしまった、コンセントが焦げ臭いなどのトラブル時に、24時間365日駆け付けてくれる「かけつけるーぷ」というサービスがあります。

通常だと平日9,000円、土日祝日・夜間13,000円かかる作業費が、60分無料で対応してくれます。

注意事項

・作業内容によっては別途費用がかかることがある
・対象エリアは関東エリアのみ
・天候や交通状況、作業員の作業状況等によっては当日中に出向できない場合がある
・栃木県、茨城県、埼玉県、静岡県(富士川以東)の一部地域で土日祝日や平日夜間に電話をした場合は翌営業日の訪問となる

7. 太陽光発電システムがあればさらにお得に!

太陽光発電システムを持っている方だけが選べる、さらにお得なプランもあります。

ソーラー割

住宅用太陽光発電システムがあれば申し込めます。

自宅の屋根で発電した電力をLooopに供給することで、「おうちプラン」「ビジネスプラン」が通常従量料金から1円引きの価格で利用できます。

例:東京電力の場合 26円/kWh⇒25円/kWh

※対象エリア:東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力

LooopHome割

Looopの住宅用太陽光発電システム「LooopHome」を購入すると、ソーラー割の従量料金よりもさらに1円引きで利用できます。

例:東京電力の場合 26円/kWh⇒24円/kWh

※対象エリア:東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力

Looopでんち割

Looopの住宅用蓄電池のLooopでんちを購入することで、Looopでんきの従量料金より3円引きの価格で利用できます。

例:東京電力の場合 26円/kWh⇒21円/kWh

※「ソーラー割」「LooopHome割」の対象エリア(東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力)の方は最大5円引き、それ以外のエリアの方は3円引きになります。

Looopでんき「おうちプラン」の口コミ・評判まとめ

かなり安くなった!電気代削減に感動の声

Looopでんきに替えたことで大幅に電気代が削減できたと喜びの口コミが多く見つかりました。

ひと月の削減額は数百円でも、それが1年、2年、3年……と重なっていくと最終的に何万円とかなり大きな差が出ます。

Looopでんきは契約期間の縛りや違約金がなく簡単に解約ができるので、気負わず申し込めるというのもいいですよね。

シミュレーションをしてみてかなり割高になってしまう場合にはおすすめしませんが、少しでも削減できそうな見込みがある方は気軽に申し込んでみてもいいと思いますよ。

やっぱり基本料金0円は強い!

やはりLooopでんきの最大のメリット、「基本料金0円」はかなり好評のようです。

使えば使うほど料金が高くなるという従量制もかなり家計を圧迫するので、高アンペア数の契約をしている方や大人数で住んでいる方には特に魅力的なシステムですよね。

Looopでんきを契約して1年経った今となっては、毎月1,000円程度の基本料金を払っていたことが馬鹿らしく思えてきます。

解約違約金も0円!

新電力に限った話ではないですが、違約金というシステムは本当にやっかいですし、地味に痛い出費ですよね。

「契約期間内の解約は違約金発生!」という新電力が多い中、Looopでんきの解約違約金は0円。

その点を評価する声も多く見られました。

違約金だけでなく、解約の手数料もかからないというのがいいですね。

利用者の目線に立ったサービスは本当に素晴らしいと思います。

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りもなく解約金もかかりません。

利用者に負担をかけずに、気軽に申し込むことができるのも人気の理由です。

ネット上で申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミなどもないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

下のボタンから、5分ほどで簡単に申し込むことができます。

環境にやさしいエコなエネルギー

自然エネルギーを支持する人達からも人気のLooopでんき。

エコにあまり興味がないという方の中には、「自然エネルギーを使った電気って高そう……」というイメージを持った方も多いでしょう。

もちろん「自然エネルギー100%だけど料金は高い」というところもありますが、Looopでんきは自然エネルギーを使用していながら料金も安く利用できます。

エコと安さが両立されているという点も人気の理由の一つなのでしょうね。

場合によっては高くなることも

先程「使えば使うほどお得になる」と書きましたが、逆を言えば一人暮らしなどであまり電気を使わない場合は逆に割高になってしまうこともあります。

とはいえ、一人暮らしでも安くなったという人もいるので「一人暮らし=高くなる」というわけではありません。

現在の契約プランや電気使用量によって異なるので、まずは一度Looopでんきの公式サイトでシミュレーションしてみることをおすすめします。

支払いはクレジットカードのみなのがネック

Looopでんきの支払方法はクレジットカードのみです。

利用可能なクレジットカードはVisa、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub、JCBの5社。

この記事をご覧になっている中にも「クレカ持ってないんだけど……」とショックを受けた方いますよね?

