Looopでんき「マイニングフラット」マイナー向けプランをご紹介!|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/06/15

マイニングの問題点は、電気代が高額になってしまうことです。

その問題点を解決するために、Looopでんきは「マイナー向け電気料金プラン」を打ち出しました。

今回の記事では、マイナーのための料金プランである「マイニングフラット」の内容と、申込み方法についてご紹介します。

  • マイニングフラットのメリット・デメリット
  • 東京電力のマイニングプランとの比較
  • マイニングフラットの評判
  • 申し込み方法

仮想通貨マイニングに力を入れていきたい方に必ず役立つ内容になっています。

 

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中の申し込みをおすすめします。

Looopでんきのマイニングフラットとは?

マイニングフラットは「国内初のマイナー向けプラン」として注目を集めており、格安の料金体系を持っています。このプランを使えば、日本でも仮想通貨のマイニングができて、業界の未来は明るくなるはずです。

Looop社はブロックチェーン技術が再生可能エネルギーに活かせると考えており、仮想通貨業界を応援するためにマイニングフラットをはじめました。これから詳細をご紹介しますが、マイナーのために徹底したサービスを提供してくれています。

それでは、マイニングフラットのプラン内容を見ていきましょう。

Looopでんきのマイニングフラットのプラン内容

マイニングフラットは、最低料金制の料金プランです。10Aにつき最低料金が6170円かかり、そのあとは超過料金がかかります。

20Aだと、基本料金は12340円。500kwまではそのお金で利用でき、契約電力にかかわらず、超過分単価は22円/1kwです。

契約電力 最低料金 最低料金に含まれる電力 超過分単価
10A 6,170円 250kw 22円/kw
20A 12,340円 500kw 22円/kw
30A 18,510円 750kw 22円/kw
40A 24,680円 1000kw 22円/kw
50A 30,850円 1250kw 22円/kw
60A 37,020円 1500kw 22円/kw
7kVA 43,190円 1750kw 22円/kw
10kVA 61,700円 2500kw 22円/kw
15kVA 92,550円 3750kw 22円/kw
20kVA 123,400円 5000kw 22円/kw
30kVA 185,100円 7500kw 22円/kw

プラン内容だけを見せられてもぱっとしないと思うので、マイニングフラットにした場合にどれくらい安くなるのか、計算してみましょう。( 出典 https://www.susi-paku.com/pakulooop.html)

Looopでんきでマイニングフラットにするとどれくらい安くなるの?

マイニングフラットのプラン内容はおわかりいただけたかとおもいます。実際に契約した場合、料金はどれくらい変わるのでしょうか。マイニングフラットは東京電力エリアで利用できるので、東京電力のプランと比べてみます。

東京電力に比べて約20%おトク

まず、マイニングフラットの利用料金を計算してみましょう。30A で契約していて月に1500kw使う場合は

  • 最低料金18510円
  • 超過分 22円✕750kw=16500円
  • 合計 35010円

となります。

東京電力の従量電灯B(30A)の場合

  • 第一段階 単価19.52円✕120kw=2342.40円
  • 第二段階 単価26.00円✕180kw=4680.00円
  • 第三段階 単価30.02円✕1200kw=36024.00円
  • 基本料金 842円
  • 合計 43888円

参考URL http://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/chargelist01.html

と、21%の節電効果があります。約20%もお安くなるのは嬉しいですね!

Looopでんきのおうちプランと比べてもおトク

Looopでんきには「おうちプラン」というプランもありますが、そちらとマイニングフラットを比べたらどうなのでしょうか。同じく30A 契約の場合で比べてみましょう。

Looopでんきのおうちプランは基本料金が無料で、使った分だけ電気代がかかるというシステムです。この話だけ聞くと、

「基本料金がかからないなら、おうちプランの方が安いんじゃないの?」

と思いますよね。実際に計算してみましょう。

おうちプランを東京電力エリアで利用する場合、26円/kwです。1500kw使うと

  • 単価26円✕1500kw=39000円

になるので、マイニングフラットのほうが4000円おトクですね。

マイニングフラットは、仮想通貨マイナー以外でも契約できます。これまでLooopでんきを利用していた方も、この機会に乗りかえるのもありです。また、マイニングをしようか検討しているという方でも契約できます。とりあえず乗りかえておいて、マイニングの準備をするというのもありですね。

ここまで見ただけでも、マイニングフラットが格安のプランであることはわかりますね。仮想通貨とブロックチェーンはさまざまな分野で実用化され、社会を変えていきます。仮想通貨マイナーのためのプランが広がっていけば、日本での仮想通貨実用化も進むはずです。

Looopでんきのマイニングフラットのメリット

マイニングフラットのメリットは、料金が安いだけではありません。大きく分けて3つのポイントがあります。

  • 超過分単価が一定
  • 電気の使用量がグラフで確認できる
  • 初期費用、トラブル対策費が無料

それぞれ解説していきます。

超過分単価が一定

一般の電力会社では契約した電力を超えると超過分単価になり、使用量が増えるほど料金も高くなってしまいます。使えば使うほどお金がかかってしまうということですね。

マイニングフラットは、超過分単価が一定というメリットがあります。同じ電力を使うなら、使用量が多いほどおトクになるのです。仮想通貨マイニングには大量の電力を使うので、これは便利ですね。

