J:COM電力の評判が悪すぎる!メリット・デメリットまとめ|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

評価:3.62 - 74件の票数
更新日:2018/08/06

J:COM電力は、その名の通りケーブルテレビサービスのJ:COMが提供している新電力。

実際のところどれほどお得になるのか、料金プランや割引について調べてみましたが……

結論から言うと、おすすめしません。

●メリット・デメリット
●料金プラン
●シミュレーション結果比較
●口コミ・評判
●申し込み前に知っておきたい基本情報

など、気になる情報をまとめました。

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

セット割はお得だけどデメリットがたくさん!

J:COMの一番のメリットは、「電力セット」という電気とテレビやネット、スマホなどのセット割です。

しかし、そのメリットの裏には知らないと後悔するデメリットがいくつかあるので、必ず目を通しておいてください。

最大毎月1,000円の割引、だけど……

セットで契約するプランによって以下のいずれかの割引が適用されます。

1,000円×12ヶ月=総額12,000円

500円×24ヶ月=総額12,000円

500円×12ヶ月=総額6,000円

一見とてもお得に見えますが、これには大きな落とし穴が潜んでいます。

3,000円の契約手数料がかかる

電力セットに加入する際には、3,000円の手数料がかかってしまいます。

電力セットの割引の総額は12,000円または6,000円なので、契約しただけで割引額の多くが相殺されてしまうのです。

割引額6,000円のプランに至っては、なんと半分が契約手数料として持っていかれてしまう始末。

これではなんのためにセット割に加入したのかわかりませんよね。

他の新電力は無料で契約できるところがほとんどなので、これは大きなデメリットですね。

最大20,000円!高額違約金のリスク

電力セットの契約期間は戸建てで2年、集合住宅で1年です。

契約期間内に解約をする場合には、プランや住宅の形態によって3,500円~20,000円の違約金がかかってしまいます。

これは、新電力の中ではトップクラスの違約金の高さです。

しかも、契約期間満了時の更新月を逃してしまうと自動更新となり、無料で解約できるタイミングを失います。

いつでも無料で解約できる新電力も多いので、この点は致命的なデメリットと言えますね。

違約金のリスクを負ってまで契約するほどの割引額ではない

結論として、電力セットは確かにお得ですが「違約金のリスクを考えるとおすすめできない」ということが言えます。

割引額から契約手数料分を引くと、電力セットで実質お得になる金額は以下のようになります。

・年間12,000円⇒年間9,000円(ひと月あたり750円)

・年間6,000円⇒年間3,000円(ひと月あたり250円)

(※実質の割引額なので、実際に月々の割引が減額されるわけではありません。)