こちらの問題に関して「決済方法を増やしていく」といった説明がないので、おそらくコンビニ払いなどはこの先も不可なのでしょう。

決済方法を増やすことによって余計な経費が嵩み、利益を圧迫する原因になるからだと思われます。

安さを実現させるのはそれほど大変なのかもしれません。

問い合わせてもコールセンターが繋がらない?

webページのちょっとした不具合があった際にコールセンターが混雑してしまったことがあるようです。

また、人気がゆえに問い合わせが殺到してしまうのは仕方がないことです。

ただ、どこの新電力でも同じようなことはあるので繋がらない場合もイライラしないでのんびり構えていましょう。

Looopでんきのデメリットも知っておこう

もちろん、メリットだけではなくデメリットもあります。

メリットだけお伝えして後悔されたらいけないので、知っておいた方が良いことをまとめておきます。

キャンペーンやポイントサービスがさみしい

Looopでんきには、他社がやっているようなポイントサービスやキャッシュバック、キャンペーン、セット割引などはありません。

基本料金0円だけで十分お得な印象ではありますが、とにかく使えるものは使ってお得にしたい!という人には向かないかもしれません。

しかし、セット割引などがあるところは契約期間の縛りや違約金があることが多いです。

Looopでんきはシンプルでわかりやすく、違約金などわずらわしい要素がないので気軽に申し込めるという特長もあります。

口コミを調べていると多くの方からシンプルな料金プランで基本料金・解約金が0円なところが支持されています。

また、契約期間の縛りがないのもうれしいところ。

ホームページを見てみるとその良さがもっとわかりますが、基本料金0円・解約金が0円・契約期間の縛りがない事にくわえ本当に評判もよいので、現在申し込み者が急増しているそうです。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

契約期間中に料金改定のリスク

諸般の事情により、料金を改定させていただこくことはあります。その際は、当然ながら、猶予期間をもって、お客様にお知らせをいたします。

太陽光発電システム販売の新電力「Looop」のメリットは?』で紹介していますが、電気に関心がない時に「株式会社Looop」という企業を知っていましたか?

私は全く知りませんでした。

それもそのはず、2011年に設立された新しい企業で、電力に関連する事業のみ行っているので、電力自由化前に知っていた人はほとんどいなかったと思います。

それぐらい認知度は低く、誰もが認める有名企業とは言えないでしょう。

もちろん、Looopでんきは利益を出す為に事業をしており、仮に現在の料金プランでは採算が取れないとなれば、お客さんから多く徴収するしかなくなってしまいます。

すぐにそうなるとは思えませんが、そのリスクは予め理解しておいた方が無難です。

ただ、このリスクはLooopでんきのみでなく、大手を含めた全ての新電力に言えることです。

申込み方法がWEBサイトのみ

WEBサイトからのみお申込みを受け付けております。
最新の検針票をご用意いただき、必要事項を入力してください。
お電話でのお申し込みは承っておりません。

基本料金0円や一律料金にしていることから、その他の販管費は極限まで抑えているのかもしれません。

「WEBでちゃんと申込みされているのか?」と心配になるかもしれませんが、問い合わせであれば電話窓口もしっかりと用意されているので、そこまで心配する必要はないと思います。

気になることはバンバン電話で確認しちゃいましょう!

お客様窓口:0120-707-454

Looopでんきの気になるQ&A

ここでは、Looopでんきに関する気になる疑問をQ&A形式で解決していこうと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

マンションやアパートでも申し込める?

戸建てだけでなく、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる方も申し込みが可能です。

ただし、建物で一括受電をしている場合には申し込みができないので注意しましょう。

Looopでんきに替えることで電気の質が落ちたりしない?

「新しい会社が作る電気ってなんだかすぐ停電しそうで不安……」

「これまで使ってた電気より質が悪いんじゃないの?」

そんな不安を抱いている方もいるでしょうが、結論から言うとその心配はいりません。

Looopでんきから送られてくる電気は、これまでと同様に東京電力などの一般送配電事業者の送配電網を利用するので、電力供給の信頼性や品質は従来のものと全く変わらないんです。

なので、Looopでんきに切り替えたからといって特別不便を感じるようなことはありません。

今まで通りの電気のある生活を送るだけです。

私もLooopでんきに切り替えてから1年が経ちましたが、切り替える前と何も変わらない生活を送っていますよ。

万が一Looopの発電所が故障したり、最悪Looopが倒産したとしても、東京電力などの一般送配電事業者が代わりに電気を供給してくれるようになっているので何も心配することはないんです。

Looopでんきを解約するにはどうしたらいい?

