J-COM電力どうなの?電力セットのメリットや評判まとめ

評価:3.45 - 29件の票数
J-COM電力「電力セット」のメリット・デメリット

今現在、自宅のインターネットや電話サービスが「J-COM」という人は少なくないと思います。それもそのはず、J-COMはケーブル会社大手であり、500万世帯以上の家庭で何かしらのサービスを利用しているのです。

都心というよりは少し郊外のエリアに強く、地域密着型で訪問販売など営業活動を行っているイメージがあります。

おそらく一般家庭向けの電力販売では、これまで通り地域に属する支店が販売するはずなので、小売電気事業者として登録している各ジェイコムのエリアが販売可能エリアとなりそうです。(J-COMは地域によって会社を分けています)

それでは新電力「J-COM電力」について紹介しますが、既に契約している方、セット割で電気代を安くしたい方は確認して損はしない内容となっているので、数分のお時間を是非この記事にお使いください!

【※管理人よりお知らせ】
新電力の比較なら「エネチェンジ」という電力サイトの利用をおすすめします。

自宅の電気選びで利用しましたが、他サイトと比べて圧倒的な比較数でどの新電力が一番お得かすぐ見つけられました!テレビやラジオなどのメディアにもたくさん取り上げられており、今最も注目のサイトです。

新電力の比較サイトNo.1

エネチェンジはこちら

J-COMとは

J-COM(ジェイコム)とは、通信業界においてNTT・KDDIには劣りますが、ブロードバンド回線やテレビなどのサービスを提供している企業です。また、2013年頃にKDDIと住友商事がJ-COMを共同買収したことにより、連結子会社として活動しています。

社名 株式会社 ジュピターテレコム
設立 1995年1月18日
所在地 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館
代表者 佐々木 新一
資本金 376億円
売上高 4,902億円(連結) (2015年3月期)
従業員数 グループ総計14,204名 (2015年3月末現在)
事業内容 電気通信事業 他
株主
  • KDDI株式会社
  • 住友商事株式会社

問い合わせ先

WEB問い合わせ 問い合わせページ
電話番号 0120-999-000
FAX番号 調査中

J-COM電力のメリット

J-COM電力のメリット

通信業界からの新電力には大きな注目が集まっており、当サイトでも「ソフトバンクでんきauでんきeo電気」などを紹介させてもらっています。

何といっても「ネット回線やスマホとセット割」これが一番のメリットとなりますが、J-COM電力は本業であるネット回線と組み合わせて販売することは既に公表しています。

しかし、競合他社とのメリット比較は知識がある人でも大変なことであり、そうでない人にとっては全く理解することができないかもしれません。ただ、100%理解しなくても大体把握しておけば、得できる可能性は高くなるので是非覚えておきましょう!

「電力セット」で電気代が安くなる

大手電力会社からJ-COM電力に乗り換えることで、毎月の電気代を安くすることが可能となります。その際に加入必須となるのが「電力セット」であり、インターネット回線やテレビなどのプランとなります。

<J-COM電力を利用するには>

J-COM電力の利用に必要な加入プラン出典:J-COM公式HP

電気の契約は分かると思いますが、気になるのが「選べる長期プラン」です。長期プランというのは2年契約のことを指し、インターネット・テレビ・電話の中から2サービスの契約が必ず必要となります。これらの条件を満たすことで電気代が安くなります。

関東エリアで最大10%、関西エリアで最大20%電気代が安くなる

仮に関西エリアで毎月15,000円程度の電気代が掛かっているとしたら、3,000円程度のコストダウンが望めることになります。他の新電力と比較しても割引率は上位に入るのではないでしょうか。

 

ネットなどの請求と電気代の請求がまとまる

J-COM電力へ乗り換えるメリットとして地味ではありますが、請求書を1枚にまとめることができるようになります。地球に優しいなどのメリットもありますが、毎月別々に来る請求書が1枚になることで家計の管理がしやすくなります。

また、「見える化」といって月々の電力使用量や、いくらぐらい電気代が掛かっているのかなど、インターネットを介して無料で利用することが出来るようです。こちらのサービスは提供している新電力も多いですが、欠かせないサービスだと思います。

J-COM電力のデメリット

J-COM電力のデメリット

上記で説明したようなメリットもあれば、当然デメリットとなることも存在します。メリットについては大々的にテレビCMやネットなどで宣伝されますが、デメリットについては調べなければ解りません。

事業者としては隠したい部分ではあると思いますが、当サイトは100%消費者寄りのサイトなので余すことなく公開していこうと思います。

J-COM電力に乗り換える条件に「電力セット」が必須と説明しましたが、実はこの条件がデメリットとなってしまう恐れがあります。このポイントを理解しないで乗り換えしてしまうと「支出が増えてしまった・・」となってしまうのは覚悟してください。

電気代は安くなってもネット代で損をする

J-COM電力に乗り換えることで電気代を安くすることはできるでしょう。しかし、加入必須の電力セットが本当に必要な方以外、デメリットとなる可能性が高いサービスとなります。

その理由は以下の比較表を見てもらえれば一目瞭然です。

J-COM TV(テレビ)

スタンダードプラス 月額 6,280円(税抜)
スタンダード 月額 5,280円(税抜)

J-COM NET(インターネット回線)

160Mコース 月額 6,000円(税抜)
40Mコース 月額 5,500円(税抜)
12Mコース 月額 3,980円(税抜)