高額の違約金のリスクを負ってまで契約するほどの割引額ではないですよね。

電気料金だけで見ても、他にもっと安くなる新電力はあります。

現在もJ:COMを利用していてネットもテレビも電気も全部J:COMにしたい!という方以外は、他の新電力の検討をおすすめします。

セット割以外に目立ったメリットはない

一番のメリットはセット割ですが、それ以外に目立ったメリットはありません。

念のため紹介しておくので、自身にとって得になるかどうか確認してみてください。

割高になることはない

これをメリットと言っていいのかは微妙ですが、J:COM電力は使用量が少ない方でも従来の電力会社より割高になることはありません。

ただ、割引率としてはかなり小さいです。

単純に電気料金を安くしたいのであれば、他の新電力の検討をおすすめします。

請求が一つにまとまる

現在J:COMのサービスを利用している方は、J:COM電力に契約するとすべての請求が一つにまとまります。

メリットというほどでもありませんが、請求の種類が多く家計の管理が面倒という方には嬉しいポイントでしょう。

オール電化向けのプランがある

J:COM電力にはオール電化向けのプランもあります。

オール電化に対応している新電力はほとんどないので、これはオール電化を利用している方には選択肢が広がりますね。

ただし、少ない中でもきちんと比較をして電力会社を選ぶようにしましょう。

2018年人気NO.1のLooopでんき。

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

1ヶ月試してみて安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

料金比較で判明!使用量が少ないとほとんどお得にならない

J:COM電力の料金は、ほとんど従来の電力会社と変わりません。

電気料金の仕組みも、基本料金の金額も同じ。

ただし、従量料金だけは以下のように割引が適用されます。

●東京電力エリアの場合

・第一段階料金
⇒(19.52円/kWh × 利用量)× 0.5%割引

・第二段階料金
⇒(26.00円/kWh × 利用量)× 1%割引

・第三段階料金
⇒(30.02円/kWh × 利用量)× 10%割引

※従量料金の単価は違いますが、どのエリアも段階ごとの割引率は同じです。

とはいえ、この数字だけではどれくらい安くなるかがわかりにくいですよね。

従来の電力会社とシミュレーション結果を比較しエリアごとにまとめました。

ご自身のエリアのみご確認ください。

()内の赤い数字は従来の電力会社との差額です。

関東エリア

使用量東京電力J:COM
30A
120kWh
3,184円3,173円
(-11円)
40A
300kWh
8,145円8,087円
(-58円)
40A
500kWh
14,149円13,490円
(-659円)
50A
800kWh
23,436円21,876円
(-1,560円)

関西エリア

使用量関西電力J:COM
120kWh2,429円2,419円
(-10円)
300kWh6,988円6,932円
(-56円)
500kWh12,740円12,109円
(-631円)
800kWh21,368円19,874円
(-1,494円)

福岡・熊本・大分エリア

使用量九州電力J:COM
30A
120kWh
2,937円2,927円
(-10円)
40A
300kWh
7,313円7,262円
(-51円)
40A
500kWh
12,439円11,875円
(-564円)
50A
800kWh
20,420円19,087円
(-1,333円)

下関エリア

使用量中国電力J:COM
120kWh2,473円2,462円
(-11円)
300kWh7,326円7,266円
(-60円)
500kWh13,134円12,493円
(-641円)
800kWh21,846円20,334円
(-1,512円)

札幌エリア

使用量北海道電力J:COM
30A
120kWh
3,829円3,815円
(-14円)
40A
300kWh
9,586円9,458円
(-128円)
40A
500kWh
16,260円15,464円
(-796円)
50A
800kWh
26,606円24,809円
(-1,797円)

仙台エリア

使用量東北電力J:COM
30A
120kWh
3,160円3,149円
(-11円)
40A
300kWh
7,961円7,905円
(-56円)
40A
500kWh
13,711円13,080円
(-631円)
50A
800kWh
22,660円21,167円
(-1,493円)

結論:使用量が少ない場合はほぼお得にならない

全てのエリアに共通して、使用量が多いほどお得になるという傾向にあります。

反面、使用量が少ない場合は誤差程度の金額しか安くなりません。

一人暮らしなど使用量の少ない方は、J:COM電力に切り替えたところでお得になったと感じることはないでしょう。

従来の電力会社よりも割高になることはないというのがJ:COM電力の特徴でもありますが、他社と比較して割引率が優れているというわけではありません。

試しに、新電力の中でも特に安いLooopでんきとJ:COM電力のシミュレーション結果をを比較してみましょう。

()内の赤い数字は東京電力との差額です。

 東京電力J:COMLooop
30A
120kWh
3,184円3,173円
(-11円)
3,120円
(-64円)
40A
300kWh
8,145円8,087円
(-58円)
7,800円
(-345円)
40A
500kWh
14,149円13,490円
(-659円)
13,000円
(-1,149円)
50A
800kWh
23,436円21,876円
(-1,560円)
20,800円
(-2,636円)

