LooopでんきとHTBエナジーを徹底比較!安いのはこっち!|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/09/11

新電力の中でも注目度の高いLooopでんきとHTBエナジー。

「実際どっちがお得なの?」
「自分に合っているのはどっち?」

など、疑問が残っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、LooopでんきとHTBエナジーを徹底的に比較しました。

●料金
●使用量ごとの料金シミュレーション結果
●メリット・デメリット
●口コミ・評判

など、役立つ情報をまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

Looopでんきのメリット・デメリット

まずは、メリットやデメリットの比較をしていきましょう。

まずはLooopでんきのメリット・デメリットからご覧ください。

基本料金・最低料金が0円

Looopでんき最大のメリットは、なんと言っても基本料金・最低料金が0円なこと。

基本料金が高いエリアほど大きなメリットになります。

契約しているだけで毎月取られていた基本料金がなくなり、電気を使った分の料金だけを払う仕組みはすっきりしていて気持ちが良いです。

プランがシンプルでわかりやすい

Looopでんきの一般家庭向けプランは、「おうちプラン」一つだけです。

一見さみしく思いますが、おうちプランはどんな家庭にもマッチするので、一つだけでも十分なんです。

逆に、たくさんのプランから自分に合ったものを探す手間が省けるというメリットがあります。

従量料金も一律でシンプルなので、複雑なことが苦手という方にもぴったりです。

アンペア数関係なく契約できる

Looopでんきは従来のアンペア制ではなく、電気を使った分だけその料金を支払う実量制というシステムを採用しています。

契約時にアンペア数を決める必要がないので、一度に電気を使いすぎてブレーカーが落ちるということもなくなります。

解約金・違約金が0円

Looopでんきは解約金が0円なので、いつでも無料で解約できます。

2,000円~9,000円の違約金がかかる新電力も多いので、これは大きなメリットですね。

事前にシミュレーションをしていても、実際に使用してみたら思ったより安くならなかったというケースも中にはあります。

そんな時に気軽に解約できた方が気持ち的にも楽ですよね。

使用量によっては割高になることもある

Looopでんきの従量料金は一律なので、20A以下の契約をしている方や使用量が少ない方は逆に割高になってしまうケースもあります。

もちろんエリアによっても異なるので一概には言えませんが、まずはご自身の使用量でシミュレーションをしてみることをおすすめします。

HTBエナジーのメリット・デメリット

続いて、HTBエナジーのメリットとデメリットも見ていきましょう。

一律5%安くなる

HTBエナジーの料金は、従来の電力会社から一律で5%割引という特徴があります。

そのため、使用量が少ない方でも必ずお得になるのです。

逆に割高になってしまうことを心配している方は多いと思いますが、その心配がなくなるのはいいですね。

自分の生活スタイルに合ったプランを選べる

HTBエナジーには、今回紹介した一般的なプランの他にも、一部の時間帯の従量料金が無料になる「ママトクコース」「朝ママトクコース」「ミッドナイトママトクコース」があります。

一定の生活サイクルが決まっている方なら、自分にぴったりのプランを見つけることができます。

解約には違約金がかかる

HTBエナジーには1年間の契約期間が定められており、契約期間内の解約には2,160円の違約金がかかってしまいます。

自分に合った新電力に自由に乗り換えられるのが電力自由化の良いところなので、契約期間の縛りがあるのは残念ですね。

20A以下は契約できない

HTBエナジーに契約できるのは30A以上の家庭のみ。

現在20A以下で契約をしている方は契約ができません。

アンペア数を上げれば契約はできますが、必要ないのにアンペア数を上げてしまっては結局電気料金が高くなってしまうので意味がありませんよね。

平日しか問い合わせができない

HTBエナジーの問い合わせ電話窓口は、土日祝日は営業していません。

平日の10:00~18:00までしか繋がらないので、平日日中に仕事をしている方は問い合わせが難しくなってしまいます。

休憩時間などを利用すればできなくはないですが、できれば避けたいところですよね。

こういったところで人件費を削減して安い料金で電気を提供しているのでしょうが、ちょっと残念です。

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

LooopでんきとHTBエナジーの口コミ・評判

利用者の口コミ・評判も気になるところですよね。

LooopでんきとHTBエナジー、それぞれの口コミをいくつかピックアップしてまとめたので、参考程度にご覧ください。

Looopでんきの口コミ・評判

では、まずはLooopでんきの口コミからご紹介します。

かなり安くなった!

