【2018年最新版】シン・エナジー(洸陽電機)の料金・評判まとめ|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.50 - 196件の票数
更新日:2018/10/19

シン・エナジーは、洸陽電機が提供している新電力。

以前は「KOYOでんき」という名前でしたが、2018年4月1日に「シン・エナジー」という名前に変わりました。

良心的な料金設定で人気のシン・エナジーですが、実際どれだけお得なのでしょう。

●料金
●割引・特典
●メリット・デメリット
●口コミ・評判

以上の点を調べてまとめたので、ぜひご覧ください。

10月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年10月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、10月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は10月中の申し込みをおすすめします。

シン・エナジー(洸陽電機)のメリット

まずはメリットからチェックしていきましょう。

料金が安い

料金表は後ほどまとめますが、シン・エナジーは基本料金・従量料金ともに従来の電力会社よりも安く設定されています。

新電力の中にはあまり電気を使わない方は安くならないというところもあるので、使用量に関わらず安くなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

解約金、解約手数料なし

シン・エナジーでは、契約する時はもちろん解約の際にもお金はかかりません。

電力会社によっては数千円の違約金がかかってしまうこともあるので、大事なポイントです。

マイルがためられる

JALマイレージバンクの会員であれば、電気料金の支払いでJALのマイルをためることができます。

200円につき1ポイントたまるので、少しでもマイルの足しにしたい!という方にはおすすめです。

再生可能エネルギーに力を入れている

洸陽電機は、環境負荷の低い再生可能エネルギーを作る事業を全国で行っています。

民間起票や官公庁施設など、3,400件を超える施設に電力を供給しているという実績もあります。

環境にやさしいエネルギーを使いたいという方におすすめです。

つなが~る割でさらにお得に

シン・エナジーには、家族や友人などと一緒にグループで加入することで電気料金が割引になる「つなが~る割」というものがあります。

割引額自体はそこまで大きなものではありませんが、条件が合う方は試してみてもいいかもしれませんね。

まとめてプラン

各世帯の割引を代表者にまとめるプランです。

つまり、割引を受けられるのは申し込みをした代表者のみ。

家族や友人をサポートしたい方におすすめです。

まとめてプランの割引額

●4世帯グループの場合
⇒代表者の電気料金を月400円割引(初年度)
※2年目以降は月200円割引

●3世帯グループの場合
⇒代表者の電気料金を月150円割引(初年度)
※2年目以降は月75円割引

●2世帯グループの場合
⇒代表者の電気料金を月100円割引(初年度)
※2年目以降は月50円割引

わけあいプラン

各世帯の電気料金を割引くプランです。

グループになった全ての世帯が同じだけ割引になるので、友人や同僚と一緒に割引を受けたい方におすすめです。

わけあいプランの割引額

●4世帯グループの場合
⇒各世帯の電気料金を月100円割引(初年度)
※2年目以降は月50円割引

●2~3世帯グループの場合
⇒各世帯の電気料金を月500円割引(初年度)
※2年目以降は月25円割引

シン・エナジー(洸陽電機)のデメリット

申し込み前に必ず知っておきたいのがデメリット。

契約してから悔やむことのないよう、しっかりチェックしておきましょう!

つなが~る割の割引額が小さい

先程メリットとして紹介したつなが~る割ですが、見てわかる通り割引額としては正直物足りないです。

シン・エナジー以外にも様々な新電力がある中、同じシン・エナジーの利用者とグループを組むというのはなかなか難しいです。

割引額の大きさを考えると、手間の割にあまりメリットはないなという印象です。

お得にならない場合もある

現在オール電化用のプランや一部の時間帯の料金が安くなるプランを利用している方は、シン・エナジーに切り替えてもお得にならない可能性があります。

必ず事前に確認してから申し込むようにしましょう。

キャンペーンやセット割がない

シン・エナジーには、現在実施しているキャンペーンやセット割などはありません。

新電力の中には多彩な特典や割引を用意しているところもあるので、人によっては物足りないと感じてしまうでしょう。

個人的にはシンプルな方が好きなので好印象ですけどね。

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

シン・エナジー(洸陽電機)の料金

それぞれのエリアの従量電灯(一番基本的なプラン)にあたる「きほんプラン」の料金を表にまとめてみました。

()内の赤い字は従来の電力会社との差額です。

北から南の順に書いてあるので、ご自身のエリアだけ見たらそれ以外は飛ばしちゃって大丈夫です。

東北電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき東北電力
基本
料金
30A963.00円
(-9円)
972.00円
40A1,284.00円
(-12円)
1,296.00円
50A1,604.00円
(-16円)
1,620.00円
60A1,925.00円
(-19円)
1,944.00円
従量
料金
~120kWh17.98円
(-0.26円)
18.24円
120~30023.98円
(-0.89円)
24.87円
300~26.30円
(-2.45円)
28.75円

東京電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき東京電力
基本
料金
30A754.37円
(-88.03円)
842.40円
40A1,005.82円
(-117.38円)
1,123.20円
50A1,257.28円
(-146.72円)
1,404.00円
60A1,508.74円
(-176.06円)
1,684.80円
従量
料金
~120kWh19.31円
(-0.21円)
19.52円
120~30024.33円
(-1.67円)
26.00円
300~27.21円
(-2.81円)
30.02円