上記がJ-COMのネット・テレビの利用料金となっていますが、詳しい方なら「他社と比較して高い」とすぐ気づくはずです。特にネット料金の高さはネットで調べればすぐ分かります。

しかも、現代は1G(ギガ)の回線速度が主流になっているのに、J-COMでは160Mプランが最上位プランとなっています。その事を始めから知っていて申込みする人はあまりいないのでは?と思いますが、加入者には以下の理由が考えられます。

  • J-COMしか加入できないマンションに住んでいる
  • J-COMのテレビサービスに強い関心がある
  • J-COMの訪問営業などに根負けした

上記以外の理由もたくさんありますが、実際に私が昔住んでいたマンションはJ-COMしか契約することができず、とても不満に思ったことがあったのを覚えています。

他社より高めのネットやテレビサービスを申込みして、電気代が安くなったとしても本当にお得になったといえるでしょうか?

長期プラン(2年)の違約金問題

電力セットに加入して電気代を安くすることができたとしても、電力セット(長期プラン)を万が一解約する場合に多額の違約金を請求されることとなります。

  • 解約違約金
  • 工事費及び撤去費用

解約する際にこれらの費用として数万円取られた!といった投稿がいくつもありました。もし、1年ぐらいしか利用していないのに解約するとなると、電気代を多少安くできてもトータルでは損をした事になります。

携帯や光回線でも同じことが言えますが、目先のコストダウンで乗り換えして公開する人はとても多く感じます。そうならない為にはしっかりとした前知識を蓄え、最悪なケースではどうなるのかまで考えておくことが最大のリスクヘッジだと思います。

J-COMの評判はどうなの?

J-COMの評判・口コミ

自宅には光回線、外出先ではスマホといつでもインターネットができるようになった今、企業の評判などを調べるのは当たり前の時代となりました。

特に通信業界というのは口コミサイトが多く存在し、商品やサービスの売れ行きに大きく左右されることもあり、事業者としては敏感になっているところでもあります。

それではJ-COMの会社に対する口コミや、サービスに対する口コミをまとめてみたので「どのように評価されているのか?」確認しておきましょう。

ネットでは悪い評判しか見当たらない

ツイッターや掲示板を徘徊しましたが、J-COMに対する悪い口コミのオンパレードでした。確かに私が利用していた時も回線速度が遅かったり、料金の高さが気がかりだったので同じような不満からでしょうか。

サポート体制に対する不満の数々

電気の契約でトラブルになることは少ないかもしれませんが、電力セットに加入必須ということはネット回線などのサポートが重要となります。しかし、繋がりにくいなどの不満が非常に多く感じました。


以上、J-COMに対する口コミを紹介しましたが、決してJ-COMのことが嫌いだから悪評ばかりを伝えたのではないことは約束します。逆に良い評価をしている口コミを探しても見つけることができず、不満に感じている人の多さにビックリしました。

J-COM電力で同じような不満が出てくる可能性もあるので、申込みするのは契約者が増えてからの方が良いかもしれません。見切り発車してしまうと違約金問題も発生してしまうので・・。

どんな人がおすすめの新電力なのか?

J-COM電力おすすめは?

J-COM電力のデメリットや評判を見ると、おすすめの新電力ではないのか?と思ってしまうでしょうが、条件次第ではおすすめするケースもあります。

それはどういったケースなのかいくつか紹介します。

  • 既にJ-COMのサービスを利用している
  • 持ち家などで引越しの予定がない
  • J-COMのテレビサービスなどに始めから興味があった

上記に該当する家庭であれば「J-COM電力をおすすめ」するかもしれません。

これは私の勝手な予想ですが、J-COM電力はそもそも全国でシェア拡大を目指していない可能性があります。本業である通信事業の解約防止や、新規ユーザーの獲得をするツールとして考えているのではないでしょうか。

そこで既に利用しているユーザーや持ち家などの家庭では、早期に解約するといったことはあまりないでしょうから、これまでと変わらないサービスを利用しているだけで「電気代を安くできる」ので、メリットは大きいと思います。

もし、該当する方がいるのであれば電力乗り換えの候補にしても良いでしょう。

まとめ

会社規模、知名度的にもそれなりのJ-COMがはじめる新電力を紹介しましたが、同業種のソフトバンクやKDDIと比べると少し魅力に劣っている感じがします。ただ、何も知らない多くの方は乗り換えをしていくはずなので、少しでもそういった方を減らす為に、参考になった方はSNSなどで紹介してもらえると幸いです。

この他にも新電力への乗り換えに役立つ記事は沢山あるので、時間があれば是非ご覧になってください!

評価:3.45 - 29件の票数

新電力比較ならおすすめ!

個人的に電気の乗り換えで「エネチェンジ」を利用しましたが、おそらくこのサイト以上に優れた新電力比較サイトはありません。

使いやすさ、情報の見やすさなど他とは比較するまでもなく、乗り換えを検討している人には是非利用してもらいたいサイトとなります。

同ジャンルの他サイトと違って同じ新電力ばかり表示されることもなく、条件を変更するとその都度おすすめが変わります。

もちろん無料となっているのでまずは利用してみてください。

エネチェンジはコチラ

コメント

  1. 木口恒男 より:

    4月に申し込んだ電力切り替えが、、まだ行われていない。。

コメントを残す

*