新電力「株式会社日本エナジーバンク」の企業情報や戦略を検証

評価:2.60 - 5件の票数
株式会社日本エナジーバンクの新電力情報

北海道に本社を置き、関東・関西にも営業を広げている、株式会社日本エナジーバンクについてお伝えしていきます。

太陽光発電システムの販売・設置や、コンクリート混和材のメーカーなど土木関連事業まで幅広く展開している新電力ですが、今のところ特別高圧・高圧の電力供給実績はありません。

家庭向けの電力販売を開始するとしたら北海道が拠点となるでしょうが、全国で太陽光発電システムの設置などを行っていることから、それ以外のエリアでも供給可能となるかもしれません。

日本エナジーバンクとは?

日本エナジーバンクとは、北海道札幌市でコンクリート混和材のメーカーとして誕生し、コンクリート事業で培った技術を基盤に「太陽光発電事業」を開始しました。現在では全国で太陽光発電システムの建設・設置をしており、省エネの専門集団として活動している企業です。

会社概要

社名 株式会社日本エナジーバンク
設立 平成15年5月
所在地 札幌市中央区北5条西6丁目1番23 第二道通ビル8F
代表者 品川 功
資本金 40,000,000円
従業員数 12名
事業内容 電力の小売り事業
共同出資会社
  • 太陽光発電事業
  • 土木事業 他

問い合わせ先

メール問い合わせ メールでの問い合わせ
電話番号 011-218-7060
FAX番号 011-218-9060

家庭向けの電力販売は?

2015年12月現在、家庭向けの販売予定はありません。

電力供給エリア

2015年12月現在、公表していません。

日本エナジーバンクの強み

同社の公式HPを見る限りでは「太陽光発電事業」への取り組みに力を入れているように思うので、新電力として家庭向けの販売を開始するとなると、おそらくその事業と抱き合わせで販売していくはずです。

電気と太陽光発電のセット割

株式会社日本エナジーバンクのメリット

全国で活動している太陽光発電システムの設置をした顧客に対して、電気の販売も一緒に行うのが最も効率的な販売方法かもしれません。

電力自由化で各新電力に注目が集まっている「電気と○○のセット割」がありますが、太陽光発電事業と組み合わせてくるところもあるはずです。

ただ、太陽光システムの設置とは1件あたりの利益率の差が大きいため、薄利な電力市場でそのセット割だけでは大した事業とはならずに、衰退していく可能性が高いかもしれません。

関東・関西の営業を活用

北海道の本社とは別に旭川営業所・関東営業所・関西営業所があります。それらの営業所にどの程度の人員がいるか不明ですが、各エリアで事業展開することは十分考えられます。

おそらく太陽光発電システムの販売が中心になるのでしょうが、営業所のエリア内で日本エナジーバンクに興味がある人は、一般家庭への販売及び詳細な情報を問い合わせてしてください。

まとめ

家庭向けの販売が未定ということもあり、日本エナジーバンクについて大した情報をお届けできずに申し訳ありません。個人的に新電力としての評価をさせてもらいますが、太陽光発電システムの導入を検討していなければ「10点(100点中)」です。

低い点数で日本エナジーバンクさんには失礼かもしれませんが、公式HPを見ても一切その事に関して取り上げられておらず、そこまでやる気を感じませんでした。ただ、今後どのようになるかは分からないので、新着情報を更新されていたらサイトでもお知らせします。

家庭向けの販売をする!と表明している新電力は沢山あるので、あなたが住んでいるエリアで探されたい方は以下のページを参考にしてください。

評価:2.60 - 5件の票数

コメントを残す

*