中部電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき中部電力
基本
料金
30A835.00円
(-7.4円)
842.40円
40A1,115.00円
(-8.2円)
1,123.20円
50A1,392.00円
(-12円)
1,404.00円
60A1,670.00円
(-14.8円)
1,684.80円
従量
料金
~120kWh20.65円
(-0.03円)
20.68円
120~30024.15円
(-0.93円)
25.08円
300~25.55円
(-2.42円)
27.97円

北陸電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき北陸電力
基本
料金
30A691.42円
(-21.38円)
712.80円
40A921.89円
(-28.51円)
950.40円
50A1,152.36円
(-35.64円)
1,188.00円
60A1,382.83円
(-42.77円)
1,425.60円
従量
料金
~120kWh16.99円
(-0.53円)
17.52円
120~30020.40円
(-0.93円)
21.33円
300~22.33円
(-0.69円)
23.02円

関西電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき関西電力
最低料金
~15kWh
298.88円
(-28.77円)
327.65円
15~12019.48円
(-0.28円)
19.76円
120~30024.60円
(-1.59円)
26.19円
300~26.80円
(-3.14円)
29.94円

中国電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき中国電力
最低料金
~15kWh
222.00円
(-109.23円)
331.23円
15~12020.34円
(-0.06円)
20.40円
120~30024.50円
(-2.46円)
26.96円
300~27.20円
(-1.84円)
29.04円

四国電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき四国電力
最低料金
~11kWh
295.00円
(-108.92円)
403.92円
11~12020.00円
(±0円)
20.00円
120~30026.00円
(-0.5円)
26.50円
300~27.30円
(-2.65円)
29.95円

九州電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき九州電力
基本
料金
30A866.05円
(-8.75円)
874.80円
40A1,131.41円
(-34.99円)
1,166.40円
50A1,385.10円
(-72.9円)
1,458.00円
60A1,574.64円
(-174.96円)
1,749.60円
従量
料金
~120kWh16.95円
(-0.24円)
17.19円
120~30021.00円
(-1.69円)
22.69円
300~23.00円
(-2.63円)
25.63円

沖縄電力エリアの料金

料金項目KOYOでんき沖縄電力
最低料金
~10kWh
355.00円
(-40.08円)
395.08円
10~12022.50円
(-0.03円)
22.53円
120~30027.00円
(-0.97円)
27.97円
300~28.00円
(-1.91円)
29.91円

申し込み前に知っておきたいポイント

そのほか、申し込み前に押さえておきたいポイントも見ていきましょう。

申し込み方法

基本的にweb申し込みですが、書面での手続き希望の場合は郵送で書面を送ってもらえます。

※郵送の場合は事務手数料540円がかかります。

提供エリア

北海道エリアを除く全国に対応しています。

マンションなどの集合住宅でも申し込みができますが、建物で一括受電をしている場合は契約できません。

支払い方法

クレジットカードまたは口座振替

使用できるクレジットカード

VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB、Diners

解約方法

シン・エナジーのコールセンターに連絡することで解約手続きができます。

10月限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年10月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、10月中の申し込みをおすすめします。

シン・エナジー(洸陽電機)の口コミ・評判

ツイッターに投稿されていた口コミをまとめてみました。

参考程度にご覧ください。

電気料金が魅力的!

電気料金が安くなる見込みがあることで、契約を前向きに検討している方が見つかりました。

やはり新電力への切り替えにおいて、料金はかなり大事だということがわかりますね。

webの反映が遅くて使用量が見られない!

シン・エナジーはwebで日別、月別の使用量を確認することはできますが、30分ごとに細かく使用量を確認することはできないようです。

こまめに使用量をチェックして節約に役立てたいという方には向いていないかもしれませんね。

つなが~る割、やりたくてもできない……

つなが~る割に加入したかったけど条件が合わずに断念したという方がいました。

割引額が少ない割には加入のハードルが高いのが残念ですね。

キャッシュバックがもらえるおすすめの申し込み窓口

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記窓口から申し込むと10月限定で3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

おすすめの理由
●3,000円のキャッシュバックがもらえる!
●複雑な条件は一切なし!
●利用環境に適した電力会社を紹介してくれる!
●利用者の評判が良い!

LooopでんきやENEOSでんきなどの人気の電力会社をはじめ、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

基本的に電力会社の公式サイトから申し込むとキャッシュバックはありません。

電気の申し込みだけで3,000円のキャッシュバックが受け取れるので、下記窓口がおすすめです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
切り替え手続きが混み合う場合があります。

電気の切り替えは基本的にいつ解約しても違約金などかからないので10月中の申し込みをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

キャンペーンやセット割、お得な割引や特典などはありませんが、シンプルに電気料金だけ安ければいいという方には向いています。

逆に言えば、割引や特典を駆使して少しでもお得に使いたいという方には向いていないと言えます。

また、洸陽電機は再生可能エネルギーに力を入れているので、環境にやさしいエネルギーを使いたいという方にもおすすめです。

先程紹介したLooopでんきも再生可能エネルギーを多く使用しているので、エコ派の方はチェックしてみてくださいね。

評価:3.50 - 196件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

10月31日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

10月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

シン・エナジー(洸陽電機)の料金・評判について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。