関西電力の料金プラン一覧を新電力(PPS)と比較してみよう

(未評価)
関西電力の料金プランを新電力(PPS)と比較

「京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県、三重県、岐阜県」の2府7県を管轄している関西電力の料金プラン一覧を紹介します。

10社の電力会社の中では東京電力に次いで2番目の販売量がありますが、今後は新電力に乗り換えられないように抜本的な対策が必要となるでしょう。

ただ料金プランを見たところ、これまで独占的に運営してきたせいか、あまり消費者へのメリットを考えていないようにも感じました。新電力と比較してどちらがお得なのかしっかり確認してください。

一般家庭向けの料金プラン一覧

家庭向け以外の料金プランもいくつかありますが、この記事を見ている方はほぼ一般の家庭に住まれているはずです。中規模以上の電力プランを知りたい方は関西電力のホームページにて確認してください。

従量電灯A

おすすめ:昼夜問わず電気を使用する家庭

  • 24時間の料金単価が同じ
  • 昼間も夜間も平均的に使用している
お得メーター

関西電力で最もメジャーな料金プランとなっており、昼夜問わず電気を使用している家庭向けの料金プランです。

従量電灯B

おすすめ:商店・事務所・飲食店向け

  • 時間帯によって料金単価が同じ
  • 昼間も夜間も平均的に使用している
お得メーター

従量電灯Aと同様、1日中料金単価は同じで昼夜問わず利用する方向けのプランです。ただ、従量電灯Bは商店や事務所などで利用する方におすすめの料金プランです。

はぴeタイム

おすすめ:昼間以外の時間帯に使用を移せる家庭

  • 23時から翌朝7時の電気代が安い
  • 昼間の電気利用が少なく、夜が中心となる方向け
お得メーター

昼間の在宅率が低く、23時から翌朝7時の間で電気の使用が多い方におすすめの料金プランです。

時間帯別電灯

おすすめ:昼間以外の時間帯に使用を移せる家庭

  • 23時から翌朝7時の電気代が安い
  • 昼間の電気利用が少なく、夜が中心となる方向け
お得メーター

オール電化住宅の方や、昼間の在宅率が低く「23時から翌朝7時」の間で、電気の使用が多い方におすすめの料金プランです。

季節別電灯PS

おすすめ:夏場ピーク時の使用が少ない家庭

  • 13時~16時以外の電気料金が安い
  • 昼間より夜間の方が電気使用量が多い
お得メーター

夏場の13時~16時の時間帯に電気をあまり使用せず、夜型の生活をしている方におすすめの料金プランです。

地域独占の電力会社10社

新電力の料金プランは?


新電力の料金プランは『新電力の料金プランから選ぶ』をご覧ください。

(未評価)

コメントを残す

*