ケイ・オプティコムの「eo電気」はeo光利用でお得なセット割

評価:3.04 - 49件の票数
ケイ・オプティコムの「eo電気」はeo光利用でお得なセット割

株式会社ケイ・オプティコムという企業名を聞いても認知度は低いですが、光回線の「eo光」といえば関西地方に住んでいる方ならすぐ分かると思います。

インターネット回線事業者ではソフトバンクグループの「SBパワー」など複数社参入していますが、セット割で料金が安くなるのが明確に分かるためおすすめです。

ケイ・オプティコムの公式発表でも「eo光とのセット割でメリットを大きくする」と言ってるので、現在eo光契約中の方及び関西地区に住まれている方は注目しておきましょう。

【※管理人よりお知らせ】
新電力の比較なら「エネチェンジ」という電力サイトの利用をおすすめします。

自宅の電気選びで利用しましたが、他サイトと比べて圧倒的な比較数でどの新電力が一番お得かすぐ見つけられました!テレビやラジオなどのメディアにもたくさん取り上げられており、今最も注目のサイトです。

新電力の比較サイトNo.1

エネチェンジはこちら

新電力のケイ・オプティコムとは?

新電力のケイ・オプティコムとは親会社に関西電力を持つ、インターネット回線などの大手通信事業者です。主力商品には「eo光」があり関西地方ではNTT西日本のフレッツ光に次いで2番目にシェアを獲得している実績があります。

ただ、関東や九州など顧客を抱えていないエリアでの知名度は低く、同社も敢えて得意としていないエリアを開拓しようともしていないようです。

家庭向けの新電力として注目されている企業は他にもありますが、eo電気での参入を表明した際はメディアでも大きく取り上げられ、市場の期待度が高いのは間違いありません。

ケイ・オプティコムが「eo電気」、電力小売り参入へ 親会社の関電より安い料金での電力供給を

親会社の関電より安い料金での電力供給を図る。光回線市場が飽和状態にある中で新たな収益の柱に成長させる考えで、関電グループとしても自由化に伴う顧客離れを防ぐねらいがある。

サービス名称は、自社の光回線サービス「eo光」にちなみ「eo電気」とし、光回線とのセット販売などを検討する。eo光は7月末現在で、近畿2府4県と福井県内の一部家庭で、契約数は約154万件。販売網を生かし電気を売り込む考えだ。

出典:産経WEST

「親会社の関電力安い料金・・」とありますが、評判があまり良くない関西電力はグループ会社を利用して、顧客が離れていく事を予想してせめてeo電気に流れてもらうようにしているのでしょう。

はたして注目されているだけのメリットはあるのか?確認していきましょう。

会社概要

社名 株式会社ケイ・オプティコム
設立 1988年4月2日
所在地 〒530−6116 大阪市北区中之島3丁目3番23号 中之島ダイビル
代表者 藤野 隆雄
資本金 330億円(関西電力100%出資)
従業員数 1,298名(2015年4月1日現在)
業務内容
  • 電気通信事業
  • 有線一般放送事業
  • 電気通信および有線一般放送に関する機械器具および設備の設計、設置、販売、割賦販売、賃貸および保守、運用

上記でも説明しましたが、eo電気を運営するケイ・オプティコムは関西電力が100%出資している会社です。乗り換えさせるには関西電力より安い料金と大々的に宣伝しますが、それも全て親会社が描く戦略だという事を忘れないようにしましょう。

問い合わせ先

WEBでの問い合わせ 問い合わせページ
電話番号
  • 0120-34-1010
  • 06-7506-9605
FAX番号 不明

これまでの実績

2000年に施行された電力自由化での実績はまだありません。

特定規模電気事業者(PPS)としてオフィスビルや公共施設などへの供給は予定しておらず、一般家庭向けの電力供給を行う「小売電気事業者」への登録のみ2015年10月8日付で登録しています。

しかし、バックボーンに関西電力がいるので、電力事業の実績がない他の新電力とは違い、販売していくスキルに関しては共有していくためあまり心配することはないでしょう。

家庭向けの電力供給は?

