新電力のJX日鉱日石エネルギー「ENEOSでんき」とは?

評価:3.81 - 27件の票数
新電力(PPS)JX日鉱日石エネルギーとは?

新電力の新電力(PPS)JX日鉱日石エネルギーとは?は電力事業でどのような戦略を立てているのか?会社概要から乗り換えで役立つ情報をお伝えします。

同社の社名だけではピンとこない人も多いでしょうが、全国の至る所に点在するガソリンスタンド「ENEOS(エネオス)」の運営会社です。

最近はテレビCMでもエネファームなど電力に関する宣伝をよくやっており、ENEOSでんきという名称で家庭向けの電力供給を行うと公式発表されたので今後、有力な新電力となることは間違いないでしょう。

JX日鉱日石エネルギーとは?

ガソリンスタンド(石油)業界の売上高で、2位とは倍以上の差をつけているJX日鉱日石エネルギーとですが、市場規模が30兆円程度で40%弱のシェアを誇り国内でもトップ5に入る大企業です。

ガソリンスタンド(石油業界)売上高ランキング

なぜここまで売上があるのかというと、エネオスは日本石油と三菱石油が合併してできたブランドで、元々2社が管理していたガソリンスタンドが全国各地に数多くありました。しかも、九州石油も経営統合したので、現在のようにどこにでもあるスタンドとなったのです。

電力事業に関しては2003年に特定規模電気事業者の登録をし、オフィスビルなどの施設へ自社で発電した電力を供給していきました。

会社概要

社名 JX日鉱日石エネルギー株式会社
設立 1888年(明治21年)5月10日
所在地 東京都千代田区大手町二丁目6番3号
代表者 杉森 務
資本金 1,394億円
従業員数 連結:14,676名
業務内容
  • 石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油等)の精製および販売
  • ガス・石炭の輸入および販売
  • 石油化学製品等の製造および販売
  • 電気の供給
  • 燃料電池、太陽電池、蓄電装置などの販売

問い合わせ先

インターネットで問い合わせ 問い合わせページ
電話番号 0120-56-8704

ENEOSでんきの強み

会社概要を紹介しましたが、会社的な信頼性は全く問題なのは理解できたと思います。しかし、新電力への乗り換えに必要なのは会社規模でなく、今より安い電気代になるかです。ENEOSでんきははたして消費者にメリットを与えてくれる新電力なのか?同社の強みを紹介します。

電力供給エリア

新電力JX日鉱日石エネルギー「ENEOSでんき」の供給エリア

JX日鉱日石エネルギーの公式ホームページで掲載されていた供給エリアの図となりますが、家庭向けの販売エリアはまず以下の地域からスタートするようです。

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)

同社は北海道から九州まで発電設備の運営していますが、特に発電量の多いのが川崎にある天然ガス発電所であり、競合他社よりコスト面で優位に立てると考えているのでしょう。

関東以外には参入しないの?と思われるかもしれませんが、その先のスケジュールはまだ公表していません。ただ、関東での事業が成功すればエリアを広げていくはずです。

発電施設一覧

JX日鉱日石エネルギーは全国に発電施設を配しており、現在は企業などの大口顧客をはじめ大手電力会社にも供給しています。その施設の詳細を紹介しておきます。

▼稼働中の発電施設

  • 川崎天然ガス発電所(80万kW)
  • フロンティアエネルギー新潟(10万kW)
  • 川崎バイオマス発電所(2.8万kW)
  • 柿の沢水力発電所(0.5万kW)
  • 仙台製油所(5.0万kW)
  • 大分製油所(14.9万kW)

▼今後増強予定の発電施設

  • 水島製油所(10万kW)
  • 鹿島製油所(10万kW)

以下の図はJX日鉱日石エネルギー公式HP掲載の発電施設分布図です。

JX日鉱日石エネルギー「ENEOSでんき」発電施設一覧

地球に優しいクリーン電力

「ENEOSでんき」の電力は天然ガス・バイオマス・水力

ENEOSでんきが供給予定の電力は、天然ガス61%、バイオマス4%、水力1%と地球環境へ不可の少ないクリーン電力となっています。

温暖化が急激に進んでいる今だからこそ、そのような電力を使用したいと思う方は多いのではないでしょうか。

しかし、まだまだ石油に頼らざるを得ない状況である事に変わりはなく、ENEOSでんきのようなクリーン電力を率先して発電していく企業が増えることが今後の課題でしょう。

まとめ

石油業界トップのJX日鉱日石エネルギーがどういった新電力なのか分かったと思いますが、家庭向けの電力供給を表明している企業の中でも押さえておきたい新電力です。

今後、本業のガソリンスタンドとのセット割やその他のキャンペーン次第では、乗り換えの候補としてなる可能性は高いので、当サイトでも新着情報があった場合はすぐに更新させていただきます。

評価:3.81 - 27件の票数

コメント

  1. junji nakamura より:

    私の家の電力使用料金は、1万円~2万2千円位です。ちなみに2015年12月分は15000円2016年1月分は18000円ですが安くなりますか、

    1. まさやん より:

      電気代が高くなることはあまり考えられませんが、新電力の選び方で割引率は変わってくると思います。

      電気代が純粋にお得なものや、ソフトバンクでんき・auでんきのようにセット割必須で割り引くものなど・・。

      今後、申込みする窓口によってもメリットの大小が変わってくると思うので、おすすめの代理店などが出てきたらサイトで更新しますね!

コメントを残す

*