太陽光発電システム販売の新電力「Looop」のメリットは?

評価:3.55 - 100件の票数
太陽光発電システム販売の新電力「Looop」のメリットは?

新電力のLooop(ループ)は一般家庭向けの電力乗り換えで、他社と比較してメリットある企業なのか検証していこうと思います。

太陽光発電システムの開発・販売をメイン事業としているので、そういった商品とのセット割などを実施するようであれば選択肢の候補となるかもしれません。

Looopが現在の事業で活動しているエリアは広範囲となっているので、この記事を読んでいるあなたにも対象となってくるはずです。より多くの情報を仕入れるのはお得への第一歩なので是非ご覧になってください。

Looop(ループ)とは?

Looopとは2014年7月に特定規模電気事業者へ、そして2015年10月に小売電気事業者の登録をしています。全国各地で太陽光発電システムの販売をしているので知っている人も多いでしょうが、今後の事業展開などより詳細な情報を確認していきましょう。

会社概要

社名 株式会社Looop(ループ)
設立 2011年4月4日
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル
代表者 中村創一郎
資本金 499,000,000円
従業員数 75名
事業内容
  • 太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
  • 自社太陽光発電所の設置・管理
  • 独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
  • 自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
  • 損害保険代理店事業
支店
  • 大阪支店: 大阪市淀川区西宮原1-5-28 テラサキ第3ビル
  • 福島支店: 福島県郡山市中町1番22号 郡山大同生命ビル7階

問い合わせ先

WEBでの問い合わせ 問い合わせページ
電話番号 03-5802-6210
ガスワンサービス 03-5802-6176

これまでの実績

企業や公共施設などへ供給する特別高圧・高圧の実績はそこまでないと思われますが、自社独自の商品である「MY発電所キット」を主力商品として右肩上がりに業績を伸ばしています。以下は2012年~2015年までの業績推移です。

Looopの業績推移
出典:Looop公式HP

太陽光発電システムの設置が多いのは住宅の屋根などではなく、活用されていなかった田畑や山林などの広大な土地が中心となっているようです。LooopのHPでは導入済みの事例を写真付きで確認することができるので、気になる方はご覧になってみてください。

太陽光発電システムの導入事例

また、導入した太陽光発電で作られた電力の買取り、自社所有の発電設備の運営も行っており、家庭向けの販売でそれらの電力が有効活用されるはずです。以下の図は買取り価格のキャンペーン情報です。

Looopの一般家庭向け電力販売のお知らせ

家庭向けの電力供給は?

2016年4月1日より家庭向けの電力販売を行う予定で、公式HPでも以下の告知をしています。

2016年4月に電力小売市場が全面自由化されます。従来、電気は各地域管轄の一般電気事業者と契約し、購入するスタイルが通常でしたが、来年度以降、電力小売市場は全面自由化され、電気消費者の皆さまは、購入先の選択肢が格段にひろがることとなります。

出典:Looop公式HP

Looop(ループ)の強み

Looopの強みは太陽光発電システムの販売に関連したこととなるでしょう。例えば、既にLooopから導入してもらっている人であれば、家庭向けの電気単価が下がるなど本業とセット施策が期待されます。

電力供給エリア

  • 関東・近畿・中部・東北・九州

Looopが太陽光発電システムを導入した販売実績

上記図はLooopが販売した実績値となりますが、ご覧の通り全国各地で販売活動が行われているのが分かります。関東・中部・九州が多いようにも感じますが、乗り換えの需要があるエリアなら供給可能となる?のではないでしょうか。

自社所有の発電所

大手新電力のような大規模な火力発電所などの設備はありませんが、自社の強みを生かした太陽光発電システムの運用は全国で行っています。個別の発電所を見れば大した発電量ではないですが、ホームページで紹介されていた数を数えてみたら50以上の発電所を確認できました。

その中でも発電量が多いものを紹介します。

Looop自社所有の発電所一覧
出典:Looop自社発電所一覧より

Looopのメリット

  • 太陽光発電システムとのセット割

上記で紹介したような発電所を所有しており、売電や施設などへの供給でLooopの業績には繋がっているでしょうが、家庭向けの電力供給の際に「他社より安い料金設定が可能か?」となるとそこまでの発電量でもないし、設置されている地域がバラバラで活用方法が難しいでしょう。

Looopに乗り換えてメリットを求めるなら、既存事業の太陽光パネルと家庭向け電力をセットで契約し、低価格な電気代にできるセット割が最も考えられる施策だと思います。(私の勝手な考えです・・)

まとめ

エネットのように大規模発電所を所有による低料金化や、SBパワーのような携帯電話とのセット割など、大企業へ対抗するほどの企業ではありませんが、自社独自の太陽光発電システムを起用したキャンペーン次第ではそれなりの販売ができるはずです。

家庭向け電力の乗り換え時期と、太陽光発電システムの導入が同じような時期なら、Looopを検討する新電力のひとつとして入れておく価値はあると思います。他にもおすすめ企業はたくさんあるので、別の記事も是非参考にしてください。

評価:3.55 - 100件の票数

新電力比較ならおすすめ!

個人的に電気の乗り換えで「エネチェンジ」を利用しましたが、おそらくこのサイト以上に優れた新電力比較サイトはありません。

使いやすさ、情報の見やすさなど他とは比較するまでもなく、乗り換えを検討している人には是非利用してもらいたいサイトとなります。

同ジャンルの他サイトと違って同じ新電力ばかり表示されることもなく、条件を変更するとその都度おすすめが変わります。

もちろん無料となっているのでまずは利用してみてください。

エネチェンジはコチラ

コメントを残す

*