マイニングフラットの超過分単価は22円/kwです。東京電力は25.99円/kwなので、約4円も安くなります。

マイニングフラットは仮想通貨業界の発展のために作られたプランなので、ここまでのサービスを提供してくれるのです。仮想通貨マイナーはぜひマイニングフラットにして、どんどんマイニングをしましょう

電気の使用量がグラフで確認できる

マイニングフラットは、電気の使用量と料金をグラフで確認することができます。WEBはもちろん、アプリもありますので、スマートフォンで手軽に使用量を調べられます。

なぜこんな機能がついているかというと、マイナーが収益を確認しやすくするためです。仮想通貨マイニングでは、使用電力が収益に大きく影響します。マイニングで利益があっても、電気代が高すぎると赤字になってしまいます。使用電力を見られるようにすれば、マイニングの電力調整も簡単になります。

初期費用、トラブル対策費が無料

仮想通貨マイニングを始める場合、初期費用が高くついてしまうことがあります。マイニングフラットならそれは無料です。機器だけで安くても10万円はかかってしまうので、電気料金の初期費用だけでもなくなれば安心して始められます。

  • ブレーカーが落ちやすい
  • コンセントが焦げ臭い
  • 停電してしまった

このようなトラブルがあっても、マイニングフラットなら無料で解決してくれます。24時間365日対応なので、いつ事故があっても大丈夫です。通常ならトラブル対応は1万円前後はかかるので、お金をかけずに直してくれるのはありがたいですね。

このように、マイニングフラットは徹底的にマイナーを応援するためのプラン内容になっています。マイニングで最大のネックである資金面での苦労を少しでも軽くするために、至れりつくせりの対応をしてくれます。

マイニングフラットのメリットをご紹介してきましたが、デメリットもあります。そちらもご紹介するので、申し込もうか悩んでいる方は参考にしてください。

Looopでんきのマイニングフラットのデメリット

マイニングフラットも、いいことばかりではありません。リリースされて間もないので、まだ不十分な部分もあります。主なものとしては

  • 東京電力エリアでのみ提供
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • プラン変更は1年経過したあと

の3つです、順に見ていきましょう。

東京電力エリアのみでの提供

マイニングフラットは、2018年6月現在では東京電力エリアでのみでの提供です。それ以外の地域ではまだ使えません。地方や離島でマイニングをしている方はサービスの拡大を待つしかないですね。

東京電力エリア外にお住まいの方も、電気代を安くすることはできます。マイニングフラットは使えませんが、Looopでんきのおうちプランなら申込み可能です。このプランでも十分安くなるので、こちらにしておいてマイニングフラットが地方でも使えるようになるまで待ちましょう。

仮想通貨はブロックチェーンや決済機能として実用化が進んでいます。これから需要が高まっていけば、マイニングフラットの提供エリアも広がっていくことは考えられます。口コミや評判もいいので、マイナーからの要求があれば使用可能地域は広がるでしょう。

支払いはクレジットカードのみ

マイニングフラットの利用料金は、クレジットカードのみでの支払いです。普段は銀行振込や口座振替を利用している方は注意が必要です。

念のためご紹介しましたが、これはデメリットというほどのものではないでしょう。ほとんどの方がクレジットカードを持っているはずですし、ポイントがもらえるので損をすることはありません。

プラン変更は1年経過したあと

マイニングフラットから別のプランに変える場合、使用開始から1年経ったあとになります。

しかし、それ以降は解約費用も無料です。1年経ってしまえばいつでもやめられるので、思い切って乗りかえるのをおすすめします。

Looopでんきのマイニングフラットの評判、口コミ

実際にマイニングフラットを使っている人は、どんな感想を持っているのでしょうか。ネットで評判と口コミを調べてみました。

マイニングフラットの利用者の多くが、他のプランから乗りかえて料金を安くできています。マイナーは収益も上がっていることがわかります。電気代が安くなってマイニング収益も上がる。まさに一石二鳥ですね!

他にマイナー向けのプランを提供している新電力はない

東京エリアで、マイナー向けのプランを提供しているのはLooopでんきのみです。熊本電力がマイニングプランを打ち出すというニュースがありましたが、具体的なプラン内容は公表しておらず、現在利用できるのはマイニングフラットのみです。

安い電気料金のプランを探しているマイナーは、マイニングフラットのご利用をおすすめします。

Looopでんきのマイニングフラットの申込み方法

マイニングフラットのご紹介をしてきましたが、具体的な申込み方法をご案内します。他のプランと同じで、やることは

  • 見積もり依頼
  • 申し込み手続き
  • クレジットカード情報の入力

です。申し込み前に利用料金を知りたいのなら、見積もりを出してもらえば大丈夫ですね。申込みはWEBサイトから簡単にできますので、気になる方は今すぐアクセスしましょう。

Looopでんきのマイニングフラットで快適なマイニングを!

仮想通貨マイナーのために開発されたマイニングフラット。国内初のマイナー向けプランとして注目を集めています。

  • 安い基本料金
  • 超過分単価が一定
  • 初期費用とトラブル対策が無料

など、マイナーには嬉しい特典がついています。仮想通貨マイニングに力を入れていきたい方は、この機会に乗りかえてはいかがでしょうか。

(未評価)

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Looopでんきのマイナー向けプラン「マイニングフラット」について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。