九州電力の料金プラン一覧を新電力(PPS)と比較してみよう

(未評価)
九州電力の料金プランを新電力(PPS)と比較

九州電力は「福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、広島県」の8県を管轄しており、10社の電力会社の中でも電力販売量は上位となっています。

新電力への乗り換えが激しい競争が予想されるエリアなので、九州エリアにお住まいの方は新電力と比較する為にも、九電の料金プランは把握しておきましょう。

それでは九州電力の料金プランを紹介していきます。

九州電力 家庭向けの料金プラン

それぞれのライフスタイルに合わせた料金プランが用意されているので、料金を安く抑えるには電気の使用方法に適したプラン選びが必要です。

従量電灯B・C

おすすめ:昼夜問わず電気を使用する家庭

  • 24時間の料金単価が同じ
  • 昼間も夜間も平均的に使用している
お得メーター

九州電力で最もメジャーな料金プランとなっており、昼夜問わず電気を使用している家庭向けの料金プランです。

季時別電灯

おすすめ:オール電化住宅の家庭

  • 22時から翌朝8時の電気代が安い
  • 夜型の生活をしている方向け
お得メーター

季節ごとのピーク時(10時~17時)の時間帯が高いので、電気の使用を夜間に移せる方におすすめの料金プランです。また、オール電化住宅であればよりメリットを受けられます。

時間帯別電灯

おすすめ:夜型の生活をしている家庭

  • 22時から翌朝8時の電気代が安い
  • 夜型の生活をしている方向け
お得メーター

夜間(22時~翌朝8時)の電気代が安く設定されているので、夜型の生活をされている方向けの料金プランです。

ピークシフト電灯

おすすめ:夏場のピーク時にあまり電気を使用しない家庭

  • 22時から翌朝8時の電気代が安い
  • 夜間の電気使用量が多い方
お得メーター

夏場のピーク時(13時~16時)の料金が高いので、日中はあまり使わず夜間の使用がメインの方におすすめの料金プランです。

高負荷率型電灯

おすすめ:夜間中心に電気使用量が多い家庭

  • 22時から翌朝8時の電気代が安い
  • 使用する人数が多く電気使用量が多い
お得メーター

夜間の料金単価が低く設定されており、大人数で使用されている方におすすめの料金プランです。

地域独占の電力会社10社

新電力の料金プランは?


新電力の料金プランは『新電力の料金プランから選ぶ』をご覧ください。

(未評価)

コメントを残す

*