料金が安くなったという口コミがたくさん見つかりました。

月に2,000円も安くなるのはかなり大きいですよね。

解約金がかからないという点も評判が良く、電話窓口の対応を評価する口コミも見つかりました。

実際に検索していただけるとわかりますが、Looopでんきは本当に悪い口コミが見当たりません。

ツイッターはリアルな利用者の口コミがたくさんありますが、切り替えた方の多くが満足しているということがわかりますね。

HTBエナジーの口コミ・評判

続いて、HTBエナジーの口コミもご確認ください。

電気料金が月1,000円安くなったという喜びの口コミも見つかりました。

一人暮らしで安くなったという方もいれば、契約アンペアが30Aからという理由で迷ってしまっている方も。

そのほか、問い合わせが平日だけなことに不満を感じている方も少なくありませんでした。

平日に時間を作るのが難しい方も多いでしょうし、できれば土日も対応してほしいところですね。

LooopでんきとHTBエナジーの料金比較

LooopでんきとHTBエナジーは提供エリアが同じ(沖縄・離島を除く全国対応)です。

全てのエリアの料金を比較して表にまとめました。

ご自身のエリアのみ、ざっとご覧ください。

北海道電力エリアの料金比較

HTBLooop
基本
料金
30A954.18円0円
40A1,272.24円0円
50A1,590.30円0円
60A1,908.36円0円
従量
料金
~120kWh22.37円29円
120~28028.24円29円
280~31.71円29円

東北電力エリアの料金比較

HTBLooop
基本
料金
30A923.40円0円
40A1,231.20円0円
50A1,539.00円0円
60A1,846.80円0円
従量
料金
~120kWh17.33円26円
120~30023.63円26円
300~27.32円26円

東京電力エリアの料金比較

HTBLooop
基本
料金
30A800.28円0円
40A1,067.04円0円
50A1,333.80円0円
60A1,600.56円0円
従量
料金
~120kWh18.46円26円
120~30024.62円26円
300~28.44円26円

中部電力エリアの料金比較

HTBLooop
基本
料金
30A800.28円0円
40A1,067.04円0円
50A1,333.80円0円
60A1,600.56円0円
従量
料金
~120kWh19.65円26円
120~30023.83円26円
300~26.58円26円

北陸電力エリアの料金比較

HTBLooop
基本
料金
30A677.16円0円
40A902.88円0円
50A1,128.60円0円
60A1,354.32円0円
従量
料金
~120kWh16.61円21円
120~30020.23円21円
300~21.84円21円

関西電力エリアの料金比較

関西電力エリアのみ、使用量に応じた2種類のコースが用意されています。

●シングルコース(ひと月の電気料金が4,500円未満の方向け)

HTBLooop
最低料金327.65円
(~15kWh)
0円
従量
料金
~120kWh19.76円
(15~120)
22円
(~120)
120~30023.83円22円
300~27.25円22円

●ファミリーコース(ひと月の電気料金が4,500円以上の方向け)

HTBLooop
最低料金373.73円
(~15kWh)
0円
従量
料金
~120kWh21.24円
(15~120)
22円
(~120)
120~30021.95円22円
300~22.00円22円

中国電力エリアの料金比較

HTBLooop
最低料金313.75円
(~15kWh)
0円
従量
料金
~120kWh19.33円
(15~120)
24円
(~120)
120~30025.56円24円
300~27.54円24円

四国電力エリアの料金比較

HTBLooop
最低料金383.72円
(~11kWh)
0円
従量
料金
~120kWh19.00円
(11~120)
24円
(~120)
120~30025.17円24円
300~28.45円24円

九州電力エリアの料金比較

HTBLooop
基本
料金
30A831.06円0円
40A1,108.08円0円
50A1,385.10円0円
60A1,662.12円0円
従量
料金
~120kWh16.28円23円
120~30021.50円23円
300~24.30円23円

新電力の『あしたでんき』がおすすめ

あしたでんきは東京電力100%の子会社です。

基本料金が0円なので、毎月1,000円前後かかっていた基本料金分の金額がまるっとお得になるのが魅力ですね。

よく比較されるLooopでんきよりも従量料金が安いのも人気の理由でしょう。

また、解約金・違約金も0円なのでいつでも気軽に解約できます。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年9月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

LooopでんきとHTBエナジーの料金シミュレーション

料金表だけではあまりピンとこないので、いくつかの使用量を想定してシミュレーションをしてみました。

ご自身の使用量に一番近いものを参考にしてみてください。

北海道電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
30A
120kWh
3,408円
(-230円)
3,638円
30A
300kWh
8,700円
(-91円)
8,791円
40A
400kWh
11,600円
(-680円)
12,280円
40A
700kWh
20,300円
(-1,493円)
21,793円
50A
600kWh
17,400円
(-1,540円)
18,940円
50A
800kWh
23,200円
(-2,082円)
25,282円

