熊本電力は九州電力よりおすすめだけど、東京エリアでは微妙|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:2.61 - 18件の票数

この記事で紹介する熊本電力は熊本の新電力です。

結論からいうと、特別おすすめできる新電力ではありません。

この記事では熊本電力についての情報を簡潔にまとめています。

既存の電力会社との料金比較もあわせてご覧ください。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年10月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、10月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は10月中の申し込みをおすすめします。

熊本電力の料金比較

既存の電力会社との料金を比較しました。

具体的にシミュレーションもしてみましたのでそちらも参考にどうぞ。

九州電力との比較

  九州電力熊本電力
基本
料金
30A874.80円437.40円
(-437.4円)
40A1,166.40円583.20円
(-583.2円)
50A1,458.00円583.20円
(-874.8円)
60A1,749.60円699.84円
(-1,049.76円)
最低
料金
~120kWh17.19円17.13円
(-円)
121~20022.69円22.63円
(-0.06円)
201~30022.69円21.49円
(-1.2円)
301~25.63円21.00円
(-4.63円)

比較してみると熊本電力がお得なのがわかりますね。

基本料金はもちろん、三段階目の従量料金の差額が4円もあります。

電気をたくさん使う人はより節約できるということですね。

シミュレーション結果をみていきましょう。

●30Aの契約で200kWh使用した場合

九州電力
⇒4,753円
熊本電力
⇒4,303円

●40Aの契約で350kWh使用した場合

九州電力
⇒8,595円
熊本電力
⇒7,648円

●40Aの契約で500kWh使用した場合

九州電力
⇒12,439円
熊本電力
⇒10,798円

東京電力との比較

  東京電力熊本電力
基本
料金
40A1,123.20円898.56円
(-224.64円)
50A1,404.00円1,123.20円
(-280.8円)
60A1,684.80円1,347.80円
(-337円)
従量
料金
~120kWh19.52円23.40円
(+3.88円)
121~20025.98円23.40円
(-2.58円)
201~30025.98円17.55円
(-8.43円)
301~30.02円23.42円
(-6.6円)

こうしてみると、熊本電力がお得に見えますが、東京エリアではもっとお得になる新電力があります。



●40Aの契約で350kWh使用した場合

東京電力
⇒9,643円
熊本電力
⇒8,505円

●40Aの契約で500kWh使用した場合

東京電力
⇒14,146円
熊本電力
⇒12,018円

熊本電力の特長

提供エリア

熊本電力の提供エリアは九州電力エリアと東京電力エリアになります。

今後エリアを拡大していく可能性もあるかもしれませんが、2018年3月の段階ではホームページにも情報は記載されていません。

情報が公開され次第、追加します。

解約金(違約金)

かかりません。

新電力の中には契約期間を設けて、契約期間内に解約をすると違約金をとるところもあります。

違約金の相場はだいたい2,000円くらいなので、そこまで痛手にはなりませんが、違約金がかからないというのは良心的だと言えますね。

支払い方法

●ご家庭の場合
クレジットカードのみ

●法人の場合
口座振替

今の時代、ほとんどの方がクレジットカードを持っているので支払い方法がクレジットのみでも不便だと感じる人は少ないと思いますが、口座振替ができる新電力もあります。

セット割などのサービスはない

今や、既存の電力会社より料金が安くなるのは当たり前。

どれだけ付加価値をつけて契約者を増やしていくかが勝負の分かれ目です。

ENEOSでんき⇒ガソリン代が割引される
HTBエナジー⇒旅行代金が割引される

他にも多くの新電力が独自のサービスで顧客争奪合戦を繰り広げています。

熊本電力にはセット割りなどのサービスがないので、すこしお得感に欠けてしまいますね。

申し込み方法

熊本電力公式サイトから
お申込みはこちら

問い合わせ方法

熊本電力公式サイトから
お問い合わせはこちら

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

熊本電力の口コミ・評判

とくに利用者の方の口コミは見つかりませんでした。

見つかり次第、追加していきますm(__)m

結論!九州エリアは検討してもよいかも

料金を比較しましたが、九州エリア、東京エリア、ともにお得になることがわかりました。

九州エリアの新電力と比較しても熊本電力はお得な方なので、検討してみても良いと思います。

東京エリアでは熊本電力よりお得になる新電力があるため、他の新電力も検討した方がよいでしょう。

キャッシュバックがもらえるおすすめの申し込み窓口

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記窓口から申し込むと10月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

おすすめの理由
●3,000円のキャッシュバックがもらえる!
●複雑な条件は一切なし!
●利用環境に適した電力会社を紹介してくれる!
●利用者の評判が良い!

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

基本的に電力会社の公式サイトから申し込むとキャッシュバックはありません。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、下記窓口がおすすめです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
切り替え手続きが混み合う場合があります。

電気の切り替えは基本的にいつ解約しても違約金などかからないので10月中の申し込みをおすすめします。

まとめ

以上、熊本電力についてでした。

セット割などのサービスや口コミ情報など、新しい情報がわかりましたらまた更新します!

こんなお粗末な記事になってしまいすいませんでしたm(__)m

評価:2.61 - 18件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

10月31日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

10月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

熊本電力の九州電力エリア・東京電力エリアでの料金について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。