比べてみると一目瞭然ですね。

J:COM電力は確かに使用量が多いほどお得になりますが、他社と比較して納得できるほどの削減になるのかどうかをきちんと確かめる必要があります。

2018年人気NO.1のLooopでんき。

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

1ヶ月試してみて安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

口コミ・評判は良くない様子

ツイッターでJ:COM電力の口コミを調べてみたところ、お世辞にも評判が良いとは言えない状態でした。

あくまで参考程度にご覧ください。

カスタマーセンターの対応が悪い

カスタマーセンターの対応がひどく、かなり気分を害された方もいるようです。

J:COMのカスタマーセンターに関しては他にも苦言を呈している方が多く、ツイッターのJ:COM公式サポートアカウントにも怒りのリプライが多く投稿されていました。

もちろん100%が悪い口コミというわけではないのであまり鵜呑みにしてはいけませんが、こういった声が少なからずあるということは覚えておいた方がよさそうです。

料金の高さに愕然

J:COM電力の料金の高さを嘆く声も見つかりました。

中には、J:COM電力からLooopでんきに切り替えたところ、なんと4分の1ほどにまで電気代が下がったという方も。

J:COM電力は割高になることはありませんが、使用量が少ないとほとんど安くなりません。

必ず事前にシミュレーションをして、納得できる削減率になるかどうかを確認しましょう。

セット割の弊害、違約金

セット割に発生する契約期間と違約金に悩まされているという方です。

違約金が高いせいで気軽に乗り換えができず、ストレスを抱えたまま生活するのはかなりの苦痛だと思います。

電力セットを検討している方は、こういったケースがあるということも踏まえた上で申し込むようにしましょう。

頻発する通信障害にうんざり……

これは電気ではなくネットに関する口コミですが、J:COMネットは頻繁に通信障害が起こるため、ツイッターにも不満の声が大量に投稿されています。

「契約したものの通信障害が多いから解約したい⇒違約金がかかる……」という最悪のケースも大いにあります。

ネットとの電力セットを検討している方は、こういった口コミが多いということを頭に入れておきましょう。

申し込み前に知っておきたい基本情報

申し込み方法や支払い方法など、契約前に知っておきたい基本的な情報をまとめました。

提供エリア

J:COM電力の提供エリアはJ:COMの提供エリアと同じで、以下のように細かく分かれています。

・関東エリア
・関西エリア
・福岡、熊本エリア
・大分エリア
・下関エリア
・札幌エリア
・仙台エリア

申し込み方法はWEBと電話の2通り

J:COMの公式サイト、または電話にて申し込みが可能です。

申し込みの際には検針票に書かれている情報が必要になるので、必ず準備しておきましょう。

電話で申し込む場合

●電話番号
⇒0120-848-816

●受付時間
⇒9:00~18:00(年中無休)

支払い方法は口座振替とクレジットカードの2通り

J:COM電力の支払い方法は、口座振替またはクレジットカード払いのどちらかが選べます。

利用できるクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners、AEON CREDIT、SAISON、楽天KC、JACCS

マンション・アパートでも申し込み可能

マンションやアパートなどの集合住宅でも申し込みが可能です。

ただし、建物で高圧一括受電をしている場合には契約ができません。

必ず事前に確認しておくようにしましょう。

利用にはスマートメーターへの交換が必要

J:COM電力を利用するには、従来のアナログメーターからスマートメーターに交換する必要があります。

メーターの交換工事は東京電力など従来の電力会社が原則無料・立ち会い不要でやってくれます。

工事の間に停電が発生する可能性もありますが、基本的に数分程度だけです。

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気NO1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える夏までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、7月中の申し込みをおすすめします。

申し込みは下記のLooopでんき公式サイトが安心です。

まとめ

J:COMは知名度こそあれど、料金やサービス面での満足度は低いように思います。

実際にJ:COM電力より安く、口コミや評判も良い新電力はあるので、現状J:COMに満足している方や、とにかく請求を一つにまとめたいという方以外は他の新電力を検討することをおすすめします。

電気は生活に密接にかかわるものなので、必ず自分が納得できる料金やサービスを提供している電力会社と契約するようにしましょう。

評価:3.62 - 74件の票数

家庭向けの電気乗り換えなら

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。


Looopでんきの公式HP

コメント

  1. 木口恒男 より:

    4月に申し込んだ電力切り替えが、、まだ行われていない。。

  2. 真崎 直大 より:

    JCOM電気と契約しましたが、料金が昨年より2割上がりました。調べてほしいと依頼しましたが、関電に聞いてくださいとのことで、電話番号のみを教えられました、不誠実は極まりなく、腹ただしいです。
    契約終了と同時に解約しようと思います。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

J:COM電力の料金・メリット・評判について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。