Looopでんきを解約して別の小売電気事業者に切り替える場合はその業者がLooopでんきの解約手続きをするので、自分でLooopでんきに連絡する必要はありません。

そのまま切り替える先の電気事業者に申し込みをしましょう。

オール電化用のプランってある?

Looopでんきには、オール電化用や時間帯別の料金プランはありません。

現在オール電化にしているけどLooopでんきに切り替えたいという場合は、ちゃんと安くなるのか事前に確認してから申し込みをするようにしましょう。

申し込みから供給までの流れは?

➀webから申し込む

Looopでんきのホームページから申し込みます。

➁スマートメーターの設置工事

現在使用している電力メーターがスマートメーターではない場合には、新たにスマートメーターの設置が必要になります。

工事は東京電力などの一般電気事業者が原則無料で5~40分で行ってくれますし、設置工事への立ち会いも原則不要です。

➂供給開始

ちなみに、現在の電力会社の解約手続きはLooopが行ってくれるので自分で解約手続きをする必要がありません。

このように、申し込みはwebから簡単にできます。

現在使用している電力会社の解約もLooopでんきがやってくれるので何もする必要はありません。

契約期間の縛りや違約金がないので、気軽に申し込むことができます。

いくつかの新電力に問い合わせしましたが、Looopでんきの対応が一番よかったのでトラブルが心配な方も安心して利用できますよ。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

引越し先で新規の申し込みはできる?

以前は引っ越し先での即時供給ができず、引っ越し先で別の電力会社と契約してから切り替えの手続きをする、という流れでした。

しかし、2017年の3月に以下のような変更がされています。

これまで、引越しをした先での即時供給の申し込みは受け付けていませんでしたが、この度、webサイトでの申込みで、引っ越し先でもLooopでんきを利用できる機能を追加いたしました。
出典:Looopでんき公式サイト

引越し先で初めてLooopでんきを契約したいという場合は、以下の手順で申し込みができます。

➀Looopでんきの申し込みページへアクセス

➁「お引っ越し先等でLooopでんきを新たに申し込む」ボタンを押す

➂画面の表示に従って情報を入力し、申し込む

このように簡単に新規の申し込みができますが、例外もあります。

残念ながら、引越し先が新築戸建て物件の場合は新規での契約ができません。

その場合にはまず、サービス変更前のようにLooopでんき以外の電力会社と先に契約し、その後に申し込みをする必要があります。

今後もしかしたら改善されて新築での新規申込もできるようになるかもしれませんが、現時点ではそのようなアナウンスはありません。

「新築への引っ越しと一緒に申し込みたかったのに!」という方には酷な話ですが、すぐに改善というわけにはいかないでしょう。

そのほか、引っ越し先のマンションが一括受電をしている場合には申し込みができないので要注意。

引っ越すマンションが一括受電でないか、事前に確認するようにしましょう。

切り替えた後にアンペア変更ってできる?

「同時に電気を使いすぎて頻繁にブレーカーが落ちてしまうのでアンペア数を上げたい……」

「今の使用量でもアンペア数に余裕があるのでアンペア数を落として基本料金を安くしたい……」

みなさんがアンペア変更をするのは大抵このような理由からでしょう。

従来のプランでは30アンペアや40アンペアなどの上限が決められており、それを超えるとブレーカーが落ちてしまうという「アンペアブレーカー契約」が主流でしたが、Looopでんきでは使った分だけ電気料金を支払う「実量制」を採用しているため、その心配がありません。

つまり、「ブレーカーが落ちてしまうのでアンペア数を増やす」「節約のためにアンペア数を減らす」という手続き自体が不要、ということになります。

ただし、住んでいる建物の設備としての電力容量の上限もあるので、地域の電力会社に上限値を確認しておくと停電の心配がないでしょう。

今までアンペアブレーカーを使用していた場合はそのアンペアブレーカーの撤去工事が必要ですが、一般送配電事業者の対応方法や宅内の配線状況によってはアンペアブレーカーの撤去がされていないこともあるようです。

状況を確認したい場合は電話で問い合わせるといいでしょう。

Looopでんきはこんな人に向いている!