東北電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
30A
120kWh
3,120円3,003円
(-117円)
30A
300kWh
7,800円7,256円
(-544円)
40A
400kWh
10,400円10,296円
(-104円)
40A
700kWh
18,200円
(-292円)
18,492円
50A
600kWh
15,600円
(-468円)
16,068円
50A
800kWh
20,800円
(-732円)
21,532円

東京電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
30A
120kWh
3,120円3,015円
(-105円)
30A
300kWh
7,800円7,447円
(-353円)
40A
400kWh
10,400円
(-157円)
10,557円
40A
700kWh
18,200円
(-889円)
19,089円
50A
600kWh
15,600円
(-912円)
16,512円
50A
800kWh
20,800円
(-1,400円)
22,200円

中部電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
30A
120kWh
3,120円
(-38円)
3,158円
30A
300kWh
7,800円7,447円
(-353円)
40A
400kWh
10,400円10,372円
(-28円)
40A
700kWh
18,200円
(-146円)
18,346円
50A
600kWh
15,600円
(-355円)
15,955円
50A
800kWh
20,800円
(-471円)
21,271円

北陸電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
30A
120kWh
2,520円
(-150円)
2,670円
30A
300kWh
6,300円
(-11円)
6,311円
40A
400kWh
8,400円
(-321円)
8,721円
40A
700kWh
14,700円
(-573円)
15,273円
50A
600kWh
12,600円
(-715円)
13,315円
50A
800kWh
16,800円
(-883円)
17,683円

関西電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
シングル
HTB
ファミリー
120kWh2,640円2,402円2,603円
300kWh6,600円6,691円6,554円
400kWh8,800円9,416円8,754円
600kWh13,200円14,866円13,154円
700kWh15,400円17,591円15,354円
800kWh17,600円20,316円17,554円

中国電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
120kWh2,880円2,343円
(-537円)
300kWh7,200円6,944円
(-256円)
400kWh9,600円
(-98円)
9,698円
600kWh14,400円
(-806円)
15,206円
700kWh16,800円
(-1,160円)
17,960円
800kWh19,200円
(-1,514円)
20,714円

四国電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
120kWh2,880円2,454円
(-426円)
300kWh7,200円6,985円
(-215円)
400kWh9,600円
(-230円)
9,830円
600kWh14,400円
(-1,120円)
15,520円
700kWh16,800円
(-1,565円)
18,365円
800kWh19,200円
(-2,010円)
21,210円

九州電力エリアのシミュレーション結果

使用量LooopHTB
30A
120kWh
2,760円
(-24円)
2,784円
30A
300kWh
6,900円6,654円
(-246円)
40A
400kWh
9,200円
(-161円)
9,361円
40A
700kWh
16,100円
(-551円)
16,651円
50A
600kWh
13,800円
(-698円)
14,498円
50A
800kWh
18,400円
(-958円)
19,358円

結論:使用量が多ければLooopでんき、少なければHTBエナジー

結果としては、Looopでんきの方がお得になるケースが多いですね。

全体を通して「使用量が多い場合はLooopでんき、少ない場合はHTBエナジーの方が安い」という傾向にあります。

北海道電力、北陸電力エリアはすべてのケースでLooopでんきが安く、関西電力エリアではすべてのケースでHTBエナジーが安いという結果になりました。

また、中には使用量が少なくてもLooopでんきの方が安くなるケースもありましたね。

実際の検針票を見て、ご自身の使用量でシミュレーションをしてみるとまた違った結果になります。

HTBエナジーの公式サイトには料金シミュレーション機能はありませんが、下記のLooopでんきの公式サイトでなら簡単に詳しいシミュレーションができます。

まずは一度、どれくらい安くなるかを確認してみるといいでしょう。

おすすめはあしたでんき

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

2018年9月現在、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年!満足度NO1】あしたでんきの申し込みが急増中』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
あしたでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、9月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のあしたでんき公式サイトが安心です。

まとめ

以上、LooopでんきとHTBエナジーの比較でした。

エリアや使用量、契約アンペアなど、様々な要素によってどちらがお得になるかは変わっていきます。

また、一つの家庭でも月によって電気使用量はばらつきがありますよね。

切り替えてから後悔しないためにも、申し込み前には必ず自身の使用量で、年間を通したシミュレーションをしてみることが大切です。

(未評価)

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

LooopでんきとHTBエナジーの料金・評判・サービスの比較について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。