2016年4月1日より家庭向けの電力販売開始です。

ケイ・オプティコムの強み

ケイ・オプティコム(eo電気)が最も強みとしているのはやはりeo光とのセット割でしょう。eo光は現在、近畿2府4県で加入者を伸ばしており、契約者の数は150万件を超えています。

同業他社のセット割の内容にもよりますが、eo電気とeo光をセットで利用することでどちらかの料金値引きがメインとなるでしょう。既存ユーザーをどの程度乗り換えさせるかが鍵となりますが、関西地方には他の通信業者も参入があるので価格競争が激化しそうです。

電力供給エリア

  • 関西電力管区が中心

まずは関西電力エリアのeo光契約者をターゲットにしていくことは間違いありませんが、その他のエリアに拡大していく事も考えられます。

自社所有の発電所

ケイ・オプティコムは自社で発電所などの運営は行わず、日本卸電力取引所(JEPX)などから電力を仕入れるようです。

自前での発電は行わず、電力の卸し取引市場である「日本卸電力取引所(JEPX)」から約7割を調達。関西電力から残りの約3割を確保する。

出典:産経WEST

eo電気のメリット

  • 既に150万を超える契約者
  • 光回線「eo光」とのセット割
  • 関西電力との情報供給

eo光を既に契約中及びこれから契約する予定の方なら、電気×インターネット回線のセット割を受けられます。100%言えるのは関西電力よりメリットある料金プランとなるので、該当する方は乗り換えした方が電気代を安く抑えられるでしょう。

しかし、注意してもらいたい点もあり「セット割にはeo光への加入が条件」となりますが、セット割にするにはどちらのサービスも継続し続けることが必須となってしまいます。以下のような方はデメリットとなりうる可能性があることを覚えておくように。

  • 関西エリアから離れる可能性がある
  • 光回線「eo光」を長期利用しない
上記に該当する方はeo光の解約で高額な違約金を請求される恐れがあります。電気代が多少下がったとしてもそれ以上の出費となっては意味がありません。

期間限定のキャンペーン

ケイ・オプティコムのホームページとは別に「eo電気のオフィシャルページ」を用意しており、アンケートに答えるだけで豪華なプレゼントが抽選で当たるキャンペーンなどを行っています。アンケート内容は下記のようなもので興味ある方は是非!

  • 電気を選ぶ対象として、eo電気にご期待いただけますか?
  • 8月または9月の電気代を教えてください。
  • ご自宅で現在、太陽光発電を設置されていますか?

上記のような質問が10個あり、1分もあればアンケートを終えることができます。

ケイ・オプティコムの「eo電気」のプレゼントキャンペーン

参照ページ:eo電気オフィシャルページ

※アンケート応募での注意点

このようにプレゼントを餌に行われるキャンペーンは「個人情報の収集」が目的で行われます。上記キャンペーンの応募条件がeo光契約中とあるので、eo電気へ効率的に乗り換えさせるための情報として利用するはずです。eo電気の営業電話などを受けたくない人は応募を避けましょう。

まとめ

一般家庭向けの電力販売を行うケイ・オプティコム(eo電気)の会社情報、キャンペーン、メリット・デメリットをお伝えしました。特に関西エリアの方には気になる情報でしょうが、電気代を安くするには幅広い知識が必要となります。

eo光を利用していたとしても全ての方が同じメリットを受けられるとは限らず、ライフスタイルや利用条件次第で他の新電力を選んだ方が良い方も沢山います。乗り換えする際はプランや契約内容をしっかり確認し、後悔しない新電力選びをしましょう。

評価:3.04 - 49件の票数

新電力比較ならおすすめ!

個人的に電気の乗り換えで「エネチェンジ」を利用しましたが、おそらくこのサイト以上に優れた新電力比較サイトはありません。

使いやすさ、情報の見やすさなど他とは比較するまでもなく、乗り換えを検討している人には是非利用してもらいたいサイトとなります。

同ジャンルの他サイトと違って同じ新電力ばかり表示されることもなく、条件を変更するとその都度おすすめが変わります。

もちろん無料となっているのでまずは利用してみてください。

エネチェンジはコチラ

コメントを残す

*