・今より電気代を節約して貯蓄にまわしたい人
・利用期間の縛りがない方がいい人
・大家族など、電気をたくさん使う人
・シンプルな料金プランが好きな人
・電気使用量や電気代削減率を細かくチェックしたい人
・長期間家を空ける場合がある人(長期間出張、空き家、別荘など)
・なるべく再生可能エネルギーを利用したい人

従来のプランでは使えば使うほど従量料金が高くなってしまっていたので、とにかく電気使用量が多いという家庭に特に向いているでしょう。

プランもかなりシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないというのも大きなメリットですね。

また、アナログでは難しかった電気使用量や節約額の比較が簡単にできることで家計のチェックや節約も捗ります。

一人暮らしなど電気をあまり使わない人は逆に割高になってしまう可能性があるので注意が必要です。

ただ、それ以上にメリットがとても多いので、たくさんの方からLooopでんきは選ばれています。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

まとめ

Looopでんき安いな!と感じた方が多いのではないでしょうか?

私も数多くの新電力を調査してきて、ここまで消費者のメリットを考えてくれるところはあまりありませんでした。

何といっても「基本料金0円+一律料金」が最大のメリットであり、同じ料金プランを打ち出す新電力はこの先も少ないはずです。

しかし、今回説明したデメリットについてもしっかり理解しておかないと、切り替えてから後悔することになってしまいます。

「新電力の切り替えはお得になる」ことが大前提なので、1円でも損するようなことがあっては全く意味がありません。

当サイトでは電気の選び方や電気に詳しくない方が知っておいた方が良い情報を更新しているので、すぐに切り替えをしないのであればブックマークなどしてもらい、最新情報だけは確認されるのをおすすめします。

長文になってしまいましたが最後まで読んで頂きありがとうございます!

評価:3.58 - 171件の票数

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメント

  1. ぴろ より:

    現在は電気の切替に対応している大元の会社、東京電力パワーグリッドのシステム混乱が続いています。
    申し込んでも切替がなかな進まない、対応が遅いなどの問題は、新電力のLooopでんきよりも、東京電力パワーグリッドの電力自由化に伴う混乱が原因の可能性も多々あること、皆さんあまりご存知ないようですね。。。

  2. AGURI より:

    HTBとLooopでんきの評判が良さそうでどちらにするか迷っていましたが、こちらの記事を見てLooopでんきに決めました。どれぐらい安くなるか楽しみです!

  3. カナリア より:

    インターネットしか申込み対応してないのが決めきれない理由のひとつ。一応、問い合わせの電話に連絡したらちゃんと繋がったので問題はないのだろうが、会社規模がどうしても不安材料。

  4. あき より:

    記事に書かれているように東電とかより料金がシンプルで良いですよね!大手のほとんどが携帯会社のようなプランばっかりで、時代の変化について来ていないようにも感じます。申込み方法がWEB限定なのを否定的に言っている人もいるけど、それで安くなるなら私は肯定派です!

  5. ささぽん より:

    良いことしか書いてないけど身内の人?

  6. KAINZZ-KK より:

    実際どれくらい安くなったんですか?申込みしたのならリアルな情報を教えてください

  7. アンチエコスタイル より:

    ちょっと関係性が薄い内容で申し訳ありませんが・・

    東京電力からエコスタイルでんきに切り替えをしましたが、急きょ解約をしないといけなくなりその旨を連絡すると、何やらいつもの1.5倍の単価で請求するとのこと。

    見落としていた自分の責任ではありますが、解約金が0円のループでんきにしておけば良かった・・と今更ながら後悔しています。

  8. さと より:

    めっちゃ分かりやすい記事で参考になりました!Looopでんきが一番おすすめ?のようにも感じましたが、他にお得な電気はありますか?

  9. ふーみー より:

    Looopでんきのキャンペーン情報を見つけました!

    福陽ガス株式会社というところがやっているのですが、1000円のクオカードが必ずプレゼントされるそうです!

    「福陽ガス ループ」 で検索してみてください。

    私も申し込んでみましたが、そこのページからLooopでんきのサイトへ移動するだけで、自動的にキャンペーンが適用されるみたいです。

    ループでんきのキャンペーンをやっているのは、そこぐらいだけですので、おすすめです!

  10. ばばん より:

    Looopでんきに切り替えて半年が経過しました。
    電気料金は安くはなりましたが、対応が悪いと感じます。
    明細書も2~3週間発行されなかったり(こちらからお願いしてやっと発行してもらえた)が続くので、不安はあります。
    もう少しコールセンターの対応を良くして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)